スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『麒麟川島単独ライブ 雨降る夜』

麒麟川島単独ライブ 雨降る夜 [DVD]麒麟川島単独ライブ 雨降る夜 [DVD]
(2010/07/21)
川島 明(麒麟)

商品詳細を見る

麒麟といえばM-1だというイメージを持っている人が多いのではないかと思うけれど、僕にとっての麒麟は「爆笑オンエアバトル」に出演していた漫才師だった。M-1グランプリ2001にそれほど興味を持っていなかったためである。一応、リアルタイムで鑑賞してはいたのだが、当時の僕はあまり芸事に興味を持っていなかったので、麒麟の存在を完全に忘れてしまっていたのだ。だから、麒麟がM-1グランプリの決勝戦に進出した漫才師だということは、「爆笑オンエアバトル」で漫才を観てからそこそこ経ってから知った。一応、一度彼らの存在を認識していた筈なので、正しく書くなら“思い出した”とするべきなのかもしれないが。

当時の麒麟の漫才は、とにかくファンタジー色が強かったことを覚えている。中でも印象に残っている漫才が、ファーストフード店で購入したチキンナゲットが一個多かったので、店に返しに行くというネタ。途中、何故か大勢に追いかけられてしまう川島が、チキンナゲットに乗って川を渡るという物凄い内容に、ただひたすら爆笑した記憶がある。ところが、いつの頃からか、麒麟の漫才は退屈になっていった。面白くないとは言わないが、以前ほどに発想の下らなさを活かしたネタが作られないようになってしまったのである。それでも彼らは、少しずつ自らの個性を見出す漫才を切り開いていき、きちんと立派な漫才師になっていったのだが……あの頃のファンタジー色の強い漫才を思うと、なにやら勿体無いような気持ちにもなってしまう。

今作『雨降る夜』は、麒麟のボケ役で低い声担当の川島明が2009年に数回行ったソロライブ「雨降る夜」のネタから傑作を取り揃えたベストライブ「雨降る夜~the best~」を収録した作品だ。麒麟のネタ書き担当でもある川島のソロライブとあって、漫才では見られなくなったファンタジックなボケを堪能できるライブになっているだろうと考え、そこそこに期待して鑑賞。しかし、そこで繰り広げられていた笑いは、麒麟の漫才と同様に、川島の低音ボイスを駆使したネタの数々だった。いや、どちらかというと、麒麟のコントに近いかもしれない。漫才と比較するにしては、今回のライブで披露されているネタはあまりにもヌルかった。あの随所に見られる上滑りしているような感覚は、麒麟のコントを見ている時に近かったように思う。

ただ、ならばつまらなかったのかと言われると、些か返答に困る。漫画の台詞や日常の思いがけない言葉を渋い声で語る『ええ声で言おう』を初めとして、午後のティータイムを楽しんでいるオシャレな紳士の思わぬ行動が印象的な『昼下がりの紳士』、日常のイラッとくる人たちを某番組のナレーション風に解説する『自然の王国』など、きちんと川島の声を活かしたネタがチョイスされており、そういう意味では非常に一貫性のある内容になっていたのではないかと。個人的には、CM前のナレーション収録現場にこだまする謎のフレーズの数々が繰り出される『ナレーターナレーション』が、かなり面白かった。こういう大喜利スタイルのネタが得意な模様。そういえば、幕間映像も大喜利っぽいネタが多かった様な。ライブの最後には、落語っぽいネタ『宝くじ』を披露。これもなかなか良かった。ライブの〆に相応しい、重厚感のあるネタだったと思う。とにもかくにも、オチが良かった。なので、全体的には決して悪くないライブだったと言えるだろう。

それでも、どうしても求めてしまうのは、あの頃のファンタジーな川島明のボケワールド。器用にネタがこなせるようになったことは悪いことではないのだろうが、もう少し自らの声以外の特色を見出せるライブだったらなあ、とか思ってしまうのである。まあ、これはもはや、ただ単に僕があの頃の川島を引きずり過ぎているだけなのだろう。きっと、普通の人にしてみれば、このライブは結構面白く感じられるのではないかと。

なお、今作には副音声コメンタリーが収録されている。これに参加しているのは、川島明当人と過去にソロライブを行った経験のあるインパルス板倉俊之の二名だ。コンビだがソロライブを行ったことのある二人による「ピンとして舞台に立ったことがある人間だからこそ実感できる難しさ」についての話は、かなり興味深い。コンビ芸人でピン芸にも興味を持っている方は、一度聴いてみるのもいいかもしれない。……そんな人が当ブログを読んでいるのかは分からないが。


