スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浅草三銃士』

ロケット団、ナイツ、Wコロンライブ「浅草三銃士」 [DVD]ロケット団、ナイツ、Wコロンライブ「浅草三銃士」 [DVD]
(2011/01/26)
ロケット団、ナイツ 他

商品詳細を見る

「ヤホー漫才」の使い手として登場し、M-1グランプリ決勝に三度の進出を果たし、バラエティ番組では浅草の演芸場出身であることを武器にしたトークで沸かせる……と、もはや敵無しといった空気も漂わせているコンビ、ナイツ。最近、テレビで「浅草演芸場出身というイメージを払拭させたい!」などと口にする姿を目にしたが、昨年には漫談家の中津川弦と漫才師の宮田陽・昇、更には落語家の三遊亭小遊三をゲストに招き、国立演芸場で行ったライブ『ナイツ独演会』をDVD化していた。演芸場の匂いしかしなかったぞ、これ。そんなナイツが、今度は『浅草三銃士』というDVDをリリースした。完全に浅草に骨を埋めるつもりだろ。

ところで、この『浅草三銃士』だが、実はこれはナイツ単独の作品ではない。ナイツ以外に二組の漫才師が合わさったユニットの名前が“浅草三銃士”で、今作はそのユニットによる初めてのDVD作品なのである。その二組とは、なぞかけですっかりお馴染みとなった“Wコロン”と、時事ネタ漫才を得意とするが方言ネタの方が知られている“ロケット団”。同じ漫才協会に所属する三組で、力を合わせて浅草の演芸を盛り上げていこう、ということなのだろう。そういう意味では、浅草演芸場の空気を再現していた『ナイツ独演会』とやっていることは近いのかもしれない。ただ、明確に違うところもある。先輩芸人をゲストに招いている『ナイツ独演会』でのナイツには、少なからず緊張の色が見える。しかし、同じ立場にある芸人たちと一緒に舞台に立つ『浅草三銃士』でのナイツは、とてもリラックスしている。これほど安心した面持ちで舞台に立つ二人は、テレビでも見たことがない。

今作の本編では、『ナイツ独演会』にも登場した中津川弦の前説の後、三組による漫才が二本ずつ披露されている。M-1で結果を残したのはナイツだけだが、それなりに芸歴を重ねている面々なだけあって、どの漫才も安心して楽しめる(Wコロンのネタは一部漫才とは言えなかったかもしれない)。……いや、一部ネタの内容はちょっと過激なので“安心して”というのは、あまり正しくないのかもしれないが……

とはいえ、やはり頭一つ抜けて面白いのは、ナイツの漫才だ。自己紹介ネタに野球ネタと、テーマは『ナイツ独演会』で披露していた漫才に似ているが、内容はちょっとブラック要素を強くしていた様に思う。意図的な演出かどうかは分からないが。ところで、

(ある曲を歌う時に歌詞がメロディとずれたボケの後で)
塙「ちょっと途中、○ンポずれてたかなって……」
土屋「テンポがずれたんだよ!」
塙「ちょっと○ンポがずれたようで……」
土屋「お前の○ンポがずれたかどうかなんて知んないよ!」
塙「ちょっと今ゴメンなさい」
土屋「直さなくていいわ! そこのポジション直さなくていいわ」


このやりとりに、笑い飯がM-1グランプリ2009で披露していた『チンポジ』からの影響を感じてしまうのは、僕だけだろうか?

他二組のネタに関しては、特に言うことはない。それぞれ非常に面白かった。ただ、ロケット団の漫才における、倉本のさりげない毒舌が地味に鬱陶しかったことだけは、書き留めておきたいと思う。毒を含んだ時事ネタ漫才のボケの後で、なんでガチな毒舌を漏らしてしまうのか……。そして改めて、恐らく彼らの漫才に影響を与えているだろう、田中裕二という存在に深く感心させられた。あの太田の毒を遮断するツッコミは、もうちょっと評価されるべきなのかもしれない。

しかし、今作の本当の見どころは、これら漫才ではない。今作の見るべき部分は、ライブの合間に行われた大喜利コーナーと、特典映像に収録されている「浅草三銃士トークライブ」における、彼らの浅草に対するスタンスだろう。先にも書いた様に、この浅草三銃士というユニットの目的は、恐らく“浅草の演芸を盛り上げていこう”というものだと思われる。ところが、彼らのスタンスは何処か、浅草の演芸を冷笑的に見ている。その中にいる人間にも関わらず、だ。思うに、浅草の演芸をネタ化することで、新しいお客さんに興味を持ってもらおうという算段なのだろう。が、その内容は、なかなかにハードコア。中でも、特典映像に収録されているトークは、とてつもなく生々しい内容で、なにやら切なさが止まらなくなってしまった。……実際のライブでは、これより凄い内容の話が飛び出していたらしいが、一体……(※内容が凄過ぎて大半のトークがカットされている)。

『ナイツ独演会』が浅草演芸の表面的な部分であるとするなら、この『浅草三銃士』は浅草演芸のちょっと薄暗い部分をすくい取った様な作品だ。きっと、実際の浅草では、これよりもディープでカオスな空間が広がっているのだろう。と、いうわけで、いつかナイツには十八歳未満購入禁止の『アサクサ・イン・ザ・ダーク』をリリースし、『ナイツ独演会』『浅草三銃士』と合わせて浅草三部作としてまとめてもらいたいところ。


・本編(82分)
「漫談(中津川弦)」「自己紹介(ナイツ)」「時事ネタ(ロケット団)」「旅行(Wコロン)」「大喜利」「野球漫才(ナイツ)」「ヒーローインタビュー(ロケット団)」「電話(Wコロン)」

・特典映像(15分)
「浅草三銃士トークライブ」
スポンサーサイト

「オンバト+」二月十八日放送感想文

天狗『漫才』(481kb)
モノマネのつかみから、新婚生活のコントへ。お馴染みのシチュエーションに、徹底してベタなボケを積み重ねていった印象。地方収録だからなのだろうか(※鳥取県境港市)。謎のおっさんを登場させるなど、ちょっとした個性をアピールしながらも、あまり印象に残らない漫才だった。ひょっとしたら、地方収録では無理に個性を出すよりも、堅実に笑いの数を獲得した方が良いのかもしれない。

かまいたち『コント』(513kb)
学級会。無くなった斉藤の給食費を盗んだ犯人に挙手を求める。目隠しをした状態で犯人に手を挙げてもらう……という、誰もが似たような経験をしただろうシチュエーションを使って、繰り広げられる徹底的に不条理な展開がたまらない。手を挙げるだけならまだしも、どうして自分をそこまで追い込もうとするのか……理解できるようなできないような行動が、実にイイ。見た目に分かりやすいボケ(タバコ、ブルマ)があったのも、評価が高い理由か。

