スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「関根&優香の笑う春休み2012」マトメ

今回はMC二人と出演芸人とのフリートークは無し。
放送時間が一時間しかないので、ネタ優先でカットしたのだろうか。
……どっかの大会とは大違いだね!(イヤミ)

平成ノブシコブシ『漫才』
以前は吉村がボケを担当していた筈だが、気が付けば完全に立場が逆転。エキセントリックな徳井がボケで、破天荒な筈の吉村がツッコミに転じるという不可思議な状況に。今や、間違いなく破天荒なのは徳井である。肝心の漫才は、「お化けを信じる?信じない?」の話から、「実は平成ノブシコブシはお化けとの九人組だった」という予想外の展開へ。二人のキャラクターを活かした漫才ではあったが、全体的に詰めが甘い。ただ、その詰めの甘さによって生じる、あのなんともいえない空気こそが、平成ノブシコブシの味であるようにも思う。

キングオブコメディ『ジョパネットたかはし』
通販番組のパロディ。真面目に番組を進行しようとする高橋と、一般人とは少し違った感性をダイレクトにぶつけてくる今野のぶつかり合いが、たまらなく面白い。少なくともこのネタに関しては、今野は落語の与太郎に似ている。単なるバカじゃないんだよなあ。さりげなく高橋のツッコミも上手いんだけど、今野の言動を困りながらも誤魔化す姿の方に注目が集まっているため、印象に残らない。ある意味、才能の無駄遣いといえる。オチは彼ららしく、捻くれている。

Hi-Hi『漫才』
「THE MANZAI 2011」での活躍以降、絶好調でパスタを巻き続けている漫才師。人間が捻くれている私としては、どっかしらに粗があるのではないかと探してしまう。で、実際に粗はある。彼らの漫才には、テーマがない。どんなネタでも、とにかく上田が岩崎を翻弄し続けるだけで、観ている間は笑えるのだが、観終わったら殆どネタが記憶に残らない。延々と漫才コントに突入しないアンタッチャブルの様だ。それを否定するつもりはない、ましてや漫才に非ずなどとは考えもしないが、いずれ息切れしそうな芸風ではある。後輩芸人のオードリーの様に、早々に漫才をしなくても大丈夫な立ち位置を陣取ることが出来ればいいのだが。「オールナイトニッポン0」での健闘を祈る。

ロッチ『言わへんやつ』
中岡、少し太ったか? あれやこれやと相手のことは聞いてくるくせに、自分のこととなるとまったく話そうとしないやつ。身近にいそうな気質のやつを煮詰めたような中岡のキャラクターで見せる前半から、そいつに翻弄されるあまりにムチャクチャな行動に出るコカドで見せる後半の流れが自然で上手い。ただ、ロッチの良さを引き出したネタではない。正直、ロッチじゃなくても、それなりに成立するのではないかと思う。そういう意味では、物足りない。

モンスターエンジン『漫才』
街で喧嘩をしている不良をボクシングにスカウト。コント・ショートコントに比べて、モンスターエンジンの漫才はあんまり面白くない印象があったのだが、このネタは面白かった! ボクシングにスカウトするシチュエーションを何度も繰り返すクドさで引き込まれ、続く「リピートアフターミー!」で完全にノックアウト。更に「スポンジいっぱいつけるから!」で、半死半生状態に。危うく真っ白に燃え尽きるところだったぜ……。

柳原可奈子『カフェ店員』
自然食品系のカフェで働く店員。おっとりとしていて、変な色気があって、さりげなくしかしストレートに自己主張する様が、実にリアル。「古民家風ひよこ豆のカレー」「天然酵母パンの北欧風プレート」などの料理名も素晴らしくリアル。たぶん、柳原自身がこういう人がいるカフェにうっかり入って、苦笑いを浮かべたりしたんだろうなあ……と想像せざるを得ない。オチの哀しげな表情に至るまで、芸レベルの模写という意味で完璧。

