スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『爆笑オンエアバトル 我が家』

爆笑オンエアバトル 我が家爆笑オンエアバトル 我が家
(2010/06/23)
我が家

商品詳細を見る

『爆笑レッドシアター』などで活躍中の若手お笑いトリオ、我が家が結成されたのは、今からおよそ七年前の2003年9月のことだった。小学生の頃からの知り合いである杉山裕之と谷田部俊によって結成されていたコンビ“ルーキーズ”に、俳優志望だった坪倉俊之が加入する形で結成された。ユニット名の“我が家”は、結成時に三人がいた居酒屋の名前が由来となっている。

そんな彼らが『爆笑オンエアバトル』に初めて挑戦したのは、2005年のことだ。当時の彼らはまったく無名の若手芸人で、お笑いファンの間でもそれほど知られていない存在だった。それにも関わらず、彼らは初挑戦で初オンエアを果たす。但し、その時の彼らのネタが獲得したキロバトル数は289kbと、かなりの低得点だった。ちなみに、200kb台のネタがオンエアされたのは、2003年12月に293kbを獲得した5番6番以来。はっきり言って、運が良かったのである。

その時、我が家が披露したネタは『レストラン』。客の杉山が失礼な店員の谷田部と坪倉に振り回されるコントだ。キロバトル数の通り、面白いネタではない。ボケは薄いしテンポは悪い。その上、ツッコミはクドすぎる。というか、テンポが悪いのはツッコミのクドさが原因なのだが。薄いボケに対するツッコミがいちいちクドいから、テンポ良く進行しないのである(そのくせ、緊張していたのか、コント冒頭の説明を雑に省いてしまうという大失態を見せているのだから、たまらない)。これは大きな問題だった。勿論、谷田部と坪倉のボケが薄かったことも少なからず問題ではあったのだが、杉山の“クドすぎるツッコミ”問題は、それ以上に大きかった。

やがて、谷田部は中ボケという立ち位置を利用し、何を考えているのか分からない自由で不思議なキャラクターを身につけていき、一方の坪倉も、俳優志望だった頃に会得した演技力を駆使し、演技でボケを見せていくようになる。ボケ役の二人がそれぞれ違ったボケを引き出すことで、以前には見られなかった味わいが感じられるようになったのだ。しかし、杉山のクドすぎるツッコミは、なかなか解決されなかった。僅かながらに見せ方が上手くなってはいたものの、それでも相変わらずクドかった(2006年10月にオンエアされた『自動車教習』のコントでは、杉山の代名詞でもある「言わせねえよ!」に類似したツッコミが口にされているが、まったく効果的に使われていない)。

そんな杉山のツッコミから半ば強引にクドさを失くしたネタが、彼らの代表作“ローテーション漫才”である。三人がそれぞれフリ役・ボケ役・ツッコミ役を入れ替わるローテーション漫才は、その内容自体は決して斬新ではないため、とにかくテンポの良さで観客の視線をグイグイ引き付ける必要のあるスタイルのネタだ。これを正しく面白いネタにするためには、杉山はどうしてもツッコミの言葉を削る必要があり、その結果、クドさは失われて面白さが残るようになったのである。『爆笑オンエアバトル』でこのローテーション漫才がオンエアされたのは2007年6月のこと。その舞台で彼らは、これまでの自己最高キロバトルである457kbを大幅に更新、529kbという大台を叩き出した。これで勢いがついたのか、コントも高く評価されるようになり、2008年10月にオンエアされたコント『迷子センター』では、525kbという自己最高に近い数字を記録した。薄いボケにクドすぎるツッコミというどうしようもないトリオだった我が家は、三年を費やして立派なネタ職人に成長したのである。

しかし、一方で彼らのスタイルには限界が生じていた。我が家のネタは基本的にシチュエーションコントのスタイルを取っていたが、そこで演じられるキャラクターは三人とも殆ど同じだったのである。それがどんなに面白いキャラクターであったとしても、そればかりを見せつけられていれば、食傷気味になっても仕方がない。

