スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート』(高田文夫)

笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート (双葉新書)笑芸人 しょの世界 プロも使えるネタノート (双葉新書)
(2010/11/17)
高田 文夫

商品詳細を見る

放送作家であり、「ビートたけしのオールナイトニッポン」の構成作家としても知られている演芸プロデューサー、高田文夫先生(“しぇんしぇー”と読む)が『EX大衆』に連載していたコラムを集めた新書本。堀井憲一郎、吉川潮あたりが新書本を出版した時もそれなりに驚いたものだが、高田先生が新書を出す日が来るとは思わなかった。……まあ、どうしてそう思ったのか、その理由はないのだけれど。

本書に収められているのは、全て芸能に関する小噺。それ以上でも、以下でもない。時に批判的、過激、毒の要素を多分に含むこともあるが、基本的には何も考えずに笑えるような他愛のないものばかり。新書本としては珍しく、何かを学習できるような内容ではない。どちらかというと、四コマ漫画の単行本に近いか。適当なところまで読んで、適当なところで止めることができる。全身の力を抜いて、ただゲラゲラと笑う。それが本書だ。

それにしても、この力の抜け加減はなんなのだろうか。文章を書こうとして書けるコラムではない。とはいえ、喋り言葉をそのままコラムにしているだけでもない。これまでに培ってきた文章家としての能と、“立川藤志楼”という名で高座に上がることもある芸人としての才が、上手い具合に混合しているようなコラムである。真偽の程が定かではないネタも、また絶妙。「私は差別と黒人が一番嫌いだ」という有名なジョークが、実は先代の円楽師匠によるもの……というネタは、完全に事実だと思いこまされてしまった(藤志楼として高座でネタにしていた、とTwitterで教えてもらった。ただ、実はもっと以前から存在しているジョークなのかもしれない)。

漫才師、コント師、喜劇役者に関する小噺が多く取り上げられているが、中でも面白かったのは落語家に関する小ネタ。本書では、先代の三遊亭円楽、林家木久扇(&二代目林家木久蔵)、立川談志(&談春・志らく)などの落語家たちがネタにされているが、その中でもやはり印象的なのは笑福亭鶴瓶に関する話。テレビにおいても、その芸人としての立派な芸歴に対し、よゐこ有野やオセロ松嶋などの若手芸人たちから軽率に扱われるという独特のポジションをキープし続けている鶴瓶師だが、その裏では更に濃密なキャラクターを発揮しているようだ。

最後に、本書で最も面白かった鶴瓶師に関するエピソードを、そのまま抜粋して今回の感想文を終了したいと思う。こういう話が好きな人なら、本書は間違いなく必見!
 

立川一門の打ち上げに鶴瓶が乱入
 記者会見も終わって近所で打ち上げ。
 談志、志らく、談春らとはシンミリ呑もうとしたら案の定、鶴瓶が駆けつけて2時間、呑み倒し喋り倒し。
 お酒をやめている師匠が薬を飲んでいたら、
「そのピンクのトロトロのやつ、おいしそうでんな」
 と、取って薬まで呑んじゃった。
「お腹すいた」という師匠に頼んだおそばも、
「なんでんの? 自分だけ」
 と、おそばを取り上げて食べちゃった。
「ツルベちゃん、あんた立川流でもないし、なんでここにいるの」
 と私がきけば、
「上方落語協会の副会長という立場や。渉外、渉外担当」
 交流しすぎだよ、この副会長は。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。