スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラストベストロッチ2』

ラストベストロッチ2ラストベストロッチ2
(2010/09/22)
ロッチ

商品詳細を見る

「キングオブコント2009」および「キングオブコント2010」のファイナルステージに進出した実力派コント師、ロッチ。そのコントは常に、どうしようもない人間の情けなさを浮き彫りにしてきた。尊厳を保ちながらも、欲望に逆らうことの出来ない人間の、どうしようもない情けなさをコミカルに描き出す。それがロッチのコント観だ。

そういう意味では、ロッチのコント観はキングオブコント2009覇者である東京03のコント観に通じているといえるだろう。どちらも、人間の本質的な部分が生み出す情けなさを、コントで表現しているからだ。但し、両者には明確な違いがある。東京03はその情けなさが生み出される状況を主に掘り下げているが、ロッチはそれを表面的な所に留めて表現している。……と、このように書くと、ロッチのコントは東京03のコントに劣っていると言っているように聞こえるかもしれないが、それは違う。ロッチには、東京03が持っていない武器がある。それは、情けなさの似合うキャラクターの創作能力だ。ロッチは人間の情けなさをコントのテーマとしてではなく、キャラクターの個性として表現しているのである。

だからなのか、ロッチのコントには印象的なキャラクターが少なくない。「こんにちは根岸」「釣りのおっさん」「十文字アキラ」等のように、「爆笑レッドシアター」の定番となったキャラクターもいる。彼らはいずれも実に情けなく、十把一絡げのコントキャラクターには出せない人間の生臭さを醸し出していた。彼らは今作『ラストベストロッチ2』にも登場し、その情けない姿を見事に笑いへと昇華している。

『ラストベストロッチ2』は、2009年8月にリリースされた『ラストベストロッチ』の続編的なニュアンスの作品だ。どうでもいいが、“ラスト”なのに“2”をリリースしているあたりに、某有名ロールプレイングゲームを思い出さずにいられないのは僕だけなのだろうか。そのうち、『ラストベストロッチ ビフォアクライシス』とか、『ラストベストロッチ アドベントチルドレン』とか、『ラストベストロッチ 不思議のダンジョン』などがリリースされるかもしれない。……無論、冗談だ。

一応“ベスト”と冠しているだけのことはあって、収録されているコントの殆どはテレビで見覚えのあるネタだった。合コンに行きたくてボツの仕事を強引にアリな方向へと持っていこうとする『中ノ森先生』、大なわとびの二人目がなかなか入ってこない『大なわとび』、久しぶりに同級生からかかってきた電話をなかなか代わってもらえない『電話代わって』などは、「爆笑レッドシアター」で観た記憶がある。なお、「キングオブコント2010」決勝でも披露された『睡眠術』も収録されている。まだちょっと未完成だけど。

その中でも、個人的に最も印象に残ったコントが『大雨』だ。コンビニへと買い物へ出かけたコカドが、台風が近づいて大雨が降り注いでいる最中、野球場の前で傘を差して試合が始まる時を待ち続けている中岡を発見する……というネタである。このコントにおいて中岡は、いわゆる“ちょっと足りないヤツ”を演じている。ちょっと考えれば、大雨降り注ぐ状況下で試合が行われるわけがないと分かりそうなのに、それが分からない、そういうヤツを演じている。それを「アホ」と一言で切り捨ててしまってもいいのだが、僕はそこに妙なノスタルジーを覚えた。思えば小学生だった頃は、そういう人間が身近に存在していた。ちゃんと喋れないヤツ、言うことを聞かないヤツ、妄想の世界の中に生きているヤツ……『大雨』で中岡が演じているソイツは、まさに彼らであった。

思えば、ロッチのコントには、子どもっぽさを感じさせられる要素があちらこちらに散りばめられている。先にタイトルを挙げた『大なわとび』もそうだし、カンチョウした当人が大怪我を負ってしまう『カンチョウ』や、体育館の倉庫で「屁こいたやろ?」と言い合いになる『屁こいたやろ』(そのまま!)もそう。もしかしたら、ロッチが人間の情けない姿をあくまで表面的にコント化しているのは、それが大人を見つめている子どもの視点によるものだからなのかもしれない……と、思わなくもない。こじつけみたいだが。

前作の『ラストベストロッチ』から、およそ一年。当時に比べると、ネタの出来不出来の差が少なくなっており、コント師としての成長を確かに感じた。ただ、やっぱり長いネタが出来ない点が引っかかる。今作を見ても、本編55分に対してネタ数13本(ボーナスコント含む)と、コント一本に対する平均時間がかなり短い。もう少し、長めのコントが出来るようになれば、更にコント師として飛躍するのではないかと思うのだが……。


・本編(55分)
「こんにちは根岸(街角編)」「やってまうヤツ」「中ノ森先生」「大なわとび」「カンチョウ」「モノマネ番組への道」「催眠術」「電話代わって」「大雨」「大阪のおっさん」「屁こいたやろ」「十文字アキラ(不動産屋)」「ボーナスコント」

・特典映像(24分)
「こんにちは根岸 VS 大阪のおっさん」「モノマネ番組への道 撮影VTR」「ジャケット撮影メイキング」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。