そこで彼らは、これまでに培ってきた三者三様の個性を継続しつつ、シチュエーションをドラマチックに仕立てることで、我が家のコントに新しい世界観を見出そうとしたのである。そして、その結果が第11回チャンピオン大会ファイナルで披露されたコント『野球拳』だった。その内容は「会社の飲み会で、コンパニオンと野球拳をすることになった部長が、その途中でコンパニオンが数年前に家出した実の娘だということを知る」という、かなりドラマチックなもの。その思わぬ展開に感動を覚えた観客もいたが、笑いの数は圧倒的に少なく、結果は350kb(/1080kb)とかなりの低記録だった。しかし、その後の我が家のコントに見られる傾向を考えると、彼らにとってのこのコントはとても重要だったと言えるだろう。

現在の我が家は、ロッチとともに事務所の最注目若手芸人として活躍中だ。但し、その活動状況は、はっきり言って芳しくない。コントだからこそ成立していたコミカルなやりとりが、バラエティ番組では通用しないためだろう。どちらかというと、このユニットはバラエティ番組よりも芝居に向いているように思う。俳優志望だった坪倉は言わずもがな、独特の味がある谷田部も意外と芝居に向いているのではないか。唯一、杉山の演技力が気になるところではあるが、それもいずれマシになっていくことだろう。ひょっとしたら、彼らは今後シティボーイズの様なスタイルで活動していくべきなのかもしれない。あくまで「かもしれない」だが。


・本編(70分)
2005年6月の初オンエアから、2009年3月の第11回チャンピオン大会までに我が家が披露してきたネタ全18本のうち17本のネタ(第9回チャンピオン大会セミファイナルで披露されたネタを除いた全ネタ)を収録

・特典映像(34分)
『爆笑オンエアバトル』への熱い思いを語るトークと、いろいろなテーマについて我が家のなかでランク付けする「我が家ランキング」を収録

『チーモンチョーチュー』(チーモンチョーチュウ)

チーモンチョーチュウDVD チーモンチョーチューチーモンチョーチュウDVD チーモンチョーチュー
(2010/06/23)
チーモンチョーチュウ

商品詳細を見る

チーモンチョーチュウ。変な名前である。客に覚えてもらう必要があるためか、お笑いコンビの名前は基本的に個性的でヘンテコだが、その中でも彼らの名前は特にヘンテコだ。なにせ、その名前の由来がさっぱり分からない。語呂の良さに着目したにしても、言葉が複雑過ぎる。気になったので調べてみたら、なんと「友達が有名格闘ゲーム「バーチャファイター」の必殺技“裡門頂肘(りもんちょうちゅう)”を“チーモンチョーチュウ”と言い間違えた」ことから由来しているのだという。ヘンテコなコンビ名は、その由来もまたヘンテコだった。

ちなみに、このチーモンチョーチュウという名前も、たびたびその表記を間違えられるらしい(チーモンチョウチュウ、チーモンチョーチュー等)。言い間違いから始まったコンビ名が更に間違えられるなんて、なんだか混沌としていて面白い。それ故に、所属事務所である吉本興業も、たびたび彼らにコンビ名の変更を提案していたという。それでも彼らは、頑なにチーモンチョーチュウという名前にこだわり続けた。一体何が彼らの意思を強固にしたのかは分からないが、そのヘンテコな名前に対し、彼らが非常に自己主張の強いコンビだということは間違いないようだ。

『チーモンチョーチュー』は、チーモンチョーチュウにとって初めての単独DVDである。タイトルは、間違えられやすい自身のコンビ名を皮肉って付けたのだろうか。2010年4月12日に行われたライブ「THE BEST」の様子を収録しており、タイトルからも分かるように、これまでに彼らが生み出してきたネタから厳選された漫才・コントが披露された傑作選ともいえる内容になっている。ちなみに、ライブで流されたという幕間映像は収録されておらず、ただひたすらにネタ・ネタ・ネタのオンパレード。近年稀に見るストイックな内容に、些か驚かされた。

