スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『COWCOW CONTE LIVE 3』

COWCOW CONTE LIVE 3COWCOW CONTE LIVE 3
(2010/08/18)
COWCOW

商品詳細を見る

『COWCOW CONTE LIVE3』を観た。文字通り、伊勢丹の紙袋こと多田健二とR-1ぐらんぷり三度の決勝進出を果たした山田興志によるコンビ、COWCOWがそのコントを存分に披露しているライブを収録した作品だ。COWCOWのコントライブがDVD化されるのは今回で三度目になる。

彼らが初めてDVDをリリースしたのは2008年のことで、これは山田がR-1ぐらんぷり決勝に進出した年と重なる。つまり、彼らがDVDをリリースするようになったのは、山田の活躍があったからだといえるだろう。事実、これまでにリリースされてきたコントライブDVDには、必ず山田のピン芸も収録されていた。当然、今回も収録されている。COWCOWが漫才師としてそれなりに評価されるようになったのも、山田の活躍が先にあったためだ。だからといって、彼らの人気は決して山田のピン芸人としての実力に乗っかっているわけではない。きちんと漫才師としての実力もあるからこそ、現在の評価がある。

COWCOWの最大の特徴、それはアットホームな空気感だ。漫才に限った話ではなく、彼らのネタはいつもほんわかとしていて、優しい空気に包まれている。その舞台からは、緊張感がまったく感じられない。「しぼんだビニールボールを頭に被るヤツ」「手提げ袋を背負うヤツ」など、幼稚な欲望を満たしている人たちを探し続けるあるあるネタ『こういう人知りませんか?』。忍者同士の合い言葉が言葉遊びになったり小芝居になったりする『合い言葉』。日用品の名称の殆どは実は偉人の名前から来ているという体の言葉遊びコント『世界の偉人』。どれもこれも、その優しくて温かくてほのぼのとした空気を発した、とても緩やかなコントばかりだ。

しかし、冷静になって考えてみると、それらのネタはあまりにも他愛がない。なさすぎる。幼稚とまでは言わないにしても、まるで子供が「ごっこ遊び」をしているかのようだ。もし、他の芸人がこれらのネタを演じていたとしたら、どうなっていただろうか。ネタについつい力が入り過ぎて、とても笑える代物にはなっていなかったかもしれない。これらのネタはCOWCOWが演じるからこそ、きちんと笑いとして昇華されているのである。そして、それは彼らがきちんとネタの見せ方を必死になって練っているからこそ、出来る所業である。生半可な態度では、とても出来ることではないだろう。

ハイセンスで新しい笑いを求めている人にとって、COWCOWの笑いは少し邪道に見えるかもしれない。だが、彼らの笑いには、観客を温かい空気に包み込む優しさがある。老若男女を区別しない、あまりにも優しい笑いが。今作にも沢山の子どもたちの声が聞こえてきた。子どもにも安心して見せられる笑いを生み出している芸人が、現在どれだけ存在しているか。ブラックな笑い、マニアックな笑いに頼ることなく、これからも彼らは温かな舞台を目指し続けることだろう。

最後に余談だが、今作の特典映像には前作の特典にあったメイキングを彷彿とさせるロケバスでの移動風景が収録されている。前作では山田とロケスタッフのみによる移動だったが、今作では“ネタ宅配”(抽選で選ばれた人のところへCOWCOWがネタを届ける企画)での移動のため、二人が揃っている。比較してみると、ちょっと面白いかもしれない。


・本編(83分)
「こういう人知りませんか?」「合い言葉」「オーディション」「鼻眼鏡」「世界の偉人」「漫才」「DJボブ」「アンダー・ザ・ボーリングアリィ」「多田選手」「UNO」「研究室」「就職」「漫才2」

