スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「M-1グランプリ2010」を見ていて思ったことを偉そうに語る

偉そうに語ります。
推敲も何もしてないので、色々とアレなことも書いてるかもです。
あと、ネタバレ注意。
 
カナリア
これまでのM-1グランプリの歴史を顧みても、一本目にネタを披露する漫才師はオーソドックスである方が有利。昨年のナイツも、最終決戦には臨めなかったものの、四位という上位の結果を残した。そういう意味で、カナリアは順番的にも不利ではあったのだが、しかしあまりにも案の定な結果になってしまった。ボケにツッコミを合わせるスタイルの漫才は、いつぞやのPOISON GIRL BANDを彷彿とさせられた。それなりに面白かったのだが、一本目に披露して爆発する様なネタではない。順番が違えば、もうちょっと結果も変わったのではないかと思うのだが。

ジャルジャル
そんなカナリアの存在に助けられたのが、ジャルジャル。彼らが披露したネタは、ここ数年のうちに行われたM-1において語り草となっていた“手数論”に対する否定の様な漫才。どんどん簡略化されていくボケとツッコミの無意味さを、コント師の視点で見事に皮肉った。元々、ジャルジャルはそういう「反・漫才師」的なコントを以前から作っていたが、今回のネタはその最高峰と言えるのではないだろうか。だが、それ故に、漫才師からの反感を買いやすい。今回、中田カウスが彼らに決勝で最も低い点数をつけたのも、そういった漫才師たちの感情を意識してのことだろう。ただ、彼らがそれなりに評価されたのは、「ボケとツッコミ」という漫才の形式を壊したカナリアの後だったから。もしも彼らが最初にネタを披露していたら、どうなっていたか分からない。

スリムクラブ
カナリア、ジャルジャルと「漫才」の形式を壊すスタイルのネタを観た後だと、スリムクラブの漫才は不思議と正統派に近く見える。少なくとも、前二組よりはずっとまともできちんとしている。ここも順番で多少救われたところがあるのかもしれない。スリムクラブの漫才は、とてつもなくスロー。ボケとツッコミの時間をたっぷりと空けて、その間の面白さで客を魅了した。先にも書いた様に、ここ数年のM-1は“手数論”が語り草となっており、ボケとツッコミのスピーディーなやりとりによる漫才が評価される傾向にあった。そんな状況で投入された、彼らの漫才。なんとなく、バラエティ番組のひな壇ではしゃいでいる若手芸人たちの中で、大人しくしながらも印象的なコメントを残していたおぎやはぎのスタンスを彷彿とした。カナリア、ジャルジャルが「漫才」の形式を壊したのだとすれば、スリムクラブは「M-1で評価される漫才」という定石をブッ壊したといえるのではないだろうか。

銀シャリ
普段の彼らがどういう漫才を見せているのかは知らないが、“正統派”と評されている割には変化球のボケが多かった印象がある。Twitterでも「どうしてこのネタ?」というつぶやきが散見されたので、普段のネタとは違うネタを持ってきたのかもしれない。ただ、普段のネタをしたところで、スリムクラブが作り上げた空気を壊すことが出来たかどうか分からない。彼らは完全に、スリムクラブのセンスに飲み込まれてしまった。

ナイツ
スリムクラブのセンスによって作られた空気が、銀シャリの漫才によって少しばかり相殺されていた状況で、漫才をすることになったナイツ。順番としてはそれなりに有利ではあった。そんな彼らが披露した漫才は、お馴染みの言い間違いスタイルのやり取りで始まるも、それらのやり取りをフリとした畳み掛けが中盤から押し寄せるという、いわば自らのスタイルを解体した漫才。ネタの構成は、M-1グランプリ2001で麒麟が演じていた『小説風漫才』そのものだが、それを自らの持ち芸で時事ネタを絡ませながら演じるというところに、漫才協会幹部としての意地を感じた。ただ、それでも、スリムクラブが作ってしまった空気が、彼らにも影響を及ぼしてしまった様な気がする。島田紳助審査委員長が「スリムクラブの登場で審査がおかしくなっている」みたいなことを言っていた気がするが、まさにその影響がこの辺りの漫才審査に出てしまっている。

