スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トータルテンボス漫才ライブ 漫遊記』

トータルテンボス 漫才ライブ「漫遊記」 [DVD]トータルテンボス 漫才ライブ「漫遊記」 [DVD]
(2012/04/25)
トータルテンボス

商品詳細を見る

それまであまり評価が高くなかった芸人が、何の前触れもなくいきなり人気を集めるという劇的なドラマが最近の流行であるらしい。まあ、考えてみると、その傾向は以前からあったように思う。例えば、長く不遇の時代を過ごしたサンドウィッチマン。彼らのM-1優勝後のメディアでの取り上げられぶりは、物凄いモノがあった。サンドと同様、長く売れない時代を過ごしたオードリーも、大会終了後には数多くのバラエティ番組に出演していた。とどのつまり、日本人という人種は、とにかく苦労してきた人間が報われる姿に共感を覚えるのである。特に、芸人というジャンルにおいては、その美学が顕著に表れる。その魅力を否定するつもりはない。ただ、ドラマに目を奪われて、その芸に対する評価を甘んじている人をたまに見かける。いつか掌を返す日が来るのではないかと、他人事ながら不安に思う。

とはいえ、私もあまり人のことはいえない性質である。というのも、私もまた別のドラマを愛でているからだ。そのドラマとは、実力派と呼ばれた芸人がドン底にまで落ちるものの、どうにかして再び表舞台に這い上がってくる、いわばリベンジの物語である。M-1グランプリ2007において、サンドウィッチマンに優勝をもぎ取られてしまった漫才師、トータルテンボスもまた、そのリベンジの物語の最中にいるコンビだ。彼らの漫才は一度、ドン底まで落っこちた……と、私は捉えている。練り上げられているのに笑いに繋がらないシチュエーションと、相方イジリへの逃避行を繰り返すボケ……あれは、まさしくドン底であった。ただ、今にして考えてみると、あれはただただ暗中模索していただけなのかもしれない。それまでとは違うスタイルで浮上してみせようという、意志の表れだったのかもしれない。まあ、これらが純然たる的外れである可能性は否定できないが、ともかく今の彼らは浮上しつつある。

本作『漫遊記』において、トータルテンボスは再び言葉選びの才能を解禁する。決して新しくはないが、妙に印象に残る言葉の数々。これだ。これこそが、トータルテンボスの漫才だ。それに加えて、模索していた頃に培われたシチュエーションの独創性も、その面白さに拍車をかける。大村がオーソドックスなおっさんに憧れる『正統派のおっさん』と、大村が「腹が立った」というエピソードを話すも、それらの全ての怒りのポイントがズレ続ける『ズレた怒りポイント』は、本作のベストアクトといっても過言ではない。これらの柱がしっかりとしているので、以前はうすら寒さすら覚えた相方イジりも活き活きとしている。絶頂期ほどの勢いはないが、ここには確かにトータルテンボスの進化した漫才が在る。

なお、特典映像には、ギャグ村トモヒロなる人物のライブと、ギャグ村のライブを見守る笑い屋のオーディション風景を収録している。まさか、21世紀の真っ只中に、あの番組のパロディを見ることになろうとは……。


・本編(123分)
漫才「怒り方」「ズレた怒りポイント」「交渉人」「正統派のおっさん」「金の斧、銀の斧」「サトラレ」「毛ミングアウト」「部活の親友」
今日のいたずら「壊れ自転車」「火綿灰皿」「シャワートイレ」「誕生日ケーキ」「コロコロパンティー」「おっぱい携帯」「タコさんウィンナー」

・特典映像(23分)
「ギャグ村トモヒロ 一発ギャグライブ」
「壮絶!「ギャグ村トモヒロ 笑い屋オーディション」」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント2度目。自分は静岡出身なので、トータルテンボスは数多いる漫才師の中でとりわけて思い入れの強いコンビのひとつです。もちろん同郷ということだけが理由ではなく、ネタの精度は多くの漫才師のなかでずば抜けていますから。

で・す・が・・・。今回の「漫遊記」を見ての自分の感想。この「漫遊記」、良作か愚作かでいったら愚作です。前回バカリズムのSPORTSについてコメントしたときは筆者さんの意見も尊重しましたが、今回ははっきり言わせていただきます。今作は失敗作です。前作「アフロの森のおふざけモンキー」ではなく、今作「漫遊記」こそが、「落ちぶれたトータルテンボス」を如実に表している一枚だと思います。今作を肯定することはトータルのためにもならないと思っているから、こんなにも厳しく言うのです。

