スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1グランプリ2010決勝進出組発表!

4789 カナリア (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
4797 ジャルジャル (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
4802 スリムクラブ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
4792 銀シャリ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
4816 ナイツ (マセキ芸能社)
4835 笑い飯 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
4818 ハライチ (ワタナベエンターテインメント)
3036 ピース (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)


M-1グランプリ2010決勝のメンバーが発表された。まったく予想外の顔触れが選ばれており、あちらこちらで物議を醸しているようだ。実際、僕もかなり驚いた。事前の予想が外れてしまうことは想定の範囲内ではあったのだが、まさかこんな面々が決勝戦に名乗りを上げることになろうとは。“一寸先は闇”という言葉もあるが、ここまで読めない結果になるとは思わなかった。

とりあえず、状況別に見ていこう。まずは「笑い飯」「ナイツ」「ハライチ」の昨年決勝進出メンバー三組。ナイツは準々決勝の時点であまり期待できない漫才を披露していた、という報告を見ていたので、あまり評価していなかったのだが、準決勝で遂に本気を出したらしく、こうして決勝戦に進出できたようだ。笑い飯は準決勝で『鳥人』を彷彿とさせる漫才を見せたらしい。決勝で見せるのか、最終決戦で見せるのか、それが問題だ。ハライチはいつも通り。昨年の爆発力を考えると、優勝も有り得るのではないかと。

続いて、「銀シャリ」「カナリア」「ジャルジャル」「ピース」の初決勝進出メンバー四組。過去に様々な人たちが決勝進出最有力候補として推薦してきた銀シャリが、遂に念願の決勝戦進出。感慨深い人も少なくないだろう。カナリアの決勝進出は正直言って意外だった。過去に六度の準決勝進出を果たしている彼らだが、彼らと同様に準決勝の常連として格闘してきたパンクブーブーの様な爆発力を秘めたコンビではないと思っていたからだ。しかし、準決勝ではかなり変化球なスタイルの漫才を見せたという。期待しているが、ダイアンの二の舞になりそうな気もする。ジャルジャルとピースの決勝進出も意外だった。どちらもキングオブコント2010でその実力を見せつけたコンビではあるが、その本質はあくまでコントであり、漫才師としては評価されにくいだろうと思っていたもので。ただ、本来はコント師のおぎやはぎが決勝戦に進出し、評価された例もある。きっと彼らも、コント師ならではの視点で生み出される漫才を見せてくれることだろう。

最後に、今回の麒麟枠だろう「スリムクラブ」。覚えている人も少ないだろうが、「エンタの神様」でフランケンの格好をしたコントをやらされていたコンビである。しかし、番組が終了してから、その才能が急速に開花。M-1グランプリ2009、キングオブコント2010のそれぞれ準決勝に進出した。そして、遂にその才能を世間に知らしめる時が来た。彼らは第二の笑い飯になれるのかどうか、それだけが気になるところである(第二の笑い飯は南海キャンディーズかもしれないが)。

決勝順は上記の通り。カナリア・ジャルジャル・スリムクラブという変化球漫才が三組連続で続く流れは、サンドウィッチマンが優勝をかっさらった2007年大会を彷彿させられる。となると、銀シャリ・ナイツあたりが起爆剤となるか。或いは、もう少しだけ遅れて、ナイツ・笑い飯・ハライチあたりで爆発が起きる可能性もある。……まあ、どうなるのかは、蓋を開けてみないと分からない。

それにしても、昨年王者のパンクブーブーが準決勝で敗れるとは思わなかった。昨年とはまったく違ったアプローチの(それもかなりのクオリティの)漫才を披露していたと聞いているのだが。これでもし、彼らが敗者復活で勝ち上がってきて、あまつさえ最終決戦に残るようなことになった時には、準決勝の審査員はもうどうしようもないということになりそうなのだが。余程、この八組に自信があるのだろう。きちんと見届けたい。

ところで、公式発表によると、“M-1グランプリ”は今年で終了してしまうとのことらしい。「漫才をもう一度大衆のモノに!」というフレーズの元、2001年に開催されたM-1グランプリ。「爆笑オンエアバトル」ほどではない歴史に、とうとう幕を下ろす時が来たのである。……下ろすなら下ろすで、もっと早めに発表してもらいたかったな、正直なところ。オリエンタルラジオとか、南海キャンディーズとか、ネタを仕込んで来年以降に出場しようと思っていた漫才師だって沢山いただろうに。それだけが口惜しい……。

決勝戦は12月26日。末期の水を汲むのは、果たしてどの漫才師か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の決勝進出者は、意外ですね。
予想が大きく外れました。
特に、スリムクラブが。
エンタのイメージしか無かったので
ありえないだろうと思ってしまったのですが、
実績は十分にあったんですね。
M-1グランプリが幕を閉じる・・・
来年、名前を変えて再び開催、
なんてことは無いのでしょうか?(笑)
一生続いていく大会だと思っていたので残念です。

No title

スリムクラブは昨年の敗者復活戦生中継を観ましたが、メチャクチャ面白かったです。
狂っているというか、壊れているというか。じわじわ破壊されていく感覚ですかね。
M-1が終わった後、何か新しいプランも考えているということらしいです。
どうなりますかね。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。