スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さまぁ~ずライブ8』

さまぁ~ずライブ8 特別版 [DVD]さまぁ~ずライブ8 特別版 [DVD]
(2011/11/25)
さまぁ~ず

商品詳細を見る

三村マサカズと大竹一樹によるお笑いコンビ、バカルディが“さまぁ~ず”へと改名してから8度目となる単独ライブを収めたDVDが、2011年11月25日にリリースされた。前作『さまぁ~ずライブ7』がリリースされたのは2010年1月6日なので、およそ一年と十一ヶ月ぶりのリリースとなる。しかし、さほど前作からのスパンを感じさせないのは、彼らが出演する番組関連のDVDが多数リリースされていたからだろうか。「モヤモヤさまぁ~ず2」「さまぁ~ず×さまぁ~ず」「内村さまぁ~ず」「主演さまぁ~ず ~設定 美容室~」「トゥルルさまぁ~ず」「マルさまぁ~ず」などなど……もはやさまぁ~ずを抜きにしてテレビバラエティを語ることは出来ない、といっても過言ではないだろう。そんな最中であっても、さまぁ~ずはライブに出演することを決して止めようとしない。売れない時代でも定期的に単独ライブを行っていた彼らにとって、ライブは決して欠かすことの出来ないホームグラウンドなのかもしれない。

ただ、そんなさまぁ~ずによる近年のライブを観て、僕は不安を感じていた。というのも、ライブできちんと練り上げられたコントを演じているさまぁ~ずよりも、圧倒的に、テレビで大喜利やフリートークやロケに興じているさまぁ~ずの方が面白かったからだ。考えてもみれば、これは至極当然の結果なのかもしれない。ありとあらゆる展開が事前に計画されているライブに対し、ロケやフリートークなど、芸人としての地力が求められているテレビ番組では、想定以上の面白さを見出すことも起こり得る。“事実は小説よりも奇なり”という言葉が示すように、人間が想定している面白さよりも、交通事故的に発生する面白さの方が、時にとんでもない爆発を巻き起こすのだ。それに加えて、近年のさまぁ~ずライブで披露されているコントは、はっきりいって落ち目だった。両人の才能は様々なテレビ番組で如何なく発揮されているが、コントの送り手としては、明らかに筋肉が衰えていた。

そういう意味では、今回の『さまぁ~ずライブ8』は及第点といえるのではないだろうか。正直、以前の様な斬新さもなければ、さまぁ~ずならではの世界観を体感できる内容でもないが、少なくとも、現代に見合ったコントをやろうという意欲は感じられた。……まあ、ひょっとしたら、気のせいなのかもしれない。単なる僕の気まぐれな思い違いである可能性は否定できない。ただ、前回のライブよりは、面白いと感じたことだけは事実だ。

本作において、さまぁ~ずが披露しているコントは、オープニングコント『上司のヒミツ』を加えた全五本。それぞれ、まったく違った面白さが追求されている。例えば、『お見舞い』というコントでは、入院した後輩社員(三村)の元に元上司(大竹)がお見舞いにやってくるのだが、持参したお見舞い品が全て病室にある……という物悲しさが、なんとも面白い。ちょっと哀しい人を演じると抜群に上手い、大竹の真骨頂ともいえるコントだ。続く『教頭先生』は、生徒に柔軟な発想を持ってもらいたいという教師(三村)が準備したなぞなぞを、教頭先生(大竹)が一つ一つチェックしていくというコント。なぞなぞの一つ一つに「分かりにくい!」と文句をつけて無理やり内容を改正していく様は、以前に彼らが演じていたクレーム防止のコントを彷彿とさせた。三本目の『復活』は、以前に彼らがシリーズ化していたコント、“マイナスターズ”を彷彿とさせるミュージシャンコント。歌は少ないが、楽器を背景にやりとりをする二人の姿に懐かしさを覚えた。四本目の『鶴の恩返し』は、お馴染みの童話を現代風に改変したコントだ。大竹が演じる奇妙な女性キャラが、ここぞとばかりに活躍している。