収録されているのは、六本の漫才と六本のコントに一本の映像コントの計十三本のネタだ。チーモンチョーチュウのネタといえば漫才のイメージが強かったのだが、コントもなかなか良い。ちょっとブラックなオチに走りがちな傾向はあるものの、漫才の余芸としてではないきちんとしたコントが披露されていた。中でも、内容のコミカルさにい対して、物凄いエンディングを迎えてしまう『ノリ輔おじさん』と『ぷにゅ公』は必見だ。暗転と同時に悲鳴が上がっていた……。

しかし、彼らの本芸はやはり漫才。今作では、『通販番組』『おばあさんを助ける』『三文字ゲーム』『百人斬り』『歯医者』『勇者』のネタが披露。厳選されたネタというだけのことはあって、相方イジリに直球な下ネタ、動きを多用したネタに言葉の余韻で笑わせるネタなど、様々なスタイルで高水準な漫才を楽しむことが出来た。中でも、彼らの代表作とも言える『三文字ゲーム』は、その完成されたフォーマットに改めて感心した。三文字だけで会話することで、通常のしゃべくり漫才の様に余計な言葉を必要としないため、中堅の漫才師の様に十分な間を用いた漫才を演じられる。実に、さりげなく凄さだ。この『三文字ゲーム』のスタイルは、現在だけではなくこれからも活用することの出来る、物凄いフォーマットだと言えるのかもしれない。

ヘンテコな名前のヘンテコなコンビ、チーモンチョーチュウ。しかし、彼らのネタは単なるヘンテコではなく、きちんと作り上げられたヘンテコだ。ふわっとした空気を保ちながら、実直に自身の笑いへと立ち向かっていく彼らは、果たして何処に辿り着くのだろうか。……案外、演芸場で高年齢層を相手に「三文字ゲーム」とかやっていたりするのかもしれない。あまりバラエティで活躍するイメージがないのだが……果たして。


・本編(129分)
「漫才1」「漫才2」「漫才3」「漫才4」「漫才5」「プロテインの魔人」「ノリ輔おじさん」「ぶにゅ公」「欧風雑技団」「白井クイズ」「コンビニ」「おまけ:下ネタ漫才」「おまけ:下ネタコント「診察」」

・特典映像(32分)
松尾アンダーグラウンド(チョコレートプラネット)がレポートする、DVD収録用ライブの舞台裏大公開!

2010年上半期のお笑い系DVDを振り返る

■1月
さまぁ~ずライブ7 初回限定版
オードリーのオールナイトニッポン
ご指名・ご購入ありがとうございま~す! ~笑いたいなら、一枚いかがですか?安心と実績、笑いの保証 約束編~』(とろサーモン)
ヒッシノパッチ』(カナリア)
風藤松原 単独ライブ 「ゆるゆる」
マイコーりょう THIS IS FAKE
2010年度版 漫才 爆笑問題のツーショット ~2009年総決算~
エレ片コントライブ ~コントの人3~

一月で最も印象的だった作品は、やはり『オードリーのオールナイトニッポン』だろう。長い歴史を誇るオールナイトニッポン史上初めてその収録現場にカメラを入れた、単なるお笑い芸人の映像作品を越えるある種の資料としての価値もあったように思う。ロケシーンとラジオブースシーンを分けることで、オードリーの二面性を浮き彫りにしたという意味でも、かなり興味深い作品だと言えるだろう。この他にも、普段は見られないキリッとしたボケを見せた風藤松原、MJに対する愛を詰め込んだ映像を見せつけたマイコーりょう、ただただバカを追求したエレ片が印象的。特に、エレ片のユニットコントとは思えないチームワークぶりには、ただただ脱帽。

■2月
サンドウィッチマン ライブ2009~新宿与太郎狂騒曲~
イワイガワ単独ライブ「オイルショック」
K.K.P.♯6『TRIUMPH』
NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~
兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 其の弐
ハライチ「ハライチ」
第9回東京03単独ライブ「いらいら」
ロッチ 単独ライブ 「ロッチラリズム」
よゐこと一緒にコントライヴ ~カッちゃんテッちゃん千秋ちゃん。ついでに来たのがTKO~

