スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイきんぐ『King』

バイきんぐ「King」 [DVD]バイきんぐ「King」 [DVD]
(2012/12/26)
バイきんぐ

商品詳細を見る

『キングオブコント2012』覇者、バイきんぐのベストネタを収録したライブDVD。60分という決して長くはない収録時間に、バイきんぐのベストネタ、芸人仲間たち(ハリウッドザコシショウ・錦鯉)による彼らのエピソードトーク、キングたる二人へのインタビューが凝縮されている。とはいえ、その内容に対して、物足りなさを感じることはない。むしろ。60分ですら長く感じられる。

収録されているネタは、『キングオブコント2012』決勝戦の舞台でも披露された『卒業生』『帰省』を含んだ全10本のコント。しかし、この2本が突出しているわけではなく、どのネタも非常に完成度が高い。どこを切っても濃厚で、後には強烈な印象を残る。若手芸人の登竜門番組『オンバト+』で披露されたネタが多く、個人的には見覚えのあるコントも幾つか。それでも、決して既視感を覚えないのは、特殊な状況を堅実に活かした西村のボケ、そのボケを時に超越するほどの天才的切り返しを見せる小峠のツッコミ、両者の地力の強さが故のことだろう。

ウェイターのメニューに関する質問が無間地獄の如く終わりを見せない『ファミレス』、強盗の襲来にまったく驚こうとしないコンビニ店員に隠された驚愕の真実とは?『コンビニ』、自室でギターをかき鳴らして自作の歌を熱唱するミュージシャン風の男の元に現れた隣人が思わぬ言葉を口にする『隣人』など、どのコントもパワフルかつエネルギッシュ。だが、中でも印象に残るのは『面接』というコント。西村扮するコンビニバイト志望者のナチュラルな破天荒ぶりに、少しずつ魅力を感じ始めていく店長の小峠、そして二人は……両者の関係が驚くべき形で引っ繰り返ってしまう展開は、まるでサスペンスドラマの様にスリリングだ。また、普段はツッコミ側に立っている小峠がボケ側に転ずるコント『ふんわり名人』も、見逃してはならない一本だろう。チンピラ風のキャラクターが被さっているとはいえ、小峠が普段のトーンでボケを演じている様はなかなか稀少である。

特典映像には、本作のテレビCMとその撮影風景を収録。オチの台詞を任されたことによるプレッシャーに潰されそうな小峠の姿は、これまた稀少だ。また、この特典映像では、実際のCMでは使われなかったオチを観ることも出来る。小峠が必死に悩んだ挙句に繰り出したにも関わらずボツとなったオチが、どのようなものだったのか。ニヤニヤしながら、確認していただきたい。


■本編(60分)
「本番前の楽屋」「卒業生」「バイきんぐの昔って?」「ファミレス」「面接」「コンビニ」「小峠ってこんな人」「隣人」「交通量調査」「セールスマン」「西村ってこんな人」「ふんわり名人」「処方せん」「バイきんぐのお2人が暇そうなので「King」として色々聞いてみた」「帰省」

■特典映像(4分)
「「King」テレビCM」「「King」テレビCMの裏側」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします

「処方せん」はオンバトで負けてるネタらしいのですが、どんなネタなのでしょうか?

No title

明けました。今年もよろしく。
(喪中につき、おめ云々は書けないのであります)

『処方せん』は『ファミレス』の焼き直しみたいなネタでした。
確かにちょっとインパクトは弱いかなー…と。

No title

すみませんでした

No title

言われる分には無問題ですから、気にしないでください。
…ちょっと返事に窮しますけどね。ふへっ。

No title

喪中なんですか。ご愁傷様です。

前回、どんなに自分の意見を長々と述べても空回りするだけだと学んだので手短にしますが・・・バイきんぐ面白い!もっと早く知っておきたかった・・・・・。


・・・ところで、バカリズムの最新DVD「運命」のコラムはまだですか?あれについて筆者さんの見解を知りたいです。

ちなみにこれについての僕の全ネタの感想、並びにすべてのバカリズムのコントライブDVDの中で個人的なオススメを挙げた記事がこちら。
http://ameblo.jp/554010notothello-sot/theme2-10052598894.html


ついでにトータルテンボスの漫才ツアー、静岡公演(初日公演)のレポ。やや甘口。
http://ameblo.jp/554010notothello-sot/entry-11321661837.html

同じく東京公演。THE MANZAI敗退及び藤田さんのtwitter騒動後につきだいぶ辛口。
http://ameblo.jp/554010notothello-sot/entry-11417914945.html

昨年最後のブログ。基本的にお笑いカテではありませんが、一番最後で2012年のお笑いについて簡潔に述べています。
http://ameblo.jp/554010notothello-sot/entry-11436618634.html

全部とは、一気にとは言いませんから、お時間のあるときにでもお読みいただければ。残念ながらA型なので、長々と書かないと気がすまないタチなのです。

No title

今年も宜しくお願いします。
バカリズム『運命』は、書こうとして直して、書こうとして直して、の繰り返し作業中です。
どうもこの年末年始で、完全にスランプに突入したようでして…。
文章を書くという行為を怠けてはいけないなあ、としみじみ思いました。
ちなみに僕は『運命』、けっこう気に入ってます。
…センスが合わない!w

記事、ちょこちょこ読ませてもらいます。うぃ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。