スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タカアンドトシ単独ライブ in 日本青年館 勝手に!M-1グランプリ』

タカアンドトシ単独ライブ in 日本青年館 勝手に!M-1グランプリ [DVD]タカアンドトシ単独ライブ in 日本青年館 勝手に!M-1グランプリ [DVD]
(2009/09/09)
タカアンドトシあべこうじ (音声のみ)

商品詳細を見る

タカアンドトシといえば、漫才だ。

漫才師としてのタカアンドトシの歴史については、僕が説明するよりも『爆笑オンエアバトル タカアンドトシ』を観賞したほうが、きっと分かりやすく伝わることだろう。この作品には、タカアンドトシが北海道でくすぶっていた頃の漫才から、結成十年目を迎え、ネタが円熟の時期に入り始めた頃の漫才までを収録している。つまり、この作品はタカアンドトシという漫才師の成長記録であると同時に、彼らが徹底して漫才にこだわり続けてきたという歴史の証明なのである。

そんな“漫才師”タカアンドトシは、単独ライブにおいても漫才に対するこだわりを忘れない。三年前に行われた前回の単独ライブ『タカトシ寄席 欧米ツアー2006』。このライブは、タカトシの二人が従来の「欧米か!」スタイルでの漫才だけではなく、様々なスタイルの漫才をランキング形式で披露するというスタンスのもので、彼らが漫才の歴史に胸を貸してもらっているような印象を与えられるライブだった。

それから三年後の、2009年。タカアンドトシは、久方ぶりの単独ライブを決行することとなる。ライブタイトルは『勝手にM-1グランプリ』。年に一度行われている、日本一の漫才師を決定する“M-1グランプリ”を摸したライブである。その決勝戦に進出する九組の漫才師は、全てタカアンドトシによる自作自演だ。つまり、かつて“M-1グランプリ優勝”という栄冠を逃したタカアンドトシが、“勝手にM-1グランプリ”という大会を勝手に開催し、勝手に優勝してしまおうという腹なのである。なんだか涙が出そう。色んな意味で。

様々なスタイルの漫才を披露するという意味では、前回の単独ライブを踏襲していると言える。が、その完成度は、前回の比ではない。時事ネタ漫才、ダブルボケ漫才、歌ネタ漫才、読み物漫才、夫婦漫才……このライブで披露されている漫才は全て、タカアンドトシによるしっかりとした租借と消化によって生み出された、完全無欠の“新作”なのである。

中でも個人的に目を見張ったのが、敗者復活戦を勝ち上がってきたという設定で登場したコンビ“MCデンジャー feat.ダイナマイ-T”による、リズムネタだ。オリエンタルラジオの『武勇伝』を彷彿とさせるこのネタは、他のどのネタよりも単独のネタとして純粋に出来が良く、面白かった。普通に「爆笑レッドカーペット」にかけられるネタだったのではないかと。

ただ個人的に残念だったのは、ライブの最後で披露された漫才が、今回もそれまでに披露されたネタの総まとめの様なものだったということ。最後の最後で全体のまとめに入る構成自体は嫌いじゃないのだが(むしろ好きなほう)、それを漫才でやられると、なんだか萎えてしまうのである。これは恐らく、僕が漫才を評価するにあたり、その「アドリブ感」を重視していることが大きく関係しているためだろう(この構成だと、どうしても「仕込み感」が出てきちゃうからね)。これだけがちょっと残念だった。とはいえ、今作が非常に優秀であるということに変わりはないのだが。

(追記。今にして考えてみると、今作を鑑賞して僕が感じた違和感の正体は「構成によるアドリブ感の無さ」によるものではなく、どちらかというと「自分たちで作った架空のコンビのボケを引用した際における、トシのツッコミ」によるところが大きかったのではないかと思う。タカが引用ボケをすると、トシはそのまま引用先のコンビ名を使ってストレートに「○○だろ!」とツッコミを入れるのだが、これがなんだかこそばゆく感じたのである。どうしてそう感じたのかは、まだよく分からない)

2009年は『NON STYLE ~LIVE2008 in6大都市~』、『かわしまんざいたむらいぶ』(麒麟)、『21世紀大ナイツ展』、『板の上』(矢野・兵動)など、漫才をテーマにした傑作が多くリリースされているが、今作もまた今年を代表する漫才DVDとして数えられるべき傑作だと言えるだろう。音声のみで司会進行役を務めている、あべこうじの陰ながらの活躍にも注目である。


・本編(117分)
『ダブルレンズ』『貰い飯』『姫かぐや』『ジージーマゴマゴ』『タカアンドトシ』『グリル童話』『稲川’s』『夢けん太・きく代』『敗者復活組:MCデンジャー feat.ダイナマイ-T』『最終決戦三組』

・特典映像(22分)
「タカアンドトシ&鈴木おさむSpecial Talk」
「姫かぐやプロモーションビデオ」
副音声「タカアンドトシ&鈴木おさむによる爆笑オーディオコメンタリー」

『アントキの猪木の観れんのか、おいっ!!』

アントキの猪木の観れんのか、おいっ!! [DVD]アントキの猪木の観れんのか、おいっ!! [DVD]
(2009/08/21)
アントキの猪木

商品詳細を見る

どうして僕は、再び彼の作品に手を出してしまったのだろうか。今となっては、魔が差したとしか考えられない。前回、彼がリリースした作品の散々な出来を、当時の僕は確かに体感した筈なのに……。ひょっとしたら、僕は彼がリベンジを果たすことに期待していたのかもしれない。それ以外に考えられないのである。