ニレンジャー『漫才』(449kb)
お馴染み“ニレンジャーといっしょ”。「お風呂体操」「手遊び歌」「身体の中で固いところを探そう」。毎度のことながら、ちょこちょこブラックな笑いが盛り込まれているのが、楽しくて仕方ない。とはいえ、そろそろネタが無くなってきたのか、ややベタな笑いが見え始めてきた気も。特に「手遊び歌」で展開する複雑な家庭事情のくだりは、こういうネタではかなりベタなボケだったな。もう一捻りあれば、もうちょっと面白くなりそうだったんだけど。

プリマ旦那『漫才』(421kb)
近い将来、もしも完全に禿げたとしたら……という話から、「俺、禿げるんですわ」という告白へ。禿げる前の写真を撮影したり、相方へビデオレターを残したりする。先のニレンジャーは「子ども向け番組のおにいさんが過激な言動を取る」というギャップで笑いを取る手法を使っていたが、こちらは「禿げ=死の様なものと捉え、死の直前にするような行動を禿げる前にする」というギャップで笑いを取っている。その設定だけで全編を乗り切っていることに、少し感動。贅沢を言うと、終盤のダンスパーティのくだりは、もうちょっと観たかった。

朝倉小松崎『漫才』(469kb)
ギターならではのボケから、刑事ドラマのコントへ。……記憶力が弱い僕でも、流石に「何度目だよ」と思わざるを得ない。調べてみたら、オンバトで刑事ネタをやるのは三度目らしいぞ。演奏できる曲のバリエーションはどんどん増えているが、内容が殆ど毎回似たような感じなのが気になるところ。かなりベタな内容だったが、挟み込まれる小ネタとモノマネで上手く乗り切った感。

・今回のオフエア組
メンソールライト(405kb/577票)
アナログタロウ(345kb/577票)
フラミンゴ(321kb/721票)
ゴールドラッシュ(281kb/859票)
高橋工房(257kb/554票)

・+1:ものいい『コント』
「爆笑レッドカーペット」で披露していた、自称オモシロ素人がボケて「違うかーっ!」と絶叫するコントの進化系。ボケ続けるオモシロ素人なコンビニ店長が、面接に来たバイト相手にボケまくる。自らのボケに対する信頼が半端じゃなく、その陶酔ぶりに苦笑いが止まらない。呆れて帰ろうとするバイト志望に「ショートコント観ていけや……」というくだりは、もう……たまらない。ただ、このノリが、ひたすら一辺倒に続くコントなので、ハマらない人はずっとハマらないかもしれない。オフエアになったのは、それが原因か?

・次回
朝倉小松崎
エレファントジョン
ザ・ゴールデンゴールデン
ジューシーズ
とろサーモン
ニレンジャー
バイきんぐ
ヒカリゴケ
風藤松原
藤崎マーケット

次週はオンバトプレミアム。イワイガワ、スピードワゴン、ダンディ坂野、ペナルティ、ますだおかだ、ユリオカ超特Qが登場。らっしゃい! 次回の放送は3月11日。今期三勝目狙いが五組、高キロバトル目的の四勝目狙いが五組という、セミファイナルの様な強豪戦。誰がオンエアされてもおかしくない状況だが、果たして。

『磁石漫才ライブ ワールドツアー日本最終公演』

磁石 漫才ライブ ワールドツアー2010 日本最終公演 [DVD]磁石 漫才ライブ ワールドツアー2010 日本最終公演 [DVD]
(2011/01/19)
磁石

商品詳細を見る

漫才に用いられる時間は様々だ。漫才師の力量や披露する場所によって、大きく変化する。

とはいえ、おおよその基準はある。例えば、M-1グランプリの決勝戦で披露される漫才には、4分という制限時間が課せられている。これは、「4分を超過した漫才だと視聴者が飽きてしまう」という考えによるもの、だと聞いた。爆笑オンエアバトルにも、「ネタの時間が5分を過ぎると失格扱いになる」というルールがある。これは番組の放送時間も少なからず関係しているのだろうが……テレビの視聴に耐え得るおおよその時間は、4分から5分程度と考えてもいいだろう。ライブにおいても、この状況はさほど変わらない。

ところが稀に、漫才師たちは一時間ばかりの時間をかけて漫才を演じることがある。そこに何の意味があるのか。はっきり言うと、意味などない。何故ならば、彼らは確かに長い時間をかけて漫才を演じているが、しかし、その内容は通常の漫才とそれほど変わらないことが殆どだからだ。例外として、ライブ全体の流れを一つの作品として捉えている場合(例:2丁拳銃『百式』など)や、ライブ終盤でそれまでのやり取りが集約される構成を取っている場合(例:オリエンタルラジオ『才』など)もあるが、基本的には数珠つなぎになっている。

それでも彼らが長い時間をかけて漫才を演じようとするのは、何故か。考えてみるに、彼らは長い時間をかけて漫才を演じている自らの姿を見せつけることで、その漫才に対する愛情ないし情熱を表そうとしているのではないだろうか。事実……というほど確固たる要因ではないが、そういった漫才を演じている漫才師たちは、強く漫才に固執している感がある。少なくとも、それだけの時間を要して漫才を演じたいという感情がある以上、彼らの漫才に対する並々ならぬ思いを否定することは出来ない。

ところで先日、磁石が90分間ノンストップ漫才ライブを収録したDVDをリリースした。

磁石といえば、秋田県出身の永沢と広島県出身の佐々木によって結成された、SとNでガシッ!な漫才師として知られている。その漫才師としての実力は若手の頃から評価されており、M-1グランプリにおいても敗者復活戦の常連として知られていた。……しかし、彼らが長時間の漫才ライブを行うほど漫才に対して強い情熱を抱いていたとは、まったく知らなかった。確かに、彼らが得意とする芸は漫才だ。とはいえ、普段の彼らが演じている漫才は、何処となく冷静で落ち着きのあるネタが多く、その姿から漫才に入れ込んでいるとはとても想像出来なかった。思えば、実に一方的なイメージである。

収録されているライブが行われたのは、2010年の初夏。つまり、M-1グランプリへの出場資格が失われてしまう最後の年だ。先にも書いた様に、磁石はM-1の敗者復活戦の常連として知られていた。最後の年となるこの年こそ、結果を残さなくてはならない。そんな熱い思いが、このライブには込められていたに違いない。……が、実際に再生してみて、驚いた。そこに映し出されていたのは、いつも通りの冷静な表情で“90分間の漫才”を演じている、磁石の姿だった。

通常、長時間の漫才のみが演じられるライブでは、少なからず構成を意識するものだ。それ故に、仕方なく……というと言葉が悪いが、骨休めとなる漫才を用意する必要がある。ところが、今作にはそれがない。徹底して、通常のクオリティが保たれている。まるで金太郎アメだ。何処を切っても“磁石の漫才“しかない。M-1の予選を控え、漫才に力を入れていたことを考慮した上で、非常に驚かされた。