今回のライブが失敗作である、それには、動かぬ証拠があります。去年のTHE MANZAIです。吉本の優勝者予想の中でぶっちぎってトップに立っていたトータルテンボス。サンドウィッチマンをして「トータルテンボスになら、負けても納得できた」と言わしめたコンビですから当然といえば当然です。しかし結果は、まさかまさかの・・・。このDVDは、そのTHE MANZAIの本戦サーキット真っ只中の時期に収録されたものです。
前作「アフロの森のおふざけモンキー」の時期はネタの爆発力に陰りが見えたことは確かですが、それでもしっかりオンエアバトルチャンピオン大会で3度目のチャンピオンという結果を残しました。そうして不調なときですらちゃんと形ある結果を残してきた彼らが、決勝のステージに立つことすら出来ない。これは、今の彼らによほどの問題点がない限りありえない事態のはずです。

彼らはこの漫遊記の中から客席アンケートでの人気度を参考に自分たちで考えた結果、この中から「サトラレ」「部活の親友」の2本をチョイス(後者には「怒り方」のボケもミックスされていたが)しました。その結果、・・・。


とくに「サトラレ」は大失敗も大失敗です。まず10年も前の映画をもってきては、設定がそもそもピンとこない人間は少なくないでしょう。自分も初めて見たとき「あー知らないな・・・。」と思ってしまった人間のひとりです。(自分は今大学生です。)
しかも2004年の決勝のネタを露骨に意識した内容。このネタが好きというファンはだからこそ面白く感じたのかもしれないですが、忘れているのでしょうか、あの年は7位、後の「ザ・最下位コンビ」POISON GIRL BANDをも下回る結果に終わってしまったことを。(こう言うと嘲笑っているようですが自分はPOISONもまあまあ好きです)

こういった理由から僕は、「このネタだけはやめたほうがいいな・・・」と思っていた矢先でした、彼らがサーキットであろうことか本当にこのネタをぶつけてしまい、結果は僕の読みが大方当たってスベり気味だったと・・・。本当にスベることをサトラレていたのです。これではサトラレではなくスベラレです。マジで、テンションサゲラレです。
と、批判しておきながらネタで遊んでしまいましたが・・・04年のネタは、「~ル」という名詞を動詞化するという言葉遊びの発想が面白く、もっと点伸びてもよかったとも思えます。しかしこの「サトラレ」はこんな感じで動詞だったらなんでもすぐにできてしまうわけで、言葉遊びになっていません。名詞などに「ラレ」をくっつけるくだりもありますが、それでも04年のネタの劣化版に見えるというのは変わりません。
こういうふうな難点がいくつもあり、僕と似たような感覚の人が本番でも少なからずいたから、彼らは決勝を前にルクプることとなってしまったんだと思います。


ここまでひとつのネタだけを取り上げてきましたが、さらに今作では多くのネタで、トータルテンボスの弱点が露骨に現れています。「台本追ってる感」です。これについてはまったく改善されていません。どちらかというと悪化しています。藤田さんについてはわざとデフォルメして不自然にツッコんでいる部分もあると思うので個人的にはあまり気になりませんでしたが、大村さんの台本追ってる感は深刻です。「ズレた怒りポイント」「部活の親友」などは特に、早口兼セリフ棒読み。これもTHE MANZAIの結果に少なからず影響を及ぼしたのでしょう。

アメトーークの小忙しい芸人の収録に小忙し過ぎて参加できなかったという逸話をもつ今の彼らですから、十分に練習できないのは無理もありません。しかしこの「台本追ってる感」は07年のM-1でサンドウィッチマンと実力が互角ながら勝てなかった原因としてしばしば指摘されます。この弱点を早々に改善しないと、この先全盛期の勢いを取り戻し、THE MANZAIのような大型の賞レースで陽の目を見るのは難しいでしょう。
おまけに、筆者さんも彼らのネタの過剰な「相方いじり」については苦言を呈しておられますが、今作では相方いじりのくだりはしっかりと8本すべてのネタに、抑えられることなく入っています。正直言うと自分は、前作の相方いじりの方がネタの構成にうまく溶け込んでいるようで好みでした。