お笑い史上“最もアントニオ猪木に似ている”と称されることもあるモノマネ芸人、アントキの猪木。彼のネタはアントニオ猪木を特定のシチュエーションに放り込み、そこで存分に猪木らしさを発揮させるというスタイルだ。例えば、『タクシー』のシチュエーションに放り込まれた猪木は、タクシー運転手を演じつつも、猪木であることを忘れない。ここ最近では、そのシチュエーションの中に猪木と所縁のあるプロレスラーを登場させる傾向も見られるが、個人的には小器用さが滲み出ていて好きではない。市井のシチュエーションに猪木が放り込まれるからこそ、僕はそれが笑えるものになっていると考えるからである。

……と、以上の説明からも分かるように、僕はアントキの猪木の芸が好きだ。当人のネタにアントニオ猪木に対するリスペクトが深く感じられないことは残念に思うが、そのネタは懇切丁寧に作られている。猪木に対する敬意はともかく、少なくとも彼が芸人として真面目に芸と向き合っているということ、また自らが猪木に似ているということを存分に理解して活用しているということは、火を見るよりも明らかだ。

それほどに猪木の芸を評価している僕ではあるが、前作『アントキの猪木のダーッしますか!?』は否定せざるを得なかった。観客とともに盛り上がってこそのプロレスモノマネ芸を、無観客状態で収録するという悪演出だけでも辟易とさせられたのだが、なによりその後に収録されたフェイク・ドキュメンタリーが良くなかった。とにかく、存在意義の無い映像なのである。面白くもなければ、特に感動もしない。誰が得をするのかも分からない。ネタだけを収録すれば良かったのに、なんらかの圧力で、仕方なしに収録したような、そういった映像だったのだ。

残念なことに、今作もまた前作の傾向を踏襲した内容になっていた。とはいえ、まったく酷い作品だったのかというと、そうでもない。少なくとも、ネタの映像には笑い声が足されるようになったのは、良い傾向である(あからさまに作った笑い声だったことは納得できないが)。ただ、幕間に収録された映像が、やはり誰が得をするのかがイマイチ分からないフェイク・ドキュメンタリーで、再び萎えてしまった。どうして、そこまでフェイク・ドキュメンタリーにこだわるのか。彼自身がこだわっているのか、それともスタッフがこだわっているのか……どうも、よく分からない。

しかしながら、何も悪いことばかりではない。駄作ばかりだと思っていたフェイク・ドキュメンタリーの中に、キラリと光る一粒の笑いがあったのである。その映像とは、「アントキの猪木 相方オーディション」。お笑い芸人としてM-1グランプリを意識している猪木が、相方オーディションを行い、M-1出場を試みるという作品だ。これがもう、明らかに内輪ノリだけで作られている感があり、実に下らなかった。しかも、下らないだけでは終わらず、最後にサプライズゲストが登場するという好演出。前作と同じスタッフが作っただろう映像にしては、ちゃんと存在意義のあるモノになっていたのである。良かった良かった。

既に「爆笑レッドカーペット」への出演も不定期になり、若手芸人としての勢いも落ち着いてきた感のあるアントキの猪木。おそらく、来年に新作がリリースされることはないだろう。もしリリースされたとしても、僕がそれに手を出すことはないだろう。たぶん。きっと。おそらく。いや、分からないけど。


・本編(62分)
『タクシー』『不動産屋』「闘魂の地平線」『薬局』『バーベキュー』「猪木ごはん」『初詣』『遊園地』「アントキの猪木 相方オーディション」『人助け』『信用金庫』

・特典映像(14分)
「特別試合 棚橋弘至VSアントキの猪木 15分1本勝負」

『THE GEESE「Dr.バードと優しい機械」』

THE GEESE 1st DVD Dr.バードと優しい機械THE GEESE 1st DVD Dr.バードと優しい機械
(2009/08/26)
THE GEESEザ・ギース

商品詳細を見る

最近の芸人さんには、オシャレな人が多い。といっても、別にファッションセンスがあるとかいう話ではない。芸人の私服が如何にファッショナブルであろうと、視聴者には割とどうでもいい話である。好きなだけ着飾れば良い。そうじゃなくて、そのネタがオシャレなのである。芸人のネタがオシャレ。その言葉が示すところは、要するに「ネタの中にカッコつけ要素が含まれている」ということだ。

「カッコつけ要素」。言葉にすると批判的に見えるが、実際のところ、これの効果はナメたものじゃない。もちろん、ただ芸人がカッコつけているだけでは、面白くもなんともない。ちゃんと観客を惹きつけるだけの魅力と実力を兼ね備えつつ、そこに「カッコつけ要素」を少しばかり加えておく。すると、観客はその「カッコつけ要素」に惹かれて、その芸人のライブに足しげく通うようになるのである。してやったり。

THE GEESEもまた、そういった「カッコつけ要素」を意識したコントを披露しているコンビの一組だ。そのことは、今回のライブタイトルを見ても分かる。『Dr.バードと優しい機械』。どう見てもオシャレである。東京芸人特有の、力の抜けたオシャレ感とでも言うのだろうか。冷静になって考えると、かなり凄いタイトルなのだが。なんだよ、“Dr.バード”って。博士号も持ってないくせに(間違った批判)。

披露されているコントも、飛行機のパイロット二人が退屈しのぎにしりとりを始める『退屈なフライト』、本来の意味とは逆の意味で受け取り続けてしまう『逆(さかしま)』、易者なのに医者の様な立ち振る舞いをする『易医者』と、ちょっと大人なオシャレを感じさせるネタばかり。しかし一方で、尾関さんの一発ギャグが堪能できる『レコーディング』や、二人の着ぐるみ姿がちょっと可愛い『むかしむかし詐欺』など、ちょっと余裕を見せるようなネタもチラホラと。大人のオシャレと大人の余裕を振り撒くように、THE GEESEはその笑いを生み出していくのである。

