スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸人さんのベストDVDとベストコントを聞かれたので、答えてみた。

実は以前から「ザ・インタビューズ」というものをやっているんですが、先日、そこでこんな質問を受けました。

東京03、ラーメンズ、バナナマン、バカリズム、この中で「ベストDVD」と「ベストコント」をそれぞれ一つずつ挙げるとしたら、どの作品を選びますか?


なかなか面白い質問だと思います。お笑いマニアであれば、一組ずつ丁寧に考えて回答を導き出し、ついでに聞かれてもない事細かな解説を掲載することでしょう。ところが、この質問を目にした時の私の健康状態は、あまり芳しいものではありませんでした。それ故に、当時の私はこの質問に対して、非常にザックリとした回答のみを掲載してしまいました。無論、それでも問題は無いでしょう。聞かれていることには、ちゃんと答えているわけですから。

しかし、恐らくこの質問を考えた方は、その理由についても聞きたかったのではないでしょうか? 「あの素晴らしいブログを運営されている素晴らしい人は、どんな素晴らしい理由で素晴らしい回答を送ってくれるのだろう?」と、心を躍らせていたのではないでしょうか。もしかしたら、そんなことはなかったのかもしれませんが、その可能性について考えて、私は悩んでしまいました。「ああ、私はもっとちゃんとした回答を送るべきではなかったのか」「面白い回答に期待されていたのではないだろうか」「質問者はもしかしたら立川流家元の亡霊なのではないだろうか」と、来る日も来る日も夜しか眠れない状態が続きました。嘘ですけど。

と、いうわけで。この質問に対する回答について、ブログの方で補填しようと思った次第です。まあ、質問者の方以外の人たちは興味が無いかもしれませんが、お暇でしたらお付き合い下さいませ。
 
■東京03のベストDVD
第12回東京03単独ライブ「燥ぐ、驕る、暴く。」 [DVD]第12回東京03単独ライブ「燥ぐ、驕る、暴く。」 [DVD]
(2011/11/16)
東京03

商品詳細を見る

当初は『スモール』か『自分、自分、自分。』のどちらかを選ぼうと思ったのですが、最終的に本作を選択することになりました。というのも、彼らのコントは回を重ねるごとに、どこかしらか進化しているからです。なので、どうしても過去の作品よりも、最近の作品になってしまいます。また、本作は全体のバランスがとにかく素晴らしい。失敗談を面白可笑しく演出して語る先輩を言及する『鬼才』のような日常的シチュエーションから、真剣な話が全然違う方向に転がっていく『家族会議』のようなザ・コントなものまで、とにかくバラエティ豊富。それに加えて、特典映像には、従来の東京03とはまた違った味わいのユニットコントも収録。テーマソングの完成度の高さなども考慮して、本作となりました。

■東京03のベストコント
第7回東京03単独ライブ「スモール」 [DVD]第7回東京03単独ライブ「スモール」 [DVD]
(2008/11/12)
東京03

商品詳細を見る

東京03のベストコントといえば、私の中では『卒業生』(from『スモール』)に決まっています。まあ、『コンビニ強盗』や『陰口』、『営業トーク』なども捨てがたいのですが、なにせ初見の衝撃が大きかったので。「卒業生の顔を思い出せない先生」というベタなシチュエーションを、もうこれでもかと掘り下げていく様子がたまりません。ちなみに、このネタは「爆笑オンエアバトル」でも披露されて、無事にオンエアされていましたが、あの短い時間ではこのネタの本質が見せられていなかったように思います。当時、放送を見て「つまんねーなー」と思った人には、この単独公演バージョンを是非ともお薦めしたいです。きっと、本当の面白さを分かっていただけると思うので……。

■ラーメンズのベストDVD
ラーメンズ第12回公演『ATOM』 [DVD]ラーメンズ第12回公演『ATOM』 [DVD]
(2009/10/21)
ラーメンズ

商品詳細を見る

一回一回の本公演を大切に演じているイメージの強いラーメンズ。まあ、他の芸人さんもそうだとは思いますが、その中でも彼らは殆ど舞台でのみ活動しているという特殊なケースなので。とてつもないこだわりを持っていると言っても過言ではないでしょう。そんな彼らの本公演の中でも、ダントツといっても過言ではないクオリティを見せているのが本作。お笑いライブとは思えない独特の緊張感が漂う中で繰り広げられる、喜怒哀楽の感情を刺激する不可思議なステージ。“落語”をパロディした『新噺』でニヤつかされたと思ったら、冷凍保存されて現在の日本に現れた男の発言に涙を禁じえない『アトム』、なんとなしに繰り広げられる雑談から一転……『採集』など、とにかくコントという概念を破壊しかねないコントばかり。ラーメンズのベストを選ぶとしたら、これか『TEXT』になるでしょうね。

■ラーメンズのベストコント
ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]ラーメンズ第17回公演『TOWER』 [DVD]
(2010/09/15)
ラーメンズ

商品詳細を見る

本公演もそうですが、ラーメンズは一つ一つのコントだけでも凄い完成度を見せていることが多いです。その中からベストコントを拾い上げるというのは、なかなか容易ではありません。独自の世界観と片桐という存在を同時に提示する『現代片桐概論』、シュールなようでいて実はキャッチーな『読書対決』、片桐が表現力の限界に挑む『タカシと父さん』など、初期のコントだけでも名作だらけ。その中から私が選んだのは、『名は体を表す』(from『Tower』)です。ラーメンズは初期の頃から、イメージの共感による笑いを重視して来たように思います。「あ、それ分かるなあ」「なんとなく理解できるなあ」と観客に思わせる、絶妙なイメージによる笑い。『名は体を表す』は、それのみで展開しているコントです。オールニュアンス。ハマるかハマらないかは人それぞれでしょうが、当たれば間違いなくホームラン! さあ、あなたも乗り込め、カマンチョメンガーッ!

