スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京レポート【三日目/ジブリ美術館編】

五月五日午前十時半ごろ、起床。いきなりの余談だが、二日間ともイシダ氏の方が早く起きているため、私が目を覚ますと常に一人である。なんだか寂しい。リビングを覗くと、先生の愛犬トイプーを撫でているイシダ氏の姿が。すっかり仲良しだ。今日の朝食はご飯に納豆、お味噌汁という日本的な様相。奥さんの料理のレパートリー、恐るべし。ちなみに、イシダ氏は納豆が食べられないとのこと。典型的な関西人だ!

食後、中山邸のHDDを幾つか消費し、本来なら昨夜観る予定だった『マキタスポーツの上京物語』を鑑賞する。これは、以前にイシダ氏が「中山邸で間が持たなくなったときのためのDVDを持って行こう……」という姑息(?)な考えをTwitterでこぼしていたので、ならば私も何か持って行こうかしらと考えて持参した作品である。作品としてのクオリティは高いのだが、どう評価すべきか困ったため、未だに当ブログで取り上げていないという奇妙な作品でもある。フェイクドキュメンタリーとしての形式を取っているのだが、少しずつマキタ自身の人生と重なっていく不可思議な構成は、なんともいえない不思議な後味を残してくれる。そういえば、お二人にちゃんと感想を伺っていないな。うん。先生が所持している『ピエール靖子 爆笑編 企画担当有吉弘行』(※ローソン限定販売)『ブラっと嫉妬 ~オー・マイ・嫉妬~』『タケちゃんの思わず笑ってしまいました DVD-BOX』、イシダ氏が持参した『笑う犬2010寿』のコント『10円』なども観させてもらう。どれも刺激的で、とても面白かった。レンタルで借りようと思う。……そういえば、先生もイシダ氏もラーメンズを殆ど観たことがないという話には、些か驚かされた。次はそっち方面で攻めるべきか?

正午を過ぎたあたりで、中山邸を出る。寂しい。車に二人の荷物を詰め込むと、先生が乗るスペースが無くなってしまったので(車は奥さんが運転)、先生とはそこでお別れすることに。寂しい。最寄りの駅で、奥さんと別れる。とてつもなく、寂しい。イシダ氏と電車に乗り、新宿駅へ。隣の席に座ることが出来ず、移動中はずっと黙ったままに。この上なく、寂しい。あまりの寂しさから、自然に涙が……とまではいかないにしても、とても寂しい時間が過ぎていく。ああ、どうして別れるために、行かなくてはならないのか。サヨナラ電車よ、どうか来ないでくれないか……って、ゆずの曲じゃないんだから。新宿駅で荷物の多い二人、どっかにコインロッカーは無いものかと探し回る。ロッカーはあるが、埋まっている。数十分探した結果、何処にも空いているロッカーが無いことが分かり、愕然。しょうがないので荷物を抱えて、中央線経由で最後の目的地である三鷹へと向かう。

そもそも今回、私が東京へやってきた最大の理由は、「三鷹の森 ジブリ美術館」を訪れることである。Twitterで知り合った人とオフ会とか、中山邸での宿泊とか、そんなことは付加価値に過ぎないのである。ジブリこそ正義! トトロこそ神! 人類はラピュタの威力にひれ伏すのだーっ! ……とまではいかないにしても、やはり東京へと来たからには、宮崎駿チルドレンとしてはジブリ美術館へ行かなくてはなるまい、と思った次第である。それなのに、西荻窪駅に着いた時点で、遅刻が確定するという大誤算。しまった、新宿駅でコインロッカーを探し過ぎた! その後は、鈴本演芸場と同じ悲劇を繰り返す羽目に。慌てて飛び出し、道を間違え、荷物を抱えて北へ南へ東へ西へ。到着した頃には、開園から20分が経過した頃であった。ンモー(by植田まさし)。

しかし、辿り着いてからというもの、それまでの苦労はすっかり過去の出来事に。まるでジブリの世界に迷い込んでしまったかのような、不思議で幻想的な空間。アニメ映画の仕組みを紹介する部屋に、ジブリ映画の舞台を再現した部屋、図書室に喫茶室まで、とにもかくにも「ステキ!」の一言。ところが、お土産コーナーに入った途端、現実に引き戻される。あれも欲しい、これも欲しい、もっと欲しいもっともっと欲しいの連続。そこにあるのは幻想なんかじゃねえ、欲望の渦だ! 男も、女も、おじいちゃんも、おばあちゃんも、ガキも、オヤジも、オフクロも、お土産獲得にエッサホッサだ! お土産獲得後は、ここでしか見られない短編映画を鑑賞する。この日、上映されていたのは『めいとこねこバス』。『となりのトトロ』に登場する少女“めい”が、ねこバスの子ども“こねこバス”と出会う物語で……ジブリ好きには実にたまらなかった。次は別の作品も観たい。

閉館後、中央線で三鷹から新宿へ戻り、噂に聞いた肉の万世へ。『孤独のグルメ』で取り上げられていたカツサンドを買うためだったのだが、お腹が空いていたので、ついでにパーコー麺を食べる。ラーメンにトンカツを投入した様な料理で、それぞれの味はちゃんと美味しいんだけれど、一緒にする必要性は……というような印象。まあ、そもそも食べ慣れていない料理なので、そう感じただけかもしれない。次はハンバーグを食べてみたい。食後、荷物を抱えて、バスの集合場所へ。近くのローソンで用を足し、乗り込む。

海老名→浜名湖→草津→淡路島南とサービスエリアを移動して、午前八時に高松駅へ到着。疲労困憊。しかし、せっかくなのでと、高松の商店街をぶらぶらして帰る。お疲れさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。