スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックンロールイズノットデッド』なら、君は生きるか。

ロックンロール イズ ノットデッド(DVD付き初回限定盤)ロックンロール イズ ノットデッド(DVD付き初回限定盤)
(2012/07/11)
サンボマスター

商品詳細を見る

サンボマスターのニューアルバム『ロックンロールイズノットデッド』を購入する。「サンボマスター好きなんですか?」と問われれば「まあ、それなりに」と答える程度の私では御座いますが、気が付けば過去のオリジナルアルバムは全てチェックしており、にも関わらず、心のどこかで「ファンといえるほどの熱意はない」などと冷めた態度を取っている次第で。あにはからんや、かんかんのうのきゅうのれす、といった具合。

そんな唐変木な私にも響くロックンロールミュージック、オリジナルアルバムであるならば頭の先から尾っぽの先まで一気に聴きこむのが礼儀でしょうと泉谷しげるがいうと、ナニッと怒ったが思い直したように私、三条へ行かなくちゃ、堺町のイノダっていう珈琲屋へね、なんてタカダワタル的なコメントを残して立ち去った……って、いよいよ何を書いているのか分からなくなってきた。深夜のテンションは実におぞましい。兎にも角にも、オリジナルアルバムは頭から最後まできちんと通して聴くのが礼儀と考える、それが私という人間なのであるが、にも関わらず、一曲目のアルバム表題曲『ロックンロールイズノットデッド』を何度も何度も何度も何度もリピートして再生しているという事態に陥っている。なにせ名曲、というほどではないが、なにせ名詞、というほどでもないが、なにやら妙に心に沁みた、沁み込んだ、チョコレートがぎっしりと詰まったトッポってスゲェよな、状態なのである。

さあ不肖私、この曲が生まれた理由なんてまったく知らない、特に知りたくもないという無精者で愚か者なのだが、まあ人それぞれに感じ方って別っしょ、なんてバイトの後輩みたいな感覚で何度も何度も何度も何度もリピートしている次第だが、私はこの『ロックンロールイズノットデッド』を、あの、あまりにも悲しい、悲劇的で、陰惨な事件と、重ね合わせ、それと同時に、かの中学生時代、あまりにも辛く、憂鬱で、何処かへ逃げ出したかった時代の自らを思い出し、そうだ、その頃の私は、こういう言葉が欲しかったのだと何度も頷いてしまうのである。

どれだけの悲しみがあったのか 今僕に話してくれないか
心の中にかくれた本当の君に逢いたい
震えるほどの夜をこえて昨日のさびしさにさよならを
本当の君が今世界で 一番の光を放つんだよ

何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ
強く願って明日を変えたい ロックンロールイズノットデッド
誰にも言えない孤独だとか 君の不安を終わらせに来た
君が生きるなら僕も生きるよ ロックンロールイズくたばるものか
ロックンロールイズノットノットデッド


ロックンロールが本当に、あの頃の目の前に悲しみしか見えていなかった自分のことを助けてくれるかどうかなんて分からないし、そんなことをいわれたからって「そんな無責任なこというなよ」なんて中学生特有の反抗的な態度を取る可能性だって否定できないし、それでもこの曲を、あの頃の情けなくも生きていた自分が聴いていたら、ちょっとは気持ちが楽になって、サンボマスターのライブくらい行っていたかもしれない、そして狭苦しい世界の外の世界に住んでいる仲間たちのことを知って、新たなる道を開いていたかもしれない、なんていうことは今の大人な自分だから口にできる無責任論理だってことは承知しているが、ロックンロールが死なないから死ななかった子どもはけっこう世の中にいるんじゃないか、なんて根拠のない言葉を口にしてしまいたくなる今日この頃なのである。

空っぽに聞こえるかもしれない浅墓な言葉に聞こえるかもしれない、でもそんな言葉で救われる人がいるかもしれない。そういう意味では、いつだって言葉は誰かを救っているのかもしれない。知らないけど、そんな気がする。かくしてロックンロールイズノットデッド、かくしてロックンロールは鳴り止まないっ、のである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッターでお世話になってます!こちらにコメントするのは初めてです(*^^*)わたしはサンボマスター大好きなんですが、菅家さんのこの感想は心に染みました。ロックンロールイズノットデッドを聴いてわたしもずっと、こういう言葉が欲しかったんだな、と思いました*「そういう意味では、言葉はいつも誰かを救っているのかもしれない。知らないけど、そんな気がする。」この文章、最高やと思います(^o^)もし気が向けば彼らのライブにも是非行ってみてください(^^)/ものすごいんで!!

No title

ギリジンアイコンの方ですかね?
…名前じゃなくてアイコンで覚えるタイプなのです、間違ってたらスイマセン。
このテキストは完全に勢いオンリーで書き上げたものなんで、その文章も単なる思いつきですw
ただ、その瞬間、僕に言葉の神が下りてきたという可能性も否め…いや否む否む!
ライブ…そこまでの熱意はまだ…しかし興味はあります。むう。

そうです、ギリジンアイコンの者です(^^)/勢いの文章だからこそ、正直な気持ちが伝わってきてよかったです*前回はなかなかの暑苦しいコメントをしてしまいすいません;サンボマスターを聴いてる人が周りにいないので、ついテンションが上がってしまいました(^o^;)
もっと彼らの歌を聴く人が増えてほしいな、と思います*

No title

いえいえ、ロックとはそういうものだと思っております。
余談ですが、これをきっかけに過去のサンボマスターのアルバムをさらっています。
『I LOVE YOU』もええですね。泣けます。

早速拝見(^ ^)

私のiPhoneさんでは再生できんかったですヽ(;▽;)ノ

ちゃんと聞きたいから今度借りてこよーかな…サンボマスターさんはナルトだか←うろ覚え(^^;;なにかのアニメの主題歌になった曲しかちゃんと知ってるのないもんで(^^;;


No title

いい曲なので、ぜひぜひ。

アニメの主題歌になっているのは、ナルトとブリーチのヤツですね。
『青春狂騒曲』か『光のロック』か。

No title

サンボマスターだいすきな者です(^^)
ロックロンロールイズノットデットの歌詞なんですが、

>震えるほどの夜をこえて明日のさびしさにさよならを

ここ
明日じゃなくて昨日です(^^)

細かくてすみませんw

No title

ありゃ! まー。
勢いで書くと、どうもこういうミスをしがちでいけませんな。
謹んで、修正させていただきました。どもっ!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。