それにしても、面白い。こうして観ると、磁石というコンビは在関東芸人の長所を多く取り込んでいるコンビだということに気付かされる。永沢のボケは、時にブラックで爆笑問題の太田を彷彿とさせるが、ナンセンスの色合いはさまぁ~ずの大竹に影響を受けているようでもある。一方、佐々木のツッコミは、くりぃむしちゅーからアンタッチャブルにかけて流れているツッコミの血脈を思わせる。いずれも遅咲きのコンビばかりなのが気になるところだが、磁石は果たして。


・本編(90分)
・特典映像(23分)
「磁石トークライブ特選 フタリシャベリ」

『トータルテンボスコントライブ ブロッコリー畑のお調子モンキー』

トータルテンボス コントライブ ブロッコリー畑のお調子モンキー [DVD]トータルテンボス コントライブ ブロッコリー畑のお調子モンキー [DVD]
(2011/01/12)
トータルテンボス

商品詳細を見る

日本一の漫才を決定する“M-1グランプリ”への出場権利を失った漫才師たちの中には、飛躍的な成長を遂げた者も少なくない。M-1への出場権利を失うことで、M-1で結果を残したい、残さなくてはならないというプレッシャーから解放されるためだろう。だからなのだろうか、彼らの漫才は自由でのびのびとしているように感じられることが多い。

しかし、その一方で、M-1への出場権利を失ったことにより、緊張の糸が切れてしまったかの様に、以前の様な鋭いネタを演じられなくなってしまった漫才師もいる。あと一歩というところで、敗者復活戦を勝ち上がってきたサンドウィッチマンに優勝をかっさらわれてしまったトータルテンボスも、そんな状況下にある漫才師の一組だ。

トータルテンボスといえば、独特の言い回しと言葉のセンスが印象的な漫才師だ。何処か古典的な言葉を用いる二人のやりとりは、時に双方向的に笑いを生み出していた。中でも、M-1グランプリ2007決勝の舞台で披露していた『ホテルのフロントマン』をテーマとした漫才は、彼らの持ち味を存分に発揮したネタだったといえるだろう。個人的に、特に印象に残っているのは、以下のくだり。

大村「まずは大浴場の場所なんですが、ボイラー室を右手に見まして、突き当りが大浴場です。そして宴会場の場所なんですが」
藤田「はいはいはい」
大村「ボイラー室の前の階段を下っていただきまして、突き当りが宴会場となっております。最後に、売店の場所なんですが」
藤田「はい」
大村「ボイラー室を左手に……」
藤田「フロントから話してくんねえかなあ! (大村を睨みながら首を前後に振り)オレ~、ボイラ~室知らねえし~、マジで~、ボイラ~室ゥ~」
大村「申し訳ございません。当ホテル、何処に行くにも、ボイラー室からの行き方しか分からないようになっておりまして……」


どういう場所なのか具体的にはあまり知らないけれど、なんとなく聞き覚えのある“ボイラー室”という絶妙な言葉選びがたまらない。

ところが、M-1への出場権利を失って以後、彼らはこういった“言葉を扱った笑い”をあまり演じなくなってしまった。その替わり、彼らが演じるようになったのは、藤田をひたすらにイジり倒す漫才だった。これはこれで面白くないわけではない。実際、観客は笑っている。だが、その漫才は以前に比べて、明らかに起爆性に欠けていた。

そもそも藤田は、イジり倒せるほどの特徴的な個性を持っていないのではないだろうか。体臭や口臭がキツいとイジられている姿を何度も見たが、それだって観客には伝わらないことだ。ボケがツッコミをイジるスタイルの漫才といえば、初めにNON STYLEの“イキり漫才”が浮かんでくるが、彼らはきちんと言動で井上のイキりぶりが分かるように演出していた。しかし、トータルテンボスにはそれがない。だから、いまいち伝わらない。ただただ、じゃれ合っているだけの様にすら見える。……とはいえ、そんな彼らの漫才を良しとする声もあるので、もしかしたら僕が彼らの現在の漫才の楽しみ方を理解していないだけなのかもしれない。もうしばらく時間を置いて、再び彼らの現在の漫才を観たときに、まったく印象が変わってしまうということも十二分にあり得る。だが、現時点において、僕は現在の彼らを評価できない。

M-1への出場権利を失ったトータルテンボスは、現在コントに力を入れているようだ。キングオブコントに三年連続で出場しており、いずれの大会でも準決勝戦に進出している。その関係からか、今年の初頭に初めてのコントライブDVDをリリースした。収録されているコントは、 “キングオブコント2010”準決勝の舞台で披露した『リフォーム』を含め、全部で八本。また、それらの幕間には、大村が藤田にドッキリを仕掛ける、お馴染みの「今日のいたずら」が収録されている。

普段は漫才コントを得意としている彼ら。だからこそ、今回のライブでは、漫才では演じられないようなスタイルのコントを演じる必要があった。そうでなければ、わざわざコントライブを行う必然性が無くなってしまうからだ。そして今回、彼らは“コントじゃなくてはならないコント”をきちんと演じられていた様に思う。小道具を効果的に用いた『新聞社』、舞台狭しと動き回った『怪盗』、二人の心が入れ替わる『チェンジ!』など、いずれもコントでなくては表現が難しかったのではないだろうか。

それでも、面白さで言うならば、肝心のコントよりも「今日のいたずら」の方が圧倒的に面白い。とはいえ、別にコントのクオリティが低いわけではない。それなりに笑わせてもらった。ただ、如何せん、「今日のいたずら」のクオリティが高すぎる。しかも、その手法が一辺倒ではないために、何度観ても飽きない。中でも「スイカ割り」は、普通のドッキリに更にドッキリを重ねるというテクニックを使うという巧妙さに、笑わずにはいられなかった。何度も引っ掛かる藤田の姿も面白いが、毎度毎度策略的に藤田を陥れる大村も客観的に見てかなり面白い。なんなんだろうか、このコンビは。

とりあえず、当面の目標としては、今作のパッケージにある“VTR「今日のいたずら」最新版をたっぷり収録」という文章を外すことだろう。コントライブがメインなのに、売り文句にVTRのことを取り上げられているようではいけない。


・本編(121分)
「新聞社」「オープニング」「子役CM」「タコ」「囚人」「ボーリング」「怪盗」「スイカ割り」「藤田が作ったコント」「ドライアイス」「WANTED」「アバター」「リフォーム」「S-1バトル殿堂入り作品「藤田のおもしろい顔の動きを撮ろう!!」」「チェンジ!」

・特典映像(24分)
トータルテンボスの地元「御殿場」を全国に紹介……?

