スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作の火

新作落語傑作読本(1) (落語ファン倶楽部新書3)新作落語傑作読本(1) (落語ファン倶楽部新書3)
(2011/11/28)
落語ファン倶楽部

商品詳細を見る

2010年3月に創刊されて以後、どうも音沙汰がなかった落語ファン向けの新書シリーズ「落語ファン倶楽部新書」から、およそ一年八ヶ月ぶりの新刊が出版される。前回の刊行では、古典落語の名手として人気を博した“古今亭志ん朝”、新作落語を専門としながらも古典落語もバツグンに面白い“春風亭昇太”の二人をそれぞれ取り上げていたが、今回は“新作落語”に的を集中。現代、新作派として人気を博している11人の落語家たちのネタをテキスト化し、掲載しているようだ。そうそう、こういうのを待ってたんだよおっ母さん! ……いや、編集部に私の母はいないが。

既に掲載されるネタも発表されている。ソフト化されているネタも幾つかあるが、大半は今回の掲載で初めて世に出るネタなのではないだろうか。近年の新作落語に多大なる影響を与えた三遊亭円丈は勿論、立川談笑による改作落語『薄型テレビ算』(「笑神降臨」でも披露していたっけ)や、立川志らくによるキネマ落語『妾馬 ダイ・ハード』なども掲載される模様。果ては人間国宝、桂米朝の新作『一文笛』まで……実に濃厚な内容になりそうだ。

落語ファン倶楽部 Vol.14落語ファン倶楽部 Vol.14
(2011/11/28)
笑芸人

商品詳細を見る

一方の本誌では、これまた新作落語特集。2011年をもって活動を休止する新作落語ユニット“SWA”のことを、まるまる一冊で取り上げている。その内容は、オフショット写真集、全公演史、ネタ解説、ネタ速記、各会の人たちからのメッセージ等々……最後に相応しいボリューム感のあるラインナップになりそうだ。SWAが活動休止する理由は「当初の目的をある程度達成できたから」とのことだが、個人的にはまだまだ活動し続けてもらいたかった。四人で別々のネタを演っているのに、それらが全て繋がっている……という全体構成に感心したのだが。あれがもう観られないと思うと、実に残念である。

ところで、SWAとしての活動は、一冊の本と二枚のDVDと三枚のCDに収められているが、今後は公演のソフト化がまったく望めないのだろうか。恐らく、過去の公演の中には、まだソフト化されていないものが少なくないと思うのだが。そういえば、柳家花緑師匠が2007年の公演を全カバーするって言ってたCDは、一体どうなったんだろう。その辺りのことを全部片付けてから、活動を休止してもらいたいもんなんだけれども、ねえ?(←といって、時期を引き延ばす作戦)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。