スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オンバト+」十二月十五日放送感想文

■流れ星【437kb/1,781票】※視聴者投票2位
三戦全勝、今期三勝目。漫才『昔話の格闘ゲーム』。昔話に登場するキャラクターで格闘ゲームを作ってみたら面白いのではないか、というテーマは面白い。使用キャラも流れ星ならではの独特の味付けがされていて、面白い。ただ、ストーリーやシチュエーションではなく、あくまでもキャラクターを中心に展開するため、やや漫才としては散漫な印象を受ける。軸となる展開があれば、もうちょっと締まったのではないかと。……流れ星が素晴らしいグルーヴ感のコンビだってことをこっちは分かっているんだから、もうちょっと出来る……筈だよねえ……?

■アイデンティティ501kb/1,170票】※会場審査1位
十戦六勝、今期三勝目。漫才『オンバト+の司会者・審査員になりたい』。ビミョーに分かりにくいボケがある一方、観客が大笑いしてしまう爆発力を含んだボケもある、かなりムラの強さが目立った漫才。ただ、ネタのテーマを「オンバト+」に限定したことで、なんとなく優しい目で見てもらえたのではないかと推測する。……地方収録だしね。ちなみに、アイデンティティは今回で五回目のトップ通過、三度目のオーバー500を記録している。当たるとデカいコンビ。

■だいなお【465kb/2,250票】※視聴者投票1位
初挑戦初オンエア。コント『演技指導』。息子を演技指導している父親が、演技にリアリティを持たせるために、実際に経験した出来事を思い浮かべながら演技をしてみるように言うと……。演技を通じて、息子が父親をどういう風に見ているのかが分かる構図がたまらなく面白い。父親を演じる野村の表情も最高だ。些か救いようのないオチも、それまでのナンセンスな展開が悲哀を感じさせる余裕を与えない。「爆笑オンエアバトル」時代には漫才で挑戦し続け、まったく結果が残せなかった彼ら。ここにきて、コントに活路を見出したか。面白かった。

■エレファントジョン【461kb/1,521票】※視聴者投票3位
十二戦十勝、今期三勝目。漫才『運動神経が鈍い』。お馴染みのジャマ漫才。ちょっとトーンが落ち着いているのは、地方収録だからなんだろうか。最近、「またこのパターンか……」と、彼らの漫才は半ば流し見することが多かったのだが、ちゃんと観ると、以前に比べて上手くなったような気がする。芸風は変わらないんだけど、見せるための工夫が緻密になってきたというか。彼らが『THE MANZAI 2012』ワイルドカードに残れた理由が、なんとなく分かった気がする。ただ、それでもやっぱり、もう一押しほしい。森枝のキャラは完成されているので、加藤に何か要素が欲しい。なんとかならんか……って、なんだこの放送作家気取りは。

■オテンキ【429kb/1,432票】
七戦五勝、今期三勝目。コント『仮病』。仮病で学校を休んでいる息子の部屋に、小ボケな父親が話にやってくる。エレファントジョンとは違い、こちらは本当にいつもと同じ。シチュエーションは変えているのに、与える印象が常に同じ。それだけ、ノリの“小ボケ”キャラの存在感が強いということだろうか。ただ、キロバトルは静かに降下しているので、やはりなにかしらかの打開策は必要なんじゃないかとは思う。ただ、オチはえぐすぎて、思わず笑ってしまった。小ボケ父さん、意外とダークだよ!

■今回のオフエア
345kb:マザー
281kb:真夜中クラシック
281kb:ラジークイーン
269kb:ビーフケーキ
233kb:スパイク

全戦全勝を重ねてきた女性漫才師、スパイクが初のオフエア。既に今期三勝を記録していただけに、このオフエアは手痛い一敗といえるだろう。チャンピオン大会、まだまだ目指すのか? 新人演芸大賞で話題となったコンビ、ビーフケーキは全戦全敗の記録を伸ばした。そろそろオンバトでハネている彼らが見たい。あと、ラジークイーンの存在感よ……。

■次回
アームストロング
巨匠
ケチン・ダ・コチン
【初】新宿カウボーイ
ツインクル
【初】ななまがり
ニッチェ
ヒカリゴケ
【初】ひよしなかよし
わらふぢなるお

2012年最後の放送。ニッチェとヒカリゴケが今期四勝、アームストロングとケチン・ダ・コチンとツインクルが今期三勝を狙う。前回のオンエアではあまり結果が振るわなかったヒカリゴケは、ここで高得点を叩き出したいところ。注目は太田プロの新たなる刺客、新宿カウボーイ。果たして、かねきよはオンバト+の観客にハマるのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント無駄に長くてすいません。
今回はスパイクの最下位オフエアとアイデンティティのオンバトを題材にした漫才が気になりました。
オンバトをテーマにした漫才って一回もオンエアどころか挑戦したことすらないような…
あと次回出場者は「ひよしなかよし」です。

No title

まあ、多少の長さは許容しますが、今回はちょっと…。
出来れば、ご自身でブログをやられるとか、そういうのでお願いします。
オンバトをテーマにしたネタは、僕も観たことありませんね。
たまにギャグみたいにイジられることはありましたが。
あ、名前間違えてましたか。すいません。直します。

No title

お初にお目にかかります。
流れ星って、1つのボケが若干長い代わりにその分爆発するイメージがあるんですけど、
今回はそこがイマイチな感じがしましたねー。
後、来週の新宿カウボーイがすっごい気になります

No title

はじめましてー。
そうですね、今回の流れ星はちょっと…でしたね。
次回には改善、挽回してもらいたいところです。
新宿カウボーイ…初出場っていうのがちょっと意外でした。
どうなりますか。楽しみです。

No title

録画したのを見ました。
新しい芸人は少し毛嫌いしてしまって
見ようか迷ったのですが・・・

「オテンキ」は名前は知ってたんですよね
晴れ男のトリオということで
結構好きですね、小ボケには少し弱いんですよw
キャラにあっているのがまたいい、ただ、やはり爆発は必要ですね
でも路線は変えないで欲しい、このまま成長することを期待したいです。

No title

同じ名前が三つ並んでると、荒らしなんじゃないかと焦りますな。
…いや、焦るというほどのこともないんですが。どっちだよ。
オテンキは難しいですね。難しい。
あのキャラクターは確かに発明なんですが、でも、物足りない。
それを上手く活かせるネタにしてほしい。
今回でいえば、オチがけっこう光明だったような気もします。
明るいようで意外とダーク、みたいな。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。