『THE 米朝』

THE 米朝(DVD付)THE 米朝(DVD付)
(2007/12/26)
桂米朝

商品詳細を見る

桂米朝の代表ネタを収録した『THE米朝』を聴く。面白い。人間国宝を捕まえて“面白い”などというシンプルな感想を漏らすのもどうかと思うが、しかし面白い。以前に聴いた『THE枝雀』の時、桂枝雀師匠の濃い口な関西弁を受け付けられなかったこともあって、少々の不安を抱いてはいたのだが、実に上品かつ穏やかな語り口でスッと心の中へと沁み込んできた。

『THE米朝』に収録されている噺は、『地獄八景亡者戯』(平成2年4月収録)。ドラマ「ちりとてちん」において、非常に重要な役割を果たしていたので、知っている人も少なくないだろう。知らない人のために説明すると、サバを食べた男が冥土で伊勢屋の御隠居と再会し、共に地獄の道中を歩むというもの。極楽ではなく地獄が舞台というところが、実に落語っぽい。本編は68分と、長く話されることが多い落語としてもかなりの長丁場。しかし、これが飽きない。飽きないどころか、実に楽しい。語り口がいいというのもあるが、この落語は鳴り物がいい。そもそも、鳴り物を使用した落語を聴くこと自体、これが初めてだったのだが、これほど楽しいとは思わなかった。

人間が必ず経験することといえば、生と死である。誰もが生まれ、誰もが死ぬ。「生まれてきた子どもが泣きじゃくっているのは、母の身体から未知の世界へと押し出されて不安だから」という説を見たことがあるが、死に対しても、また誰もが不安を抱いている。地獄を舞台にした『地獄八景亡者戯』は、そういった死に対する不安を和らげている様に思う。……というようなことが、今作の歌詞カードの解説に少し書かれているが、まさしくそうだと思う。……なにやら、他人の意見に乗っかっているようで座りが悪いな。

なお、今作には特典として、米朝師匠の落語を収録したDVDが付いている。……どっちがメインでどっちが特典なのか、ちょっとばかり疑問に感じなくもないが、まあいいや。収録されているのは『百年目』(昭和57年4月収録)と『本能寺』(平成10年10月収録)。前者は主人と番頭の絶妙な関係性を描いた典型的な落語で、後者は歌舞伎の一幕を演じてみせる芝居噺。カタブツで通っている番頭がコッソリ芸者遊びをしているところを主人に見つかってしまい、どうしたものかと途方に暮れる『百年目』は大変に面白かったが、芝居の解説を含んだ『本能寺』は今一つ物足りなかった。これは相性の問題、或いは、僕の芝居に関する知識が足りないのが問題、なのだろう。

それにしても『地獄八景亡者戯』、実に面白かった。調べてみたところ、他に桂枝雀、桂文珍、桂吉朝らによる『地獄八景~』がCD化されているらしい。探してみよう。

「R-1ぐらんぷり2011」決勝感想文

■一回戦第一試合
キャプテン渡辺
「漫談をするよ!」という宣言の元、友達から金を借りるクズあるあるを披露する。金を借りることだけに集中するという、本来ならば別のところに向けられるべき努力の様子が実に情けなくてバカバカしい。とはいえ、そこには金が絡んでいるだけの悲喜こもごもも、決して無いわけではない筈だ。それをキャプテン渡辺は、その堂々たる態度と張った声で見事に掻き消す。行動のバカバカしさだけを拾い上げて、その情けなさと、行動の不条理さを前面に押し出していた。途中、クズである自分にお金を借りに来た猛者がいた、という方向に転換したのも上手い。

COWCOW山田興志
フジテレビアナウンス学院で早口言葉。山田は過去に三度の決勝進出を果たしている、今大会唯一の決勝進出経験者だ。過去の決勝戦で彼が披露したネタは、いずれもスケッチブックネタである。それらは全て山田ならではのほのぼのとしたセンスと芸能・テレビネタに彩られており、はっきり言って斬新とはいえない。そんな彼のネタが最も評価されている点は、フォーマットの斬新さだ。スケッチブック芸という完成されたフォーマットに山田は改良を加え、これまでに見たことのない手法を見せ続けてきた。今回、山田はスケッチブックを五分割し、そこに早口言葉の情景を描き込んだ。そして、それらのイラストを縦に並べ、上から順に“早口言葉の難易度の高さ・低さ”と称した。言ってみれば、言葉の語呂を用いた五コマ漫画を、スケッチブックで表現したのである。……もはや、スケッチブックの範疇を越えている気もするが。内容に関しては、例年通りの山田興志である。だが、常に同じ程度のセンスを盛り続けられる安定感は、もうちょっと評価されても良いような気もする。

■一回戦第二試合
AMEMIYA
「冷やし中華はじめました」。中華料理屋で見かける“冷やし中華はじめました”の張り紙から、店の親父の背景を勝手に想像して一曲歌い上げる。親父の妙に生々しいドラマチックな人生の一場面を歌うも、最終的に「冷やし中華はじめました」というフレーズに落とし込むという強引さがたまらない。また、オチの手前で、メッセージ性の強いタイプの歌手が歌いそうな歌詞を放り込むことで、ちょっと不条理な笑いを生み出していたのも効果的だった。ネタのフォーマット自体は、バカリズムの『トツギーノ』に似ている。

バッファロー吾郎 木村
「輝け!全日本ベストセレクション大賞」。日本レコード大賞などの大きめの賞の表彰式を彷彿とさせる舞台で、様々なモノに賞を与える。進行役の机やモニターなど、やたらと気合の入った舞台美術に少し引いてしまう。R-1に限らず、こういったお笑い系の賞レースで、明らかに本人以外の人間が手を加えたようなガッチリとした小道具は、どうも賞レースの範疇を越えてしまっている様に見えるからだ。……とはいえ、木村が披露したネタは、徹底的にリアリティを追求しているからこそ面白いネタなので、仕方が無いような気もする。ネタ自体は、木村のエッセンスが殆ど感じられないスカシネタ。ただ、流行語大賞のくだりで候補として挙がっていた言葉から、木村のエッセンスが垣間見えた気もする。

■一回戦第三試合
ナオユキ
「夜道を一人、歩いて帰る」。帰り道で見かけた物を見て、ふと思い出したことを語る。漫談ということなのだろうが、コント的であるような気もする。去年、一昨年とサバイバルステージで観たネタに比べて、ちょっとテンポが速い。去年、ゆったりとしたスピードでネタを披露した結果、サバイバルステージ出場者中最下位になってしまったことを考慮しているのだろう。ネタの内容はオーソドックス、むしろ古典的と言ってもいい。表面的な言葉の裏をかく、非常に捻くれたスタイル。そこに新しさは無いが、骨太で充実した芸を観たという心地良さが残った。