ただ、残念なことに、そのオシャレな空気に反して、彼らのネタはあまり完成されていない。いや、完成され過ぎているというべきか。独創的な発想はあるのだが、その発想を遊ばせられていないという感じ。一つの発想に対して、あまりにもマジメになりすぎているとでも言えば良いのだろうか。言うまでもないが、お笑い芸人がネタの中でマジメな雰囲気を出してしまうというのは、そういう演出で無いかぎり、あまり良いこととは言えない。もっと力を抜いて、その発想を面白く転がす余裕が必要となってくる。

奇跡のナンセンスコント職人、シティボーイズに憧れて芸人になったというTHE GEESE。マジメにフマジメな世界観の笑いを構築する彼らの世界に、果たしてTHE GEESEは辿りつくことができるのだろうか。とりあえず、新メンバーに夙川アトムを加えて、トリオで活動すれば良いんじゃないかな?(人数の問題かよ)


・本編(83分)
『退屈なフライト』『逆(さかしま)』『易医者』『レコーディング』『むかしむかし詐欺』『道案内』『入社試験』『おしゃれ強盗』

・特典映像
「静止画コント」「カーテンコール」

王者降臨

爆笑オンエアバトル トータルテンボス [DVD]爆笑オンエアバトル トータルテンボス [DVD]
(2009/12/02)
トータルテンボス

商品詳細を見る

2009年3月にリリースされた『爆笑オンエアバトル タカアンドトシ』及び『爆笑オンエアバトル NON STYLE』以来となる爆笑オンエアバトル公式ビデオシリーズの新作は、現チャンピオン・トータルテンボスを取り上げた作品になる模様。数々の傑作漫才はもちろんのこと、番組でちょっとだけオンエアされたコントも収録……されると嬉しいなあ。藤田さんが女装するネタ、久しぶりに観たいなあ。

『COWCOW CONTE LIVE2』

COWCOW CONTE LIVE 2 [DVD]COWCOW CONTE LIVE 2 [DVD]
(2009/08/19)
COWCOW

商品詳細を見る

面白いんだけどなあ。

COWCOWにとっては一年ぶりとなる単独コントライブ映像『COWCOW CONTE LIVE2』。前作のスタイルを踏襲したネタから、完全に新作となるオリジナルネタまで、漫才・コント・ショートコント・一発ギャグにR-1ぐらんぷり2009で高い評価を得た山田興志のピン芸『テニスの得点係ジョン』を加えた全十二本のネタを収録している。特典映像には、おまけの漫才や舞台裏映像などを収録。

前作と同様、ネタの出来は安定して高い。昔の漫画で見たような気がするギャグ表現を実体化してみた『こういう人知りませんか?』を始めとして、思わずイラッとくる女性の仕草・言動をネタにした『イラキュア』(どうでもいいけど、タイトルの元ネタはプリキュアなのだろうか?)、立てこもり犯に立ち向かう刑事の姿とブログ更新の様子を同時進行でお送りする『多田刑事』など、まったく違う方向性だけどきちんと面白いネタが多かったという印象。もう一回書いておこう。ネタはちゃんと、面白かった。

ただ、どのネタが特別に面白かったかと聞かれると、ちょっと悩む。どのネタも安定して面白いんだけれど、安定しているが故に爆発力に欠けるというか。何度も書くけど、ネタは間違いなく面白いのである。確実に平均以上のクオリティを保っている。でも、どれか強烈に印象的なネタがあったかと聞かれると、僕は無かったと言わざるを得ないだろう。

言うまでもないが、笑いに安定感があることは決して悪いことではない。ネタの良し悪しが極端な芸人よりも、一定のクオリティを保っている芸人の方が、見ている側としては安心できるのは事実だ。ただ、昨今のお笑いブームの激しい波を観ていると、彼らのネタはあまりにも平穏すぎると感じてしまう。もっとハングリー精神をもって、スベりを厭わない笑いを構築しなくては、このお笑いショートネタ時代の波は乗り切れないかもしれない。

……と書きつつも、彼らにはこの平穏なままであってもらいたいと思ってしまう自分もいる。なにせ、ネタは面白いのである。既に面白いのだから、このままで良いじゃないか、と。そんなことを、特典映像でスタッフと仲良さそうに食べ歩きしている山田興志の姿を観るたびに、思ってしまうのである(余談だが、ぶっちゃけ本編レベルに面白い映像だと思う)。

とりあえず、来年のR-1ぐらんぷりに山田興志が出場するのかどうか、ちょっとだけ気にしていたいと思う。もうM-1は出られないし、今年のKOCは準決勝落ちしたし。うーん。とりあえず、何かの賞レースで結果を残せたら、もう1ステップ上がれる気がするんだよね。矢野・兵動みたいに。


・本編(総収録時間:183分)
『こういう人知りませんか?』『剣道部』『駆け込み乗車』『イラキュア』『カーナビ』『漫才』『テニスの得点係ジョン』『多田刑事』『英会話教室』『対局』『研究室』『漫才2』

・特典映像
『おまけ漫才1~4』『山手線漫才』『幻のコント「イライラするガールズバー」』
「今年も起こった!『研究室』でのハプニング」「下北沢限定スペシャルエンディング」
「裏COWCOW CONTE LIVE2」