笑い飯
昨年、『鳥人』という完璧な漫才を披露した彼らに求められていたのは、『鳥人』と同フォーマットの漫才。決して『鳥人』以上のネタは求められていなかったように思う。観客だって、あれ以上の漫才はそう簡単に作られるものじゃないことは分かっていただろうし。その要望に、今回の笑い飯は見事応えた。一本目の漫才『サンタウロス』は、そのものずばり『鳥人』のフォーマットを置き換えた。しかし、二本目の漫才『小銭の神様』で、彼らはほんのちょっと遊んでいたように思う。そもそも、漫才が始まってすぐに哲夫が『小銭の神様』の容姿を説明するところで、既に遊んでいる。あのネタで彼らは、『鳥人』フォーマットに従いつつ、それを素直に演じられない葛藤を見せたように思う。観客にバレない程度に。

ハライチ
昨年大会でフォーマットを評価されたという意味では、笑い飯と同様の立場にあったハライチ。今年も同様のフォーマットで勝負に出たが、結果は芳しくなかった。笑い飯がウケた後だったというのもあるのだろうが、彼らが今年のM-1のために、昨年よりもずっと考えた構成の漫才を演じていたことが、低評価に繋がったのではないだろうか。恐らく、ハライチの漫才にそういった小賢しさを求めている人は、あまりいない。昨年と同様に、ひたすら楽しくて面白い漫才を演じることこそ、彼らに求められていたことだったのではないだろうか。ところで余談だが、今回ネタの構成を練ってきたナイツ・ハライチに対し、中田カウスが非常に厳しい点数をつけている。構成よりも内容で見せろ、という彼のメッセージが込められているのかもしれない。

ピース
ジャルジャルと同様、今年最も事務所に押されていたコンビであるピース。今回の決勝進出に関しても、ヤラセが行われていたのではないかと物議を醸していた。しかし、どちらも「キングオブコント2010」で結果を残していたので、今回もそれなりに期待してはいたのだが……個人的には、あまり面白く感じられなかった。ふと思い出したのは、M-1グランプリ2007におけるハリセンボン。ツッコミが前に出てきて、ボケが後ろに引っ込んでいるような漫才。ハリセンボンはそれを意図的に演じていたが、ピースはボケがそれなりに濃密だったので、ハリセンボンのそれよりも悪い印象を受けた。綾部がもっとボケを活かすツッコミをするか、或いは、ツッコミがボケの世界に乗じるような漫才(中盤、一瞬だけそうなりそうな展開が見えた)になっていれば、もっと面白くなっていたのではないかと思うのだが。……過ぎたことを考えても、仕方ないが。

■敗者復活:パンクブーブー
昨年、M-1グランプリにまとわり続ける“手数論”を徹底させた漫才で、見事に優勝を飾ったパンクブーブー。そんな彼らが新しいスタイルの漫才を演じているということは、以前から噂になっていた。だからこそ、彼らが準決勝で敗退したことは意外だったし、敗者復活で勝ち上がってきたことに絶望を覚えた。それは別に、彼らが悪いわけではない。彼らをストレートで決勝に上げなかった審査が悪いのだ。事実、彼らが決勝で演じた漫才は、手数論を踏襲しながらも新しいスタイルの漫才だった。佐藤のどんどん明らかになっていくエピソード話に、その真実が明らかになるたびに驚き続ける黒瀬のやりとりは、なんとなくブラックマヨネーズの漫才を彷彿とした。似ていると思った、というより、フォーマットがあまりにも完成されている、という意味で。

総評、のようなもの
日本一の漫才を決定するM-1グランプリは今年、M-1とともに育ってきた笑い飯が優勝し、ここ数年のM-1にまとわりついていた「手数論」を否定するスリムクラブが二位となり、「手数論」にこだわり続けたパンクブーブーが三位という結果で終焉を迎えた。この結果は、M-1が“日本一の漫才を一方的に決めつけた”ことに対する、一つの償いといえるのかもしれない。無論、M-1にその意図は無かっただろう。しかし、M-1という大会が世間に認知されていくことで、M-1でのみ漫才を真剣に観る人たちが増え、「M-1で評価されなくては漫才に非ず」というような見方がされるようになったことは否めない。そんな、自らで培ってきた時代の傾向を、M-1グランプリは最後の最後に否定したのだ。手数を増やさずとも、面白い漫才師はきちんと存在すると言うことを。これから、脱・M-1グランプリの時代が、幕を開ける。心配することはない。僕らを笑わせてくれる芸人は、永久に不滅だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイマや磁石は心の底から残念ですね。
せめて敗者復活には希望を残してほしかった。
全く本当に腹が立ちます。

こんばんは。
手数論ってボケをたくさん入れるって事ですか?

