スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE MANZAI 2012」総評

どうした!? 『THE MANZAI 2012』!?

……って、別に何がどうしたってわけじゃないけれども、いやー驚いた。もうネタバレかましても大丈夫だと思うけど、まさかハマカーンが優勝するとは。失礼ながら、去年と大して変わらないんだろーなーって思ってたよ。それがまた、あんなにスタイルを変えて、まったく違うしゃべくり漫才を生み出しちゃった。「爆笑オンエアバトル」ではオーソドックスな漫才コントをしていた二人が、まさかこんな結果を残すコンビになるなんてねえ……2ちゃんねるで「つまんない」とか叩かれてた時代が懐かしいよ。

でも、今回嬉しかったのは、優勝したハマカーン以外のコンビも面白かったこと。千鳥も面白かったなあ。どれも似たようなフォーマットなのに、まったく違った印象を与えてくれる。また、それぞれの漫才の世界観が凄いんだよな。アルコ&ピースも奮闘した。そもそも決勝に上がってきたって聞いただけでも驚いたのに、まさかの最終決戦進出だぜ? しかも、反則スレスレのとんでもない漫才! その熱量の高さに、優勝候補の笑い飯が完全に食われてたもんな。まあ、笑い飯は、そもそも優勝する気がそんなに無かったのかもしれないけど。ただ、今回の結果を受けて、来年は本気出してきそうだなあ、とかも思ったり。楽しみだねえ。

笑い飯以外で予選落ちした面々では、磁石NON STYLEが印象に残っている。磁石はこれまでやってきたこととさほど変わらないスタイルの漫才だったのに、熱量が半端じゃなかったな。完全に火が点いていた。真っ赤な炎と真っ青な炎の化学反応コンビになっていた。去年と同じ結果ではあるけれども、来年はちょっと仕事が増えるんじゃないかな。一方のNON STYLEも凄かった。これまでのスタイルを引き継ぎつつ、まったく漫才コントを進行させないという漫才のセオリーを逆手に取った漫才は、逆に新しかった! あれはボケもツッコミもポテンシャルが高くないと出来ない漫才。どうせNON STYLEはいつものあの感じだろう……と、ナメていたことを反省せざるを得ない。ていうかナメ過ぎだ。

個人的には、前評判がやたら高かったオジンオズボーンが、そんなにハマらなかったのがちょっと残念だったかな。ただ、確実に彼らは掴んでいるから、次は更に凄いものを見せてくれるんじゃないかと思う。そもそも、オジンオズボーンは実力派だからね。実力派といえば、前座扱いで終わっちゃったテンダラーは残念だったなあ。ただ、こういう言い方はアレかもしれないけど、最高の前座だったよ。会場の空気は温まったし、なにより漫才の楽しさが伝わって来る漫才だった。楽しさでいえば、トレンディエンジェルも良かったなあ。直後のNON STYLEに食われちゃったけど、正直、最終決戦に行けるんじゃないかって、ちょっと期待しちゃった。徹底的に明るくって、徹底的に楽しい漫才。50代になった彼らがどういう漫才をやるのか、今から楽しみだ。

ウーマンラッシュアワースーパーマラドーナは、面白かったんだけれどあんまり印象に残っていない。なにせ、片やハマカーンの前、片やアルコ&ピースの前だったんだから、しょうがないといえばしょうがない。ただ、ウーマンラッシュアワーは漫才コントから一歩先のスタイルを見つけた感はあったし、スーパーマラドーナもこれまでの芸人人生を全てぶつけてきた感じがして、たまらなかった。まだまだこれからだ。あと、エルシャラカーニがワイルドカードを勝ち上がってきたのもビックリしたな。ここも正直、ちょっとナメてたコンビ。でも、昨年の漫才を更に面白く広げていった、進化した漫才を披露していたと思う。

ってなわけで、全員が全員きちんと面白かった『THE MANZAI 2012』。ただ、唯一残念だったのは、決勝戦の規模が縮小しちゃったこと。2011年は決勝戦に16組(最終決戦4組)だったのに、2012年の今年は決勝戦に12組(最終決戦3組)へ。年末のお笑いバカ騒ぎが、こんなにちっちゃくなっちゃうのは勿体無い。来年、初詣の際には、皆で「2013年は、どうか16組で決勝戦に戻ってますように!」とお願いしようじゃないの。

最後に。芸人と観客は二人三脚。なんでもかんでも「つまんない!」と言ってるような客の前では、芸人はちゃんと育たない。見て、笑って、ちゃんと評価してあげてくれ。NHKの某番組でも言っているように、「新しい笑いを作るのは、挑戦者の皆さんと客席の皆さん。そして、テレビの前のあなたたちです!」なのだから。……最後に他局のネタ持って来ちゃったよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