スリムクラブ真栄田
コント「世紀末」。世紀末に、どうにかして人からガソリンを分けてもらおうとする男の姿を演じる。“世紀末”という想定外のシチュエーションに、何を考えているのか分からない危ういキャラクターが、美しく噛み合っている。言動の不条理さもたまらない。非常に面白かった……のだが、M-1グランプリ2010でコンビ“スリムクラブ”として披露していたネタの面白さが強く印象に残っているせいか、もっと面白いネタが出来たのではないかという疑念も残る。正直、今大会の視聴直後、僕が唯一不満を抱いたのは、ナオユキではなく彼が二回戦に勝ち上がったことだった。今思うと、納得できないこともない。

■一回戦第四試合
佐久間一行
「井戸のお化け」。重苦しいナレーションとBGMによって紹介される、中からお化けが出てくるという井戸。ところが、その井戸の中から出てきたのは……。井戸からお化けが出てくるのではなく井戸自体がお化けだというスカシの後は、ただひたすらに不条理で無意味な世界が繰り広げられる。これだけブッ飛んだネタなのに、きちんと観客を引き込んでいることの凄さ。「システム♪」「オレっさ♪」など、やけに頭から離れない言葉も飛び出し、これまでの流れを変えてみせた。ナオユキ、スリムクラブ真栄田と、少しスローテンポで静かな芸風のネタが続いた後だったことも、大きい。

ヒューマン中村
「しょぼくしていこう」。最初に提示される言葉から想定される状況を、三段階に分けてしょぼく(スケールダウン)していく。基本軸となっているのは“あるあるネタ”なのだが、単なるあるあるネタとは一味違う。最初のあるあるネタは、ドラマチックなフィクション要素の強いあるある。二本目のあるあるネタは、日常におけるちょっと刺激的なあるある。最後のあるあるネタは、完全に日常のあるある。この三種類のあるあるネタを、きちんとした構成で披露することによって、あるあるネタ特有の散漫とした印象を見事に打ち消している。対戦相手が佐久間でなければ、二回戦に勝ち上がっていたのではないかと。ところで、彼のネタを観ていて、ふと中山功太を彷彿としたのは僕だけだろうか。

続きを読む

「オンバト+」二月十一日放送感想文

トップリード『コント』(417kb)
バーで女性を待ち合わせている男と、バーのマスターによるやり取り。落ち着いた雰囲気の店で、マスターも渋い雰囲気を漂わせているが……。トップリードのネタといえば、ラーメンズの影響を多分に感じさせられるセンスを匂わせたコントが多い印象があるが、今回は何処かバカバカしくて、これまでの彼らとは少し違う趣向のネタに見えた。とはいえ、ネタの構成は練り上げられており、そこに彼らのコントに対する生真面目さを感じさせられた。ところで、「思っていたのと違う!」という台詞に、笑い飯を彷彿としてしまうのは僕だけだろうか。

バイきんぐ『コント』(417kb)
バイトの面接。コンビニの店長の前にやってきたのは、フルフェイスのヘルメットを被った男。果たして、面接はまともに進行するのだろうか。コントのシチュエーションとしては、もはや嫌というほど使い回されている「バイトの面接」ネタだが、フルフェイスのヘルメットというベタな小道具だけで最後まで笑いを取り続けていたところに、彼らの芸の骨太さが見えた。見た目のインパクトが強いのに、そこに頼り過ぎず、きちんと言葉の笑いを追求していた点も好感触。ヘルメットの使い方も上手く、目の部分を開閉するときの音も非常に効果的だった。今後の出場にも期待せざるを得ない。

エリートヤンキー『漫才』(417kb)
宇宙人に出会う映画に出たいので、それをコントでやってみよう。ボケとツッコミが明確ではないスタイルの漫才で少し戸惑うが、そこに不自然さが見られないことに驚く。きちんとネタが練られている証拠だ。便宜上の宇宙人ではなく、きちんと宇宙人じゃなければいけない必然性のあるボケも多く、ネタに対して真面目なことも伺える。とはいえ、漫才師としてはまだまだインパクトが弱く、実力よりもセンスが目立っている感は否めない。まあ今後、実力もセンスもきちんと伸びていくのだろう。印象的で重みのある言葉を出せられるようになれば、更に面白くなりそうな気が。

かもめんたる『コント』(417kb)
妙に距離感のある父子(義理の父子?)。子どもが学校で覚えてきたという催眠術(前屈の姿勢で固められる)を父親にかけてみたところ、本当にかかってしまう。子どものことを名前で呼び、更に子どもに「ダディ」と呼ばせる父親のキャラクターが、とにかく面白くてたまらない。コントで演じられているキャラクターとしては、あまりにもリアルで、生々しい不条理さを持っている。笑いの構成としては非常に単純だったけれど、これまでの三組の中では一番強烈な個性を放っていた様に思う。これからどうなっていくのか、実に楽しみ。

GAG少年楽団『コント』(465kb)
教科書委員会の職員が、委員長にある作曲家の曲を推薦する。GAG少年楽団のコントといえば練り上げられたシチュエーションのコントという印象が強いが、今回は、ナンセンスなギャグを力づくで押し込んだようなネタで勝負。正直、普段のネタの方が面白いし、印象に残るタイプのネタだと思うのだが。チャンピオン大会を視野に入れて、ネタを温存しているのだろうか。或いは、ただ単にこのネタをやりたかったからか。ただ、最後の最後に、ひたすらナンセンスだったように思われた流れを覆すボケを入れたのは、上手かった。あれで評価を変えた人は少なくないのではないだろうか。

・今回のオフエア
我人祥太(333kb)
ランチランチ(257kb)
上々軍団(241kb)
ラブレターズ(241kb)
ものいい(221kb)

上々軍団とものいいは今期三勝目狙いだったが、成らず。上々軍団はもう一度、挑戦する予定。

・+1:少年少女『コント』
チョコレートを食べている人と、そのチョコレートを食べたくなってきた人。チョコレートを取ろうとすると、線を引かれてしまう。子どもの頃にやっていた「バーリア!」のノリをネタに取り入れ、しかも最後までやりきってしまうというストロングさに感動を覚える。また、その内容が実に下らない。彼女たちが生み出す不条理な世界は、もうちょっと評価されるべきではないかと思うのだが。今後の更なる活躍に期待を寄せる。

・次回
朝倉小松崎
アナログタロウ
かまいたち
ゴールドラッシュ
高橋工房
天狗
ニレンジャー
フラミンゴ
プリマ旦那
メンソールライト

今期も残すところ、あと三回。初挑戦の高橋工房とプリマ旦那、前回初挑戦でオフエアとなったアナログタロウを除いた七組が今期三勝目狙いと、熾烈な戦いは避けられない。おにいさん漫才で頭角を表し始めたニレンジャー、ラーメンズチルドレンとしてセンス溢れるコントを生み出し続けているフラミンゴ、味のある居酒屋漫談に定評が集まるメンソールライトに期待。