こうして振り返ってみると、以前に彼らが演じていたコントのシチュエーションを焼き直しているネタが多いことに気付く。少なくとも、『お見舞い』や『教頭先生』に似た内容のコントを演じていたのは確かだ。だから、以前よりも安定した面白さを感じたのだろう。ただ、これを単なる手抜きであると、僕は思わない。むしろ、ここにきて、彼らが以前のコントを(意識的にか無意識的にかは分からないが)振り返ったという事実が興味深い。新たなる笑いへの準備段階に入っているのか、それとも単に過去を振り返っているだけなのか。今後の展開が気になるところではある。

ところで、本作には「おまけ」が付いている。正直、DVDに「おまけ」を付けること自体は決して悪くはないのだが、それに高いお金を払わされるというのが、どうも納得できない。余程の内容でなければ、満足することは出来ないだろう……と、購入当初は思っていたのだが、いざ「おまけ」を開封してみると……まあまあ、納得できるものが入っていた。ただ、まあまあ、である。どうしても欲しいというものではない。ただ、幾らかのお金を払っていることを考慮しても、そこそこ納得できるものが入っている。……彼らのライブが好きな人は買ってみてもいい、かもしれない。

追記:さまぁ~ずのコントライブが、テレビでの彼らに比べて面白味に欠ける要因の一つに、三村がツッコミ役に徹している点が挙げられるかもしれない。テレビでのさまぁ~ずには第三者のツッコミ役が設けられていることが多く、大竹は勿論のこと、三村もボケ役として立ち回る機会が多い。その制限が、少なからずライブとテレビの差を生んでいるのではないだろうか。


・本編(99分)
「OP/上司のヒミツ」「OPENING VTR」「お見舞い」「紙相撲」「教頭先生」「カプチーノアート」「復活」「つる」「鶴の恩返し」「ENDING VTR」

・特典映像(16分)
VTR撮影風景&バックステージ

『ジャルジャルのいじゃら』改メ

ジャルジャルのいじゃら [DVD]ジャルジャルのいじゃら [DVD]
(2012/01/01)
ジャルジャル

商品詳細を見る

2012年1月1日、年明け早々にリリースされたのが本作『ジャルジャルのいじゃら』だ。ジャルジャルがDVDをリリースするのは、ロンドンでの公演を収録した『ジャルジャル イン ロンドン』(2010年9月)以来、およそ一年と三ヶ月ぶり。若手のコント師たちの多くが、一年に一回は単独ライブをDVD化している現状を思うと、やや時間がかかっていると見るべきかもしれない。とはいえ、それで内容が良ければいいのだろうが、中には下手な鉄砲も……といわざるを得ない作品もあったりするので、むしろ、多少の時間をかけている作品の方が立派なのかもしれない。……誰とはいわないが。

本作には、2011年10月に行ったライブの模様が収められている。収録されているコントは、キングオブコント2010決勝で披露された『おばはん絡み』を含めた、全11本。収録を前提としたライブということもあってか、どのネタも実に面白い。以前のジャルジャルは、もっとシンプルで余計な要素を徹底的に削り落した、まるでアスリートの様なコントを演じていたが、今の彼らは、ちょっとずつ余計なモノを付け足して、以前よりもその世界観を膨らませているように見える。YouTubeで初めて目にした『しつこいひったくり』の衝撃から数年、ジャルジャルのコントは確実に進化を遂げているようだ。

それにしても、頭のどういうところを使えば、こんなコントが思い浮かぶのだろう。なにせ、一発目のコントから『屁の足音』である。なんだよ、『屁の足音』って。演目からまったく内容が想像できない。そして、実際に見てみると、本当にこれだけの内容だから、また驚く。秘密組織に所属する二人のアジトに謎の足音が近づいてくるのだが、その正体が屁……即ち、屁が発射されるまでに足音が聞こえてくるという、本当にそれだけなのである。冷静になると、屁で爆笑するなんて小学生男子じゃあるまいし……と思うのだが、それでも実際に目の当たりにすると、どうにも笑いが止まらない。緊張と緩和、ナンセンス、様々な要因がそこにあると思うのだが、そういった理屈を考えることを放棄させるバカバカしさ。なんだろうね、どうも。

