スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役落語家のCDリリース表2012

落語ブームと言われて久しい。

『タイガー&ドラゴン』『ちりとてちん』など、落語をテーマにしたドラマが制作されていた時代もすっかり懐かしい昨今。テレビでは相変わらず漫才・コントなどの色物芸が主流だが、その一方で、落語を求める声はじんわりと広がっている。落語に関する出版物は勿論のこと、落語の口演を収録したCD・DVDのリリース量も以前に比べて格段に増加した。非常にゆっくりではあるものの、古典芸能となりつつあった落語は着実に大衆芸能への道を辿っている。

落語の何処が素晴らしいのか。落語が素晴らしいとされる理由の一つに、「笑いだけを表現するものではない」という点が挙げられる。世間一般では、落語といえば笑えるものだというイメージが浸透していると思われるが、必ずしもそうではない。滑稽噺が落語の本流であることは確かだが、人と人とのつながりを描いた人情噺や怨恨や情念がおどろおどろしく表れた怪談噺など、様々な演目が存在している。いわば落語は、ドラマや映画のように人間の喜怒哀楽を刺激する芸能なのである。

しかし、それだけ複雑な表現が可能な芸能であるにも関わらず、落語はまだまだ世間一般に浸透し切れていない。何故か。落語を論じる人には、どういうわけか現場主義者が多い。寄席の敷居の高さについては認めているものの、落語を聴くならばホールで行われる独演会に行け、と彼らは語る。それ自体は間違いではない。落語に限らず、基本的に芸能は場の空気が大きく完成度に関わるジャンルである。そして、場の空気を肌で感じるには、テレビやパソコンの映像として観るよりも、ライブで観た方が断然良い。とはいえ、いきなり独演会に行くというのはハードルが高い。オススメの落語家を紹介している本も随分増えたが、それを参考に高いチケット代を払うのは気が引ける。第一、好みの落語家がいたとしても、近くで独演会を開催してくれるとも限らない。地方在住ともなれば、近場に来てくれる落語家の数はごく僅か。ちょっと遠出するにも、けっこうな金がかかる。車を出せば高速料金と駐車料金を取られ、電車に乗れば電車賃、バスに乗れば乗車賃、食事を取る必要もあるし、どうせなら物販で手ぬぐいとかも買いたいし……となると、財布が軽くなってしょうがない。そういう行為が当たり前と思っている落語ジャンキーになるまでの道は、なかなか長くて険しいのである。

かくして、ひとまず一般の人が落語ブームに触れるためには落語のCDを聴くのがベストなのではないか、というのが私の持論である。先にも書いた様に、ブームと言われるようになってからというもの、現役落語家の口演を収録したCD・DVDは数多くリリースされている。無論、多少の当たり外れ、好みの差異などはあるだろうが、それでも負担は少ない。なにせ、安いCDになると、2,000円で買うことが出来るのである。無論、何から何まで買う必要はない。最近では、レンタルコーナーも随分と充実してきた。特にTSUTAYAは力を入れている感がある。立川志の輔・春風亭昇太・柳家喬太郎など、初心者にも分かりやすい落語家のCDを取り揃えてくれている。

……と、話が長くなってきた。そろそろ本題に取りかかろう。

最初にも書いた様に、落語ブームと言われて久しい昨今。しかし、この2012年は特に、ブームが形となって表れた年であった。桂三枝が師匠の名跡“桂文枝”を襲名し、桂平治が大名跡である“桂文治”を襲名し、二つ目時代から人気を博していた春風亭一之輔が真打になり、昨年末にうっかり死んだ立川談志の初の孫弟子の真打が誕生したり……非常に実りのある一年だった様に思う。その動きが落語CDのリリース傾向にも、多少の反映がなされたようで、今年は実に様々な作品がリリースされた。今回の記事は、そんな2012年の落語CDをひとまとめにしてみたものである。とはいえ、いわゆる昭和の名人と呼ばれる落語家たちのCDは含んでいない。無論、彼らの口演にも素晴らしい発見はあるが、やはり現代に生きている以上、現代の落語家を聴くのがスジというものだろう。

というわけで、非常にぞろっぺえなまとめではあるけども、よければ一つお付き合いをば。
 
■1月
18『柳家甚語楼 1 「つる/猫と金魚/宿屋の仇討」
18『五街道雲助1 「町内の若い衆/富久」
18『桂三枝の笑宇宙(5)「合格祈願」「親父の演歌」

■2月
20『三遊亭白鳥6「隣の町は戦場だった」「台所の隅」」』
22『柳亭市馬2「朝日名人会」ライヴシリーズ77「富久」「掛取万歳」
22『柳家さん喬9「朝日名人会」ライヴシリーズ76「鴻池の犬」「水屋の富」
22『桂三枝の笑宇宙(6)「猫すねちゃった」「野球の夜明け」
29『毎日新聞落語会 桃月庵白酒「火焔太鼓」「鰻の幇間」

■4月
11『小さん一席二噺 第一巻「二割五分(「うどん屋」+「時そば」)」
11『小さん一席二噺 第二巻「赤井御門守二席(「松曳き+目黒のさんま」)」
11『小さん一席二噺 第三巻「狸の恩返し(狸の札+狸の鯉+権兵衛狸)」
14『春風亭一之輔 いちのすけ噺1「茶の湯」「粗忽の釘」
18『林家たい平落語集 たい平落語 「禁酒番屋」「文七元結」
18『三遊亭兼好落語集 噺し問屋 「浮世床」「宿屋の仇討」
18『桂小南治「そば清」「甲府い」
25『春風亭昇太 It’s Show Time「ざぶとん」と「おたまじゃくし」

