スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どうした!?品川】について思う。

9月13日の『アメトーーク』において、【どうした!?品川】という企画が放送された。

その内容は、お笑いコンビ“品川庄司”のボケを担当する品川祐のデビューから現在に至るまでの動向を洗い直し、その芸人としての変化を再確認させるもの。プレゼンターとして出演していたのは、企画発案者である東野幸治に加え、有吉弘行、陣内智則、インパルス板倉、千鳥、Bコース・タケト、ギンナナ金成の計八人。品川祐という芸人の全貌を多角的に見るためか、古今東西の芸人が選抜されていたが、番組の放送後は東野幸治だけが喋っていた印象しか残っていなかった。有吉すらも凌駕してしまう東野のエネルギッシュなトークは、彼が品川に対して並々ならぬ感情を抱いていたことを示しているように見えた。

番組では、品川の芸人人生を「ギラギラ期(1995~2005)」「調子ノリ期(2005~2008)」「どうした期(2009~2012)」の三つに分類し、それぞれの時代における彼のスタンスの変化を解体していた。芸人としてギラつくがあまりに先輩芸人にも容赦無く噛みついていた「ギラギラ期」、芸人としてだけではなく文化人としての側面も見せるようになってきた「調子ノリ期」(品川の本質をズバリと突いた「おしゃクソ事変」もこの時期)、完全に文化人方面へと流れてしまった「どうした期」。それぞれの時代における品川の性質について、様々な角度から切り込んでいき、着実に笑いが生まれて行く様は、東野のプレゼンターとしての能力の高さに加えて、どこまでも掘り下げることの出来る品川の紆余曲折ぶりを物語っていた。

しかし、考えてもみれば、番組内で品川がツッコミを入れられていたことの多くは、彼が現在の地位を確立するに至るまでに必要だった性質でもある。それから、忘れてはならないのは、それぞれの時代において品川はちゃんと結果を残している(だからこそ、こうして番組を挙げてイジることが可能だった)。もしかしたら、【どうした!?品川】は品川という成功例を解体することで、現在の若手・中堅たちに売れる芸人の一つの道筋を示したのではないだろうか……。そんなことを考えているうちに、私はふとある男の言葉を思い出した。

あかほりさとる「売れればすべからくいいのかと言うと、これはすべからくいいんだよ。この業界はまず、売れるか売れないか。売れたら、売れた作品の中で、いい作品か悪い作品かが決められる。売れない作品は、論評の俎上にすら載せられない」

オタク成金』より  


なお、番組の最後では、品川は相方の庄司智春とともに坊主頭になって、再び「ギラギラ期」の輝きを取り戻そうとしていた。先輩にも遠慮無く噛みついていた、あの時代の品川は果たして帰ってくるのか。そして、そんなギラついた品川のことを、テレビ業界はちゃんと受け入れてくれるのか。というか、現在の品川を暖かく迎えている『ストライクTV』での立ち振る舞いはどうなるのか? ……今後の彼に注目したい。

品川祐「お前ら、覚えとけよ……お前らも“どうしたんだ予備軍”だからな……!」

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【芸能】品川庄司の品川祐 仕事減少に開き直り 「業界の方、ぜひ品川庄司にお仕事をください」

お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が6日、都内で行われたファミリーマート『第4回 みんなで作るおむすび選手権』商品発売記念イベントに出席。先日のイベントで仕事量の減少を嘆いたこ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメトーークがこんな○○芸人になったのは
品川さんの「ひな壇芸人」がきっかけだからな。

品川もそうだけど庄司さんの方が気になるところはある。
品川さんは実力ある方だからがんばってほしいが
この前の検索ちゃんの時、漫才滑ってたからな・・・
漫才の方は難しそうですね。

No title

この番組における品川さんの存在って、実はデカいんですよね。
だからこそ、番組では品川vs有吉の構図に期待していたとは思うんですが。
しかし、番組が品川の口を閉ざすカンペ出しちゃったのは、ちょっと…ねえ。

漫才はどうでしょう。
今回のことをきっかけに、そっちでも気合入れ直してほしいんですが。
どうもM-1以降、M-1のアレみたいな漫才ばっかりやってるもんで…。

No title

お笑い東野って中国大好きやから、将来は中国へ行くんじゃなかった?!そうなら早いとこ行ったらええのに!

No title

もし本当に中国へ移住したら、リアルに「どうした東野!?」って言いそうですw
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。