漫才とコントのバランスが良い二月。ただ、印象に残った作品は少なく、常に単独ライブでは高水準なものを見せつけているNON STYLEと、漫才とロケーション映像をいい塩梅に見せるハライチくらい。ただ、サンドウィッチマン東京03ロッチに関しては、観ているこちらの期待が高すぎるような気もする。特に東京03に対する期待は、第七回単独『スモール』がとてつもない傑作だったため、途方もなく上がっている。近日リリースされるという『自分、自分、自分。』はどうなるのだろうか。また、よゐこのコントライブが数年ぶりにリリースされたことも、ここに書き留めておこう。

■3月
NETAJIN 3
U字工事 5ミニッツ・パフォーマンス ごめんねごめんね~
キュートンDVD
キャン×キャン 単独ライブ“琉Tube”
バッファロー吾郎 芸歴20周年記念~初回限定BOX~
所さんの世田谷ベース IV
エレキコミック第18回発表会「R」
バカリズム案
爆笑オンエアバトル 東京03
爆笑オンエアバトル キングオブコメディ
爆笑オンエアバトル 超新塾
爆笑オンエアバトル パンクブーブー
チュートリアリズムIII
シティボーイズミックス PRESENTS そこで黄金のキッス
カンニング竹山単独ライブ「放送禁止 Vol.2」
爆笑レッドカーペット~克実より愛をこめて~
爆笑レッドカーペット ~花も嵐も高橋克実~

年度末とあってか、上半期最大のリリース量を記録した三月。バッファロー吾郎結成二十周年記念作品、時代を牛耳る『爆笑レッドカーペット』初ソフト化など、芸能史に残るだろう作品も幾つか。が、個人的には、やはり『爆笑オンエアバトル』から四作品が同時リリースされた“事件”は捨て置けない。まさか『爆笑オンエアバトル キングオブコメディ』がリリースされる日が来るとは……。その他にも、バカリズムによる非コントライブを収録した『バカリズム案』、話題のユニットによるコントライブを収録した『キュートンDVD』なども印象的だが、三月といえばなんといってもシティボーイズミックス『そこで黄金のキッス』だろう。上半期どころか、下手すれば今年最高の一作!

■4月
プレミアステージ2009
コサジ一杯の鳥の中身』(脚本:川島邦裕)

三月の勢いは何処へやら、特に気になる作品が見つからなかった四月。記録映像の保存という意味で手にした『プレミアステージ2009』は、特典映像の芸人対談も含めてそこそこの秀作だったが、やはり四月は『コサジ一杯の鳥の中身』がただただ強烈。野性爆弾・川島の世界が大爆発!

■5月
夙川アトム 第1回単独ライブ ‘FANTASIA’
兵動大樹のおしゃべり大好き。4
This is かまいたち
潜在異色 vol.1 全3巻収納BOX&オリジナルTシャツ付 【Amazon.co.jp限定】
潜在異色 vol.2
潜在異色 vol.3

数は少ないながらも、秀作揃いの五月。胡散臭い業界人コントのイメージから脱却を計ろうとする夙川アトム単独ライブ、安定感のある話術を駆使して家庭内の他愛もない出来事を笑いへと昇華する兵動大樹トークライブ、漫才師としてのイメージが強い二人によるかまいたち完全コントライブと、独自の活躍を見せる作品が揃うが、やはり五月は『潜在異色』の衝撃に尽きる。プレイヤーとしての能力を如何無く発揮する山里、作家としての才能を爆発させる田中、ただ単純に暴走する若林。たまらない。

■6月
桜の季節~卒業~
チーモンチョーチュウDVD チーモンチョーチュー
爆笑オンエアバトル 我が家
オリエンタルラジオ漫才ツアー 我
ALTERNATE GREEN』(THE GEESE)
モンスターエンジンDVD2

上半期最後の月、六月は全体的に無難で安心感のあるラインナップが見られた。安定感のある漫才とブラックなコントを見せつけたチーモンチョーチュウ、漫才師として大きくレベルアップしたオリエンタルラジオ、シティボーイズの足跡を歩むナンセンスの旗手がその真の腕を見せたTHE GEESE単独ライブ『ALTERNATE GREEN』。ああ、ハズレなし!