これ以外のコントも、どうにもこうにも下らない。例えば、間も無く行われる文化祭でクラスの出し物をどうするのか決める会で、場を取り仕切ろうとする男が角刈りであるという理由だけで糾弾される『角刈りのくせにクラスのメインになろうとする奴』。いいじゃないか、別に角刈りでも。そう。別にいい。いいんだけれど、一度指摘されると、角刈りであることが気になってしょうがない。『新入社員説明会』も面白い。新入社員の前で、様々な社員の心得を教えていく二人の教育係が、それを覚えさせるべく何度も何度も同じことを繰り返していく。同じギャグを何度もやらされる『変なキャラ練習させられてる奴』を彷彿とさせるコントで、言葉のニュアンスがたまらなく可笑しい。

中でも、個人的に気に入ったのは『めっちゃふざける奴』。就職の最終面接に臨む学生(後藤)と、それを担当する面接官(福徳)のコントだ。事前に連絡を入れてから試験会場を訪れるなど、とにかく生真面目な印象を与える学生が、いざ面接が始まった途端、いきなり自らを(※ネタバレになるので省略するが、子供レベルの下ネタである)と名乗り出す……という破壊ぶりが、実にたまらない。更に恐ろしいのは、この後も同じ言葉を絶妙に変化して使い続けているところだ。小学生の下ネタレベルの言葉でも、センスや演出次第で、ここまで面白くすることが可能なのだということをまざまざと見せつけられてしまった。うーん、侮れない。

これらのコントに加え、特典映像には2011年7月に行ったロンドン公演の模様も収録している。前回のロンドン公演は単独でDVD化されていたが、今回はまさかの特典映像扱いに。事実、収録時間でいえば、本編よりもこちらの方が長い。……前作が余程売れなかったのだろうか。ところで、前作では「字幕を使用しなかった=言葉のニュアンスを用いたコントが演じられなかった」ことが一つのネックとなっていたが、今回は字幕を使用することで、多少の日本語はきちんと伝わるように配慮されている。そのため、コントのバリエーションも豊富になっていて、単独作品でも通用するクオリティになっている。それを特典映像にしているんだから、なんとも太っ腹だ。

収録されているコントの中には新作もあったが、それよりも目を見張ったのは旧作『椅子とりゲーム』の演出を大幅に変更していたことだ。ジャルジャルのコント『椅子とりゲーム』とは、椅子とりゲームに興じる二人が、そのルールを勘違いしているために、どんどん本来のルールから離れていく……という、無知の加速を描いた一本である。そして、以前の『椅子とりゲーム』も、今回の『椅子とりゲーム』も、同様のシステムを取っている。但し、以前の『椅子とりゲーム』では、二人が混乱していく様を会話を交えながら繰り広げていたのに対し、今回の公演からは二人の会話が完全に省かれて、BGMとパントマイムのみで演じられている。海外公演であるからこそ取られた策だったのかもしれないが、おかげで以前よりも、このコント本来の面白さが浮き彫りになっていた様に思う。

2010年のジャルジャルは、様々な出来事の影響で心ない視聴者からバッシングを受ける立場になっていた。その関係で、彼らのコントを「つまらない」と一刀両断する輩も少なくなかった。だが、ここではっきりといっておきたい。ジャルジャルは今、もっと真剣に注目すべきコント師の一組である。曇った眼で見ている場合じゃない。


・本編(日本公演/79分)
「屁の足音」「角刈りのくせにクラスのメインになろうとする奴」「放浪口笛師~第1話~」「めっちゃふざける奴」「新入社員説明会」「放浪口笛師~第6話~」「おばはん絡み」「屁我慢してる面接官」「男か女かわからん奴」「放浪口笛師~最終話~」「逆ー!!!」

・特典映像(ロンドン公演/91分)
「リストラ」「相撲」「消臭」「仕立て屋にて」「KUMO」「椅子とりゲーム ~なんかおかしい~」「鼻くそ」「ひったくり」「日本の商談」「大きな車」「写真撮影」「サイクル」

