スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なお知らせ

いつもお世話になっております。

菅家しのぶです。

突然ではございますが、本日2015年12月31日をもってこの「逢魔時の視聴覚室」は更新を停止することとなりました。

はっきりとした理由はございません。

ただ、以前よりブログに対するモチベーションの低下を感じており、それが文章というカタチで表れるようになってしまったことが、今回の決断に至った主な原因であるように思います。

本来の文章というものは、より自由であるべきなのです。義務的に書かれるだけの文章などという不自由なものはあるべきではないのです。……とまでは申しませんが、そういった文章を私自身が求めていないのは確かです。

「逢魔時の視聴覚室」を開設して六年半になります。

飽きっぽい自分としては、長持ちした方だと思っております。

これまでご愛顧いただきまして、誠に有難うございました。

では、続きはこちらで……。

菅家しのぶ
スポンサーサイト

『そこそこチャップリン』(2015年12月27日)

ニッチェ「踊る親友」
ロッチ「ハラオドリスク」
ブルーリバー「自転車の乗り方」
オジンオズボーン「桃太郎」
しゃもじ「ラーメン屋」

【ふきだまり芸人】
スーパーニュウニュウ
アキラ100%
サンシャイン池崎「手品」
ハリウッドザコシショウ「ハンマーカンマー」

東京03「万引きの謝罪」
ヤーレンズ「病院」
ジャングルポケット「テープカット」
ナイツ「素晴らしき師匠」
オテンキ「小ボケ先生」

【ふきだまり芸人】
うしろシティ「テンションのピークを間違えたアントニオ猪木」
マツモトクラブ「ボウリングモニカ」
ジグザグジギー「ジュースで乾杯」
お侍ちゃん「江戸時代のアントニオ猪木」

ハライチ「スープ」


「こそこそチャップリン」から勝ち上がった5組を含めた、全11組によるネタ番組。やたらと攻めたネタ選びだったニッチェと、あまりにもいつも通り過ぎてキングオブコントの記憶が宇宙の彼方へと消え去ってしまいそうだったロッチの不穏な雰囲気に最初は不安を覚えたが、以後はそれなりにまとまっていて、ちゃんと楽しめた。印象に残っているのは、いつでもどこでも確実に笑いを重ねる安定感は流石なブルーリバー、ここぞという舞台でどうして仕掛けで笑わせるタイプのネタを持ってきてしまったのか分からないしゃもじ、何年も前のネタなのに角田・豊本の技術の向上で更にバカバカしさが増しているように見えた東京03、ニッチェと同様に攻めたネタ選びだったのにそれがさも当然のことであるかのような妙な説得力に満ちていたジャングルポケット、なんだかんだでやっぱりちゃんと面白いハライチ。ハライチといえば、ああいう構成にするのであれば、ピースのネタも観たかったよなあ……という気持ちも少なからず。又吉が大忙しなのは分かるけど、たまには彼らのなんともいえないコントが観たい。

『こそこそチャップリン』(2015年12月26日・総集編)

ブルーリバー「出待ち」(10月17日放送)
オテンキ「ものまね」(10月24日放送)
しゃもじ「プロポーズ」(11月8日放送)
オジンオズボーン「ツッコミ勝負」(10月24日放送)
ヤーレンズ「美容室」(12月12日放送)

【ふきだまりブース】
うしろシティ、プー&ムー、アンバランス、サンシャイン池崎、ヤーレンズ、ニューヨーク、マツモトクラブ、馬鹿よ貴方は、勝又、横澤夏子、シンボルタワー、ジグザグジギー、スーパーニュウニュウ、おかゆ太郎、ヴィンテージ、インポッシブル、大福

この日は総集編を放送。年末特番『そこそこチャップリン』への出演が決まっている五組の若手芸人たちが番組で披露してきたネタを放送した。

無題。

『キングオブコント』という賞レースが支持されていた理由の一つに、「準決勝戦で敗退した芸人たちが決勝戦の審査員を務めていた」という点がある。決勝進出者と同じ時代を生き、同じ時代で笑いを創作する者たちが、その敗者としての味わう苦汁を噛み締めながら、それでも評価せざるを得ない者たちだけがコントの王になれるのだ。逆にいえば、コントの王たちは、若手芸人たちからの推薦状を背負っているということでもある。笑いのプロフェッショナルたちによって、「今、この人たちのコントが、間違いなく面白い」と太鼓判を押されているわけだ。だからこそ、王者は笑わせなくてはならない。同胞たちの信頼を裏切らないためにも。