『オリエンタルラジオ漫才ツアー「我」』

オリエンタルラジオ漫才ツアー 我[DVD]オリエンタルラジオ漫才ツアー 我[DVD]
(2010/06/23)
オリエンタルラジオ

商品詳細を見る

オリエンタルラジオが漫才に力を入れているということを、どれだけの人が知っているのだろうか。恐らく、多くの人たちにとって、彼らは未だに『武勇伝』のコンビである。それだけ『武勇伝』というネタが優れていたということなのだろうが、しかし『武勇伝』を主に演じていた頃の彼らしか知らない人間が、今でも彼らに対して間違ったイメージを持ち続けているのだと思うと、なにやら歯痒い。だから、そういう人たちには、是非ともこの作品を観てもらいたい。これを観れば、少なくともオリエンタルラジオが十把一絡げの一言ネタ芸人ではないことが分かる筈だ。

『オリエンタルラジオ漫才ツアー「我」』は、オリエンタルラジオが2009年4月から11月にかけて月に一度のペースで行っていた漫才ライブを収録した作品である。当時の彼らの目標は、とにかく「M-1グランプリ2009で結果を残す」ということ。この作品には、その唯一の目標に向かってただがむしゃらに漫才を演じてみせる二人の姿が映し出されている。ただ、彼らがかつてリリースした『才』(2008年4月に全国五都市で行われた漫才ライブを収録した作品。約80分間ノンストップ漫才が披露されている)の頃と比べて、だいぶ漫才が落ち着いてきたように思う。ただ発想を漫才にぶつけるのではなく、きちんと漫才を演じてみせようという意識を持つようになってきたようだ。

その傾向は、内容にも強く見られた。先にも書いたように、『才』で披露されているオリラジの漫才には、例えば「ことわざに新しい一文を加える」「犯罪者ばかりの戦隊ヒーローを考える」「もしもあの有名人のブログが炎上したら?」などの様に、中田の発想を中心にしたネタが多く見られた。しかし、今回の『我』において、彼らの漫才は非常にオーソドックスな作りを見せていた。オープニングでは「御存知、僕たちです」の一言でツカミを成功させ、それから自己紹介漫才へと展開。ツッコミの藤森に関する森羅万象をイジリ倒したかと思えば、さりげなく韓流スターや演歌歌手に毒を吐く。様々なスタイルの、しかし過去に数々の漫才師が演じてきたシチュエーションをマジメに演じる彼らのネタは、まさに漫才アイデンティティの再構築作業だった。

そうして迎えた、M-1グランプリ2009。その決勝の舞台に、オリエンタルラジオの姿はなかった。結果は、準決勝敗退。予選で彼らが演じていたネタは、今作に収録されている『合コン』だったという。確かに、このネタは今作で演じられたネタの中でも、爆発的にウケを取っていたネタだった。それが通用しなかったのは、素直に彼らの力量が足りなかったということなのだろう。しかし、オリエンタルラジオの漫才は、まだまだ途上である。発想重視の『才』、オーソドックス重視の『我』を経験した彼らは、既に次なる策を練っている筈だ。新たなる漫才世界に向けて、これからも彼らは突き進んでいくに違いない。

なお、今作の特典映像には、M-1グランプリ2009準決勝で散ったオリエンタルラジオが、新たなる漫才への道を切り開くために、M-1グランプリ2005覇者であるブラックマヨネーズと真剣に漫才について語り合う飲み会の様子が収録されている。自身の漫才に対する思いをぶつけるオリエンタルラジオと、それを真正面から受け止めるブラックマヨネーズは、とにかく熱い。漫才バカなら必見。


・本編(42分)
2009年11月14日にルミネtheよしもとで行われたライブを収録

・特典映像(67分)
2005年M-1グランプリ王者ブラックマヨネーズを相手に2010年の新たなる答えを求め決行した“絶対にテレビで話すことができない漫才の話”を完全収録

・関連記事
 ・ことごとく狂い咲き『十』
 ・『才』

ゆるゆる映画日記

お笑いDVDの感想文がてんで進まないので、最近観た映画の感想文を軽く書くことで茶を濁すことにする。質より量ということで、かなりテキトーな感想文になることは否めないが、何も書かないよりはマシだろうという方針なのである。なお、この感想文は日記形式で進める。その方が書きやすいためである。

