スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングオブコメディ第6回単独ライブ『葉桜』

キングオブコメディ単独ライブ Vol.6 「葉桜」キングオブコメディ単独ライブ Vol.6 「葉桜」
(2010/09/22)
キングオブコメディ

商品詳細を見る

日本一のコントを決定する「キングオブコント2010」が今年も無事に行われ、そして終了した。決勝戦の放送前は、こつこつとライブ活動を続けてきた東京03が優勝するという、賞レースとしてはあまりにもドラマチックな結果となった2009年大会ほどの盛り上がりを見せることはないだろうと予想していたが、これ意外に見どころの多い大会だった。昨年以上にコント師としての技量を見せたしずる、コント師の腕を如何無く見せつけて2008年大会のリベンジを果たしたTKO、ライブ中心で活動する実力派にも関わらず見事に散ったエレキコミック……盛り上がりという点においては2009年大会に及ばなかったが、翌2011年大会に対して少なからず期待を寄せざるを得ない、実りある大会だった。

それにしても驚いたのは、彼らが優勝者したことである。彼らが実力者であること、また彼らのネタが時代に不変的に過激で面白いことを考慮すると、その優勝は間違いなく妥当だ。事実、決勝戦で彼らが披露したコントは他のコンビに比べて理想的に面白く、決勝進出者の中では最も“優勝”に相応しい存在だった。ただ、彼らが優勝者、“キングオブコント”になったと言われると、どうしても違和感を覚えてしまう。何故ならば、彼らの名前はキングオブコメディ。キングを名乗っているコンビが、本当にキングになってしまうだなんて……まあ、こちらの勝手な言い分でしかないで、どうでもいい話ではあるのだが。

今作は、キングオブコメディが2010年4月に行った単独ライブ、「葉桜」を収録した作品だ。キングオブコントの決勝からおよそ五ヶ月前に行われた単独ライブだが、決勝で披露されたコントは一本も演じられていない。全て新ネタ、いずれもテレビでは披露したことのないだろうネタばかりだ。とはいえ、幾つかのネタは過去のネタを発展させたように見えた。

例えば『ホームラン』。これは野球選手の高橋が試合でホームランを打った日、終了後に頭に包帯を巻いたファンの今野に言い寄られるというネタで、彼らが「爆笑レッドカーペット」で披露していた『高橋とファン』のネタを発展させたもの。個人的に印象的だったのは、特典映像として収録されている『就職祝い』。就職が決まった高橋のお祝いに今野が夕飯を奢ってやろうとするのだが、様々な理由によってどんどん断られていくネタだ。高橋の性格が偏っているキャラクターが、何処となく前回の単独ライブ『誤解』で披露されたコント『出張』を彷彿とさせた。キングオブコメディといえば今野の強烈なキャラクターが中心になっているイメージが強いが、実は高橋をボケ役に回したコントの方が味がある。こういうスタイルの彼らも、もうちょっと世間に認められてくれると嬉しいのだが。ちなみに、このコントの高橋のキャラクターには、実はモデルが存在しているという。そのモデルはとある若手芸人なのだが……それが誰なのかは、副音声で確認してもらいたい。

ただ、今作では舞台で披露されているコントよりも、幕間に収録されている映像の方が面白かったように思う。今野が“世界はじめてさん”となって、「ザリガニのハサミで鼻毛を切る」「ポップコーンを手を使わずに食べる」など、世界で初めてのことに挑戦する『世界はじめてさん2010』、高橋が俳優になりきってただ退屈な散歩をするだけだと思いきや最後に大どんでん返しが待っていた『高橋のぶらりひとりさんぽ』、滑舌が悪いことで知られている高橋の発声を音声認識ソフトで確認する『高橋のカツゼツを検証してみよう2010』。いずれも実に下らなく、可笑しかった。これらの映像から察するに、キングオブコメディは芸人としての演技だけではなく、テレビ芸人としての才能もあるようだ。今後、如何無く発揮してもらいたい。

彼らのコント師としての才能とタレントとしての技術を確認できる今作。本編が些かボリューム不足な点と、コント『映画館』がちょっと冗長になってしまっている点は否めないが、テレビなどでキングオブコメディの存在を認識している人ならば、きっと楽しむことが出来るだろう。ただ、やっぱりボリューム不足の感は否めない。ライブ本編をDVD本編と特典映像に分けているためだろう。ひとまとめにしておけば、もう少し満足感の得られるボリュームを感じられることだっただろう。むう。


・本編(73分)
【A-SIDE】「オープニング」「違和感」「ホームラン」「犬の糞」「映画館」「エンディング」「鯉」
【B-SIDE】「世界はじめてさん2010」「高橋のぶらりひとりさんぽ」「世界はじめてさん2010 Part2」「高橋のカツゼツを検証してみよう2010」「高橋のカツゼツを検証してみよう Part2」

・特典映像(32分)
「ジョパネットたかはし」「就職祝い」「その後の『世界はじめてさん』」「学級会(2005年 第3回単独ライブより)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。