・本編(70分)
「ええ声で言おう」「オープニング」「ああ苦情」「部首のリサイクル1」「昼下がりの紳士」「部首のリサイクル2」「自然の王国」「えかきうた1」「スコーピオン」「えかきうた2」「ナレーターナレーション」「絵しりとり1」「宝くじ」「エンディング」「ええ声で言おう」

・特典映像(31分)
「絵しりとり2」
「実録 川島明雨降る夜を書く(出演:麒麟川島、天津向、ネゴシックス、ムーディ勝山)」

・音声特典
麒麟川島&インパルス板倉の副音声

ホンジャマカの過去、現在

ホンジャマカLIVE '93-'94 JAPAN TOUR [DVD]ホンジャマカLIVE '93-'94 JAPAN TOUR [DVD]
(2010/10/27)
ホンジャマカ(石塚英彦・恵俊彰)ジュンカッツ(名倉潤・渡辺勝彦)

商品詳細を見る

ホンジャマカ“成人”~20周年すぎてました~ [DVD]ホンジャマカ“成人”~20周年すぎてました~ [DVD]
(2010/10/27)
ホンジャマカ

商品詳細を見る

2010年に結成二十周年をうっかり乗り越えてしまったホンジャマカのDVD作品が二作同時にリリースされる。うち一作は、3月に行われた『ホンジャマカ“成人”~20周年すぎてました~』を収録した作品。かつて多人数ユニットだったホンジャマカが当時を振り返る意味を込めて、事務所の後輩芸人である我が家・にしおかすみこ・フォーリンラブ・山本高広を加えた合同ライブで、コント師としてのホンジャマカの今の姿を確認することが出来る。もう一作は、94年にVHSでリリースされた『ホンジャマカLIVE’93-’94 JAPAN TOUR』及び『もっとホンジャマカLIVE’93-’94 JAPAN TOUR プラス』をDVD一枚にまとめた作品。現役のコント師として奮闘するホンジャマカの姿を堪能できる作品だ。……また、ジュンカッツ時代の名倉潤の姿を確認できるという意味で、希少性の高い作品といえるだろう。タレントとしてではなく、コント師として扮する彼らの姿をしかと見よ。

・その他のリリース
0901『笑う妖精
0915『プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.1
0915『プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.2
0915『ロンドンハーツ 1
0915『ロンドンハーツ 2
0915『ロンドンハーツ 3
0915『電波少年 感動のゴール集(仮)
0915『電波少年 リクエスト特集(仮)
0915『ぼくらのカーケシ ~懐かしのスーパーカー消しゴムでよゐこが遊んでみた~
0915『これでもととのいますか?~Wコロンのなぞかけツアー~
0922『ごぶごぶBOX [DVD]
0922『ごぶごぶ~浜田雅功セレクション~
0922『ごぶごぶ~東野幸治セレクション~
0922『ホリさまぁ~ず Vol.3
0922『ホリさまぁ~ず Vol.4
0922『ホリさまぁ~ず Vol.5
0922『フットンダ2(仮)
0922『キングコングのあるコトないコトDVD~芸人オールスター戦・1回表~
0922『毎日どっきり2~出川の復讐~
1006『ドキュメンタリーハイ 上
1006『ドキュメンタリーハイ 中
1006『ドキュメンタリーハイ 下
1006『バナナ炎外伝ノープランロケ炎のバナナツアー
1020『リンカーンDVD 1
1021『小島×狩野×エスパー 3P(スリーピース) VOL.3
1023『芸能人リアルプライベート旅番組 Star Tours 千原ジュニアの宮古島(仮)
1027『LICENSE vol.TALK(仮)
1027『阿曽山大噴火のさいばんSHOW
1104『JUNK 爆笑問題カーボーイDVD
1104『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD
1110『トゥルルさまぁ~ず ~ダンボールにハズし無し~
1110『トゥルルさまぁ~ず ~愛される前に愛してやる~
1121『小島×狩野×エスパー 3P(スリーピース) VOL.4<完>

ハマカーンネタベスト「カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ」

ハマカーンネタベスト「カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ」 [DVD]ハマカーンネタベスト「カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ」 [DVD]
(2010/07/21)
ハマカーン

商品詳細を見る

気付けば、ハマカーンのことを七年以上も見守っている。キーストンプロというこじんまりとした芸能事務所に所属していた彼らは、その当時あんまり面白くない漫才を演じていた。それがゆっくりと面白い漫才を演じるようになり、“下衆の極み”という印象的なフレーズを用いた漫才を開発し、昨年にはM-1グランプリ決勝の舞台に進出するのではないかと言われるようになったのだから、どうなるものか分からない。あの頃、彼らのことを“つまらない”の一言で切り捨てていた人たちは、今の彼らの姿をどう捉えているのだろうか。……案外、喜んでいたりするのかもしれない。厳しい目で見てきた芸人が、無事に花開いた姿を見て。