鈍獣 プレミアム・エディション [DVD]鈍獣 プレミアム・エディション [DVD]
(2009/11/06)
浅野忠信北村一輝

商品詳細を見る

6月27日。レンタルビデオで借りていた『鈍獣』を観る。宮藤官九郎が舞台用に書き上げた脚本を元に作られた作品、だそうだ。初めて今作のパッケージを目撃した時、この頭に角が生えたような男はてっきり阿部サダヲなのだと思っていたが、実際に確認してみると、シリアスな演技が印象的な浅野忠信で驚いた。映画の内容は、如何にも舞台作品を映画化しました、というような感じ。特に終盤の色々なことを有耶無耶にしてしまうような展開は、実に舞台的だったと思う。「舞台はこれでいいんだよ」みたいな臭みが鼻についた。舞台はそれでいいかもだけど、映画はちょっと違うんじゃないかねえ。

アウトレイジ (北野武 監督) [DVD]アウトレイジ (北野武 監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

6月26日。映画館で『アウトレイジ』を観る。北野武の映画は割と観る方で、過去の作品も大体は目を通しているのだが、こうして映画館に出向いたのは今回が初めてだ。以前の様に危なっかしいたけし映画が見られると聞いていたのだが、実際はかなり冷静で大人しい映画だった。いや、確かにやっていることはかなり過激で、目をそらしたくなるような場面が幾つもあったのだが、どのキャラクターに感情移入すべきかが見えてこず、とても客観的な視点で撮られた作品だったな、という印象が強かった。前作『アキレスと亀』は一人のダメアーティストの成長を描きながら「芸術とは何か?」という議題に立ち向かった作品だったが、今作は特にメッセージを含めず、単なる「ヤクザの生態観察日記」に落ち着いていたように思う。なんとなく『刑務所の中』に近いか。でも、個人的にはそこそこ楽しめた。

宮本武蔵‐双剣に馳せる夢‐ [DVD]宮本武蔵‐双剣に馳せる夢‐ [DVD]
(2010/02/03)
押井守

商品詳細を見る

6月23日。レンタルビデオで借りてきた『宮本武蔵 ~双剣に馳せる夢~』を観る。原案・脚本を担当している押井守のモノローグ色が強い作品で、たぶん『立喰師列伝』みたいな感じなんだろうなあ……と想像していたら、本当にそのままのものが出てきたといった感じの作品。真剣に宮本武蔵について語りあげた作品なのかと思わせつつ、ちょくちょく笑いの要素を盛り込んでくるあたり、実はフェイクドキュメンタリーなんじゃないかという気にもさせる作品で、言ってみりゃ中途半端。『立喰師列伝』の様に独自の映像表現で魅せることもしていないため、なんとも物足りない作品となってしまった。もういっそ、国本武春の浪曲のみで構成された作品にしてしまえば良かったのに。

日本一のホラ吹き男 [DVD]日本一のホラ吹き男 [DVD]
(2006/05/26)
植木等浜美枝

商品詳細を見る

6月13日。レンタルビデオで借りてきた『日本一のホラ吹き男』を観る。ホラを吹き続ける男が、そのホラを吹き当てて社内を伸し上がっていく様を描いた作品。基本的に「ホラを吹く→皆に笑われる→ホラを実現させる→皆に感心される」という流れのみで展開するため、終盤になるとちょっと飽きてくる。ただ、植木等の演じる爽快なキャラクターが、とにかく良い。ある意味、このキャラクターの良さだけで、どうにかこうにか正当化された映画といえるのかもしれない。

デメキング [DVD]デメキング [DVD]
(2009/09/18)
なだぎ武本上まなみ

商品詳細を見る

5月23日。レンタルビデオで借りてきた『デメキング』を観る。いましろたかしの同名コミックを実写化した作品で、主演のなだぎ武の演技がどういうものかと思い鑑賞したのだが、なだぎの出番は思っていた以上に少なく、やや期待外れ。ただ、出演陣は原作のイメージに沿っていて、そこは満足できた。というか、そもそもこの作品を映画化したこと自体が無謀だった様な気がするのだが。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。