■バナナマンのベストDVD
バナナマン~ペポカボチャ~ [DVD]バナナマン~ペポカボチャ~ [DVD]
(2003/03/26)
バナナマン

商品詳細を見る

最近はタレントととしての活動も増えてきて、あまりライブに力を入れられなくなってきたのではないかというイメージの強い彼らですが、その単独ライブは変わらず不可思議な世界に包まれています。ラーメンズほどのこだわりを感じさせない、なのに、なんだかんだでバナナマンにしか生み出せないコント。そのコントを言葉で表すのは、どうも難しいです。そんな彼らの単独ライブも、なんだか不可思議。夢の中のようなコントもあれば、青春まっしぐらの青臭さが漂うコント、人間という存在を嘲笑するかのような捻くれたコントなどもあったりして。それなのに、どれもこれもバナナマンなんですよね。もはや彼ら自身が不可思議と言ってしまってもいいのかもしれません。そんな彼らのベストDVDは、『ペポカボチャ』です。近年の口演DVDにも素晴らしい作品は多く、例えば、アングラな世界観に光が差し込んだかのような分岐点を思わせる『Sugar Spot』、月のように幻想的なコントがたまらなく美しい『wonder moon』なども秀逸なのですが、私はどうしてもこの『ペポカボチャ』のことが捨てられないんです。それくらい、凄い。

■バナナマンのベストコント
バナナマン~ペポカボチャ~ [DVD]バナナマン~ペポカボチャ~ [DVD]
(2003/03/26)
バナナマン

商品詳細を見る

『ペポカボチャ』の何が凄いのか。このライブは、それまでアングラ的な世界観のコントを演じ続けてきたバナナマンの集大成であると同時に、新たなる世界への飛翔を感じさせる内容になっているんです。そんな本作には、カボチャを使って設楽が日村を言葉巧みに奴隷にしてしまう『pumpkin』、「泣いた赤鬼」をモチーフとした優しい童話を思わせる『mountain』、雨の日に大人の二人がウェットなやり取りを展開する『rain』など、名作と呼ぶに相応しいコントが幾つも収録されていますが、中でも究極は『secretive person』でしょう。日村と設楽が何気なく繰り広げていた雑談の見えない部分が明らかになっていく様は、推理小説を読んでいるかのような快感を覚えさせてくれます。このネタは『バナナマン傑作選ライブ bananaman Punch』にも収録されていますが、鑑賞する際は是非とも原典を先に見ていただきたく願います。

■バカリズムのベストDVD
バカリズムライブ「クイズ」 [DVD]バカリズムライブ「クイズ」 [DVD]
(2010/09/22)
バカリズム

商品詳細を見る

本作に関しては、ネタのタイトルを見ただけでネタの内容が思いだせるかどうか、というシンプルな基準で判断しました。なにせ、バカリズムのライブは全体のバランスよりもネタの内容を重視しているところがあるので、クオリティの高さでどうこうで考えるのは面倒臭いなあ……と(四組目で疲れてしまった模様)。というわけで、本作。金八先生に憧れている教師の授業が繰り広げられる『暮れなずむ町』、円周率が言える少年の苦悶を描いた『3.14』、正義感が強いだけの男が人を助けようとする『正義感』……どれもはっきり覚えているし、なにより面白かったという記憶が強く残っていました。しかし、その中でも面白かったのが、

■バカリズムのベストコント
バカリズムライブ「クイズ」 [DVD]バカリズムライブ「クイズ」 [DVD]
(2010/09/22)
バカリズム

商品詳細を見る

『正直村と嘘つき村』です。これは、正直村の人間と嘘つき村の人間のどちらか分からない人間に道を尋ねる……そんなクイズをモチーフにしたコントです。細かい部分を説明すると面白さが半減するので書きませんが、バカリズムの意地悪な視点が上手く取り入れられた、物凄いコントになっています。……バカリズムのコントは発想重視だから、説明し辛いのが面倒臭い! とにかく面白いよ!

