スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金田一映画風に『バカリズム案5』を紹介してみる。

バカリズム案5 [DVD]バカリズム案5 [DVD]
(2012/06/27)
バカリズム


※以下の文章はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。
 
特報

「あら、お客さん“バカリズム庵”にお越しになられるんですか?」
「“バカリズム庵”?」
「ええ。地元の人間は皆、あそこを“バカリズム庵”と呼んでいるんです」

史上最高の
ミステリー、再び


「あの屋敷に住んでいる升野翁は、
かつてバカリズムという芸人として活躍しておられたのです」
「ほう」
「だから、地元の人間の多くは、
升野翁の屋敷を“バカリズム庵”を呼んでいるのであります」
「なるほど、だから“バカリズム庵”ですか……」
「あの辺り一帯、全て升野翁の土地です。
その広さ、TSUTAYA前橋みなみモール店およそ8個分に相当します」

そして起こる


「金田一さん! 升野翁が殺されました!」
「なんですって!」

「升野翁の身体を調べてみたところ、体内からDHMOが検出されました」
「DHMO……?」
「一酸化二水素、水酸の一種です。
升野翁は、これを大量に吸引したことで死亡した、とのことです」

めくるめく
謎、、謎


「金田一くん、実は升野翁の経歴を洗ってみたんだけどね……」
「えっ? 一割だけ嘘が混ざっている?

「ご覧ください。これは、升野翁が録画していた番組のビデオテープなんですが」
「……『笑っているとも』?」
「何故か『笑っていいとも』だけ、タイトルが違うものになっているんです」
「どうして、升野翁はこんな妙なことを……?」

「祟りじゃ~!妖怪土地ころがし様の祟りじゃ~!」

事件の真相は?

そして、犯人の正体は?


「実はですね……私、島根県の奈幸市に行って来たんですよ」
「……!」

椋溝止史ミステリー
『バカリズム庵の

鋭意制作中止……


・本編(65分)
「自分に関する案」「音楽に関する案」「表現に関する案」「妖怪に関する案」「妖怪に関する案」「番組に関する案」「想像に関する案」「化学に関する案」

・特典映像(32分)
「没案」「雑案」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうしちゃったの?

No title

1.石坂金田一映画にバカはまりしていた。
2.『バカリズム案』は発想重視のライブのため、何を書いてもネタバレになる危険性があった。
3.ならいっそ、そういうノリで遊んでやろうという結論に至った。

と、いうことです。…ていうか察して!
こういうことをきちんと説明するのって、けっこう恥ずかしいんですよ!

No title

コメ欄も含めて、ワロタwww

No title

笑ってください、もう色んな意味でw
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。