『しんぼる』を眺めて。

松本人志監督作品『しんぼる』を観てきた。
細かい感想文を書くのは面倒なので、書かない。
けれど、とりあえず感じた事を書いておくことにする。

何処かで聴いた話によると、
松本人志は今回の映画を「海外向け」に作ったという。
なるほど、確かに。
オープニングのメキシコファミリーの描写は、まさに海外映画のそれの雰囲気だった。
ちょっと過激なシスターが、実に海外ウケの良さそうなキャラクターだったし。

同じく、事前の情報によると、
今回の映画は二つの物語が並行して進むということだったが、
これも情報通りであった。
うだつの上がらないメキシカンレスラーの物語と、
真白な密室に閉じ込められた男の物語が、
今回の映画では並行して進んでいく。

ただ、あくまでも物語のメインは密室の話。
メキシカンレスラーの話は、まあ、添え付けみたいなものだと。

話の前半は、コントの様なノリが続く。
部屋の壁に生えている、幼児の“しんぼる”たち。
それらを押すと、部屋の中にアイテムが飛び込んでくる。
アイテムに統一性はない。
歯ブラシ、菜箸、ツボ、寿司、コミック……。
ところどころに日本的な要素を組み込んでいるあたりが、実にニクい。

このネタの作りは、VISUALBUMの『マイクロフィルム』を彷彿とさせる。
あっちは男の腹を殴ると、肛門から色々なアイテムが飛び出してくる。
こちらは幼児の“しんぼる”を押す。

で、この男が、とかくこのアイテムに翻弄させられる。

例えば、寿司のシーン。
ある“しんぼる”を押したら、寿司が出る。
でも、そこに醤油はない。
近くにある別の“しんぼる”を押してみると、再び寿司が出る。
その後も、いろいろな“しんぼる”を押してみるが、寿司しか出ない。
仕方がないので、寿司を食う。
何かを納得しながら、寿司を貪り食う。
(たぶん、「醤油が無くても美味いじゃん」みたいな)
そうして全ての寿司を食べ終わったところで、また“しんぼる”を押す。
すると、あれだけ待ち続けていた醤油が……。
男、思わず「遅いわー!!!」。

前半の密室シーンは、かなりオーソドックスな笑いが多かった。
前作で分かりにくいだのなんだのと言われたことを、ちょっと気にしていたのだろうか。

男はやがて、部屋を脱出するための手段を発見する。
そしてそれを実行するのだが、そこで再び大量の“しんぼる”たちと対面することに。
そこで男が取った行動とは……。

前半のコント的な展開に反して、
後半はかなりシリアスな雰囲気を醸し出している。
いや、あれはシリアスというべきなのだろうか。
ちょっとよく分からない。
ただ言えるのは、宗教的なニオイがしていたなあ、と。
あと、前半で笑いにしていたことを、後半で上手くシリアスに転じたなあ、と。

ああいうオチにしたのは、
やっぱり今回の映画が海外向けを意識していたからだろうな。
いや、だって海外の人ってああいう展開が好きだし。
『マトリックス』とか、『コンスタンティン』とか。
だから、あれは麻原じゃなくて、キリストだと思うんだよねえ。
実際の意図するところはどうか、分からないけど。

とりあえず、面白い映画だった。
初日なのに、あんまりお客さんは入ってなかったけど。
『大日本人』よりは分かりやすいので、良かったら観てってね。

ネタの構成とロジックは、やっぱ光るモノがあったと思うよ。うん。

成らず、号泣

号泣 声に出してボケたい日本語 [DVD]号泣 声に出してボケたい日本語 [DVD]
(2005/10/19)
号泣

商品詳細を見る

『爆笑オンエアバトル』も放送が開始されてから、早いもので十年余りが経過した。そんなに長い期間をかけて放送しているものだから、番組で常連だった芸人の中には、活動休止しちゃったり、メンバーが減っちゃったり、解散しちゃったりすることがある。号泣も、その中の一組。世間では単なる若手漫才師でしかなかったが、番組内では常連の一組だった。まあ、常連と言いつつも、後期には不調が続いていたのだが。

そんな号泣の漫才が好きだったなんてことを言う人をたまに見かけるのだが、それがどうにもウソ臭く聞こえてしまう僕。ダメだね。意地悪だ。いや、もはや解散してしまったコンビなので、遠慮無く書いてしまうが、はっきり言って号泣の漫才はイマイチだった。面白くなかったというわけではないが、当時番組の常連だったますだおかだ、ルート33、アンタッチャブル……と比べるのは流石に悪い気もするが、その辺りの面々による漫才と比べると、どうにも劣った。

号泣の漫才は、言葉を駆使した漫才だと言われていた。確かに、彼らが繰り広げていた漫才は、言葉をテーマにしたものが多かった。比喩、回文、ラ抜き言葉……日常的に使われる言葉ではないが、学校の授業で耳にしたことがある程度の言葉を、彼らは漫才にしていた。それが彼らの持ち味だった。恐らく、意図的にやっていたのだろう。彼らはそのうち、“日本語をテーマにしている漫才師”として知られるようになった。

“日本語をテーマにしている漫才師”と呼ばれているのだから、それを利用しない手はない。徹底的に日本語を掘り下げて、言葉を駆使した漫才を展開し、他の漫才師では辿り着けないカリスマ的なところまで突き進めば良かったのだが、しかし彼らはそれをやらなかった。ネタは日本語にこだわるのだが、そのスタイルを深めようという意識は無かったらしい。孤高の漫才師になることも出来ただろうに……それを彼らはやらなかった。あえて目指そうとしなかったのか、そういう道があることすら気付かなかったのか、今となっては分からない。