笑い飯『漫才』
ぶかぶかパンツ。鳥人やサンタウロスよりも、笑い飯の発想力を如何なく発揮した漫才だと思う。「なんで壊死ガマンできんねん!」「ギューギューなってひょうたんみたいになんで!」などのワードセンスも素敵。

バカリズム『選手宣誓』
そういえば、ピン芸人が選手宣誓を取り入れたネタをやっているところを、あまり観たことがない。皆が知っていて、しかも一人でやることに違和感のないシチュエーションなのに、どうしてやっている人が少ないんだろう。難しいのか。一瞬、下ネタに寄ろうとして、しかしそこからどんどんナンセンスに流れていく構成が素晴らしい。あと、これは単なる推測に過ぎないが、バカリズムは選手宣誓的なアレが嫌いなんだと思う。

スリムクラブ『漫才』
クイズミリオネア。ミリオネアに出たいという内間が実際にコントを始めると司会者になってしまうという雑さが、とてもM-1・THE MANZAIファイナリストとは思えない。それでも、それが許されてしまう空気が、彼らには常に漂っている。沖縄出身だということも大きいのだろうが、なにより真栄田が内間をとことん信用(溺愛?)していることが伝わってくるからだろう。今回、内間が漫才を終わらせるタイミングを間違えてしまうというハプニングが起こっていたが、これも真栄田の策略なのではないかとちょっと疑っている。内間が困ってる顔が観たかっただけじゃないのか?

ジャルジャル『コント』
ヒマ過ぎて変なリズムを刻み続ける男。同じことを何度も何度も繰り返すジャルジャルのお得意スタイルにアレンジを加え、なんとも珍妙な世界を構築していた。もうちょっと掘り下げていけば、更に面白くなりそうな予感。

2700『D-51のサビ大好きマジシャン』
予想通りのことをそのまま。下らな過ぎて面白い。

サンドウィッチマン『漫才』
ファンレター。段落ごとに繰り出されるバリエーション豊富なボケ、それに対する的確なツッコミはとにかく骨太。

・MCのコメント

優香「私、サンドウィッチマンさん。やっぱりもう一回観たいですねー!」
関根勤「僕はモンスターエンジンの『あしたのジョー』っぽいのが好きでした。くだらねぇ……(笑) あと2700が、全然意味がなくて良かった!」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無題…

菅家さん、関係のない話になりますが…最近モンエンの西森、おかしくないですか?。ピカルの時は前と変わりませんが…以前、NHKの番組で共演したオール巨人師匠が!モンスターエンジンと云うより!リトルエンジンだと揶揄するぐらいこっちのテレビや上方漫才の予選観た感じ、西森!お前どうしたんと心配するぐらい?元気なさげです。やっぱり、モンエンって一昨年までの勢いを取り戻さないと!ファンの方には申し訳ないですが…東京進出しても頭打ちになるんじゃないかと危惧します!!。菅家さん自身は、どう思いますか?。

No title

そうですねえ。
そこまで西森氏を見てないので、ちょっと分かりませんねえ。
でも、この日の西森さん…もとい、モンスターエンジンは最高でしたよ!

呼ばれなかったパンクブーブー

番組評と直接関係無いですが、パンクブーブーが呼ばれなかった事がちょっと気になってしまいました。Hi-Hiは「笑うお正月」と連続出演だったんで、勢いがそのまま出てるのかな、残酷だあ~!みたいな、、。考えすぎかもしれませんが、、。
ちなみに私はHi-Hiの漫才以外での活動は、かなり良い印象を受けてますよ。漫才での芸風の延長線上で、自然に溶け込んでる感じがします。

No title

漫才師の人はバラエティでの活動にシフトしやすいという話らしいですが、彼らは特にその流れに乗りやすい芸風ですよねえ。ボケとツッコミがはっきりしてますし、それもまた奔放なスタイルですし。ANNゼロのレギュラーにもなりましたので、更なる活躍が期待できるのではないかと。僕も、漫才以外の活動に関しては、割と好きです…って、そもそもそこまで知らないんですが(笑) パンクブーブーは…頑張れ!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。