スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚異の殺笑力を誇る「ジェッタシー」を考える。

君は「ジェッタシー」を知っているか?

もしも君が「ジェッタシー」を知らないのだとしたら、それはとても不幸なことだ。君にとって最善の手段は、一刻も早く、ローソンに配置されているロッピーを使って、DVD「ゴッドタン マジ歌フェス2012」を予約すること。そこらのドラッグをキメたくらいじゃ得られないようなハイな快感が、そこには待っている。セックス、ドラッグ、ロックンロールの時代は終わった。これからは、ジェットエクスタシー……そう、ジェッタシーの時代がやってくる。コイツのジェットはタダモノじゃないぜ。

……ここからはマジメに。

ひとまず、「ジェッタシー」について説明しよう。「ジェッタシー」とは、深夜バラエティ番組「ゴッドタン」の人気企画「マジ歌選手権」で披露された、後藤輝基(フットボールアワー)のオリジナルソング『ジェットエクスタシー』の歌詞の一部である。ジェットエクスタシーを略してジェッタシー……というわけだ。



元来、この「マジ歌選手権」は、お笑い芸人がマジのオリジナルソングを披露するという設定で、ツッコミどころ満載な楽曲を披露していくという企画である。例えば、バナナマン日村が作った楽曲が、明らかに某大塚愛の某さくらんぼのパクリだったり、ロバート秋山が作った楽曲が、明らかにデタラメだと分かる英語で構成されていたりする。そんなパフォーマンスを見て、視聴者はそれを見ている番組出演者と同じ気持ちになってツッコミを入れていく。そんな企画である。

しかし、フットボールアワー後藤が披露した『ジェットエクスタシー』は、そういった既存のマジ歌とは明らかに一線を画していた。はっきりとネタに走っているわけではないし、歌詞もそこまでムチャクチャなわけでもない。それなのに、笑える。ただごとじゃないくらいに、笑える。ただ、出演者並びに視聴者がことあるごとに口にするのは、ただただ「ダサい」。なるほど、確かにその通りなのである。この『ジェットエクスタシー』という曲、やたらめったらにダサい。
 
ところが、この『ジェットエクスタシー』には、なんと元ネタがあるという。

フットボールアワー後藤の「ジェッタシー」の元ネタについて雑記(くりごはんが嫌い)

このブログの筆者によると、『ジェットエクスタシー』はBLANKEY JET CITYの楽曲『SEA SIDE JET CITY』をモチーフとし、そこへ更に、他の楽曲を切り貼りしているのだという。また、歌詞の世界もBLANKEY JET CITYのそれを組み合わせたり、引用したりしているらしい。そして筆者は、記事の終盤で「ダサいと言われるとファンとしてはそのまんまパクっているブランキーまでダサいと思われてるのかと思ってしまう」と、哀しげな意見を残している。しかし、その一方で、「複雑な気持ちになっているのはジェッタシーがすげえおもしろかったからなんだよ!」ともコメントしている。その心中、お察しせざるを得ない。ただ、個人的には、むしろBLANKEY JET CITYの世界観が完成されているからこそ、それを元に作られた『ジェットエクスタシー』が笑えるのではないかと思う。

そもそも、どうして「ジェッタシー」がダサいのかというと、それが「ジェットエクスタシー」の略語だからだ。通常、略語とは、一般的に浸透している言葉に使われている。例えば、「コンビニエンスストア」を「コンビニ」、「携帯電話」を「ケータイ」と呼ぶように。長くて使いにくい一般化した言葉を、短くして使いやすくしたもの。それが略語だ。ところが、この『ジェットエクスタシー』において、後藤は何のためらいもなく、そのタイトルを略語化している。それも、とんでもないドヤ顔で。まるで、大学生時代に友人たちに「ウーチャカ(※高校時代のあだ名)って呼んでくれ!」と強要した、爆笑問題・田中の様である。そこから漂ってくるのは、とてつもないナルシシズムだ。

いわゆるミュージシャンと呼ばれている人たちは、その楽曲に少なくないナルシシズムを含ませていると僕は考える。いや、ミュージシャンに限った話ではなく、小説家も、漫画家も、市井のブロガーであっても、彼らが生み出す作品にはナルシシズムが必ず含ませてある。そうじゃなければ、自分自身の幾らかを反映させている作品を、世に送り出せるわけがない。『ジェットエクスタシー』は、そんな作品の中に含まれている微小のナルシシズムを、ドヤ顔の権化ともいうべき後藤という装置によって倍増させることにより、笑いに変えてしまうのである。無論、『ジェットエクスタシー』という楽曲自体にもナルシシズムを露わにする粗を設けているが(歌詞にいちいち簡単な英語を挟んだり、似た表現を天丼的に使い回したり)、笑いの最たる理由はやはり後藤のドヤ顔から滲み出るナルシシズムであることに間違いはないだろう。

とどのつまり、BLANKEY JET CITYにおける『ジェッタシー』は、イエス・キリストにおけるブライアンみたいなものなのだ。結果として、あるジャンルにおいて絶対的な存在感を放っているがために、そのモデルとして使用されたに過ぎないのである。だから、ブランキーはダサくない。ダサいのは後藤。だから、『ジェッタシー』もダサい。それだけである。それにしても、「ロンドンハーツ」でのファッションセンスもそうだが、まったく後藤のダサさは底無しやでえ!

最後に余談。しみじみと歌詞を眺めていて思ったのだが、「あの子は便利なコンビニエンスガール」「左手に受話器」「ワンボックスカー」「ラブホテル」からの「プリーズマネー」「バイバイ」って、これもしかしてデリヘルの歌か?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

GO☆TOもオススメです

後藤が名古屋ローカルでやっていたGO☆TOはご存知ですか?一昨年くらいにやってましたがまだ映像は残ってると思います。ダサさを生み出す才能ってあるんですね。

No title

存在は存じていましたが、つい先日、Twitterで改めて教えていただきました。動画も拝見しました。あれはまだちょっと意図的に作っている感がありましたが、しかしなかなかに凄い世界でしたねえ。もうちょっとズレたら、傑作になりそうな感じもあるのに…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。