スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』十一月十二日放送感想文

トップリード『コント:先行く男』(521kb)
今期二勝目。一見するとセッカチなだけの男が、実は驚くべき才能の持ち主。とにかく展開の早さに目を見張る。ところどころできちんと笑いを回収しつつ、しかし仕掛けを増やすことはなく、真っ直ぐにエンディングへと向かっていく様がとにかく美しい。コントというよりも一つの短編、しかしコントじゃなくては表現しきれないだろう内容。素晴らしい。12月にリリースされる『トップリードのコント集』に収録されているらしいので、またそちらで要確認。

ヒカリゴケ『漫才:水泳選手』(469kb)
今期三勝目。お互いの関係性イジリから、水泳選手へのインタビューコントへ。安定感のある喋りをしながら、そのネタの出来不出来が激しい印象がある彼ら。しかし今回のネタは、アメリカザリガニ・オジンオズボーンらが演じてきた松竹芸能御用達オーソドックス漫才スタイルで勝負。ところどころに二人の特異な関係性を扱ったボケを挿入しながら、一本筋の通った見事な漫才コントを演じていた。今後の活躍に期待。

とろサーモン『漫才:放置自転車』(393kb)
放置自転車を片付けるおじさんと、そこに自転車を停めに来たヤンキー(?)のコント。久保田演じる、自転車を停めに来た変な小学生がとにかくたまらない。絶対にテレビで放送してはいけない人。また、久保田の演技が妙にリアルなのが……。全て同じキャラクターが登場するオチだったためか、あまり数字は伸びず。ネタもそこそこカットされていたような。ちなみに、今年リリースされたとろサーモンのDVDに収録済。

ラブレターズ『コント:平田』(441kb)
レスラー用マスクを被った男、平田が日本史の追試を受ける。人の言うことをまったく聞こうとしない不条理なキャラクター“平田”の存在感もさることながら、そんな平田の追試を受け持つ教師のツッコミの声がいい。ちょっとツッコミのニュアンスがCOWCOW山田興志っぽい? 最終的に教師のツッコミ独壇場となる展開も、個人的にはアリ。まだまだ荒削りだが、とんでもない素質を秘めているような気がする。次のオンエアに期待。

ランチランチ『漫才:充実した休日』(405kb)
昨日は充実した休日を過ごしたというケンジが、どんな一日を過ごしたのかを説明する。相変わらず海ちゃんのツッコミが流れを止めまくっているが、以前に比べてネタの出来は良くなっている印象。少なくとも、ネタの題材には個性が見られるようになった。矮小な御近所空間を狂気的なボケ世界に昇華していくスタイル、もっとネタが整う様になれば更なる進化を期待できる気がするのだが……果たして。

・今回のオフエア組
エリートヤンキー(389kb/1,615票)
あきげん(369kb/357票)
しんのすけとシャン(325kb/853票)
西村(277kb/377票)
ファミリーレストラン(197kb/374票)

映画館デートのコントだったらしいエリートヤンキー、今回もしつこく歌が上手いボケを挟み込んできたあきげん、いつも通りにきちんとネタを演じていたらしいしんのすけとシャン、なんとなくメンソールライトっぽい喋りが見えた西村、ノリ重視っぽいファミリーレストラン。結果、エリートヤンキーが圧倒的票数を獲得して、次回の「+1」オンエア決定! ……凄い差がついたね、しかし。

・オンバト+:天津『漫才』
男の人は強い人に憧れるという話から、ボクサーコントへ。トレーニングからシャドーボクシング、実際の試合という流れは自然でさりげなく。ボケも一つ一つがジワッと面白かった。特に失点となるようなスベリもなく、しかし大ウケするような場面もこれといって特になく、盛り上がりに欠けていたと言えるかもしれない。ただ、個人的には、これまでオンバトで披露された天津の漫才の中で、一番好きだったような。いや、面白かったと思う。

・次回
アームストロング
鬼ヶ島
クロンモロン
ザ・ゴリラバンド
ジグザグジギー
ななめ45°
メンソールライト
ゆったり感
ロケット団
ワンツーギャンゴ

アームストロング・ななめ45°・メンソールライト・ロケット団が今期二勝目、ゆったり感が今期三勝目狙い。ゆったり感は今期絶好調で、今回オンエアされれば殆どチャンピオン大会出場決定の位置。アームストロングは既に十二月の放送にも出場が決定済。これが何を意味しているのかは、まだ分からない。個人的には、そろそろM-1で話題になっている鬼ヶ島の活躍に期待したいところ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オンバト+ 11月12日放送分感想

さりげなくバトル編は久々なんだね トップリード 521KB 85点 序盤の伏線が最後にきれいにまとまっていく構成のいかにもオンバト好みのネタ。 個人的には前回の合コンのネタよりも二人のキャラが立ってるので好きです。 ただ、腸に穴が開いてるかもという伏線は消?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トップリードのネタが完璧すぎると思いました。
見た感想が「このネタ、スゲー」しかなかったです。

ラブレターズ、結局平田が謎のまま終わる。
この設定で違うシチュでもう2~3個ネタが作れそうなのがいいです。
平田が謎のままなだけに、広げ方に幅があるきもします。

天津は個人的には好きでしたけど、決め手が無かったというのは同じ意見ですね。
ヘラルド。

No title

トップリード凄かったですねえ。
本当に感想が書けないレベルの凄さ。
そりゃ521kb取るわって話です。

ラブレターズ、同じこと思いました。
色んなシチュエーションが出来そうですよね。
シチュエーションコントの雄になれるかしらん。

天津、面白かったんですけどねえ。
ヘラルド。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。