「立川志らく ~独演会~」(2011年2月10日)に行ってきた。

岡山市立市民文化ホールで行われた、立川志らく独演会を観に行ってきた。

立川志らくというのは何者かというと、落語家である。まあ、独演会をやっているのだから、そりゃ大抵は落語家だろうということは想像に難くないだろう。そうでなくても、名前を見れば分かるじゃないか、という人もいるかもしれない。立川の名字に、志を含む名前……とくれば、あのハイパーメディアクリエイト落語家として知られている立川談志師匠のお弟子さんであるということは、勘の鋭い人でなくとも分かりそうなものだ。

その、立川志らくの独演会に行ってきたのである。

事の発端は一月半ばごろ、正月の余韻もあって、ついつい夜更かししながら深夜放送のバラエティ番組を見ていたところ、突然「立川志らく独演会」のコマーシャルが流れ始めたのがきっかけだった。実は、このコマーシャルを見たのは、その時が初めてではなかった。以前にも、なんとなしにテレビ番組を見ていた時に、このコマーシャルを目撃したことがあった。ただ、僕がそれを見たのは、暮れも押し迫る十二月の歳の瀬の頃。なので、てっきり一月の時点で、もうチケットは完売してしまったものだと思い込んでいた。ところが、一月の半ばを過ぎても、未だにコマーシャルが流れている。これはもしやと思って調べてみたら、まだチケットが売れ残っていることが判明。そして、売れ残っているのならば、一度くらいは観に行ってもいいかな……と、そのような考えに至り、今回の鑑賞と相成ったのである。

時は二月十日、明日は建国記念日という日。僕は早々に仕事を抜け出し、香川の住まいから岡山の会場へと出発した。単独行動を得意とするコミュニケーション不足な僕だが、今回は落語に興味を持ち始めた父が一緒に行きたいというので、二人での出発となった。我が家から件の市民文化ホールまでの道のりには高速道路を利用したが、それでも到着までには、およそ一時間半ばかりを要した。遠いといえば遠いが、近いといえば近い。その様な距離だ。ちなみに、僕は先週の土曜日、高知県は桂浜への日帰り旅行を敢行したのだが、その時も同じくらいの時間がかかった。なにせ会場が分かりにくい。表の灯りが眩しい通りの裏手にある。市が立てた、市民の文化のためのホールとは思えない。しかも、ホールには専用の駐車場が無く、そこから少ししたところにある有料駐車場の使用を強いられた。なにやら、色々釈然としない。

ホール入口を見ると、ガラス戸の向こうに人だかりが見える。チケットが売れていないとはいえ、まったく売れていないというわけでもないようだ。僕たちの後ろにも、同じ目的でホールを目指しているだろう人たちの姿が見えた。思っていた以上に客は入っているようだ。18時を回ったところで、予定通り開場となった。ぴあで購入したチケットをもぎられ、入場する。

この他、色々なことがあったが(物販コーナーの小ささに驚く、隣の席の御老人に話しかけられる、他の席が空席だらけなのに僕たちが座った席はぎゅうぎゅう詰め等)、面倒臭いので省略する。

出囃とともに、幕が開く。最初は志らく師ではなく、前座の人が登場。立川らく太さん、という方。『高砂や』という噺を演じていた。物知らずな八五郎が、御隠居に羽織を借りに出向いたところ、ついでに仲人の心得を教えてもらい、更に「御祝儀で『高砂や(謡)』くらいは出来ないといけない」と言われ、しぶしぶ教わることに……という噺。観たことのない噺で興味津々だったが、聞いているうちに欠伸が出始める。御隠居が八五郎の『高砂や』を何度も訂正するシーンは、正直言って危なかった。口調が悪いわけではない。むしろ、その語り口は自然で深みがある。ただ、刺激が足りない。技術だけじゃなく、更にプラスとなる要素が必要なんだなあ……と、しみじみ思った。

ネタが終わり、らく太さんが高座を下りる。続いて登場するのは、当然、志らく師匠である。最初は漫談から。会場に空席が多いことを自虐的に取り上げながら、最近の時事ネタ、立川流の人々、先代円楽の話を展開。『立川流鎖国論』で読んだボケも散見された。かなり面白い内容だったが、その内容にかなりの時間を割いていたので、もしやこのまま漫談で終わってしまうのではないかと思っていたところで、ようやく噺が始まる雰囲気になる。

「『疝気の虫』という噺を……」

「おーっと!これは来た!」と、心の中で思わずガッツポーズを決めてしまった。『疝気の虫』といえば、志らく師匠の十八番でお気に入りの一作。個人的にも、ちょっと気になっていた噺だ。志らく師曰く、『疝気の虫』は古典落語の中でも下らない噺ベスト3に入るネタだとのこと(ちなみに、残りの二本は『目薬』と『義眼』)。その内容は、人の腹の中で暴れ回る疝気の虫に、医者の玄関番をしている男がその好みや弱みを聞き出すというもの(原典から多少改変しているらしい)。詳細を書くと未見の人に悪いので略すが、これが非常に面白かった。疝気の虫が苦手なものを話すくだりで、志らく師の個人的な心情が漏れまくる。悪口なのかネタなのか、おおよそ見当のつかない言葉のラッシュ……師曰く、これは談志の“イリュージョン落語”に対して編み出した“クレージー落語”なのだという。なるほど、確かにクレージーだった。

大笑いしたところで、中入り。館内アナウンスで「物販で商品を購入すると志らく師のサイン会に参加できる」と流れたので、物販へと向かう。売られていたのは、最近リリースされた志らく師の古典落語DVDに本が二種(『雨ン中の、らくだ。』と『立川流鎖国論』)、それからオリジナル手ぬぐい。本を買おうと思っていたが、どちらも既に持っているため諦める。それなら手ぬぐいを買おうとするが、目の前で売り切れる。無念。ここまで来て引き下がるのもどうかと思い、禁断のDVDに目を向ける。志らく師の古典落語DVDは全十巻。これに手を出すということは、全十巻に手を出すということと同義であると考えていい。幾らかの葛藤を経過し、やっぱり買うことにする。買うことにしたのは良いが、どれを買ったものか。なにせ、全十巻である。選び放題である。考えあぐねた結果、個人的に好きな噺が入っている四巻を購入する(『時そば』『寝床』『居残り佐平次』)。席に戻ると同時に、開演のブザーが鳴る。ジャスト・タイミング。