コント漫才の数を減らして今までなかったようなパターンのしゃべくり漫才を数多くもってきたことなどは確かに評価に値することだとは思いますが、ここまで述べてきた問題点を考慮に入れると、今作の完成度は「アフロの森のおふざけモンキー」と同程度か、むしろ少し下回っていると思われます。(自分は筆者さんほど前作の漫才は手抜きだとは思わなかったんですね)


と、ここまでだいぶ辛口の意見を述べてきましたが、この僕でもこのDVDのなかでお気に入りのネタは存在します。「金の斧、銀の斧」「毛ミングアウト」の2本です。これらは自分の中でトータルの好きなネタ上位に食い込むか、と思われました。しかし・・・。
このDVDではこれらのネタは、僕が観覧した静岡公演と比べて、盛り上げどころの部分がかなり削られてしまっています。収録されたとき既に外されていたのか諸事情により編集したのか判断しかねますが、とにかく僕がライブで見たとき気に入ったくだりがカットされてしまっていて、これらのネタが本来もつ面白さの60~70%程度しか発揮されていません。特に毛ミングアウトは、「なぜそこを削ったのだ!」と未だに不平を抱いています。僕が見たときはもっと終盤の歌ネタのくだりが長く、そこでターボチャージャーが作動したかのような大爆発が巻き起こっていたのですが・・・このDVDでは、歌ネタのくだりが妙にあっさり。
というわけで、今作の中で数少ない救いとなるネタすらも、このDVDでは満足に見られないのです・・・。

(なお前回共々、コメントに自分がライブを生で観覧したときの経験を交えていますが、自分が好きな芸人のライブを生で見るようになったのは高校を卒業してから、つまりごく最近です。それまではDVDとテレビ、あるいはネット動画に依存した、筆者さんとほぼ同じようなお笑いファンでした。)

筆者さんに反論する内容な上に超長文、しかも文章力の無さから所々言葉が支離滅裂になってしまい誠に申し訳ありません。ですが自分はトータルテンボスを心から愛する人間だからこそ、敢えてこのようなコメントを記したのであるということを、最後に繰り返しておきます。この先彼らがこのどん底から再浮上して栄光を勝ち取るか、はたまた這い上がることなくさらに地の底を行くのか。そのすべては、今年のツアー、そして今年のTHE MANZAIに賭かっています。

No title

物凄く熱気のこもったコメントに、思わず目を見張ってしまいました。そして、「こういう時代もあったなあ…」と、もっと笑いに対して情熱的になっていた頃の自分を思い出してしまいました。いいですねえ。熱いですねえ。正直、私はそこまでの思い入れを持って、本作に対して臨んではいませんでした。そこを、まずは謝罪させていただきます。

さて、御指摘の件ですが、『サトラレ』『部活の親友』については、私自身も似たような印象を受けました。『サトラレ』はいくらなんでも題材が古すぎるだろうと思いましたし、『部活の親友』は悪くはないけれどもパンチが無いネタだとも思いました。正直、この二本のネタでTHE MANZAIに挑戦したという話を聞いて、驚きを隠せません。『サトラレ』が04年のM-1を明らかに意識しているというのも、正しい指摘であると思います。ただ、これに関しては、私は彼らが原点に立ち返ろうと試みたのではないかと、比較的ポジティブな印象を受けました。進むべき道に迷った時、人は原点へと立ち返るものです。……まあ、『○○る』のネタが、彼らの原点といえるのかどうかは分かりませんが。M-1決勝に進出した、記念すべきネタですしね。

「台本追ってる感」については、これまで意識したことがありませんでした。が、御指摘を受けて、なるほどと思わず膝を打ちました。自分の中では、もはやそれは不自然に感じられるものではありませんでしたが、確かにその傾向はあるかもしれません。ただ、相方イジリについては、私はどうしても違和感を覚えてしまうというか、あまり好きになれないところがあるので……その印象の違いが、私と貴殿の『アフロの森のおふざけモンキー』と本作に対する評価の差を生み出しているのかもしれません。

わざわざ、このような場末のお笑いブログに、熱意のこもったコメントを有難う御座います。私も貴殿のように、またお笑いに対して情熱をもって見つめられる真人間に戻りたいと思います。今後とも、どうぞ宜しくお願いします。あと、お互いTHE MANZAIを楽しみに……。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。