スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DJやついいちろう プラチナディスク』

PLATINUM DISCPLATINUM DISC
(2012/07/25)
DJやついいちろう(エレキコミック)

商品詳細を見る

エレキコミックのボケもやっている音楽DJ、やついいちろうによる新作MIX CDが先日リリースされた。やついが手掛けているCDがリリースされるのは、今回で四作品目。第一弾がリリースされた2009年から、およそ一年ごとに新作が発表され続けている。好評なんだろう。実際のところ、やついが手掛けるCDは非常に口当たりがいい。MIX CDというと、なんだか一定のジャンルに偏っていて、やたら近寄りがたいマニアックなイメージが強いが、やついの選曲はポップもロックもヒップホップも混ぜこぜにしていて、何にも属さない、しかし徹底的に「ノリの良さ」が重視された内容になっている。ノーボーダー!

それでも、昨年の作品『ゴールデン・ヒッツ』は些かサブカルチャー方面に偏り過ぎていた印象を与えられたので、このまま、そっちの方向に流れて行くのではないかと思っていたのだが……これがまた嬉しい誤算。本作は、サブカルチャー的な色合いを残しながらも、ポップさを決して見失っていない秀作に仕上がっていた。個人的には、もうちょっとメジャー寄りになっても良かったようなに思うが、この程度の個性を主張するくらいが作品としては丁度良いのかもしれない。また、今回は、それまではあまり関心がなかった、曲の繋ぎにグッとくることも何度か。『じょいふる』(いきものがかり)からの『夜明けのBEAT』(フジファブリック)、『ナンダカンダ』(藤井隆)からの『だいすき』(岡村靖幸)は、何度聴いても素晴らしい! このあたりは好みによるところも大きいのだろうが、良いぞ。

「芸人が手掛けるMIX CDなんて……」と購入を躊躇されている人もいるだろうが、それは本当に勿体無い! これまでに四枚のMIX CDを手掛けてきたという実績を裏打ちする、確固たるノリの良さがそこにある。気楽に手に入る幸せの入り口、その素晴らしさはまさにプラチナ級! ……っていうのは、流石にちょっと大袈裟か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。