そんな彼らの漫才をあえて誉めるとするなら、彼らは常に誰にでも伝わるネタを作り続けていたという点。ちょっと難解なテーマでも、ボケはとにかく分かりやすかったし、下らなかった。ただ、分かりやすすぎた。ちょっとくらい観客を突き放すような、分かりにくくも面白いボケをやったって、別に誰も気にしないのになあ……。

若い時分に売れ損なった彼らは、結成十二年目の年に解散。ネタを書いていたボケ役の赤岡典明は行方をくらまし、ヘタッピなツッコミ役の島田秀平は占い師芸人になった。芸人としての才能は、どちらかというと赤岡にあった気がしたのだが……この世界、どうなるものか分からない。島田はウマいことやったが、もうちょっとイイ売り出し方はなかったのかという気もする。芸人なんて、ただでさえろくでもない職業に就いておきながら、更にろくでもない占い稼業に手を出すなんて、あんまり良いとは思えないのだが。徹底的に大衆に向けられた漫才を生み出していた号泣のメンバーが、今では一部の人間にだけウケるようなサブカル的なことをやってるなんて、なんだかバカバカしい話である。ダメとは言わないし、それはそれで一つの道ではあるのだろうが……。

船長じゃない。

1118『EP FILMS DVDBOX(仮)』(単品でも三巻ずつリリース予定)
1118『アームストロング 単独ライブDVD(仮)
1125『どぶろっく「ほっといてくれんさい」
1127『江頭2:50のピーピーピーするぞ!4 逆修正バージョン~アウト・オブ・コントロール~

色々な発売情報がダラダラと。ライブ史上主義な僕としては、アームストロングの単独ライブが特に気になるところです。が、ちょっぴりEP FILMSも気になりますねえ。吉本興業の芸人さんたちが撮影したショートフィルムの数々が、DVD化されるということで。気になりますねえ。ずびずば気になりますねえ。あの板尾氏による監督作品もあるそうですよ。

『オオサカファンタスティックベストコンサート』(中山功太)

オオサカファンタスティックベストコンサート [DVD]オオサカファンタスティックベストコンサート [DVD]
(2009/08/26)
中山功太

商品詳細を見る

R-1ぐらんぷり2009の覇者、中山功太。覇者である。敗者ではない。だいたひかる、浅越ゴエ、ほっしゃん。、博多華丸、なだぎ武(二冠)が優勝してきた、R-1ぐらんぷりの覇者である。覇者の筈なのだが……売れていない。関西ローカルでの実情は知らないが、少なくとも全国放送のバラエティ番組では、彼の姿を見かけることは殆どない。

どうしてこんなに売れないのか。理由はまあ、なんとなく分からなくもない。おそらく、中山功太の優勝に対して、疑問を覚えている人が少なくないから、率直に彼を持ち上げづらいというところがあるのだろう。或いは、過去の優勝者に比べて、中山功太のネタは少しばかり冷笑的であるために、ちょっとバラエティ番組では取り上げにくいところがあるのかもしれない。何の根拠もない、単なる妄想である。実際のところはどうなのだろう。

何はともかく、中山功太はR-1ぐらんぷり2009で優勝を果たした。そして、今作『オオサカファンタスティックベストコンサート』は、功太がR-1ぐらんぷり2009で優勝したことを祝して行われたベストライブの様子を収録した作品集だ。R-1優勝時のネタ『時報』を始めとして、『DJモンブラン~学食にて~』『対義語』『神』などのネタが収録されている。

一言ネタのクオリティはそれなりに高かった。特に『対義語』は様々な場所で披露されていることもあってか、非常に練り上げられている感が。『時報』の出来はちょっと甘め。功太ならではの冷笑的な笑いが、あまり見られなかった。R-1ぐらんぷり2009決勝の時の「世界最後の日に……」の様な、研ぎ澄まされたネタが観たかったので、少し残念。この他、生徒が提出した作文を読み上げるというネゴシックスを彷彿とさせる『作文』、一人の人間が体験した出来事を一言一言で表現する『人間』などが印象に残った。『作文』はフツーにテレビで出来そう。

一方、一言ネタがメインではないオーソドックスなコントは、ちょっとイマイチ。コントとしてのクオリティの低さを誤魔化すために、ブラックやナンセンスを散りばめているというか。中でも『コーナー』というコントは、悪い意味でしょーもなかった。特にオチは、中途半端にブラックにしようという欲が見え見え。というか、あそこは「マイクが死んでるわ」で良かったんじゃないかと……うーん。あと余談だけど、『姫子の寿司』でセーラー服を着こなしている功太は、色んな意味でヤバかった。……ヤバかった。

正直に言ってしまうと、功太のネタよりも幕間映像の方が印象に残っている。ネタが悪いわけではない。ただ、幕間映像のクオリティが、なかなかに高かったが故の悲劇である。中でも面白かったのが、様々な状況を次回予告で語る「次回予告」。ストレートに下らなくて、とっても面白かった。副音声は期待できない。ほっしゃん。の単独もそうだったけど、ピン芸人が一人で副音声をすると、どうして自分のネタにツッコミを入れるスタンスになってしまうんだろう。もうちょっとあるだろ、なんか。

中山功太の入門作品としては有効。まあ、ベストと銘打っているので、当たり前か。本編の収録時間が100分とボリュームがあるし、特典映像のトークコーナーもそこそこに面白かったので、鑑賞する価値はある。ただ、今度発売されるネタ本『中山功太ネタ全集』で、割とフォロー出来る気も……意地悪だね、どうも。


