スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古今亭志ん朝『火焔太鼓』で新年を。

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1
(1999/12/18)
古今亭志ん朝

商品詳細を見る

喪中とはいえ、とりあえず新しい年を迎えたことを噛み締めたくなって、ちょっとくらいはめでたい気持ちを体感してもいいだろうと、正月からずっと古典落語『火焔太鼓』を聴いている。『火焔太鼓』とは、商売がヘタクソで目利きも良くないためにビンボーな生活をしている古道具屋の主人が、市場で仕入れてきたオンボロな太鼓の音がとある殿様の耳に留まり、高額で買い取ってもらう噺である。特に努力をしたわけでもない主人公が良い目を見るという、実に落語的なストーリーだ。昭和の名人といわれる古今亭志ん生が改良を加えて十八番とした演目で、かつては古今亭一門にとって一子相伝的な扱われ方をされていたのだが、志ん生の次男である古今亭志ん朝が友人の春風亭柳朝に半ば強引に持ってかれてしまい、今では誰もが演じる滑稽噺となっている。古今亭一門にしてみればとんだ災難だが、おかげで様々な演出の口演が残されるようになった。そういう意味では、現代の落語ファンはもっと柳朝に感謝すべきなのかもしれない。

現在、『火焔太鼓』の音源は、古今亭志ん生を筆頭に、古今亭志ん朝、十代目桂文治、古今亭圓菊、春風亭柳朝、金原亭馬の介、桂歌丸、柳家権太楼、十一代目桂文治、桃月庵白酒らの口演が残されている。それら全ての音源を聴いたわけではないが、やはり古今亭一門による口演は別格であるように思う。……権太楼師匠の我が道を行くスタイルも嫌いではないが。中でも志ん朝の『火焔太鼓』、特に若い頃の音源はとにかくエネルギッシュで、ストーリーを咀嚼した上で繰り出されるギャグの破壊力は尋常じゃない。文句の挟みようがない一品だ。……が、この正月には気まぐれに、比較的近年の口演を聴いてみた。今もリリースされ続けている人気シリーズ“朝日名人会シリーズ”の記念すべき第一弾に収録された、1999年2月の口演である。当時、志ん朝は61歳。まだまだ落語家としてはこれからという年齢だったが、この2年後の2001年10月1日、多くの落語家・落語ファンに惜しまれながら亡くなった。享年63歳。ある落語識者は、志ん朝の死を受けて「江戸落語の灯が消えた」とつぶやいたという。その大袈裟な言葉に説得力が生じるほど、当時の落語界における志ん朝の存在は大きかったらしい。

この志ん朝の『火焔太鼓』を初めて聴いた当時、私はまだまだ落語ビギナーだった。無論、今でも落語小僧の域を出てはいないが、それよりもずっと若かった。とにかく落語というジャンルに対する興味だけで落語を聴いていた、そんな時分だった。それ故か、この時期の『火焔太鼓』に対して、私はどこか面白味の無さを感じていた。面白いことは面白いんだけれど、なんだか物足りない。現役のNOWな落語家たちの口演に耳が慣れていたことも、私にそう思わせた原因の一つだろう。しかし、今になって改めて聴くと、これがかなり面白い。若い頃に比べて声の瑞々しさは薄れているし、突出して印象的なフレーズがあるわけでもない。でも、それは、年齢を重ねたことで声に重みが出てきたともいえるし、余計なギャグで笑いを取ろうとしていないともいえる。結果、そこには非常に正しい『火焔太鼓』が出来上がった……とは、やや言い過ぎか。実のところ、流れを乱しかねないほどに強烈なギャグもある。庭の松の木に縛り付けられた際の描写や、女房が屋敷に太鼓を持って行こうとする亭主に釘をさすくだりなどは、とてつもなく強烈で面白い。とはいえ、それは絶妙なバランス感覚によって、噺そのものを崩壊することはない。確かな地盤が出来ているからこそ、逸脱を恐れないギャグを吐き出せるのだ。これはやっぱりマスターピース、永遠の背番号3といっても過言ではないだろう。愉快、軽妙、高らかに、火焔太鼓は鳴り響く。

2013年1月のリリース予定

09『エレ片コントライブ ~コントの人6~
23『しずる単独コントライブ Conte Out
23『ナイツ独演会 ~浅草百年物語~

遅ればせながら、今年も宜しく。1月のラインナップは、過去にDVDをリリースしたことのある芸人たちの作品が主。エレキコミックと片桐仁(ラーメンズ)のユニット“エレ片”は10ヶ月ぶりのリリース。ラーメンズもエレキコミックもしばらく単独作品を出していないけれど、合同ユニットの方は出るのね。『キングオブコント』の常連コンビ“しずる”は、1年1ヶ月ぶりのリリース。『キングオブコント2012』決勝の舞台で披露されたコントも収録されるらしいので、コント好きは見逃さない方がいいかも。浅草を代表する若手漫才師“ナイツ”はぴったり1年ぶりのリリース。某大手芸能事務所への対抗意識が燃え上がったタイトルがなんともいえない。往年のますだおかだを思い出しますな。

