スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キートン非常勤講師、帰還す。

MASTER キートン  オリジナル・サウンドトラックMASTER キートン  オリジナル・サウンドトラック
(1999/01/27)
TVサントラ、Blue 他

商品詳細を見る

漫画版『MASTERキートン』が復刊されると聞いて、なんとなくアニメ版のサントラを購入した。浦沢直樹・勝鹿北星による原作ほどには知られていないだろうアニメ版だが、実のところ、これもなかなかの名作である。原作の空気を壊すことなく、丁寧かつ真摯にキートンの世界を映像化している。このアニメ版が放送された当時、僕は既に原作本を全て入手していたが(当時はまだ原作が絶版になっていなかったので、割と容易に手にすることが出来た。ちなみに愛蔵版である)、深夜という学生には厳しい時間帯の放送だったにも関わらず、毎週欠かさず録画して、翌日にはビデオを再生していた。それほどに、アニメ作品としても素晴らしかったのである。

アニメ版『MASTERキートン』の完成度を高く導いた要因として、島邦明による音楽は決して無視することが出来ない。『世にも奇妙な物語』を始めとして、数々のテレビ番組・映画・ゲーム作品の音楽を担当している島は、ここでもその才能を如何なく発揮している。民俗音楽を思わせるその音色は、世界中を駆け巡るキートンの世界観をより一層際立たせた。それはまさに、漫画の白黒な世界がカラフルに彩られた、と言っても過言ではない(まあ、アニメだから、当然カラーなわけだけれども)。

どの音楽も素晴らしかったが、中でもオープニングテーマ『キートン』の衝撃は今でも忘れられない。民俗楽器の音色に合わせて“MASTER KEATON”の文字が浮かび上がる演出が最高に素晴らしくて、気付けば、そこばかり巻き戻しては再生していた記憶がある。終盤で登場人物や動物たち全員が同じところをじっと見つめている場面なんか、思わず鳥肌が立つ。

漫画版の復刊に合わせたのか、このアニメ版『MASTERキートン』もブルーレイで再リリースされることになった様だ。正直、ブルーレイの高画質で堪能したい作品ではないのだが、これを機会に観てみようという人も多くなるのではないかと思う。それは実に嬉しいことだ。原作を読む前でも、原作を読み終わった後でも、きっと楽しめる一品だから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。