用事があってリアタイで見れなかったですけど、自分としちゃ放送時間や登場組数は今年のがちょうどよかったです。やっぱ去年は間延びしすぎてたんで…

No title

見やすさでいえば、確かに今大会は良かったですね。
…ていうか、昨年大会がぐずぐず過ぎたんですよ。
決勝進出組の漫才をプレイバックしたり…いらんいらん、そんなのはっ。

一組ずつに勝手に思ったことを
自称お笑い評論家気取りなんで、深く捉えず…
テンダラー
笑いの取り方はコンスタントでいい。でも大爆笑をキメる部分がない。
ウーマンラッシュアワー
後半、もっと巻き返して欲しかった。所々ボケが不発気味。
ハマカーン
平成ノブシコブシ?女子力キャラと目上キャラ、どっちかでいい気がする。
オジンオズボーン
Hi-Hi?もしくはオードリー?しゃべりの邪魔をする漫才じゃない方がいい気がする
トレンディエンジェル
普段通りと言った割には緊張していたような…題材がノーベル賞は流石に難しい
NON STYLE
一シチュ押し漫才。でもこれは石田が井上より見てる人にムカつくキャラの方がいい気が…
磁石
ボケを詰め込み過ぎて、それぞれのボケが活きなくなってる。焦らず落ち着いて欲しい。
千鳥
変な苗字キャラは喋り方がほぼ同じなのは…二本目は元々八分の漫才だったから、テンポが変に早くなったのが残念
スーパーマラドーナ
借りてきた猫みたいに大人し過ぎ。武智のキャラをもっと押して欲しい。
アルコ&ピース
コント師の作った漫才で一番笑った。でも、やっぱ順番に救われた感があるな…
笑い飯
完全にアルコ&ピースに食われた。あと笑った部分が西田のボケとリアクションだけなのはWボケとしていいのか?
エルシャラカーニ
漫才として構成は上手い。でもやっぱキャラとは言え喋り方がなあ…

なんか全体的に愚痴っぽくなっちゃいましたが…
とりあえずFKD48メンバーに…
ハマカーン、優勝おめでとう
磁石、解散しないで、来年は優勝だ
アルコ&ピース、コント師なのによく頑張った来年はKOCでも見たい
オジンオズボーン、次は予選二位に相応しいネタを期待してるぞ

No title

長ぇよ! ブログのコメントとは思えない長さだよ!
ていうか、私もまだコンビ毎の感想に着手してないのに、こういうの書かれると影響受けちゃうから読めないよ!
だから返信のしようがないということだけ、お伝えしておきます。です。

No title

面白かったですね~。
今回も。

私は特に、スーパーマラドーナ、トレンディエンジェル、ハマカーンが
面白かったと思っています。

スーパーマラドーナなんて、もう何回リピートしてるんだろってぐらい観て
その都度 笑ってます。    
大きなミジンコVS土佐犬とか「ジジイがリズムネタすんなっ」などの
素敵ワード満載で(笑)

トレンディエンジェルは、何より愛嬌があるのが素晴らしいです。
普通に喋りも安定してるし、テンポよく繰り出される髪ネタが楽しい。
発毛日本一コンテストの優勝者(笑)
  
ハマカーンも良かったなぁ。
紹介VTRの「1年間待った。1ミリのミスも許されない!必ず勝つ!」が
まず鳥肌もんでした。
うっかりホレそうになるぐらい。
それでホントに勝つんだもん。カッコいいわ~。 
浜谷さんがHのトレーナー着てる頃から
普通に面白いなぁと思ってたけど、まさかこういう風に
世間から注目を浴びるコンビになるとは…。

             
ところで、アルコ&ピースのネタ観て     
銀シャリの「万引きGメン」を思い出しませんでした?
  
 

No title

スーパーマラドーナ、それでもあんまり印象に残ってないんですよね。
“死のブロック”と呼ばれていたBブロックの余韻が強すぎて。
またいずれ、きちんと確認したいと思います。

トレンディエンジェルは確かに愛嬌がある!
技術よりも愛嬌が見えるってのは、なかなか偉大ですね。
NON STYLEの前じゃなければなあ…。

ハマカーン、カッコ良かったですねえ。
いや、神田さんに関しては、一周して可愛かったですが。
なんだ、あの女子っぷりは(笑)

アルピーのネタ、確かに銀シャリのそれは思い出しましたね。
ジャルジャルとかハライチとかも、似たようなネタをやっていたような。
最近の流行りだったんですかね。

No title

ハマカーンさんの漫才面白かったですね。見事なキャラを見つけました。
千鳥さんは昔の方が好きなんだよな。漫才というものに革命を起こそうとしてた
というか、桃太郎のネタとか今思うとすごかったと思います。
実際、今の方が漫才に真剣に取り組んでるらしいけど
正直、微妙だったなっと・・・