・副音声:後藤の新居で収録した副音声解説

『ジャルジャルのいじゃら』

ジャルジャルのいじゃら [DVD]ジャルジャルのいじゃら [DVD]
(2012/01/01)
ジャルジャル

商品詳細を見る

 後藤淳平と福徳秀介によるお笑いコンビ、ジャルジャル。
 大阪で活動していた彼らが全国的に注目されるようになったのは、ゼロ年代後期にショートネタブームを巻き起こしたネタ番組「爆笑レッドカーペット」に出演したから、と考えていいだろう。
 番組出演当時、彼らにつけられていたキャッチコピーは“ネクストコントジェネレーション”。直訳すると“次世代のコント”となる。確かに、ジャルジャルのコントには、それまでに見たことのない新しさがあった。

 ジャルジャルのコントの新しさ、それは徹底的にシンプルな構成にある。

『しつこいひったくり』というコントがある。
 後藤扮する通行人がカバンを持って歩いていると、福徳扮する不審者がそのカバンをひったくろうとする、ただ、それだけのコントだ。
 ……本当に、それだけである。それ以上でも以下でもない。
 後藤はひったくられまいとカバンを引っ張り続け、福徳はひったくろうとカバンを引っ張り続ける。そんなやりとりが、最後まで続けられる。
 勿論、ジャルジャルのコントが、全て『しつこいひったくり』の様に、シンプル過ぎる内容であるわけではない。
 同い年の二人が家庭教師と生徒という上下関係になってしまう『同い年家庭教師』、会社をサボッたことを悟られないように嘘をつき続ける『嘘つき通す奴』、何も知らないことがないと思っていた仲良し同士がふとしたきっかけで意外な真実を知ることになる『幼なじみ』などの様に、いかにもコント的な設定のネタも多い。
 ただ、それらのコントもまた、最初の展開を何度も何度も繰り返すという、『しつこいひったくり』と同様の構成を取っている。この構成こそが、ジャルジャルのコントにおける肝といってもいいだろう。

 では、どうして徹底的にシンプルなジャルジャルのコントが、ウケるのか。

 人間は年を重ねることで、様々な経験を得る。
 そして、その経験を参考にして、未知なる事案を容易に処理できるようになる。
「亀の甲より年の劫」という古いことわざがあることからも分かるように、人間にとって、経験することはとても大切なことなのだ。
 しかし、時に経験は、油断や障害を生み出すこともある。
 例えば、車を運転している場合。
 普段は人通りの少ない通い慣れた道だからといって、確認もせずにアクセルを踏んだ途端、脇道から子どもが飛び出してきた……という話は、よく耳にする筈だ。
 これと同じことが、ジャルジャルのコントにも生じている。

 先の『しつこいひったくり』を見てみよう。
 ひったくりが現れてカバンをひったくろうとする姿を見て、観客はどう考えるだろうか。この後に、まだ何か展開が待っていると考えるのではないだろうか。よもや、これだけで終わる筈がない、と。
 何故ならば、通常の「ひったくり」は、文字通り荷物をひったくって逃亡するものだからだ。ひったくりが現れて、まず初めに考えることは、「ひったくりが荷物をどうこうして、それからどうなるか」であろう。
 それに、彼らが演じているのはコントだ。コントというのは、幾つかのやり取りがあって成立するものである。何か事件が起きれば、その後になにかしらかの展開があって、そしてオチに至る……それがコントというものだ。
 ……ということを、観客は経験ないし知識として認識している。
 ところが、ひったくりがカバンをひったくろうとする状態が、なかなか終わりを見せない。どんなに時間が過ぎても、二人は引っ張り合いを続けている。
 やがて観客は、このやりとりがそう簡単に終わらないことに気付く。
 そして、思わず笑ってしまう。
 その、日常ではあり得ない光景の持つ、ただならぬ不条理を感じて。

