スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うつうつひでお日記』

うつうつひでお日記 (単行本コミックス)うつうつひでお日記 (単行本コミックス)
(2006/07/06)
吾妻 ひでお

商品詳細を見る

 久々に続刊が出るということなので、読み返してみることにした。初版発行、2006年7月。たった二年前に発売された漫画だったのか。勝手に、ずっと昔に買ったような気持ちになっていた。大ヒット作『失踪日記』とは違う出版社で発行されたにも関わらず、明らかにそれを意識したような表紙が、なんともおかしい。吾妻自身はこの表紙を嫌っていたと聞いているが、事実なのだろうか。個人的には好きなんだけどなあ。ド派手なオレンジ色っぷりは、僕の本棚でも目立ちまくっている。この本がどっかにいって、無くなってしまうようなことは、きっと今後も起こらないだろう(『逃亡日記』は無くすかもしれない)。

 一ページ目を開くと、吾妻ひでお自身による解説。ダメな人間な日記だけど、楽しんで読んでください……というノリが、何処か他人事の様でやはりおかしい。その次のページでは、本書の前半はコミケ・通販で売られていたものの再録であることについての謝罪が。やはり、どことなく他人事っぽくておかしい。この「まえがき」二ページの次から、やっとこさ本編が始まる。

 序盤は漫画という感じではなく、あくまでも文章がメイン。大ゴマに描かれたイラストは添えられているだけ。しかし、すぐにイラストに吹き出しがつくことが多くなっていき、最終的に漫画に変化。文章読みというよりは漫画読みの僕には勿論、漫画になってからの方が読みやすかった。

 作品の内容は、当時に吾妻が読んだ小説・見たテレビ・食べた食事(主に麺類)などの体験が主。ただ個人的には、愚にも付かない様な日常的出来事の話の方が好きだったり。「とにかくコーヒーが二杯無いと不安になる」「ケンタのフライドチキンに特別に好きな部位がある」「ウエットティッシュが好き」などの記述は、本当にどうでも良い話なんだけれど、でも好きだ。

 思えば僕は、こういう類いの本をやたらと好む傾向にあるようだ。主人公が仕事をやったり辞めたりセックスしたりアパートで人が自殺したりするだけの話が、ただただ淡々と続く『大凡人伝』(松本零士)とか。特に目的も無く、バイトをしたりフラフラしたりして日常を過ごしていくだけの『大東京ビンボー生活マニュアル』(前川つかさ)とか。どうも、そういう類いの作品が性に合うらしい。たぶん、僕も彼らと似たような人間なんだろう。ろくなもんじゃない。……でも、ああ面白え。

 先日、本書の続刊『うつうつひでお日記 その後』が発売されるという話を当ブログに書いたし、本文の冒頭でも少し触れたが、一方で、近いうちに本書の文庫版も発売されるそうだ。表紙の画像を見るかぎり、文庫版はオレンジ色ではないようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。