スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+プレミアム』七月三十日放送感想文

この日の『オンバト+』はオンバトプレミアム。『爆笑オンエアバトル』時代の常連たち(いわゆるOB)を集めて、様々なゲームに挑戦してもらうバラエティコーナーを放送した。出演はアメリカザリガニ、エレキコミック、キャン×キャン、ザブングル、ペナルティ、ますだおかだ。前回のアジアンと同様、常連と呼べるほど結果を残していないザブングルが何故か参加。まあ、バラエティ番組慣れしている彼らがいると、幾らか場の空気も和らぐというものか。今回はますだおかだチーム(ますだおかだ、アメリカザリガニ、エレキコミック)とペナルティチーム(ペナルティ、ザブングル、キャン×キャン)に分かれ、知力・演技力によるバトルを繰り広げる。

まずはネタ対決。ザブングルとエレキコミックがコントで対決した。先行、ザブングルはヤンキー先生のコント。顔に特徴がある加藤が追い込まれる、ザブングルにとってお馴染みの展開を見せるコントだが、こういうネタはどうも好きになれない。加藤の顔面だけでカバーできないほどに理不尽だからだろう。ただ、今回のネタに関して言えば、それを意図的に行っているようにも見えた。おそらくザブングルは、ヤンキー先生とかあんまり好きじゃないタイプだ。後攻、エレキコミックは親戚のおじさんにお年玉をせびる小学生のコント。やつい演じる小学生の守銭奴ぶりが、理不尽さを超越したナンセンスを生み出していた。思えばザブングルとエレキコミック、方向性が似通っているのかもしれない。

それから、会場アンケートとムチャぶりコントのコーナーが続く。なかなか面白かったのだが、この辺りは上手く録画が出来ていないので省略。ただ、過去の『オンバトプレミアム』の中では、かなり面白い部類に入っていたのではないかと。結果は、ますだおかだチームが373kb、ペナルティチームが253kb。ますだおかだチームの勝利となったが、若干リーダーのイメージに偏った結果になっている気がしないでも。

・次回
アイデンティティ
勝又
ガリガリガリクソン
劇団イワサキマキオ
コア
スカイラブハリケーン
ニレンジャー

ものいい
リトレイン

ガリガリガリクソンの画の強さが凄そうな回。ただ単に太っているだけ。注目は前回そこそこ面白い雰囲気のコントを披露していた勝又、サンミュージック期待のコント師劇団イワサキマキオ、「爆笑レッドカーペット」のブームに乗り損なった雰囲気があるものいいの三組。あと、なんか変な感じに独自性を見出しているニレンジャーも、ちょっと気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに、ザブングルの加藤さんは「ゆるせない話」で今回のコントと全く同じ話(ヤンキーが公務員になったって、別にほめられる事じゃない云々)をしていました。考えてみると合点の行く話ですけどね~。加藤さんの頭の中が色濃く浮き出たコントだったんじゃないでしょうか。

しかし次回のメンツは濃いですね~。ものいいの吉田さんもまぁまぁ太ってますよ(笑)
個人的には、勝又とニレンジャーに期待です。(ニレンジャーの「生徒と教師が一人ずつしかいない学校」みたいなコントも見たいんですけどね)

No title

ああ、それ見たような気が<「ゆるせない話」
ザブングルのコントはそういう思想がたまーに盛り込まれているようなところがありますね。

次回のメンツ、確かに濃いいです。個人的にもその二組のネタが気になるところですが、どうなりますか。楽しみですね。

No title

次回からは2勝目を狙う挑戦者が登場するんですね!
チャンピオン大会はどうなるのか・・・

最近は久しぶりにオンバトに戻ってくる挑戦者が出るようになってきて好き嫌いは別にしてもうれしい限りです

No title

どうなりますかねえ。
なんとなく、ちょっと面白そうな雰囲気になりそうな気はしていますが。

個人的にはパッション屋良・ハローケイスケあたりが帰って来てくれると嬉しいんですけどね。
なかなかどうもうまく…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。