てか、菅家さんは今までのM-1で一番好きなコンビの漫才はどれですか?

いきなり書き込み失礼しました。

No title

>名無しさん
パンクブーブーがストレートで上がっていれば、こんなことには…。
こんなこと言っても仕方が無いんですが、どうしてもそう思ってしまいますね。
最後のM-1、結果としては美しいまとめになりましたが、敗者復活だけはちょっと…うーん。

>やはぎさん
概ね、そう思っていただければ<手数論
サンキュータツオ氏曰く「限られた時間の中で、物理的に笑いが起こる個所、つまり手数をできるだけ多く盛り込む」とのこと。

一番好きな漫才…うーん、悩みます。
04年のポイズンなんか、結構好きでしたね。中日オレ。
あと定番ですが、03年と05年の笑い飯。民俗博物館とモンロー。
それぞれ個性的で、どれがベストかと言われると悩みます。

No title

敗者復活枠は本当にもったいないなぁ・・・と思いました。
2年連続前回王者が上がってくるとは。
それだったら、最初から上げて復活枠は、他の組にしてほしかった・・・。
スリムクラブは、正直圧倒されました。
少ない言葉数に、不思議な間。独特の世界観に引きこまれました。
(エンタのときはあまり好きではなかったけど)
沖縄なまりも喋りに良さが出ていると思います。






No title

パンクブーブーは番組の盛り上がりを作るためにあえて落としたんじゃないかな。
予選ランキングが出ていたんですが第9位とかなり不自然なんですよね。
あと敗者復活はブロードキャストが凄くよかったです。決勝に行ってもいいとすら思った。
というより敗者復活は見ましたか。

No title

>tanaさん
そうなんですよね、ストレートで上げてほしかった!
別に他の決勝進出者がダメだったとは思わないんですけど、
第二のサンドやオードリーを出したくなかったのかな、とか思っちゃいましたね。アレは。
スリムクラブは完全にエンタの印象を吹き飛ばしたのでは。

>るるさん
昨年の優勝者が9位(敗者の中では1位)というのは、確かに不自然かもですね。
ただまあ、結果としてそうなっちゃったのかな、みたいな納得も少なからず。なんともかんともですな。
敗者復活戦は殆ど見てません!
うっかりレンタルしていた『2001年宇宙の旅』を観てました!(しかも殆ど寝てた)

No title

 思うところは色々ありますが…スリムクラブは2010年の風潮の象徴のようなコンビだったと(沖縄、下克上、超スローテンポ話術)。笑い飯は2本目は個人的にガムの妖精のほうが良かったと思いますねぇ。パンクブーブーは去年より良かったと思います。ただ2本とも同じような内容だったので、せっかくなら車掌、バスケあたりをやってほしかったかなぁと(それは無茶なのか)。でもやはり年末のお笑いイベントがなくなるというのは…少しさびしいですねぇ…
色々えらそうに書きましたが、最後に…
今回ばかりは五味一男にいい顔してほしくないですね…(今までしていたかどうか知らないが)

No title

笑い飯の『ガムの妖精』、一度だけ観た記憶があるんですけどねえ…忘れてしまいました。
Twitterで「ガムの妖精→鳥人→サンタウロス」という流れを提示している人がいて、非常に納得したりもしましたが。
個人的には『小銭の神様』、好きでしたねえ。
八百万の神がテーマになっているバックボーンが。

パンクブーブーがそのネタやってたら、笑い飯のチン○ジの再来って感じになりますねえ(笑)ある意味観たかったかも。
五味さんは今回、殆どノータッチなのでええ顔出来ません!たぶん!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。