・本編(100分)
『フリップ漫談 ~対義語~』「オープニング」『作文』『DJモンブラン~学食にて~』「キャッチフレーズマシンガン」『ダイエットセミナー』『時報』「カレーライスの限界に挑戦!」『料理番組』『人間』「次回予告」『神』『コーナー』「踊る!功太御殿!!」『姫子の寿司』「エンディング」

・特典映像(47分)
「トークコーナー」「スーパーヨーヨー ハイパーテクニック」「予想DE大相撲」「中山功太緊急密着ドキュメント 「Mr.Rは今、何を語るのか?」」

情熱についてうんたらかんたら

このところ、書きたいものがない。これを伝えたいとか、これを残したいとかいうことが、まるで思い浮かばないのである。気持ちが枯れてしまっているというか、感受性が衰えてしまっているというか、どうもそういう状態が続いているのだ。月並みな表現をするのであれば、日々の喧騒に追いやられ……というヤツである。所詮、言い訳に過ぎない。

実のところ、この頃はお笑いに対する興味も失いつつある。大学一年の時にラーメンズと出会って以後、お笑いDVDを愛で続けてきた僕なのだが、その熱き思いは吹き抜ける世相の風の中で静かに冷めていくのであった。……なんだかロマンチストだ。

それにしても、人間の熱情というのはどうしてこうも冷めてしまうのだろう。脳の何処かに「若気の至り」を生み出す器官か何かがあって、それが活発に働いているうちは熱情も止まらないのだが、年を重ねるごとにその器官も衰えていき、やがて情熱は消え、感性も静かに息を引き取る。そういうイメージが、僕の中にはあるのだが。実のところはどうだろう。きっと、僕くらいの年代の人間は、もうちょっと熱意に満ちた生き方をしているだろうから、これは僕が特殊だと考えるべきなのかもしれない。他人より特別に冷めていて、熱意もすぐに消えてしまう。なんだか哀しい運命だ。

などと悲観している場合ではない。冷めてしまった情熱は、また温め直すだけだ。冷えてしまったピザをトーストして、あのチーズのこってりとした風味を呼び覚ますように。問題は、僕の情熱をトーストするために必要なものは、きっと電化製品ではないということである。コンセントもソケットも必要ない。もっと感情に訴える、衝撃的な何かが必要なのだ。

笑えるものを一方的に受信する時代は終わりだ。これからの時代は、自らが笑えるものを選別し、センスを磨き上げていかなくてはならない。それはテレビ視聴者にだけ当てはまることだと思っていたが、どうやら僕もそういうことをしなくてはならない時期に突入したらしい。枯れてしまった感性を呼び覚ますため、僕はもっと厳しい目を持たなくては。

……思うがままに書いてみた。ややナルシスト的である。

『フキコシ・ソロ・アクト・ライブラリー「タイトル未定」 ~このライブのタイトルはタイトル未定です~』

フキコシ・ソロ・アクト・ライブラリー吹越満【タイトル未定】~このライブのタイトルはタイトル未定です~ [DVD]フキコシ・ソロ・アクト・ライブラリー吹越満【タイトル未定】~このライブのタイトルはタイトル未定です~ [DVD]
(2009/09/04)
吹越満

商品詳細を見る

吹越満の舞台は、小林賢太郎(ラーメンズ)の一人舞台に似ている。いや、実のところ吹越は小林の何年も先輩に当たるので、この表現は正しくない。正しく書くとすれば、小林のソロ公演の演目が、吹越のそれに類似しているのである。しかし現実問題として、小林のソロ公演と吹越の舞台とでは、その知名度という点で大きな差が開いている。

そもそも、吹越満が年に一度、一人コント師として舞台に立っているということを知っている人間が、とても少ない。今現在、吹越は演芸人というよりも俳優として知られている。事実、彼がテレビ番組に出演するときは、俳優としての演技が求められていることが殆どだ。今や、彼がかつてのように、パントマイムを駆使した『ロボコップ演芸』だの、オナニーをし続けることに決めた男の一日を描いた『日本一のせんずり男』の様な演目を、テレビで披露することはない。求められてもない。求められていたとしても、出来ない。ド下ネタだから(ちなみに、これらのネタは昨年リリースされた『シモキタ・コメディ・ナイト・クラブ』に収録されている)。

そう。吹越の舞台には、多分に下ネタが用いられる。「セック○」程度の軽いモノだけではなく、「クリ○リス」「フェ○チオ」などのフレーズも当たり前に飛び出す。恐らく、彼がかつてお下劣な舞台を繰り広げている劇団として知られている“ワハハ本舗”に籍を置いていた時代があったからだろう。そりゃ、テレビで求められるわけがない。まず、放送できないのだから。だから小林の様に、吹越の舞台がNHKで放送されたり、特別番組がNHKで放送されたりすることはない。やろうと思えば、出来そうだけど。最近のNHKはかなり自由みたいだし。

そんな吹越満の最新作。タイトルは『タイトル未定』。公演タイトルがタイトル未定というのが、実に捻くれている。しかも、舞台が始まって早々に、「タイトルが無いとややこしい」という理由でタイトルが決定される。捻くれから、更に捻くれるという超変化球プレイが、オープニングから行われているのである。実にたまらない。

その後も、吹越ならではの捻くれた笑いが続く。見えないものが存在しているという体で成立している世界の家族を描いた『無対象家族』。白鳥の湖をBGMに六畳一間を掃除する男の視点を映した『昭和六畳一間一人暮らしバレエ』。タイトル通りの『過去最多の人数が登場する一人芝居』。こちらの予想の斜め上を揺れ動く笑いは、今回も健在だった。

