スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカリズムライブ『SPORTS』

バカリズムライブ「SPORTS」 [DVD]バカリズムライブ「SPORTS」 [DVD]
(2012/03/21)
バカリズム

商品詳細を見る

2011年11月20日収録。ピン芸人になったバカリズムによる13枚目の単独作品。年に3回~4回のペースでライブを開催しているだけあって、そのDVD作品の数もタイヘンなことになっている。この調子だと、近いうちにラーメンズ・バナナマンのライブDVD作品数を超えてしまうのではないだろうか。その仕事の速さには、眼を見張らずにはいられない。それでいて、常にクオリティは下がっていないのだから、ほとほと感心させられる。仕事人はかくあるべきだろう。ツメのアカを煎じて飲みたくなる。ただ、本作で披露されているネタは、以前の公演で観たネタと比べると、少しばかりツメが甘い。

発想に関しては、相変わらずの面白さだ。コンビ時代の代表作『屋上』を彷彿とさせる日本語崩壊コント『選手宣誓』を初めとして、印籠を出すときに口にするお馴染みの言葉を出させてもらえずにやきもきする『心得る人々』、ある有名人と無名の一般人の身体が入れ替わってしまう『Change』、部屋中の物と挨拶を交わすたびにミュージカルが始める『汚はよう』など、どれもこれも実にバカバカしい。ただ、そのバカバカしさに、深みがまったく感じられない。まるで殆ど味付けせず丸焼きにされた素材を料理として出されたような気分である。それでも、それなりに食べられるし、美味い……のだが。『トツギーノ』の衝撃に面食らい、『総合刑事』の展開に笑い転げ、『正直村と嘘つき村』の密度に感心した経験を持つ身としては、とても満足できない。テレビの仕事が増えて忙しくなってきたからなのか、それともライブの予定を決めてからネタを作り始めたのか。その事情はまったく分からないが、「こんなものじゃないだろう!」と声を上げたくなった。BOSE(スチャダラパー)が歌うテーマソングはやたらとクールでカッコよかったんだけどなあ。

そんな中、最も印象に残っているネタが『見よ 勇者は帰りぬ』。その内容は至ってシンプルで、会議の後片付けをしている男性社員が、同じく後片付けをしている同僚の女性社員に「今週、どっかのタイミングでおっぱい触らせてくれない?」とお願いする、というもの。無論、女性社員はその申し出を断るのだが、男は「ダメな理由を教えてくれないかな?」と食い下がる。徹底的に、食い下がる。女性が何か言葉を口にするたびに、その発言を覆し、更に新たな理由を提示させていく。それはまさに、圧迫面接のそれだ。おっぱいを圧迫面接……なにやらよからぬ妄想を繰り広げれてしまうが、残念なことに(?)、物理的に男がおっぱいを圧迫する場面が演じられることはない。しかし、精神的には圧迫する。とにかく圧迫し続ける。おっぱいを圧迫し続ける。そして訪れるエンディング、と同時に明らかになるタイトルの意味。下らない。もう、とにかく下らない。行程を楽しむネタなので、何度も何度も繰り返して観ようと思うことはないが、とてつもないインパクトのあるネタだった。


・本編(76分)
「プロローグ「選手宣誓」」「オープニング」「ルール」「心得る人々」「がNBAる」「Change」「汚はよう」「見よ 勇者は帰りぬ」「未来へシュート!」「エンディング」

・特典映像(16分)
「漫画で読むバカリズム」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントは初めてです。自分は昔からバカリズムさんの熱狂的ファンで、去年はこのライブに足を運びました。
なるほど今回の「SPORTS」は今までと比べてやや練り込みが足らないという意見があるみたいですね。

「ルール」はシリーズネタですし、「がNBAる」は初FIFA者の続編、「未来へシュート!」もホイッスるべきものの間接的な続編ととれます。このように過去のフォーマットを流用したネタの割合が今回は多かったことから、その気持ちもわからなくはないです。
ですが、自分は今までのライブの中で一、二を争うくらい好みでした、今回のライブは。

升野さん本人も、「今回は忙しかったので各ネタをソフトウェアで加工する工程を省略し、むき出しの状態で行った」と言っていました。それゆえ、とにかくネタがどれくらい緻密に練られているか?を見たいと思うファンからすれば物足りなく感じられたのかもしれません。

ですが、自分はその分ネタのわかりやすさが増したと感じました。
例えば前作の「サスペンス」を見たときは自分は、「よく作り込まれているんだけど・・・なんかそこまでツボらないんだよなあ。」というネタが多かったんです。急カーブとか勇者あきひこの冒険とか。過去のライブでも、そういうネタが毎回数本交じっていました。
しかし今回のライブではそういうことがほとんどなく、すべてのネタで継続的に笑えました。変に作りすぎない分、伝わりやすかったから、だろうと思います。「Change」「汚はよう」「見よ 勇者は帰りぬ」が特に、くだらなさがぶっ飛んでいて自分は好きでした。
料理でも、複雑に調理するより素材の味を生かすのが・・・といわれることはありますしね。

「正直村と嘘つき村」は筆者さんはかなり絶賛しているようですが、自分もバカリズム好きなネタベスト3に確実に入るだろうというくらい気に入っています。これを超えるような突出したネタが無かったのは確かです。ですが全ネタを「練り込み度」ではなく単純な「笑いの量」で平均した場合は、今回のライブは過去のライブの中では上位だったと思います。

もちろん筆者さんの理論は立派ですし否定する気はまったくありませんが、一人のバカリズムファンとしての個人的な意見をここに記しておきます。

No title

ご意見、有難く頂戴いたしました。
どうやら「素材の味を活かしている」という点において、お互いに感じたことが逆だったということでしょうね。
確かに素材自体の良さを引き出しているという意味では、本作は近年において最大といえるかもしれません。
ただ、その素材に、そこまで魅力を感じなかったんですね。少なくとも僕は。
しかし、貴重なご意見でした。改めて、有難うございます。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。