二本目は、林家三平結婚の話題から、林家一門の話を経て、同じ会場で落語を披露していた柳家花緑・立川志の輔の演じていた噺を取り上げ、志の輔の十八番『浜野矩随』を。腰元掘りの名人として知られていた浜野矩康を父に持つ腰元掘り“浜野矩随”が、如何にして名人になったかを描いた人情噺。志らく師は「感動できるのは志の輔兄さんの方だが、面白いのは志らくの方」と言っていたが、なるほど確かに。この噺は志の輔師のDVDで知っていたのだが、志らく師のバージョンは非常にハイテンポで、特に終盤の泣きの場面はかなりスピーディーに展開していた。一方、志らく師オリジナルのアレンジも。序盤、矩随が職人として不出来であることを表すために、これまで矩随が作ってきた駄作を取り上げるくだりがあるのだが、これらの作品は矩随が職人として不出来であるから生まれらのではなく、そういう了見で作ったのだという理由に変更されていた。結果、この噺の山場となる場面にも、思わぬ必然性が生じることに……。エンタメとしては志の輔師のバージョンの方が優れているが、興味深い内容という意味では志らく師の『浜野矩随』、実に素晴らしかった。

公演終了後、人波に呑まれながら出口へと向かう途中、先程の物販の隣でサイン会を行っている志らく師匠を見つける。DVDを買ったのだから、堂々とサインを貰いに行くべきなのだろうが、妙に緊張して仕方ない。目の前のスタッフが、「ビニールを剥がしてください」と言うので、言われた通りにする。剥がして、ふと思う。これは何処にサインしてもらえばいいのだろうか、と。パッケージにサインしてもらうと、棚に並べたときに擦れて消えてしまう気がする。ケースを開くと、パッケージ裏には説明書き。ここにサインしてもらうのは、流石にちょっと失礼か。となると、ディスクか。でも、ディスクにサインを書いてもらったら、プレーヤーにかけたとき、熱でサインが消えてしまう可能性はないのだろうか。では、封入されていたポストカードに……。

色々なことを考えているうちに、僕の順番が回ってきた。先程まで高座に上がっていた志らく師匠が、そこにいる。隣には、弟子ともスタッフともおぼつかないメガネをかけた男性がいる。誰だ君は。僕のDVDを貸してくれと言うので、貸す。これは中に書きますかと言うので、お願いする。そして僕のDVDは、メガネの男から志らく師匠へと手渡されて、ディスクにサインが書かれてしまった。流石に、流石にポストカードには書いてもらうことは出来なかった。そこまで厚顔無恥にはなれない。サインを書いたDVDを、志らく師の手から直接渡される。そして、突き出された右手。ええっ。もしかして、握手?英語でいうところのシェイクハンド? 思わず両手で握り返す僕。気付けば頭も下げて、まるで命を助けてもらった人の様。どんだけファンなんだよコイツ、と思われたに違いない。

初めての独演会、色々あったが楽しかった。また行こう。

2011年2月「ナイツ」

漫才Part1
自己紹介。自らの出生についての話を、当時の時事ネタを絡めつつ。基本は彼らの出世作である「ヤホー漫才」のフォーマットを利用して進行しているが、ところどころで捻りを入れた展開を加えている点が上手い。『世界に一つだけの花』を扱ったスカシやTRFの代表曲のくだりなどは、笑いを取りやすい版権ネタではあることを考慮した上で面白い。土屋のツッコミも、以前に増して出来が良くなっている感。

・幕間:「いつ何時でもボケる!」

漫才Part2
師匠、内海桂子とトリオ漫才。内海桂子がどれほど凄い人なのか、やはりお馴染みの「ヤホー漫才」で披露する。ところが中盤で、立場が逆転。桂子師匠がナイツのことをインターネットで調べてきたと「グルグル漫才」を披露し始める。「ヤホー漫才」のクオリティは言うまでもなく高いのだが、桂子師匠による「グルグル漫才」のクオリティも非常に高い。「君は土屋、こっちはハニワ」「某有名大学の落第クラブ」「あんまりいいダシじゃなかった」「NHKのチンチン演芸大賞(「NHKだってチンチンあるだろ?」と補足)」「M-1グランプリでは知らんぷりされたんだろ?」と、本家では出せないだろう肝っ玉の据わりっぷりを見せつけた。いつかナイツもこの領域に辿り着くのだろうか。

・幕間:「いつ何時でもボケる!」

漫才Part3
野球漫才。「モテたい」と訴え続ける塙の話が、気付けば野球の話に展開してしまうことに端を発した、徹底野球トーク。土屋をキャッチャーに例え、「お笑い界の八重樫」と説明するくだりが実に面白い。八重樫が誰か分からないのに、面白い。言葉の説得力を、卓越した話術が見事に引き出している。中盤以後の、笑いを介さない野球トークをフリにして、落語の『寿限無』を野球ネタと絡めた畳み掛けには、少なからず感動を覚えた。個人的に、このネタの様な構成の漫才はあまり好きではないのだが、これは良かった。ここも話術によるところが大きいと考えるべきか。

次回は今期最終回。が~まるちょばがトリを飾る。

揺れろ爆笑、燃えろ魂

笑魂シリーズ 梅小鉢 「うめびより」 [DVD]笑魂シリーズ 梅小鉢 「うめびより」 [DVD]
(2011/04/27)
高田 紗千子、小森 麻由 他

商品詳細を見る

笑魂シリーズ デンジャラス 「このバカタレが!」 [DVD]笑魂シリーズ デンジャラス 「このバカタレが!」 [DVD]
(2011/04/27)
佐藤 望(ノッチ)、安田 和博 他

商品詳細を見る

笑魂シリーズ アルコ&ピース 「東京スケッチ」 [DVD]笑魂シリーズ アルコ&ピース 「東京スケッチ」 [DVD]
(2011/04/27)
平子 祐希、酒井 健太 他

商品詳細を見る

笑魂シリーズ 笑撃戦隊 「ヒーローショー」 [DVD]笑魂シリーズ 笑撃戦隊 「ヒーローショー」 [DVD]
(2011/04/27)
野村 辰二、柴田 基 他

商品詳細を見る

笑魂シリーズ ケチン・ダ・コチン 「THE BEATBANG!」 [DVD]笑魂シリーズ ケチン・ダ・コチン 「THE BEATBANG!」 [DVD]
(2011/04/27)
谷村 啓太、吉田 幸市 他

商品詳細を見る

2011年4月にコンテンツリーグの青田刈りシリーズ“笑魂”から新作がリリースされることが分かった。今回リリースされるのは、梅小鉢(松竹芸能)、デンジャラス、アルコ&ピース(太田プロ)、笑撃戦隊、ケチン・ダ・コチン(ワタナベエンターテインメント)の五組。ケチン・ダ・コチンは現在、事務所でイチオシされているコンビだという。ひょっとしたら、これからテレビでも見かける機会が増えていくかもしれないから、要チェックだ。個人的には、アルコ&ピースのネタDVD化が嬉しい。ちなみに同日、おかもとまりのバラエティDVDもリリースされる模様。……太田プロは他にもっと出すべき作品があるような……いや、まあいいけれど……。

