スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マンガホニャララ』(ブルボン小林)

マンガホニャララマンガホニャララ
(2010/05/27)
ブルボン小林

商品詳細を見る

このところ、気になっている人物がいる。ブルボン小林だ。なんとも珍妙な名前だが、しかし確固たる実力者である。その正体は、芥川賞作家の長嶋有だ(代表作:『ジャージの二人』)。うーん、凄い。権威だとかなんとかいう言葉に弱い僕は、とにかく頭が上がらない。向こうは筆者でこちらは読者なのだから、もうちょっと偉そうにしてもいいんだろうけど。でも、平身低頭。なんでもブルボン小林というのは、長嶋氏がコラムなどを書くときに使用するペンネームなのだそう。

『マンガホニャララ』は、ブルボンが手掛けてきた漫画関連の小文をまとめたコラム本だ。掲載されていた雑誌は様々だが、とにかく漫画のことばかりが語られている。とはいえ、その内容は決して専門的ではないし、尚且つオタク的でもない。切り口も丁寧で、未読の作品について書かれた文章も、ごく当たり前に楽しむことが出来る。ブルボンの著作はいずれもそういう傾向があり、以前に出版されたゲームコラム本『ゲームホニャララ』も似たようなタイプの内容だった。これもいい本だったなあ。

この本が面白いのは、こちらが思ってもみなかった視点で漫画を語っているというところ。普通に漫画を読んでいるだけだと気付かなかっただろう部分を、ブルボンは丁寧に切り取ってテキスト化している。その切り方も様々で、ある時は具体的な主人公を用いない『オバタリアン』の“キャラ”について書き、またある時は渡辺ペコのしっかりした“漫画表現”について書き、またまたある時は古本屋でブロック売りされている『3×3EYES』の“需要”について書いている。ここまで色々な視点を持っていながら、どのコラムも安定して面白いというんだからオソロシイ。

個人的に興味深かったのは、『ドラえもん』における“スネ夫”の必然性について書いたコラム。以下、本文より抜粋。

 スネ夫の繰り出す過剰な自慢こそが、『ドラえもん』の物語を推進させる。しずかへのアピールやジャイアンの暴力などの要素だけでは、早晩一本調子な展開になってしまっていただろう。22世紀の物質文明を象徴する「ひみつ道具」の登場の多くは、彼の自慢がなければポケットから出てこないし、比較もできない(=輝かない)。


このコラムだけでも結構グッときたのだが、この後に続けて書かれた「スネ夫のスゴい自慢」について書かれたコラムは、更にグッときた。

 なべても連載後期、コミックス42巻でみせた「とつぜんサッポロラーメンが食べたいといいだして」金曜の夕方に飛行機で札幌に向かい、秋の北海道を「レンタカーで気ままにドライブ」し、日曜の夜に帰ってきた。
 これは長きにわたるスネ夫自慢の、一つの到達点といっていい。


一見すると、いつもスネ夫がやっている自慢と大差無いような気がするが、ブルボンはこの自慢についてこう解説する。

 ここでスネ夫が自慢しているのは「旅行」や「食べ物」のようで、そうではない。ぶらっと気の向くままいってきたという「余裕」自慢なのだ! これは、豊かな物質を自慢することが必ずしも心を豊かにするとは限らない(なんだそれ)という、一皮も二皮も(骨皮も)剥けた自慢といえる。作中でジャイアンは、自分たちもおいしいラーメンを食べようとのび太をけしかけるのだが、彼はこの自慢をはきちがえている。


ジャイアンと同様、僕も完全にはきちがえていた。スネ夫、恐るべし。……こういう感じの内容に興味のある方は、是非。ニンニン。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。