中でも強烈なインパクトを見せていたのが、本公演の最後に披露された『命を賭けてみる。その、一』だ。「命をかけて舞台を務めたことがない」という吹越が、舞台上で命をかけてみようというのである。で、何をするのかというと、専用の装置に吊るした二か所のロープにそれぞれボーリング球を引っかけ、それを前後に揺らし、その間をくぐって芝居をするというものである。ぶつかったら死ぬことはないだろうけど、かなり危険だ。かなり危険だけれど、かなりバカバカしい。しかし、こういったバカバカしさこそが吹越の笑いの本質であり、また吹越と小林が似ていると感じさせられる最大の理由なのである。

テレビではシリアスな役者を演じ、舞台ではバカでコミカルな芸人を演じる吹越満。二つの顔を持つ男は、これからもそれぞれに違った顔を見せ続けていくことだろう。でも、もうちょっと、ほんのちょっとでもいいから、演芸人としての吹越満も知られてもらいたいなあ、とか思ってしまう僕なのである。まあ、ニコ動でこっそり紹介されているくらいが丁度良いのかもしれないけれど。


・本編(99分)
『タイトル決定』『無対象家族』『物の状態に関する質問1』『スタンバイA』『仕草の装飾品店』『物の状態に関する質問2と3』『昭和六畳一間暮らしバレエ』『スタンバイB』『不完全なタイトル』『過去最多の人数が登場する一人芝居』『命を賭けてみる。その、一』

・ボーナス
『ボツネタコーナー』『過去最多の人数が登場する一人芝居の登場人物紹介』『決定タイトル全集』

『ラストベストロッチ』

ロッチ ラストベストロッチ [DVD]ロッチ ラストベストロッチ [DVD]
(2009/08/21)
ロッチ

商品詳細を見る

ロッチのベストコントを収録した『ラストベストロッチ』を観賞した。タイトルには“ラスト”と掲げられているが、別にこれが最後のベストライブだというわけではなく、ただ単に「今、見せられるベストネタはすべて見せた」という、現時点でのラストだという意味なのだそうだ。相変わらず、真面目に考えているのか考えていないのか、よく分からないことをするコンビである。

本編の収録時間は50分。お笑いのDVDとしては、ちょっと短いかもしれない。その収録時間の中で披露されているコントは、全部で11本。多い。オープニング・エンディングの時間をカットすると、一本に対する収録時間はかなり短くなる。実際に鑑賞してみて、全体的にかなり短いコントが続いている印象を受けた。彼らから本格的なコント師としてのカリスマ性を感じられないのは、こういうネタの短さが影響しているのかもしれない。

そんなロッチのコントは、人間の性をコミカルに描き出している……ということは、前作「バナナチェリー」の感想の時に書いた。それは今作でも変わらない。

自転車で日本一周に挑戦中の若者が、その自転車を盗まれてしまったために他人の自転車を盗もうとする(『自転車日本一周少年』)。釣りに詳しくない若者に釣りの作法を指南しようとするおっさんの言うことが、何故か次々に裏目に出てしまう。それでも、おっさんは指南を止めない(『釣りのおっさん』)。二十枚の福引券を持って、福引に臨む青年。でも、ハズレのポケットティッシュばっかり引いてしまう。そのうち、福引所の係の人間も、またティッシュを引くんだろうという目で青年を見るようになる。それでも、一抹の希望に期待して、青年はティッシュを引き続ける(『福引』)。

ロッチのコントが描き出しているのは、そんな人間の性が根底にある笑いだ。だから僕たちは、彼らのコントに爆笑しつつも、その情けない姿に少なからず同情してしまう。おかしくも、なんだか哀しい人間模様。それがロッチのコントなのである。とはいえ、これは誰が演じてみせても成立するというものではないだろう。二人が、現在の地位を獲得するまでに経験してきた数々の苦労が、長い時間をかけて笑いとしての形に成ったからこそ、彼らのコントは笑えるのである。

長きに渡る低空飛行から、徐々に徐々に高みを目指し始められる位置まで上昇してきたロッチ。キングオブコントの決勝戦に進出することまで決定し、今まさに脂が乗っているコント師の一組となった彼らの明日は、どうなる?


・本編(50分)
『UFO』『自転車日本一少年』『カツ丼』『釣りのおっさん』『砂漠』『巨乳かメガネか』『路上詩人(取り調べver.)』『十文字アキラ』『福引』『ドッキリ』『こんにちは根岸』

・特典映像(28分)
「おはようございます根岸vs十文字アキラ」
「ロッチコカド釣りに挑戦」
・副音声
「ロッチによる全編副音声コメンタリー」

『爆笑トライアウト』九月四日放送感想文

ゆりありく(タイタン)
猿回し芸として見れば面白いのかもしれないけれど、いわゆる昨今のお笑いの流れの一つとして見ると、ちょっとばかり物足りなさを感じる。ただ、こういうスタイルの演芸でありながら、こういう番組に挑戦しようというスタンスは評価できる。ちなみにゆりあは31歳。老けて見える。

ほうらい(松竹芸能)
ネタを殆ど覚えていなかったので、ビデオで改めて確認。漫才。不動産屋。洗練されていない間の漫才で、実に若手芸人らしい。ただ、若手芸人の漫才なのに、ネタから新しさを感じられない。それと、ツッコミの人をデブキャラで推すのは、ちょっと無理がある気が。中途半端なデブなんだなあ。

