スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぶらぶらひでお絵日記』

ぶらぶらひでお絵日記 (単行本コミックス)

2005年に出版された『失踪日記』で再び注目を集めるようになった吾妻ひでおによる、ごくごく平凡な日記マンガ第三弾。2008年6月から2009年6月までの吾妻の日常が、特にドラマチックに脚色されるでもなくイラスト化されている。なんでも、本書の文章やイラストは、ホームページ上に発表していたものを加筆・修正しているのだという。ただ、現在はホームページ上でのイラスト発表は休止しており、Twitterでのつぶやきが主な日常の発表の場となっているようだ。いずれTwitter本とか出しちゃったりするのかな?

本の内容は、吾妻の日常報告と、そこへ挿し絵の様に挟み込まれる女子高生や自身のイラストが主。評判が良くなかったという前作『うつうつひでお日記 その後』に、沢山のイラストを加わったような感じというと、以前の読者には分かりやすいか。第一弾『うつうつひでお日記』の様な完全に漫画化している作風の方が個人的には好みだが、これはこれで味がある。吾妻の描く女子高生イラストはどれも似たような顔をしているが、時折見せる生々しさがたまらなくエロティックで、やはりこれも味がある。女子高生の描写には一家言あるようで、巻末には彼女たちについて熱く語り上げるインタビューを収録。なかなか熱い内容になっているので、イラスト志望者は必見……かもしれない。日常報告の内容は、テレビや書籍の感想が主。お笑いについての感想も多く、さまぁ~ず(『モヤモヤさまぁ~ず2』の大江アナに対する評価も高い)を中心に、オードリー、ザ・パンチ、ハライチ、ビーグル38、ピースについての記載が幾つか。なかなか先見の明がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。