アルコ&ピースさんはコント師という印象があるんだよな
まぁ、面白かったけど、個人的な漫才論ですけど
コンビ愛の下り、巻物がネタ帳の下りは「うわー」って思った。
しかし、しっかりとオチになっているのが素晴らしかった。

ただこういうネタばかり増えてきてしまうのは怖いですね。
結局、設定がどうでもよくなってしまいますからね。
自分だけがそう思ってるのかもしれませんけど。
長々と失礼しました。

No title

とにかくアルコ&ピースの衝撃、これに尽きます。
審査員から全票を獲得してファイナルラウンドに乗り込んわ、
ファイナルでもしっかりと爪痕を残すわ。


多種多様な漫才を今年も見れ、将来の指標ともなった大会だったと感じました。

キャラと言うか自分を出してきた神ちゃん

ずっとハマカーンを応援してきたんで、日曜日の夜は興奮して寝付けませんでした。神ちゃんはキャラというより素を出してきたことでイキイキしてきたと思っています。女子っぽいとこはレギュラーの「テイバンTV」でよく出してましたし。そのコントラストによって浜谷の魅力も倍増したなと。私のブログで「一目でファンになった」と、ある主婦からコメント来ましたよ。実は2番目のネタは、今年浅草花月のライブで見ました。その時も大笑いしましたが、「ビワの葉茶」と言ってたのを「ハーブ茶」にしたり、細かい手直しをして、聴く人がより話に入りやすい工夫の後も見られました。また、最初のネタと続けて見る事で、面白さもアップしていたような気がします。テレビでは以前と同じ「下衆の極み」「鬼畜の所業」押しのネタばかり披露して、ライブで反応を見ながらTHE MANZAIの為にこのスタイルを温めていたんだと思います。勝ちたい気持ちを持ちつつも、思いが空回りせずに淡々と堅実に勝ちを取ったハマカーン。昨年のHi-Hiのようなセンセーショナルにはならないでしょうが、着実に進化していく姿もまた彼等らしくて私は大好きです。
長くなってすみませんでしたm(__)m

No title

最後の言葉、スバラシイです!

僕は賞レースやオンバトなんかでいろんなコンビ見て「つまらない」なんて言ってしまいがちですが、やっぱり楽しい気持ちで自分から笑っていくのが「お笑い」の世界ですよね。そもそも厳しい目でネタの悪いとこ探しして評価をするなんて、「楽しい」「面白い」を作る、お笑い本来の目的から逸脱してますもんね。

No title

>最近どう?さん
昔の千鳥については詳しく知りませんが、うーん、そうなんですか。
まあ、千鳥だって、まだまだ発展途上の漫才師ですからね。これからでしょう。
アルコ&ピースのネタ帳のくだりは、むしろ意図的なモノでしょう。
昔、スピードワゴンがやってた「あま~い言葉」みたいな。
まさか、ああいうリアクションになるとは、ねえw
怖い? そんな、怖れることじゃないでしょう。
漫才史の重みをナメてもらっちゃあ困ります…って、俺はどの立場の人だ!

>北西学院さん
アルコ&ピースは衝撃的でしたねえ。
漫才コントに対する全身全霊の皮肉。たまりませんでした。
あとはキングオブコントで結果を残すのみ…そう、そっちだよ大事なのは!

>yuccalinaさん
ハマカーンの二本目の漫才は、完全に一本目を意識したネタでしたね。
一本目では単に女子っぽかった神田さんが、さりげに浜谷さんに毒づくというw
また、そのさりげない毒づきっぷりが、いかにも女子っぽかったりして。
絶妙でした。素晴らしかった。
他の二組も面白かったですが、やはり一本目を超えてきたのはデカかったですね。

>たいせいさん
僕はですね、何かを「つまらない」と思うたびに、楽しさを逃がしてる気がするんです。
それで、なんだか損した気分になる。だから、出来るだけ、面白さを見つけたいと思うんです。
…って言ったら、カッコイイですかねwww

notitle

菅家さん、アルコ&ピースを見て思いましたが.これからの時代、ちゃんと一本でネタするのするのが、損で、ウーマンやオジオズのような、ガチャガチャしたネタやるのが、有利なのでしょうか?

No title

ガチャガチャてw レッドカーペットのブームがあったから、ああいう詰め込み型の漫才がウケているというのはあると思いますよ。いうなれば、そういう流行りではあるかな、と。でも、今回ハマカーンが優勝したように、結局は漫才の出来だと思いますよ。その意味では有利じゃないんじゃないかな、と。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。