スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バカリズムライブ ピンチ!』『バカリズムライブ サスペンス』『バカリズム案3』

2011年4月6日。この日、バカリズム名義によるDVD作品が三作同時リリースされた。僕もこれまで様々な芸人のDVDリリース情報を目にしてきたが、まったく独立した作品を三作同時リリースしたという例は、今までに無かったように記憶している。ちなみに、これら三作品は全て2010年に行われたライブをDVD化したものらしい。一年のうちに三度も単独ライブを行うのは、そう簡単なことではないだろうなあ……と思っていたら、なんと昨年末にリリースされた『バカリズム案2』もまた、同じ年に行われたライブをDVD化したものだという。つまり、バカリズムは2010年に(うち二回は“特別編”と銘打っているとはいえ)四度の単独ライブを行っていることになる。……ヒマなのか?実はヒマなのか?

話が脱線しつつあるが、要するにバカリズムがDVD作品を三作同時リリースしたものだから、感想が書きにくくて仕方がないという話である。……ん?そういう話はしてなかったって?……そんなことはどうでもいい。通常、僕がお笑いDVDのレビューを書くときは、そのDVDでメインとなっている芸人さんの気質を掘り下げていくことを重視しているのだが、一気に三作品もリリースされると、それが面倒になって仕方がない。特にバカリズムは、そのネタのクオリティが一定に保たれているので、それがより面倒だ。どうして一度に出しちゃったんだよ、バカリズム!ファンのことばっかり考えて、DVDコレクターのことを少しも考えちゃいないよ!(注:正しい判断です)

と、いうわけで、今回の記事ではそれらバカリズム三作品を一気にレビューしていきたいと思う。とりあえず“一気に”と書いてあるが、まあ、途中で脱力してしまう可能性も否めないので、その辺りは御了承いただければ。
 
『バカリズムライブ ピンチ!』(2010年5月)
バカリズムライブ「ピンチ!」 [DVD]バカリズムライブ「ピンチ!」 [DVD]
(2011/04/06)
バカリズム

商品詳細を見る

得意のスケッチボードネタを封印し、見事に決勝の舞台で散った「R-1ぐらんぷり2010」直後に行われたライブを収録。当時、バカリズムは自らが本当にやりたいネタとして披露した『正義感』(『クイズ』に収録)を彷彿とさせるコント『絶体絶命ピンチマン』が、非常に面白い。その内容は、敵と対面したピンチマンが、そのピンチから脱しようとあれこれ策を練るのだが、全て上手く行かない……というもの。ピンチの内容がなんだか庶民的で、「あるあるネタ」としての見方も出来るかもしれない。『正義感』に比べて、実に分かりやすくて面白い内容となっている。「オレだって別に、こういうネタも作れるんだよ」という意志の表れだろうか。

その他にも、三者面談で生徒の現状を野球に例えようとする教師を演じた『ノーツー』、電車内でウ○コが我慢できなくなってきた中年の危機的状況を描いた『大ピンチ』、変なイラストにアテレコ風景を吹き込むだけの『家族』など、ヘンテコで印象的なネタが多い。先の公演『クイズ』のクオリティを良い意味で引き継いだ秀作といえるだろう。本編66分、特典映像11分。

『バカリズムライブ サスペンス』(2010年11月)
バカリズムライブ「サスペンス」 [DVD]バカリズムライブ「サスペンス」 [DVD]
(2011/04/06)
バカリズム

商品詳細を見る

全国のピン芸人たちがそろそろ「R-1ぐらんぷり2011」を視野に入れたネタを完成させなくてはならない、けれども既にR-1ぐらんぷりへ出場しないことが決まっていたバカリズムにとっては特に何を意識するでもなかっただろう時期に行われたライブを収録。『ピンチ!』と比べて分かりやすいネタが少なくなり、変わりに空気感の異様さで笑いが起こるタイプのネタが増えたような印象を受ける。コンビ時代のバカリズム、或いはピンになって間もない頃のバカリズムに戻ったライブといえるのかもしれない。良くも悪くも、バカリズムの普段は見せない剥き身の部分が出ているような。当人もそれを自覚しているのか、幕間ではイラストネタや初期の傑作『○○官能小説』シリーズなどの無難なネタが公開されたらしい(これらの映像は特典映像に収録)。

空気感で笑わせているネタが多いためか、特別印象に残っているネタはない。ただ、どのネタも、漠然と面白い。怖い話と日常の雑談が交互にせめぎ合う『急カーブ』、教育図書を元に書かされた反省文を読みあげる小学生の無様を見せる『読書反省文』、擬音ばっかりの会話『ギオオオオオン!!』など、どれも漠然と面白い。しかし、この漠然とした面白さこそ、元来のバカリズムの面白さなのである。せっかくだから、コンビ時代のベストネタを収録した『バカリズム ~フルーツ~』と合わせて鑑賞するのも、面白いかもしれない。なんとなく似ているのが分かるから。本編67分、特典映像12分。