よろこんで佐藤(ワタナベ)
佐藤です。これだけ。佐藤です。彼のネタの台本を読んだら、きっと「佐藤です」という言葉がゲシュタルト崩壊を起こすことだろう。観客のウケは悪く、やや盛り上がりに欠けたが、個人的にはダンディ坂野の再来といった感じがして、妙にツボに入った。あのキャラクター、なんか好き。二度目の「佐藤です」は面白かったな。投票。

サイクロンZ(太田プロ)
いつもの歌ハメダンス。初見殺しなスタイルにもかかわらず、他のバラエティ番組でも披露しているような鉄板ネタを持ってきたために、殆ど笑えず。四本ほど披露していたけれど、どれもテレビで何度も観たことがあるネタだった。そこは一本くらい、あまり披露していないネタを持ってきても良かったのではないかと。どうでも良いけど、またここ(爆笑トライアウトの舞台)で会ったらダメだろー。

タンバリン(SMA)
コント。言葉のお勉強。子どもが大人っぽい演技を披露するスタイルのコントは、既にレッドカーペットなどの番組で荒ぶる神々が披露しているので、それ以上の新しさを見出す必要があったと思うのだけど、そういうものも特に無く。つまらないとは言わないけれど、面白くはなかった。

ブラジルマン(フラットファイヴ)
コント。修学旅行の諸注意。なんとなくBOOMERの臭いがしていたような。たぶん、ツッコミの人の声質が似ているんだろうな。でも、ただ古臭いだけではなく、ちゃんとネタに安定感があって良かった。古臭いだけで笑えなかったら最悪だもんなあ。オチもしっかり。投票。

けいいちけいじ(石井光三オフィス)
漫才。自分の子ども。ベテラン漫才師の様なテンポとツッコミが心地良い。何年目だよ。ネタに取り入れているフレーズも「クーラーのフィルター」「少子高齢化」「小姑」と、なんかババ臭い。でも、ネタの構成はしっかりとしていて、良い。いつの日か、地味に評価されていく漫才師になるかもしれない。投票。

ジャングルポケット(東京吉本)
「爆笑レッドカーペット」でも披露しているスタイルのネタを、コントではなく漫才という形式で披露。どうでもいいことで本気になっている人たちの姿は、面白いと言えば面白いけれど、そればっかりというのは流石に飽きる。いつも同じ展開だからなあ。捻りが欲しい。

コマンダンテ(baseよしもと)
漫才。つい最近、動画サイトで観賞した「象さんのポット」を彷彿とさせるような、なんだか独特でまったりとした雰囲気のネタ。ちょっとウメっぽい気も。どういうネタを披露していたのかは忘れてしまったが、とにかく面白かったという印象だけは残っている。ネタの内容を覚えさせられなくても、ネタの面白さを覚えさせることが出来れば、それはもう勝利です。投票。

カレー(トゥインクル)
コント。無茶ブリをかまし続ける面接官と、その無茶ぶりに答え続ける学生(?)のコント。めっちゃくちゃに面白いわけではないけれど、フラミンゴの「フリシリーズ」を彷彿とさせるようなメジャーな巧みさを感じさせられる。ボールを入れさせる説得力があるネタだよな、これは。投票。

以下、結果。

続きを読む

あれがこれでこれがあれで

紳竜の研究 [DVD]紳竜の研究 [DVD]
(2007/05/30)
島田紳助、松本竜介島田洋七 島田洋八

商品詳細を見る

なんとなしにamazonのお笑いDVDランキングを見たところ、今年の12月にリリースされる予定の『ゲームセンターCX DVD-BOX6』に次いで、この『紳竜の研究』が売れているということを知りました。「どうしてこのタイミングで?」と思っていたのですが、ラテラさんの更新記事を見て、その理由が分かりました。というのも、どうやらこのDVDの一枚目に収録されている紳助氏の講義が、書籍化されたそうなのです。

自己プロデュース力自己プロデュース力
(2009/09/01)
島田 紳助

商品詳細を見る

紳助氏といえば、明石家さんまやビートたけしらの様な天才的表現力を持たない身でありながら、自らを売り込むための方法を徹底的に計算し、そして見事に芸能界で確固たる地位を築くに至ったお笑い界屈指の努力家として知られています。この本には、そんな紳助氏の努力の末に導き出した「売れるための方程式」が綴られている……のではないかと思われます。実際は知りませんが。なんだったら、DVDに収録されている講義すら、僕は殆ど観てませんし(再生したけど寝てた)。これを機会に、ちゃんと観たほうがいいのでしょうか。

あ、本文とは関係ありませんけど、こういうのも出ます。
中山功太ネタ全集(仮)中山功太ネタ全集(仮)
(2009/09/05)
中山 功太

商品詳細を見る

こういう芸人さんのネタをストレートに書籍化した本、なんだか久し振りに出る気がします。みんな、エッセイとか小説とか書き過ぎだ! 芸人ならネタで、勝負!勝負!

次回の(というか今日の)『爆笑トライアウト』

カレー(トゥインクル)
けいいちけいじ(石井光三オフィス)
コマンダンテ(baseよしもと)
サイクロンZ(太田プロ)
ジャングルポケット(東京吉本)
タンバリン(SMA)
ブラジルマン(フラットファイヴ)
ほうらい(松竹芸能)
ゆりありく(タイタン)
よろこんで佐藤(ワタナベ)


サイクロンZジャングルポケットゆりありくの名前が目立つ。……というか、ゆりありくはオンエアバトル的にアリなのか? 『ザ・イロモネア』はまだ分からないでもないが。猿回しがオンバト系のステージに立つのは、今回が初めてなのでは。個人的には、キングオブコントで健闘していたというカレーが気になる。ラーメンズの後輩だから、カレーなのか? ……たぶん違うな。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。