スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オンバト+」八月十八日放送感想文(秋田)

■キャプテン渡辺481kb/1,114票】※会場審査1位
十戦九勝、今期二勝目。前回は自己最高記録を更新、今回も高記録を叩き出したキャプテン。R-1ぐらんぷりでの屈辱は何処へやら、すっかり順風満帆といったところ。今回のネタは『クズティブシンキング』。「ポジティブ」でもなければ「ネガティブ」でもない、クズティブを提唱する。これまでの“クズあるある”に創作性を加えた漫談で、ちょっとだけヒューマン中村のフォーマットを思い出す。面白かったが、まだまだ発展途上の段階に思える。今後の進展に期待したい。ところで、今回からキャプテンの衣装が変わったのだが、クズネタをやるのであれば、あのシャレオツな衣装はどうかと思う。

■ラバーガール481kb1,757票】※会場審査1位・視聴者投票1位
十戦全勝、今期二勝目。「オンバト+」になってからは無傷の連勝を続けていた彼らが、とうとう無傷の10連勝を達成。このまま勝ち続けるのも悪くはないが、とっとと番組を卒業したい気持ちもあるのでは……。今回のネタは『電器屋』。ラバーガールは過去に二度、このシチュエーションのコントを演じている。どんだけ電器屋好きなんだ。普通にボケとして発せられるボケも面白いのだが、「ウチの実家で使ってるヤツどれだかわかります?」「今日は仕事休みですか?」など、さりげなく放り込まれるブッ飛んだボケがやたら面白い。ただ、あまり印象に残るネタではない。カチッとハマる部分が欲しかった。

■オキシジェン【457kb/961票】
三戦全勝、今期二勝目。プロレス技を取り入れたコントを止めて、漫才にシフトチェンジした途端、安定したキロバトルを叩き出している彼ら。身体を壊してしまったが故のシフトチェンジと聞いているが、結果的に正しい選択だったといえるのかもしれない。今回のネタは『女子会』。女の子たちが集まって話をするという“女子会”について、話を展開する。前回での漫才もそうだったが、今回の漫才もどことなく寄席の雰囲気が漂っている。社会派なワードも飛び出して、実に玄人向けな空気。新しさは感じないし、むしろ古臭さが漂っているけれど、何故か惹かれる。一刻も早く、彼らを漫才協会に送るべきだろう。もとい、自分から行け! 飛び込め! そして浅草三銃士へ……。

■メンソールライト【477kb/1,359票】※視聴者投票2位
七戦五勝、今期二勝目。なかなか450キロバトルを超えられなかったメンソールライトが、遂に自己最高記録を更新。地方収録であることも多少は影響しているのだろうが、このまま勢いに乗っていきたいところ。今回のネタは、お馴染みの立ち飲み漫談。相変わらずの太田光っぽい動きに、思わずニヤニヤ。女性に対して悪態をつく小噺の数々は相変わらずだが、今回はそこへオチがビシーッ!と決まった。……先のオキシジェンもそうだったが、秋田県民は「ウマい笑い」に弱いのだろうか? 終盤の畳み掛けはダンディ坂野のジョーク集を彷彿。ダンディの時代が再び来たか!(※たぶん来てない)

■うしろシティ【453kb/1,229票】※視聴者投票3位
七戦六勝、今期初オンエア。毎回、クオリティの高いコントを披露しているにも関わらず、キロバトルがどうも安定しない彼ら。単純に番組にハマっていないのか、それともさほど傾向を気にせずにネタを披露しているのか。今回で七度目のオンエア、そろそろ安定感が欲しいところ。今回のネタは『不良』。ガンつけられたらすぐに手を出す不良と目を合わせてしまった少年の境遇があんまりにもあんまりなので、不良が物怖じしてしまうコント。不良コントとしては割と王道のシチュエーションだが、「なんで見てたんだよー!」「俺がバランス取ってんだよー!!」などのワードで強引に引き込んだ。ただ、個人的にはちょっと悲しみが強すぎて、さほど楽しめず。もうちょっと壊せたんじゃないかなあ。

■今回のオフエア
449kb:スパローズ
429kb:ぺんぎんナッツ
361kb:エガラモガラ
313kb:井下好井
285kb:ねじ

無傷の連勝を続けていた井下好井が、ここで土をつける。チャンピオン大会では厳しい結果となっていたものの、通常回では二度のオーバー500を記録していた彼らだけに、意外な結果といえるだろう。「THE MANZAI 2012」認定漫才師に選ばれたスパローズもここで敗退。まあ、彼らの場合は、全敗記録が続いているので、さほど驚きも感じないのだが。とはいえ、久しぶりのオーバー400でのオフエアは、さぞやショックだったことだろう(なんと「爆笑オンエアバトル」時代の2006年9月以来のオーバー400!)。

■次回
アインシュタイン
あどばるーん
AMEMIYA
エリートヤンキー
エレファントジョン
【初】大村小町
ザ・ゴールデンゴールデン
ジグザグジギー
トップリード
モエヤン

初代チャンピオンのトップリードが1年3ヶ月ぶりの参戦。そういえば、チャンピオンになっている間、通常回に参加していなかったんだっけか。元チャンピオンとしての意地を見せられるか。この他にも、前回オーバー500を記録したアインシュタイン、漫才師の腕を磨きあげているエレファントジョン、コント師として着実に成長を見せているザ・ゴールデンゴールデン、ジグザグジギーなど、気になる芸人が多い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スパローズはついてないなー
何故かHi-Hiが思い浮かびました。
ひょっとしたらスパローズもTHE MANZAIで爆発することが・・・・!?

No title

十分にありえるかと<スパローズも爆発
ただ、芸風が大会にハマるかどうか…相変わらず売れない芸人漫才やってるのかしら…。

No title

初めまして。
かれこれ5年近く前からブログを拝見させていただいております。

今回の秋田収録を観覧していたのですが、
1本目はオフエアとなった組も含め、どの組も会場はかなりウケていたなという印象でした。
また、会場では思った以上に年配の方々が多く、ウマい笑いへの反応が良かったのはそれもあるのかなぁと感じました。

No title

+になってから一番の良回でした。僕、満足!

場数を踏むとドンドン伸びてきますね!
ラバガ然りキャプテン氏然りメンソール氏然り。

スパローズは惜しかった!見たかったなぁ。

いつかはこの舞台に立ってみたい。

No title

>バースさん
はじめまして。そんな以前から…すいません、進歩が無いのにw
9位まで300kbですもんね(しかも、その9位が井下好井)。
さぞ会場は盛り上がったんでしょうね。次回も盛り上がりそう!
いいなあ、秋田…。

>慧輝さん
ラバガはともかく、残りの二組はまだまだこれからの人たちですからね。
オンバトで勝ち上がる方法が、だんだんと分かってきているんじゃないでしょうか。
それに慣れると、また大変だったりしますがw
あら、芸人志望なんですか?

No title

はい、芸人を目指しています。
目標はオンバトでオンエアを!

No title

オンバト無印時代はチャンピオン奪われてからの出もどりってありましたっけ。
もしプラスで初ならやはりお笑いの冬の時代なのかもですね・・・

No title

>慧輝さん
おーっ、そうなんですか。
その日が来るのを、今から楽しみにしておきます。わくわく。

>のめすぽさん
DonDokoDonやルート33が出ていた覚えがあります。
調べてみたら、ハリガネロックも一回出ているみたいですね。
ただ、それ以後のチャンピオンは出ていないみたいです。
皆、優勝してからすぐに売れて…。
そういう意味では、やっぱり冬の時代なのかもしれません。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。