・特典映像(145分)
「ショート漫才」「親子漫才」「ブリッジ映像」
「COWCOW LIVE 2010東京・大阪メイキング」「ネタ宅配」

・関連記事
 ・『COWCOW CONTE LIVE1』
 ・『COWCOW CONTE LIVE2』

ザ・プラン9『ジンジャーエールはない! ~ネタツアー~』

ジンジャーエールはない!~ネタツアー~[DVD]ジンジャーエールはない!~ネタツアー~[DVD]
(2010/08/25)
ザ・プラン9なだぎ武

商品詳細を見る

ザ・プラン9は2001年に結成された多人数お笑いユニットだ。メンバーはお~い!久馬、なだぎ武、ヤナギブソン、浅越ゴエの四人だ。彼らはそれぞれまったく違ったコンビとして活動していたが、それぞれがそれぞれの理由により解散。当初は久馬と浅越、それから現在はユニットを脱退して個人で活動している鈴木つかさの三人によって結成され、後になだぎ、ギブソンが加わり、五人組となった。関西のお笑い事情に詳しくない人のために分かりやすく説明すると、要するにロックンロールも叫ばなければロックンロールコントもやらない超新塾だと考えてもらって構わない。構うけど。その後、2008年に鈴木つかさが脱退し、現在の形となった。脱退の理由は「方向性の違い」。ロックバンドみたいな理由だが、やっぱりロックンロールコントはやらない。ちなみに、浅越と超新塾のDRAGONタカヤマはかつてコンビだったという。……まあ、割とどうでもいい話か。

M-1グランプリ決勝の舞台にも立ったことがあるザ・プラン9の本芸は、長尺の芝居だ。ストーリー性を含んでいるものの、笑わせるところはきちんと笑わせる舞台を、彼らは大事にしている。そう考えると、ザ・プラン9はお笑いユニットというよりも、喜劇集団と呼ぶべきなのかもしれない。漫才も出来るしコントも出来る喜劇集団。実に器用だ。ライバルはやはり、同じくよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の喜劇集団、後藤ひろひと率いるPiperなのだろうか。

そんな彼らも、たまにお芝居以外のライブを打つことがある。寸劇を披露する、いわゆるコントライブだ。かつて彼らは“The PLANET9 Earth”と銘打ったコントライブを行っていた。メンバーがそれぞれに惑星を担当し、地球上の出来事をコントとして演じる……という、なんだか中学生っぽいノリのことをやっていたのである。今となってはいい思い出……か? なお、鈴木つかさが脱退して四人組になってからは、このシステムは廃止。良かったね。四人になってからはごくフツーのコントライブを行っている。ちなみに鈴木が担当していた惑星は天王星。……そこは冥王星であってもらいたかった(冥王星は久馬が担当)。

今作『ジンジャーエールはない! ~ネタツアー~』は、ザ・プラン9が四人になってから行われた、二度目のコントライブを収録した作品だ。前作『ウルグアイから来た男』において、彼らは五人だった頃のコントライブで見せていたキャラクターやフォーマットを全て舞台から排除し、コント師として確かに新しい第一歩を踏み出していた。コントの出来もそこそこに良く、今後の展開に期待できる内容だった……筈なのだが。今回の公演、あまり芳しい印象を与えられるものではなかった。無論、それぞれの芸に定評のある彼らが演じるのだから、それなりには面白かったのだが。例えば、某有名ドラマのキャラクターをモデルにした登場人物たちが暴れまわる混沌さがたまらない『ひろしカンタービレ』、船渡しゲームをそのままコントに見立ててみた『そして船は行く』、テレビ番組に対するクレームに応える形で軟化する罰ゲームを皮肉った『罰』などのネタは、割と印象に残っているのも事実。

ただ、今回のコントライブ、全体的にちょっとバカ騒ぎの度合いが強すぎる様に感じた。そういうコントを否定するわけではない。バカなコントは好きだ。ただ、そういうタイプのコントばかりを集められても、こちらは胃もたれを起こすだけである。正直言うと、もうちょっと落ち着いたコントも見せてもらいたかった。特典映像に収録されている『新入りスパイ』(彼らが『爆笑レッドシアター』で披露していたネタ)が本編に収録されていたら、もっと全体が締まったと思うんだけどなあ。ちょっと残念。

……どうでもいいけど、今回妙に女装ネタが多かったような……。


・本編(122分)
「寝る人」「ひろしカンタービレ」「そして船は行く」「ショートなコント集」「OH!ギャル」「罰」「ジンジャーエールはない!」

・特典映像(9分)
「新入りスパイ」「職○見学」
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。