この他、9日に人気お笑いコンビ“ライセンス”による全国ツアーの模様を収録した『LICENSE vol.Zepp ENJOY!!~FINAL~』、23日に“千原兄弟”による月イチトークライブのベストセレクション『チハラトーク #8』、25日に永遠の若旦那こと“柳家花緑”の古典落語『つる』『野ざらし』『妾馬』を収録した『花緑ごのみ古典落語集』、2012年6月に大阪国立文楽劇場で行われた“桂文我”独演会の模様を収めた『桂文我独演会「らくだ」「佐々木裁き」』などの作品がリリースされる予定。……いわゆる若手芸人のDVDリリース量が減った代わりに、落語関係のDVDが激増している気がするのは気のせいか。

また、テレビ関係では、『ふわふわトーク こんな感じでどうですか?』、『東野・岡村の旅猿2 プライベートでごめんなさい…』(4月まで月イチ連続リリース予定)、『ハシゴマン』(二枚同時リリース)、『今夜野宿になりまして』、『空から日本を見てみよう』(二枚同時リリース)、『人志松本のすべらない話 THE BEST』などがリリースされる予定。お年玉目当てなのか、リリース量がえげつない!

夜ふかしの会コントセレクション『楽しい夜ふかし』

夜ふかしの会コントセレクション「楽しい夜ふかし」 [DVD]夜ふかしの会コントセレクション「楽しい夜ふかし」 [DVD]
(2012/12/26)
夜ふかしの会

商品詳細を見る

『キングオブコント2012』ファイナリスト、夜ふかしの会によるコントセレクションDVD。同大会の決勝戦で披露された『学級会』を含めた、全9本のベストコントが収録されている。また、特典映像には、音声だけのラジオコントが5本と、コント『ドッキリ』のNGテイクを収録。副音声解説も幕間映像も舞台裏映像もない、ほぼ全てがコントで構成されている一品だ。自らのコントに自信があるのか、それとも、映像で個人の魅力を引き出すことに自信がないのか。五人の印象の薄さを考慮すると、どうも後者なのではないかと思うのだが……余計な勘繰りである。

結論からいうと、本作はそれなりに面白かった。「面白かった」ではない。「それなりに面白かった」である。否定するほど退屈ではなく、さりとて、絶賛するほど目を見張るものでもない。評する側の人間にとって、こういう作品こそ最も対応に窮する。傑作であれば、こちらも素直に「素晴らしい!」と太鼓判を押すことが出来るし、逆に駄作であれば、これまた素直に「つまらない!」と壇上から蹴っ飛ばすことも出来るのだが、こういう中途半端な作品は実に面倒だ。肯定と否定が平行線を辿った状態で、気が付くと四時間ばかり夜ふかしの会のコントについて考えている。新年早々、これはまことに時間の無駄としかいいようがないので、いっそどちらも書いてしまおうという結論に至った。

まずは肯定的な意見から。夜ふかしの会のコントは、とてもバカバカしい。こんな下らないことをどういう暮らしを送っていれば思いつくのだろう、というようなことをやっている。例えば、『時間割』というネタがある。二人の中学校教師が来学期の時間割を決めていく行程を、別の二人の教師がユーストリームに配信しながら解説するというコントだ。当初、時間割は教師たちのタイムスケジュールに合わせて、丁寧かつ慎重に組み上げられていくのだが、そのうち教師の一人が生徒からの人気を得るために独断的な時間割を組むようになり、その内容が少しずつ噛み合わなくなってしまう。“中学校の時間割あるある”を取り入れつつもそれが破綻していく展開が、たまらなく可笑しい。

この他のネタも同様だ。同じ学校に通う複数の女子たちと浮気している男子生徒を追求することで、意外な事実が発覚し、漠然と関係性が引っ繰り返ってしまう『2股』。ブサイクな男子生徒が突然のモテ期に突入し、告白を迫る女子たちの行列を作ることになるも、ブサイクな自らをハンサムと勘違いしたくないあまり次々に断っていく『モテ期』。ファミリーレストランで休憩することになった上司と部下が、それぞれの食べたい料理を注文した直後、仕事のことで口論を始めてしまうことで一変する雰囲気を利用した『ファミレス』。特異な状況を生み出す発想力と、それを自然に演じる演技力の高さ。これこそ、夜ふかしの会の個性といえるだろう。

その一方で……ここからは否定的な意見になるが……夜ふかしの会のコントは状況の掘り下げが甘い。せっかくの面白い状況を使いきれていないのである(収録時間の都合上、大幅にネタをカットしている可能性は否定できないが……)。例えば、先で取り上げたコント『時間割』にしても、事態の発端となった生徒人気を意識した教師の存在は、終盤になるとさほど有効的に働いていない。オチも、はっきりいって投げやりで、強引にナンセンスな方向へとまとめてしまっている感がある。正直なところ、夜ふかしの会はメンバー個人の個性という意味では圧倒的に弱い。だからこそ、コントで個性を示す必要がある。しかし、『学級会』のようなシステマティックなコントならまだしも、通常のコントで詰めの甘さを見せているようでは、あまり宜しくない。面白い設定を生み出す力はあるのだから、それらをもっと大切にしてもらいたいと思う。

それはそうとして、映像を収録することの出来るDVDという媒体に、音声だけのラジオコントを収録する必要性は、果たして……? いや、もっというと、鬼頭真也の一人コントを隠しトラックにした意味も、果たして……?


■本編(54分)
「時間割」「2股」「ドッキリ」「モテ期」「仁義なき…」「ファミレス」「うしろ姿」「補習だ!やる気先生!!」「学級会」

■特典映像(16分)
ラジオコント:「足つぼマッサージ」「だとしたらおじさん」「アルバイトを休みたい」「道案内」「夜回り先生」
『ドッキリ』NGテイク
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。