それを踏まえて言うけど、なにやってんだよホントによ!!! テメェふざけんんじゃねえぞ!!! テメェが痴漢で捕まった時に心配しまくって、それでも信用して、それこそ芸人仲間たちと一緒に現場復帰を待ってよ!!! それでコンビでの活動が再開されて、またテレビでネタやってる姿を目にするようになって、遂には『キングオブコント2010』で優勝しちゃってよ!!! 「どん底から這い上がってきたよ! 才能ある芸人はちゃんと評価されるんだよ!」って、大ファンってわけでもないのに喜んだよ!!! それがテメェ、制服盗んで逮捕たぁ、どういうつもりだ!!!!! あの日、若手芸人たちがテメェのコントを評価して、実際にそれで多くの人が笑って、それだけのことをやらかしておいて、なんだ!!! なんなんだ!!! ああああああああああああああああああ!!!!!! バカじゃねえのかマジで!!!!!!

この怒りを吹っ飛ばすくらいの笑い、後でちゃんと返してくれよ。頼むよ。心配なんだよ。

『ジャルジャルのせじゃら』(2015年12月23日)



2015年10月7日から12月23日にかけて12週連続でリリースされる、ジャルジャル自選コント集の第十二弾。

ミュージシャンのオーディションにやってきた、ただならぬ雰囲気の男が披露する楽曲とは……『オーディション~人格変な奴~』。周りの皆の忠告を無視してカンニングペーパーを準備していた学生が、試験中にあっさりとカンニング行為がバレてしまい……『最低人間』。これといった芸を持たない新入社員が宴会芸をするように強要される『新入社員のしぼり出した宴会芸』。勇者の前に現れた怪しげな老人は、何か助言をしてくれようとしているらしいのだが、雰囲気が凄すぎて何を言っているのかがさっぱり分からない『冒険者に告ぐ』。放課後、隣のクラスからやってきた今谷が、正西に “まさに思春期”と“未だに年頃”の二人で文化祭の出し物をしようと持ち掛ける『正西俊樹と今谷敏吾朗』。以上、五本のコントを収録。

『オーディション~人格変な奴~』は、キャラクターと作品の方向性がズレているヤツをテーマにしたコント。それはそれで天性のアーティスト的なモノを感じなくもないけれど、でも確かに違和感は覚える。終盤のやりとりはちょっとほっこり、そしてびっくり。しかし、続く『最低人間』で、気持ちは完全にどん底へ。もう、本当にタイトルのまま。普段なら、ここまで極端に描かれているサイテーなヤツなんて、むしろ大笑いしてしまうところなのだが、あまりのサイテーぶりに、コントが終わった後もしばらく引きずってしまった。で、そんな状態で観賞した『新入社員のしぼり出した宴会芸』、これが……面白かった。投げやりに宴会芸を強要した結果、巻き起こってしまった大惨劇。無計画に相手の望まない行為を強要すると、ここまで極端ではないにしても、大事故に繋がってしまう可能性があることを上手く表現している。最後の新入社員の素っ頓狂な台詞も良い。『冒険者に告ぐ』はジャルジャルにしては珍しく、なかなかベーシックなつくりのコント。ファンタジー色の強い設定で上手く底上げされている印象。シリーズ最後を飾るコント『正西俊樹と今谷敏吾朗』は、ただただ悲惨、ただただ悲劇。しょーもない思い付きが、その発案者すらも幸せにしない恐怖の展開を迎える様に、苦笑いが止まらない。

これらのコントに加えて、特典映像として「南を知りませんか?~失踪した友達を探して~」を収録。突如、姿を消してしまった南を探すために、クラスメートの根岸がこれまで撮影されたドキュメンタリー映像に偶然映り込んでいた南を確認し、現在の居場所を推理する。正直、とりたてて驚くような内容ではないのだが、これまでの11作品に登場したキャラクターたちが次々に登場する大団円のような展開に、うっすら感動を覚えてしまった。

さあ、これで12週連続リリースも終了。これでしばらくはジャルジャルとがっぷり四つを組まなくて済む……え? 『ジャルジャルのそじゃら』があるって!?


■本編【34分】
「オーディション~人格変な奴~」「最低人間」「新入社員のしぼり出した宴会芸」「冒険者に告ぐ」「正西俊樹と今谷敏吾朗」

■特典映像【16分】
「南を知りませんか?~失踪した友達を探して~」
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。