スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『にっかん飛切落語会 よりぬき名人名演集1』

にっかん飛切落語会 よりぬき名人名演集(1) (バンブームック 落語CDムック)にっかん飛切落語会 よりぬき名人名演集(1) (バンブームック 落語CDムック)
(2011/10/15)
不明

商品詳細を見る

・三遊亭小遊三『浮世床』

【あらすじ】江戸時代の散髪屋、髪結床には暇を持て余した男たちがごろごろとたむろっている。碁を打っているヤツもいれば、将棋を指しているヤツもいる。が、どちらも、なんだかバカみたい。そんな中、輪に入らずに本を読んでいるヤツがいる。せっかくだから皆に聞かせてくれないかと頼むと、渋々ながら読み始め……。

【感想】ストーリーもへったくれもない、江戸に生きる男たちの日常風景を描いた一席……なんて書くと、なにやら大袈裟だが、まあバカみたいな落語である。実際のところ、どうなんだろう。流石にこんなやり取りを毎日続けていたら、バカを通り越してイヤになって首くくっちゃいそうだけれども。割とベタなギャグが続く一席、だけどテンポでぐいぐい惹きつける。そこから、「本」のくだりのニュアンスギャグ連発がくるから、たまらない。ただ、演じる小遊三師匠が所謂ところのイイ年で、やや若くて生き生きした男たちを演じるに相応じゃない。師匠の『浮世床』は以前に若い頃の音源がCD化されているので、個人的にはそちらをオススメ。「夢」のくだりもあるしネ。

・桂歌丸『紙入れ』

【あらすじ】出入りしている家のおかみさんに気に入られて、男女の仲になってしまった若い男、新吉。今日も手紙を貰って、旦那の家で二人イチャイチャしていた。と、そこへ、帰ってこない筈の旦那が、予定を変更して帰ってきてしまった。慌てて家を飛び出す新吉。何か忘れ物はないかと懐を探ると、おかみさんから貰った手紙を入れた紙入れが……。

【感想】間男の落語。落語にはやたらと間男が出てくる。実際に間男しているヤツもいれば、間男と間違えられるヤツもいる。まあ、どちらにしても、落語の題材にしやすいバカってことなんだろう。で、この落語に出てくる新吉は、間男の上に間男をした家に忘れ物をしてくるっていう、混じりっ気のない純粋なるバカである。こんなことがアチコチであると思うと、女房を貰おうという気になれないネ。人間を相手にするのヤメて、ヤギかヒツジでも飼っちゃおうかしら……。色気のある落語で、途中で「よく聞けば猫が水飲む音でなし」なんていう、生々しい川柳も飛び出す。……意味は聞くな。それを“笑点の翁”こと歌丸師匠が演じている。一見すると適役じゃないように見えるが、師匠の達観した視点から演じられる男女の様は、人間のどうしようもない部分を強調して、実に面白い。それまで、師匠といえば人情噺・怪談噺の印象が強かったのだが、こういうバカな滑稽噺が一番面白いように思う。

・立川談志『五人廻し』

【あらすじ】舞台は吉原の女郎屋。二階の廻し部屋に通された男たちが、遊女が来るのを今か今かと待っているのだが、いつまで経っても来る様子がない。と、そこへ通りがかったのが、店の若い衆。来ないなら帰るから銭を返せ、と情けないことを言う。どうぞお待ちを……と抜け出すと、また別の部屋で捕まる。そこを抜けると、また別の部屋。十人十色の客たちが若い衆に文句をぶつけ、来ないのなら銭を返せと詰め寄る。そして、どうやら彼らが待っているのは、どうやら同じ遊女らしく……。

【感想】恐らく、落語で最もネタにされている「吉原」の一席。男が女を買いに行く場所、つまり男女の関係や金銭の関係が絡む場所なので、ネタも作りやすいのだろう。実際、傑作が多い。この落語が面白いのは、遊女に待ちぼうけを食らっている十人十色の男たち。江戸っ子ぶって、吉原の歴史をイチから語り始める男もいれば、田舎者、軍人まで登場する。実に多種多様だが、全員がいってることが結局は「銭返せ」だってんだから、なんとも情けない。どんなに見た目、様相を装っていても、人間の本質はやっぱり欲なんだなあ……と、しみじみと思わせられる。それを演じる立川談志家元、彼らの個性を最大限に煮詰めて、濃厚なキャラクターとして笑わせる。時事ネタが絡んでいるので、ところどころで笑えないところもあるが、それを凌駕するほどの大ハクリョク! 個人的にたまらないのは、最後に登場する杢兵衛大尽。若い衆に銭を与える場面、札を指でつまんで「ほーれ、欲しかんべ!欲しかんべ!こんな銭、見たことねえべ!」とはしゃぐ様子が、憎らしいのに可愛らしいのはどういうことだ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。