スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新潮落語倶楽部1 柳家喬太郎』

新潮落語倶楽部その1 柳家喬太郎新潮落語倶楽部その1 柳家喬太郎
(2011/10/19)
柳家喬太郎

商品詳細を見る

新潮社が運営する落語配信サイト“SSweb”で配信していた落語音源をCD化したシリーズ。第一弾は柳家さん喬の弟子、柳家喬太郎。収録されているネタは『子ほめ』『喜劇駅前結社』『家見舞』『寿司屋水滸伝』の四本。古典の滑稽噺が二本、新作が二本という構成を取っている。

古典については文句無しの出来。子どもを褒めて親に何か奢ってもらおうとして失敗する『子ほめ』、贈り物の水瓶を買いに行くも銭が足らずに代用品としてとてつもない物を持参する『家見舞』。どちらも20分未満のごく短いネタだが、その小さな枠の中で軽快に展開している。満足感の残る二本だ。惜しむらくは残りの新作二本。

ごく当たり前のそば屋に隠された過去が明らかとなる『喜劇駅前結社』、洋食屋をしていた腕の無い寿司屋の元にネタのスペシャリストが集う『寿司屋水滸伝』。どちらも喬太郎落語特有のナンセンスに満ちた作品だが、やや物足りない。突飛な展開を迎える『喜劇駅前結社』は世界観に浸るには時間が足りなかったように思うし、『寿司屋水滸伝』に関しては元来の後半部分を大幅にカットしている。どちらも、もう一展開あればもっと面白くなっていたのではないかという気がして、仕方が無い。古典に留まらず、新作を二本収録するという心意気は買うが、本作に関しては、一本で足りていたのではないかと思った次第である。まあ、それでもステキな一品であることには、変わりないんだけれども。


・収録日
『子ほめ』17分03秒(2005年2月10日)
『喜劇駅前結社』20分09秒(2001年7月30日)
『家見舞』14分04秒(2003年5月9日)
『寿司屋水滸伝』11分09秒(2005年8月16日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。