スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『中央モノローグ線』(小坂俊史)

中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)
(2009/10/17)
小坂俊史

商品詳細を見る

JR中央線沿いの街で生活する女性たちの日常を描いた四コマ漫画。描かれているネタのほぼ全てが彼女たちのモノローグで構成されていて、四コマ漫画というよりはそれぞれのキャラクター達によるエッセイという印象。小坂俊史氏の四コマ漫画を読んだのは今回がほぼ初めてだったのだけど、ここまで面白いとは思わなかった。ただ、ここでいう面白いっていうのは、いわゆる笑えるという意味の面白さではなく。彼女たちのモノローグの生々しさ、流れていく日々から脱したいというある種の必死さ、それらに伴う哀愁、そういう意味での面白さ。こういう面白さを匂わせる四コマ漫画は見たことがなかったので、、ちょっと衝撃を受けてしまった。オススメです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ギャグ要素が強い王子(小坂先生の愛称)の作品としては、この作品はかなり特異ですね。
はっきりいって、僕もこのマンガは四コマ屈指の名作だとは思います。

No title

この後『わびれもの』買いましたが、こっちが普段なんですよねえ。
でも、普段の方がそんなに…まあ、普通…うーん。
またこういう感じの作品を描いてほしいですねえ。これで終わらせるのは勿体ない。

No title

あー。「わびれもの」は違う意味で特異です。あれは王子のやりたい放題(良くも悪くも)。
あれは雑誌で読んでたんですけど、内容によってアタリハズレがでかかった気がします。
(ロッテ2軍観戦の回は個人的に大当たりだったんですが、読み流した回もしばしば。)

モノローグ調ではないですが、既刊だと重野なおき先生との共著「ふたりごと自由帳」なんかが割と近い雰囲気があると思います(四コマではないですが)。
あとは、まだ刊行してないですが、「遠野ものがたり」でしょうかね。

普段の小坂先生を見るなら個人的には「ハルコビヨリ」か「せんせいになれません」をオススメします。

No title

ああ、勿論あれが完全に普段通りとは思ってませんよ。エッセイですし。
でもまあ、一応普段の空気感はなんとなく掴めたので…。
やっぱりちゃんと読まなくちゃダメかしらん。
「せんせいになれません」とかは本屋でもちょくちょく気になってはいるんですけどねえ…。

「遠野ものがたり」、いいらしいですね。
本書のamazonレビューで名前が挙がっていたような。
一度雑誌買ってみようかな。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。