続きを読む

「日村・土田・塚地の爆笑TEPPANストリート」のマトメ

■概要
「お笑い界を代表する三人の顔合わせで送る爆笑バラエティ」という触れ込みで、2012年1月2日に放送された。出演は、番組タイトルに名前を連ねている日村勇紀(バナナマン)、土田晃之、塚地武雅(ドランクドラゴン)の三人に加え、AKB48の秋元才香と倉持明日香、D-BOYSの牧田哲也、タレントの熊田曜子、馬場園梓(アジアン)など。なお、構成を高橋洋二が担当。

■合同コント「TEPPANストリート」
パン屋を経営している夫婦(塚地・熊田)と店員(倉持)、そして近所に住む常連客の夫婦(日村・馬場園)が会話をしているところに、テレビ番組のロケハンにやってきた土田とディレクター(秋元)が現れて、彼らをテレビ仕様に仕立て上げようと、様々な課題に挑戦させる。コントのシチュエーションや演者のわざとらしい言い回しが、チープな吉本新喜劇といった印象を与えたが、土田の高いムチャぶり能力と、日村・塚地・馬場園の高いアドリブ能力が、それなりに見られる内容に持ち上げていた。他の出演者も健闘していたが、やはり場馴れしている四人にはちょっと敵わない。

■TEPPANイチ推しLive
ラバーガール『就職面接』

塚地「ボケの大水の方がだんだんと年を追うごとに気持ち悪くなってきてる」
日村「あれ恐ろしいよ、俺らみたいな立ち位置の人間から見ると。新しいの出てきちゃった感じするよ俺」
土田「でもね、あの髪型にするとそっちいっちゃうんだね」
塚地「なんでしょうね。手を出しちゃうんですよね、あの髪型に」
土田「やっぱね、ボケで悩んでる奴、いっちゃうんだよ」
日村「悩んだ人が最後これにいくわけじゃないのよ(笑)」


ダブルブッキング『問題とは違うところが気になっちゃう話』

日村「なんか淡々としているかと思ったら、ちょっと……」
塚地「けっこう強めの感じになってますよ。我々が知ってる頃の若手の時よりは、もうね、ちょっと泥臭くなってきたというか、芸人っぽくなってきたというか……」
日村「若手じゃないのよ!」
塚地「若手じゃないの!」
土田「もっとシュッとしてましたもんねえ!カッコよい感じだったよねえ!」
塚地「物静かな二人みたいなイメージでしたけど、けっこうガンガン……」
日村「ガンガンの、もう……色んな事があって、やっぱああなっちゃうのよね、芸人って」
塚地「だってあんな白いメガネ(※黒田)のイメージなんか無かったもん」
日村「あれも会社からメガネかけろって言われたの」
 (三人爆笑)
土田「キャラが薄いからでしょ?」
塚地「色々あるんだよね」


トップリード『プロポーズ』

 (コント終了と同時に三人大爆笑)
土田「大師匠のお笑いの終わり方……!」
塚地「新春にふさわしい終わり方やん!」
 (※この時、トップリードはネタの終わりに一礼して、観客にコメントを送るというエンディングのコントを披露した)
日村「うまいよ!」
塚地「うまいうまい!」
土田「我々、一応あの勢いのある若手を紹介させてもらうということだったけども、そんなに若手でもなかったみたいで……」
塚地「けっこう、もう我々寄りぐらいの……芸歴の人たち」
日村「やっぱり演技力最高だね!」



■クイズ笑えるMyself
塚地・土田・日村の三人がとっておきのエピソードをクイズで紹介し、それを他の出演者が早押しで答えていき、最後に誰のクイズが最も面白かったかを決める。なお、熊田はアシスタントを担当。

・塚地
今から十年くらい前に地方のデパートへ営業に出掛けた時の話。

「営業担当者の驚くような言葉。「今日の○○は××だから」さて、なんと言われたでしょう?」

正解は「今日の楽屋はエレベーターだから」。
「全部の部屋が埋まっちゃってんだよね」といわれ、イスが二つ置かれているだけのエレベーターに通された。
部屋にいる間にもエレベーターは作動して、止まっているうちに着替えていたという。


