スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』一月二十一日放送感想文

ななめ45°『コント』(473kb)
新年会のメニューが寿司から焼肉に代わって困惑する社員が、気分屋な部長の気持ちを巧みに誘導する。ななめ45°のコントは言葉の掛け合わせを用いたネタが少なくないが、今回のネタもそういった類いのもの。日常会話に食べ物を混ぜ込んで、気分屋の部長の心境を変えよう……という発想は面白いものがある。ただ、彼らは同じフォーマットを何度も何度も使い回す癖があるので、今回のネタもそのつもりなのかなあ……と、妙にネガティブな気持ちになって鑑賞してしまった。ネタ自体は面白かったけれども。

ハライチ『漫才』(441kb)
「○○のエース」。様々な部活のエースを挙げていくが、話の内容はどんどん関係無い方向へ……。お馴染みの“ノリボケ漫才”だが、序盤は「○○のエース」にこだわったフリが続くため、これまでとはまた一味違ったスタイルの漫才になっているといえる。ただ、「○○のエース」のくだりが終わってからは、なんとなく見覚えのあるフリとノリボケが続いた。この年末年始、テレビにひたすら出演しまくっていた彼ら。芸人として大いに消費されてしまった感があるが、今後どうなっていくのか。

キャプテン渡辺『漫談』(453kb)
モグラ芸人あるある。世に出ていかない“モグラ芸人”ならではのあるあるネタを披露する。要するに売れない芸人……もとい、売れ無さ過ぎてどうにもならなくなってしまっている芸人のあるあるネタなのだが、その薄暗過ぎる内容が逆に面白いという不思議な現象を巻き起こしている。恐らく、会場の観客には、モグラ芸人たちの生態にリアリティを感じることが出来ず、それ故に彼らの人間らしくも情けない言動を素直に笑うことが出来るのだろう。あと、キャプテン渡辺が、薄暗さをまったく感じさせないハキハキとした口調で話をする点も、大きく影響しているような。面白かったので、次のオンエアにも期待したいのだが、果たして……。

かまいたち『漫才』(449kb)
給食費が無くなった時、ヤンキーの生徒を最後まで信じてくれる先生のコント。「ヤンキーのことを信じ続ける先生のコントをする」という前提に対し、ひたすら疑惑の目でヤンキーを見続ける先生を演じるというスカシが延々と続く漫才。「信じてマスー(↑)」という言い回しなど、彼らならではの個性が垣間見えつつも、以前に比べて随分とオーソドックスなスタイルになったなあ、という印象。面白くないわけではないのだけれど、なんだか薄味なコンビになりつつあるなあ、という危機感が少し。とはいえ、以前の彼らはそのセンスの活かし方に苦心していた感もあったので、こういうカタチで落ち着いて良かったのかもしれないが。

勝又『コント』(417kb)
野球部の練習。独特の感性を持つ新入部員と、それに振り回される監督の図。何故か監督をバットで殴ろうとし続ける新入部員の狂気ぶりが、ただひたすらにたまらない。初めてアンガールズのネタを観たときに感じた、独特のふわついた空気を彼らにも感じた。見た目にインパクトがあるので、ふとしたきっかけで売れそうな感じがあるのだけれど、どうだろう。

・オフエア組
エレファントジョン(393kb/440票)
アイデンティティ(393kb/709票)
少年少女(321kb/1,493票)
スマイル(293kb/1,152票)
ぼれろ(221kb/515票)

・+1:夙川アトム『コント』
『自宅クイズ』。第一回単独ライブ「FANTASIA」で披露されたネタ。部屋でくつろいでいる男が、突然に「自宅クイズ」なるものを強要させられる。正解すれば部屋が豪華になり、不正解になれば部屋の状況がどんどん悪化していく展開が、シンプルながら面白い。オチに至るまで特に引っ掛かる点もなく、安定して面白かったのだが……どうやら大きくカットされたシーンがあった模様。DVDを観れば確認できるのだろうか(覚えてない)。

・次回『オンバト+プレミアム』
エレキコミック、キングオブコメディ、三拍子、ハマカーン、ペナルティ、ますだおかだ

・次回『オンバト+』
エリートヤンキー
我人祥太
かもめんたる
GAG少年楽団
上々軍団
トップリード
バイきんぐ
ものいい
ラブレターズ
ランチランチ

GAG少年楽団、上々軍団、トップリード、ものいいが三勝目狙い。我人祥太、かもめんたる、バイきんぐ、ラブレターズ、ランチランチが二勝目狙い。唯一、今期一勝もしていないエリートヤンキーも、前回「+1」に輝いた人気芸人。というわけで、今回もどうなるか分からない戦いが繰り広げられる模様。注目は、トリオコント師として実力を上げてきているGAG少年楽団、綿密に練り上げられたコントに定評があるトップリード、妙な覆面コントで会場中に強い衝撃を与えたラブレターズ。そして、チャンピオン大会の行方や、如何に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初コメです。オンバトが好きでいつも見ています。(このブログも毎日見てます)

「ななめ45°」の感想、同じですねー!僕もそう思いました。

「かまいたち」はとてもよかったです。今日の中で一番でした。

菅家さんは、売れてほしい芸人とかいますか?

僕は、「トップリード」です。

No title

こりゃどうも、はじめまして。

かまいたちはもう一皮剥けてほしいなあ、と思っております。
ちょっと期待値が高いのかもしれませんが。

個人的に売れてほしい芸人さんは、結構いますけどねえ。
その中でもというと、三拍子でしょうか。売れてほしいです。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。