今作は、そんな“下衆の極み”というフレーズを用いた漫才で注目を集めるようになったお笑いコンビ、ハマカーンのベストネタを披露したライブ「はまかん大辞典」を収録した作品だ。ハマカーンといえば漫才のイメージが強いが、今作に収録されているネタの殆どはコントである。実は、彼らはコント師としてもそこそこに注目を集めており、昨年のキングオブコントでは準決勝に進出している実力者だ。見ると、そのコントは確かにソツがない。誘拐犯の身代金受け渡しの場にホームレスの格好をして現れた刑事が、ついついなりきりすぎてしまう『身代金』。お互いのあまり公表したくないエピソードを暴露し合う『ノンフィクション作家』。かつてのクラスメートの話をする浜谷、しかしその正体がどう考えてもアレな『宇宙人』。いずれも確かに安定して面白く、それなりに笑えるコントだ。ただ、それらのコントは全て、ハマカーンじゃなければならないというほどの出来ではなく、あまり良くない言い方をするならば単独ライブで披露される程度の出来。面白くないわけではなく、むしろ面白かったのだが……彼らじゃなければ表現できない笑いは、そこにはなかったように思う(浜谷による神経質さを匂わせるボケの根底にはさまぁ~ず大竹の気質を感じた点は些か興味深かったが)。

一方、僅かに収録されている漫才は、その多くが“下衆の極み”漫才という布陣。こちらは流石の安定感を見せており、いずれも浜谷の「下衆の極み!」という決めフレーズが非常に心地良く響いていたが、そのフォーマットを用いない漫才が観たかったような気もする。まあ、そちらは既存作品『ハマカーン in エンタの味方!爆笑ネタBEST10』を観ればいいのだろうが……彼らのことを知ろうと今作に手を出した人に、もっと彼らの漫才を知ってもらえるいい機会だったと思うので、なにやら惜しい。

ただ、ハマカーンの現状を窺い知ることが出来るという意味では、今作はやはり貴重。副音声に収録されているオーディオコメンタリーを含め、彼らのことをより深く知ることの出来る作品なのではないかと。


・本編(68分)
「本の妖精」「漫才「海」「身代金」「ボクサー」「漫才「ロボット」」「ノンフィクション作家」「ストリートミュージシャン」「宇宙人」「漫才「ゴキブリ」」「漫才「ラーメン」」「10年後」

・特典
映像:「浜谷柔道五番勝負」(22分)
副音声:ハマカーンによるオーディオコメンタリー

『ディープピープル』漫才師(増田英彦×中川剛×水道橋博士)マトメ

先日、NHKにて『ディープピープル』という番組が放送された。これは、ある道を極めた三人のプロフェッショナルが司会も台本もない状態で語り合うトーク番組で、過去に「柔道金メダリスト」「予備校講師」が集められ、それぞれにトークを展開してきた。一応、MCの安部みちこアナウンサーと関根勤がトークの合間に解説を挟む場面があるが、三人のトーク自体には決して触れられない。三人のトークは誰にも邪魔されることなく、文字通りディープな話題へと沈んでいく。それが『ディープピープル』だ。

この日は「漫才師」のプロフェッショナルが集められた。漫才師のプロとして選ばれたのは、M-1グランプリ二代目王者“ますだおかだ”のボケを担当する増田英彦、M-1グランプリ初代王者“中川家”のボケを担当する中川剛、北野イズムを継承するライブ主義の時事ネタ漫才師“浅草キッド”のツッコミを担当する水道橋博士、以上の三名。事務所もスタイルもまったく違う三人によって繰り広げられるトークは、飾り気のないすっぴんそのもの。それは“お約束の予定調和”で固められたバラエティ番組では決して見ることの出来ない、とてもディープで魅力的なものだった。
 
トークが始まる前に、関根勤が“お笑い”の難しさについて語る。

関根「お笑いってね、難しいですよ。例えばね、マラソンだったら二時間三十分以内に走んないと、あそこの選手になれないんですよ。分かりますよね?自分であの42キロを二時間半で走る凄さを。お笑いの場合は「ウチの課長けっこう面白いんですよ」って言ってくる人がいるんですよ。「ウチの課長の方が面白い」とか「オレの友だちの方が面白いぜ」とかって、平気で言ってくるんですよ。というのは、分かんないんですよ。数値化できないんですよね」
安部「じゃあ漫才師さんって辛いですね」
関根「そうなんです。普段はお互いの手の内を明かさないですから、これは貴重なトークになりますよね」


そして漫才師たちが入場。ディープピープルたちのトークが始まる。

続きを読む

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。