以上、回答の補填でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕はラーメンズさんのコントだと「study」ですかね。
特に「ホコサキさん」が好きです。

バナナマンさんは「疾風の乱痴気」ですね。
バナナマンさんのすごさがよく分かります。

東京03さんはライブ名はわからないですけど
最近のコントですと「フォロー」ですね。誰も悪くないところがおもしろいです。

バカリズムさんのはそんなに見てないですが、「見よ勇者は帰りぬ」が好きです。
アホやなと思いましたw

No title

『study』も悩んだんですよねえ。
全体のバランス感覚が素晴らしい公演だと思います。
個人的には『QA』が好きです。やっぱニュアンスが好きみたい。

『疾風の乱痴気』もいいですよねえ。
アングラ時代のバナナマンに似た空気が漂っている気がします。
個人的には最後のコントがもう一押し欲しかったところですが。

『フォロー』、名作ですねえ。
『図星中の図星』で披露されたコントです。
そうそう、誰も悪くないんですよね、あれ。そこがまた、たまらない。

『見よ勇者は帰りぬ』ですか。
意地悪なバカリズムが見られるコントですよね。
好みは分かれるところだとは思いますがw

No title

コメント3回目。あ、PNを猫パンチからネコグルマに変えました。

そうです、前回トータルテンボス記事に非常に長文で煩わしいコメントをさせていただいたあいつです(笑)。まあ今日は前回ほど痛いことは言わないつもりなのでご安心を。

そうですね、自分は・・・。実は、バカリズム以外の3組のDVDは、持っていません(汗)。ですがバカリズムのコントライブはコンプリートしていますし、それぞれ擦り切れるほど見ています。(バカリズム案は、③以降を買ってない・・・。金銭的な問題もあるし、自分はやっぱりコントが升野さんの真髄だと思っているので。)

さて、で、バカリズムのベストDVDはどれか・・・奇しくも今回は、筆者さんと同意見です。「クイズ」が、ネタの平均値が最も高かったと思います。ネタの着眼点、構成などすべてが。

「正直村と嘘つき村」は自分もお気に入りです。迫真の演技に驚愕し、村人の質問に対する答えに心底笑わされ、オチからエンディングに入るところではもう笑いというより、薄ら感動してしまったネタです。

ですがクイズには、このネタともうひとつ自分のお気に入りのネタがあります。「久保家の縁談」です。子供のような発想ですが、途中のイリオモテヤマネコのくだりがたまらなく最高です。この一手だけで、他の芸人のネタ一本分は軽く凌駕するくらい笑わされました。

バカリズムの好きなネタランキングを決めるにあたって上位に食い込むネタが2本も入っている、ここが自分の中では本作のポイントです。
ほかにも「図るなら」は後半のブラックな展開がツボにはまりますし、R-1では不発だった「正義感」すらもDVDではまったく違う耀り様。
ただ、客席アンケートでは人気だったという「3.14」だけは、自分はいまいち笑えなかったですね・・・。展開という展開もなく詰まっているだけなのが・・・。(せめて3.141592・・・ぐらいまでは頑張れや、と思う(汗))

ベストDVDの次点は「SPORTS」かな。ここは筆者さんと食い違っていますが・・・コメント済なので省略します。特典映像のボリュームの少なさは、自分も少し「うーん・・・。」でしたが。

ベストネタはどうか。自分も一瞬「正直村と嘘つき村」かな・・・と思いましたが・・・自分の場合は、これを超えるネタがひとつだけ浮かびました。
「科学の進歩」に収録されている、「あの坂をのぼれば」です。升野さんがこのライブの中で一番苦労して作ったネタだそうで、「それなのに、一番適当に作った『にゅーす』の方がウケてしまった・・・」と嘆いたというエピソードがありますが、自分はにゅーすより「あの坂をのぼれば」が印象に残っています。
インフルエンザを患って家で寝ながら本作を再生したとき、このネタでもう、病気など吹っ飛んでしまうくらいの勢いで笑ってしまった。このコントの個々のボケの破壊力は群を抜いていると思います。
正直、自分の中では「これを超えるネタは永遠に作れないんじゃないか?」と今も密かに思っているネタです。

だが来週に迫ったコントライブ「運命」では、バカリズム史上最長、20分を超える超大作コントを披露予定とのこと。「正直村と嘘つき村」、「あの坂をのぼれば」を超える作品がついに現れるかもしれません。
最近ますます多忙なので、前回みたいに準備不足が指摘される可能性もありますが・・・。とにかくライブ、DVDが楽しみです。

No title

いえ、こちらはさほど気にしていませんが…それだけの熱意と文章力があるのであれば、ブログをやられた方が宜しいのではないですか?(既にやられているのであれば話は別ですが) 皮肉などではなく、純粋にそう思うんですけど…どうですかね?

『あの坂をのぼれば』は僕も悩みました。面白いですよねー、あのコント。テーマもさることながら、夢の世界がリアルで。たまりません。『にゅーす』も好きなネタですが、内容の密度という意味では『あの坂をのぼれば』の方が惹かれるものがありますね。

No title

あっ、URL貼るの忘れてた。
ブログやってますよ。
まだお笑いのことはあまり書いてないんですけど、好きな芸人のライブ見に行ったり、THE MANZAIやKOC決勝が近づいてきたらいろいろ書くつもりです。

No title

ああっ、どうりで語り慣れていると!
…っていうか、前のコメントでもURL貼られてましたね。
どうも忘れがちでイケマセン。
お笑いライブのレポやコラム、楽しみにしてます!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。