ところで余談だが、この『ピンチ!』『サスペンス』から、バカリズムライブの音楽を担当していたオクムラアイコが降板、今回からRAM RIDERが音楽を担当している。ポップなオクムラサウンドが好きだった身としてはまことに残念だが、RAM RIDERが紡ぎ出すサウンドもなかなか良い。

『バカリズム案3』(2010年8月)
バカリズムライブ番外編「バカリズム案3」 [DVD]バカリズムライブ番外編「バカリズム案3」 [DVD]
(2011/04/06)
バカリズム

商品詳細を見る

お笑いブームの終了をまだ感じられなかった夏に、トロ火の様なテンションで行われたライブを収録。これまでの『バカリズム案』を観たことがある人ならば分かると思うが、基本的なコンセプトは過去のそれと殆ど同様。即ち、バカリズムが思いついたことを、そのまま観客(ないし視聴者)に発表するという形式のライブである。ただ、今回のライブは、過去の『バカリズム案』に比べて圧倒的に人を食った内容になっている。なにせ、最初の『問題に関する案』が、「パンはパンでも食べられないパンは?」というベタななぞなぞを回答するに至るまでの思考を事細かく解説するという……ああ、下らない。

これ以後も、複数の人間で料理を食べている時に残った最後の一つをどうすべきか明確化してみたり、バカリズム自身が福岡出身だというだけで「え?博多?」と聞かれることから「福岡出身の人間のうち博多出身者である確率」を割り出してみたり、日めくりカレンダーはカレンダーとしての役割を果たしていないのではないかと分析……するフリをして、別府温泉を堪能してみたり。実に無意味なことばかりやっている。……ていうか、バカリズムの小さなストレスを掘り下げて、ネタとして昇華しているだけの様な気がしないでもない。そういえば、先の『バカリズム案2』でも、その傾向があったような。漫談としての趣が強いライブなだけに、素の部分が剥き出しになりやすいということなのだろうか。本編65分、特典映像22分。

以上、お粗末でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よっ、待ってました!! 三本同時レビューお疲れさまです。
しかし今年もライブやり過ぎでしょ、バカリズム・・・。

確かに「ピンチ!」はクセのない万人向けの感じがしますよね。以前と比べて分かり易くなってる感がします。
バカリズムにしては珍しく、タイトルと構成を割としっかり絡めた感じになってるのが印象でした。
OPとEDは過去最高にかっこいいですね。無駄にw

「サスペンス」は濃いですよね。バカリズムらしさを前面に押し出した暗い感じというか。
個人的に「ギオオオオオン!!」はバカリズムで一二を争う傑作だと思ってます。これで「USSON」が収録されていればっ!(CSでは放送されたみたいです)
EDがより「安っぽいアニメ」っぽくなってるのが好きw
というか渡辺ラオウ毎回毎回頑張り過ぎでしょw

「バカリズム案3」については、ノーコメントでw  あんなつかみ所のないライブコメントしようがないw

個人的には

「ピンチ!」  あっさり塩味
「サスペンス」  こってりとんこつ味
「バカリズム案3」  バカリズムの脳味噌味

ってとこですかね
トップランナーでサスペンスのネタ作ってる時にコーヒーをこぼして本当に「ピンチ!」になってたの思い出しました

長文失礼しました>< 毎回好きな芸人のレビューにはコメント長くなってしまう・・・

No title

「R-1ぐらんぷり2011を視野に入れている」と書かれていますがバカリズムは元々「2011年以降のR-1には出場しない」と発言しているのでそういったことを考えずに「サスペンス」のライブのネタを作られたのだと思われます

No title

>五斂子さん
今年は更に『バカリズムV』をリリースする予定ですからねえ。
才能の無駄遣いというか、なんというか。

確かに『ピンチ!』は分かりやすい感じはあるんですよ。
ただ、ちょこちょこやっぱヘンテコなネタが入っていたりして。
(万有引力のネタとか)
未だに判断し辛い作品だったりします。

OPとEDのクオリティは本当に高い!
いつかサントラCDとかリリースしてもらいたいんですけどねえ。

>ワライロさん
あー、一応そこを加味したつもりの書き出しだったんですけども。
今見るとちょっと分かりにくい感が否めないので、手直しします。

バカリズムさん

久しぶりにコメントを書かせていただきます。

バカリズムさんはその発想の豊かさもさることながら、それに続く展開もしっかりしていて

才能の豊かさにいつも感服しています。

ここまでバリエーション豊かな笑いを産み出せるのは、広いお笑い界と言えどこの人だけな気がします。

とりあえず、どれか1枚は買いたいのですが……迷いますね

No title

お、どもども。
バカリズムの才能は本当に目を見張るものがありますね。
最近はテレビでも活躍されている様で…実に恐ろしい。

個人的には『ピンチ!』をオススメします。
こういう時は古いほうから攻めるが吉です。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。