スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観た映画の感想など

かずら [DVD]かずら [DVD]
(2010/06/16)
三村マサカズ、大竹一樹 他

商品詳細を見る

頭が薄いことを気にしているサラリーマン森山茂(三村マサカズ)が、東京への出張を機に怪しいカツラ店「大和田カツラ」(店主の大和田を大竹一樹)で作ったカツラを被って生きていこうと心に決めるコメディ映画。カツラを被っている人たちならではの苦悩をコミカルに描いていて、なかなか面白い。森山を中心としたストーリーが展開する一方で、ちょこちょことカツラ愛用者たちの体験談を挟み込む演出も、斬新といえば斬新。ただ、終盤の展開はあまりにも陳腐。作り手の「こうすれば感動するんでしょ?」というニヤケた表情が見える、なんとも残念なエンディングを迎えていた。途中までは良かったんだけれどなあ……。

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ ファミリー・エディション [DVD]ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ ファミリー・エディション [DVD]
(2010/02/26)
綾瀬はるか、沢城みゆき 他

商品詳細を見る

人間がほったらかしにしたものを盗んで生活を送る者たちの世界へ、幼い頃に今は亡き母から受け取った大切な手鏡を見つけるため、女子高生の遥が奮闘するフルCGアニメ。異世界へ探し物を見つけに人間がやってくるストーリーや、“ホッタラケの島”の造形を見ていると、なんとなく『とつぜん!ネコの国 バニパルウィット』(なかむらたかし監督)を彷彿とさせられた。影響を受けたのだろうか。脚本に乙一が関わっていると聞いていたために、やたらとハードルを上げてしまっての鑑賞だったが、それなりに楽しく見られた。ホッタラケの住民たちが何者なのかは分からないままだったのが、些か引っ掛かったが。ところで、遥の服装はどうにかならなかったのだろうか。ミニスカでパンチラしまくっていたぞ。短パンでも履かせておけば良かったんじゃないか?

サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
(2010/03/03)
神木隆之介、桜庭 ななみ 他

商品詳細を見る

インターネット上に“オズ”と呼ばれる壮大な仮想世界が存在している世界を舞台に、“数学オリンピック代表にあと一歩のところで届かなかった高校生”小磯健二が、“校内のアイドル的存在”篠原夏希に頼まれて訪れた彼女の実家で、世界に関わる大事件に巻き込まれてしまうアニメーション映画。監督が『時をかける少女』を大ヒットさせた細田守だということもあってか、両極端な意見が多く認められたように思うが、個人的には傑作と断じて問題無い。夏の描写、キャラクターたちの個性、ネット世界の緊張感など、色々な点において惹きつけられた。ただ、仮想世界での問題が人類存続の危機へと繋がっていく展開には、ちょっと置いてけぼりを食らったような気も。いきなり核がどーこー言われても……ねえ?(一応、フリはあったけれど)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。