スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレないオリエンタルラジオ。(再掲)

クイック・ジャパン77(Vol.77)クイック・ジャパン77(Vol.77)
(2008/04/10)
板尾創路、ピエール瀧 他

商品詳細を見る

『Quick Japan』(vol.77)を読む。今号は「板尾創路&ピエール瀧のTour de DAIBUTSU」「テレビ東京のツートップ 大江麻理子×大橋未歩」という、表紙企画としては、あまりにも地味な特集を行っているが、一方で「千原兄弟」「ジェロ×半田健人」「鳥居みゆき」などの濃い特集も行っており、なんだかよく分からない雰囲気を醸し出している。

その中でも特に目を引いたのが、オリエンタルラジオへのインタビュー記事だった。たった四ページだけのインタビューなのに、その中で語られていることが、やたら面白い。ただ、笑えるとかいうわけじゃなくて、興味深いという意味で面白い。とにかく、二人の考えがブレていない。自らが現在どう見られているのかを、完全に理解している。

彼らは当時、売れ始めた頃のことを次の様に振り返っている。

慎吾「傍若無人でしたよ、ホントにね。完全に自分たちの許容範囲を超えていたんですよね、あのころの仕事量は」
中田「仕事をもらえるありがたみをわかってなかったんですよね。むしろ、仕事を憎んでいた。ファンすらも嫌いでしたから
慎吾「ファンの人たちを睨みつけていた時期もありました」


中田「当時は根本的な価値観が完全にズレてたんですよ」


そんな時期を『ヨシモト∞』とともに乗り越えてきた彼ら。その後、バラエティ番組での冠番組が増えたことについても、冷静に自己分析を行っている。

中田「こんなことを自分で言うのはおこがましいですけど、実力で選ばれたんじゃないと思います。メディア全体が新しい血を欲しがっていて、そこにたまたま僕らがいたから選ばれただけだと思います
慎吾「元気があって、フレッシュで、勢いもあるから、とりあえずアイツらを置いておけ、というのはあったんじゃないですかね。技術は本当にまだまだですから」


そして、自身初の単独映像作品『十』がリリースされることに。普通の芸人なら、その内容について触れるところだろうが、中田はまず制作当時の自らの状況について語っている。

(お金と時間がたっぷりかかったことについて)
中田「問題なのは、その問題をあっさり通過してしまったことです。ほとんどキャリアのない若手に多額の予算が下りてしまった。しかも、なんの条件もつけられなかったので、好き放題やれたんです。どんな意見も通ってしまう。ようするに「やっぱりオリエンタルラジオは優遇されている」ということが証明されてしまって、周囲の悪意に晒されるという「業」を背負ってしまったんです。もうね、この『十』は「業」だらけのDVDです(笑)」


中田「本当はこういうことって、若いときに舞台でやっておくことだと思うんですよ。それで「オマエら、好き放題やりやがって」と言われながら、どんどん丸くなっていく。それを今になって僕らはこのDVDでやったんです。逆・成長過程ですよね」


コンビ結成からすぐに“武勇伝”というスタイルが世間に浸透し、365日生放送番組『ヨシモト∞』を開始し、様々なゴールデンタイムのバラエティ番組での司会を務め、『十』を発売……思えば、オリエンタルラジオはこれまで、芸人として実に波乱万丈に満ちた時間を過ごしている。

これから、彼らはどうなっていくのか。……そのことについても、オリエンタルラジオは語っている。

(毎週一本、新ネタを発表すると公表したことについて)
中田「きっかけは去年、賞レースに出ようと決意したことですね。勝ったら勝ったで出来レースといわれるかもしれないし、負けたらデメリットが大きい。でもね、じつはデメリットなんてないってことに気づいたんですよ。オリエンタルラジオって知名度は高いけど、面白いとは認識されていないんですから。結果、全部負けました。でも、それでいいんです。これが僕らの下積みなんですよ


中田「虚飾のスターとして捉えられているオリエンタルラジオを、生身の若僧として認識してもらうのは大事なことだと思うんです。負けてもいいから、みんなに血を見てもらおう、と」
慎吾「あっちゃん、かっこいい(笑)」


きっと、もう彼らがブレることはない。(08年04月15日・掲載)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。