・土田
同じ事務所に所属するダチョウ倶楽部のリーダー、肥後に関する問題。

「僕の友人に“肥後”と言う奴が居ます。彼は産まれた時とんでもない「有名人」に抱っこしてもらったそうです。その「有名人」とは誰でしょう!!(※調べたところ全くの別人でした)」

やや酷い回答が続くなか、AKBの「ミッキーマウス」という回答に思わずイジる側の土田がフォロー。

土田「肥後さんはそんなにバカじゃない! 確かにプライベートで我々は肥後さんのことを「ヒゴンヌ」って呼んでます。何故ヒゴンヌかっていうと、スザンヌと同じくらいバカだからです!」

正解は「マッカーサー(※だけど別人)」。改めて調べてみると、その正体は松岡さんだった!

・日村

「今まで避けてきたが意外と良かった初体験は?」

去年、初めて体験したことという。あまりにフワッとした問題だったためか、即座に早押しボタンを押して土田「全然興味が湧かない!」。その後も、塚地「ちゃんと歩く」、馬場園「人を怖がらない」、AKB「人にほめられるということ」など、大喜利の様な展開に。
正解は「オーバーオール」。土田「しょーもなっ!」に対し、日村「オレからしたらスゴいことなんだから!」。更に写真まで。

結果は満場一致で土田。

塚地「ちょっと待って!ちょっと待って!なんでオレ、オーバーオールと同じ位置づけなん!?そこそこのエピソードやったぁゆうねん!」
日村「あの問題、全然面白くなかったよ!」
塚地「うそやぁー!!!」


面白くなかった二人には、テッパンの一発芸を。

■エンドトーク

土田「来年もやる?」
日村「来年もやろうよ!来年もやりたい!来年もやろう!」
土田「次はさ、合同コントもっと練習してやろう?」
塚地「日にちが全然ない!」
日村「毎年の恒例にしたいよね!」
塚地「そういうの欲しいですねー!」
土田「それでは皆さん、よいお年を」


■感想
日村・塚地のコント師としての技術力は当然として、改めて土田の場の流れを作る能力には驚かされた。合同コントの時の場回しもさることながら、イチ推しLiveの感想でもクイズコーナーでも、とにかく流れをどんどん作っていく。正直なところ、土田にはこれまで「アメトーーク」に出演する子沢山芸人というイメージを抱いていたのだが、ここで改めてその地力の強さを確認させられた。そんな土田もエンディングで触れていたけれど、合同コントはもうちょっとキチッとやってもらいたかった。来年といわず、今年の夏くらいに再挑戦してもらえないものだろうかなあ。

「みんなのマンガアワード2011」に参加してみよう

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

と、いうわけで、本年一発目のブログ更新となる今回は、個人的にはかなり久しぶりとなる他サイト様の企画に参加するための記事である。それも、お笑いとは関係のない、マンガ関連の記事である。大事な大事な新年一発目の記事が、果たしてそんなことで大丈夫なのかと不安を覚えなくもないが、むしろ、今年も無理に気張らずにブログを更新していこうという意志を見せているのだと捉えてもらえれば……無理があるか。うん。まあいいや。

今回、当ブログが参加するのは、Twitterで知り合った相沢さんが運営しているブログ「恋愛」の中で行われている企画“みんなのマンガアワード2011”である。この企画のコンセプトは、某このマンガがすごい!をブッ潰してやろうぜ!……ということではなく、ただ純粋に“「好きなマンガの良さを皆に伝えたい!」という愛情をダダ漏らしにした紹介文を持ち寄って、ついでにベスト5も決めちゃおうぜ!”というもの。とどのつまりは、愛があるならラブイズーケー、マンガが好きならラブイズオーケーな企画なのである(詳しくはこちらを御参考)。

実をいうと、この企画は2010年にも行われていて、僕はTwitterで参加した。その時、僕がチョイスしたマンガは『よつばと!』『もっとだめよめにっき』『男爵校長High!』『とりから往復書簡』『きょうのおことば』の五作品。自分でいうのもナンだが、どうもマニアを狙った感のあるチョイスである。2011年のベストはそんなことがないように、頑張りたいと思う。……いや、頑張るって程の話でもないけれど。

続きを読む

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。