■6月
23『柳亭市馬落語集【其ノ五】「子別れ 上・中・下」
27『古今亭志ん彌落語全集 その弐「穴どろ」「八五郎出世」
27『三遊亭圓窓3「朝日名人会」ライヴシリーズ79「叩き蟹」「甲府い」
27『五街道雲助7「朝日名人会」ライヴシリーズ78「臆病源兵衛」「芝浜」

■7月
11『特撰 柳家小満ん 江戸景色』(「寝床」「明烏」「時そば」「長屋の花見」「鰍沢」「鰍沢2」「金魚の芸者」「天災」)
16『さんしのらくご 桂三枝青春落語集5枚組CD-BOX』(「崇徳院」「時うどん」「仁義なき校争」「野ざらし」「夢まぼろし」「ケンタッキー・ブライドチキン」「羽織」「花ぐもり 青春忠臣蔵三平篇」「喧嘩長屋」「世帯念仏」「奈良の大仏さん」「半分垢」「イキイキため息」「若年寄天下御免」)
18『三遊亭竜楽の7か国語落語~味噌豆編
18『柳家権太楼 名演集 13 「初天神」「船徳」
25『桂こごろう改メ 二代目 桂南天 襲名披露公演』(「阿弥陀池」「野崎詣り」)
25『新宿末廣亭深夜寄席 ~百花繚乱編~』(柳家わさび「権助提灯」、古今亭菊六「壷算」、笑福亭里光「十徳」、瀧川鯉八「やぶのなか」)
25『都家歌六(八代目) 幻の落語・壁金

■8月
22『語りなおして三遊亭円朝作 (怪談 真景累ケ淵 第一話 宗悦殺し)
22『柳家花緑2「朝日名人会」ライヴシリーズ81「祇園祭」「高砂や」
22『入船亭扇遊3「朝日名人会」ライヴシリーズ80「片棒」「妾馬」
22『菊六改メ 古今亭文菊 名演集 1 「あくび指南」「居残り佐平次」
22『平治改メ 十一代目桂文治 名演集 1 「源平盛衰記(上・下)」
22『平治改メ 十一代目桂文治 名演集 2 「牛ほめ」「やかん」「道灌」
22『平治改メ 十一代目桂文治 名演集 3 「火焔太鼓」「蛙茶番」

■10月
10『月亭八方落語誘笑会パート1「AKO47 ~新説赤穂義士伝~」「莨の火」
17『新潮落語倶楽部 その7 桂歌丸 「おすわどん」「つる」「お化け長屋」
17『新潮落語倶楽部 その8 柳家さん喬 「そば清」「締め込み」「ねずみ」
17『新潮落語倶楽部 その9 古今亭寿輔 「英会話」「猫と金魚」「地獄巡り」
17『新潮落語倶楽部 その10 春風亭小柳枝 「時そば」「干物箱」「青菜」
17『春風亭一之輔 真打昇進記念「千秋楽口上」「五人廻し」「あくび指南」「百川」
24『柳亭市馬3「朝日名人会」ライヴシリーズ82「宿屋の仇討」「鰻の幇間」

■11月
07『王様落語会シリーズ 瀧川鯉朝』(「あいつのいない朝」「竹の水仙」)
14『立川こしら真打昇進記念盤』(「千両みかん」「紺屋高尾」「子別れ」「抜け雀」「富久」「御神酒徳利」「鼠穴」「居残り佐平次」「品川心中」「井戸の茶碗」)
21『喜多八膝栗毛 子別れ/おすわどん
21『毎日新聞落語会 立川生志「堀之内」「紺屋高尾」
21『毎日新聞落語会 三遊亭白鳥「富Q」「豊志賀ちゃん」
21『毎日新聞落語会 橘家文左衛門「らくだ」「道灌」
21『毎日新聞落語会 春風亭一之輔「不動坊」「千両みかん」
28『新宿末廣亭深夜寄席 ~単刀直入編~』(鈴々舎馬るこ「転失気 ~ブラック和尚とカワイソ珍念~」、三笑亭夢吉「鷺とり」、桂宮治「大工調べ」)
28『SWAのCD FINAL

■12月
05『小さん一席二噺 第四巻「与太郎の春(「ろくろ首」+「錦の袈裟」)」
05『小さん一席二噺 第五巻「三語楼旅日記(「一眼国」+「弥治郎」)」
12『鈴々舎馬るこ まるらくご ~うしといぬとしにがみ~
19『柳家さん喬 名演集14 「白ざつま」
19『柳家さん喬 名演集15 「笠碁」「文七元結」
19『橘家文左衛門 名演集2 「寄合酒」「芝浜」
26『金原亭馬生6「朝日名人会」ライヴシリーズ83「辰巳の辻占」「紙入れ」
26『高座55周年 特撰 入船亭扇橋』(「ねずみ」「三井の大黒」「加賀の千代」「応挙の幽霊」「文七元結」「千早ふる」「一眼国」「寝床」「まんじゅうこわい」「権兵衛狸」「富久」)

個人的には、「毎日新聞落語会」と「新潮落語倶楽部」のシリーズがそれぞれ安くてオススメ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。