・その他のリリース予定
0422『U字工事の北関東オンリーワン

笑魂(8th Season)

『さんパチ!!』(本編28分+特典18分)
さんパチ!! [DVD]さんパチ!! [DVD]
(2011/01/26)
コア

商品詳細を見る

ワタナベエンターテインメント所属の漫才師、コアの漫才集。元暴走族という経歴を武器にした漫才を得意とする彼ら。確かに、元暴走族であることは一つの個性といえるのかもしれないが、世間的にあまり芳しく思われていない集団に属していた事実をアピールすることは、一方で有無を言わさず拒絶されてしまう可能性も含んでいる、いわばもろ刃の剣。それを彼らは、きちんと笑えるネタとして提示する。元暴走族だからこそ、説得力がある笑い。結成11年目でありながら、今現在もまるで売れる気配がない彼ら。ここ最近は自らの状況を自虐的に取り上げた漫才も披露しているが、既に彼らは彼らじゃなくては生み出せない笑いを見つけているように思う。一方で、NSCに籍を置いていた(ザ・プラン9のヤナギブソンと同期)というのもあるのだろう、普通の漫才も非常に上手い。今作に収録されている暴走族ネタを用いない『野球と卒業生』『カレー』には、些か感心させられた。

『村おこし』(本編36分+特典2分)
村おこし [DVD]村おこし [DVD]
(2011/01/26)
西村深村

商品詳細を見る

ワタナベエンターテインメント所属のコント師、西村深村のコント集。徹底して棒読みで展開する彼らのコントは、かつて独自性を強調するためにやはり棒読みでコントを演じていたよゐこの存在を自然と思い起こさせる。ただ、「沢庵を頭に乗せた男が美容室を訪れる」「フナとオタマジャクシが仲良く会話する」など、棒読み以外の部分でも個性を主張していたよゐこのコントに比べて、西村深村のコントは些か弱い。シチュエーションはありきたりだし、ネタの内容も既存の“シュールな笑い”に収まるレベルで、現時点ではまだまだ未熟だ。今後、更にその世界観を煎じ詰めていく必要があるだろう。

『ネズミと亀』(本編42分+特典3分)
ネズミと亀 [DVD]ネズミと亀 [DVD]
(2011/01/26)
かもめんたる

商品詳細を見る

サンミュージック所属のコント師、かもめんたるのコント集。2010年10月まで“劇団イワサキマキオ”という名前で活動していたので、そちらの名前のイメージが残っている人の方が多いのではないだろうか。正直、僕もまだかもめんたるという名前にしっくりきていない。前の名前の方が良かったような気もするが、“カモメ”と“メンタル”を合わせて“かもめんたる”という名前も悪くはないか。そんなかもめんたるのコントは、黒澤映画を観た万引き犯が黒澤映画の登場人物の様な口調で喋り始める『黒澤』、通訳の男が介護士の友人に金を無心する『通訳と介護士』、学芸会に参加する息子の演技を演出家的視点で指導する『学芸会』など、演技力を重視したネタが多い。かつて劇団を冠していただけのことはある。ただ、まだ内容が演技力に追い付いていないような気も。今後の展開が楽しみ。

『拳から龍が出よったわあああ!!』(本編43分+特典3分)
拳から龍が出よったわぁぁぁ!! [DVD]拳から龍が出よったわぁぁぁ!! [DVD]
(2011/01/26)
瞬間メタル

商品詳細を見る

タイタン所属のお笑いコンビ、瞬間メタルの『男のショートコント』を中心としたネタ作品集。タケタリーノ山口の良くも悪くも真っ直ぐな男らしさを笑いに昇華する彼らのネタは、何処までも力強くて不器用だ。見せかたなんて関係無い。笑えるかどうかも関係無い。とにかく、如何にして男らしさを見せつけられるか、それだけだ! ……冗談で書いている様に見えるかもしれないが、実際にそういう内容である。男らしさをよく分からない方向へ過剰に膨らませ、それを笑えるかどうかも曖昧な演出で見せる不器用さ。それが良いのか悪いのか、僕にはよく分からない。なにせ男らしさを強調する芸風なので、この不器用さすら個性の様な気がする。好きな人は好き……なのかもしれない。あと余談だけど、前田ばっこーはキャップ被った方が似合っていたと思う。

『いまぶーむのいーとこ ~元なすなかにし~』(本編31分+特典9分)
いまぶーむのいーとこ~元なすなかにし~ [DVD]いまぶーむのいーとこ~元なすなかにし~ [DVD]
(2011/01/26)
いまぶーむ

商品詳細を見る

松竹芸能所属の漫才師、いまぶーむによる漫才集。かもめんたると同様、こちらも最近になって名前を改めたコンビだ。タイトルにもあるように、かつての彼らはお互いの名字を合体させて“なすなかにし”と名乗っていた。こちらもやはり、以前の名前の方が味わい深くて良かったのではないかと思うのだが。なすなかにしの漫才における最大の特徴は、なんといってもその声質にある。二人の声は、昭和の漫才師を彷彿とさせる腹の据わった声で、一度聞いたらなかなか忘れることが出来ない。技術力も高く、漫才師としての腕前はかなりのものであるといっていいだろう。ただ、肝心のネタに関しては、面白いのだけれど、ところどころで不安定になっているような。もう少しアピールポイントがあれば……。

2011年2月の購入予定

16『春風亭昇太 十八番シリーズ-動-
23『タイムマシーン3号単独ライブ メトロ鉄道の夜
23『ロッチ単独ライブ 「PELO PELO PELOTTi」
23『大久保佳代子劇団 「村娘」
25『サンドウィッチマン ライブ2010~新宿与太郎音頭~

お年玉を狙った一月のリリースラッシュが過ぎた二月は、穏やかな南風の様なリリース数となった。とはいえ、その一つ一つは絶妙に濃く、非常に興味深い作品ばかり。中でも注目は、タイムマシーン3号による『メトロ鉄道の夜』だろうか。これまでに何度かDVD作品をリリースして来た彼らだが、今回リリースされるのは初の単独ライブDVD。彼らの笑いを堪能できること間違いなしだ。更に、特典映像には漫才も収録。期待せずにはいられない。また、光浦靖子が作・演出を手掛けた舞台『村娘』も気になるところ。オアシズ、高橋健一(キングオブコメディ)など人力舎の面々に加え、たんぽぽ、宮崎吐夢らも出演しているとのこと。いよいよ期待に胸高まるといったところか。

……これが終わると、地獄の年度末に突入。各々、貯金しておくように。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。