スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『R-1ぐらんぷり2013』に期待してもいいですか?

『R-1ぐらんぷり2013』決勝進出者が発表された。

アンドーひであき(プロスパー)
桂三度(東京よしもと)
雷ジャクソン高本(松竹芸能 大阪)
岸学(ケイダッシュステージ)
キンタロー。(松竹芸能 東京)
三遊亭こうもり(三遊亭こうもり事務局)
スギちゃん(サンミュージック)
田上よしえ(人力舎)
ヒューマン中村(大阪よしもと)
プラスマイナス岩橋(大阪よしもと)
三浦マイルド(大阪よしもと)
ヤナギブソン(大阪よしもと)


昨年大会では、結果に納得が出来ずに一方的な激怒をかまし、「俺の目が黒いうちは許しませんぞ!」とR-1ぐらんぷりとの離別宣言とも取れるような言葉を吐き捨てた私ではありましたが、それでもこのメンツにはちょっと興奮を抑えられなかった。なんという華の無いメンバーだろうか! 「友近」「野性爆弾 川島」「徳井義実」「千鳥 大悟」が残っていた昨年大会の決勝戦が、まるで嘘のようだ。同様に知名度の低い芸人ばかりが揃っていた『キングオブコント2012』から刺激を受けたのだろうか。だとすれば、良いことである。

過去、R-1ぐらんぷりの決勝戦に進出した経験があるのは、桂三度(「世界のナベアツ」名義)、岸学(どきどきキャンプ)、スギちゃん(2012年大会準優勝)、ヒューマン中村(三年連続決勝進出)、ヤナギブソンの五人。個人的には、ヒューマン中村の決勝進出が大変に喜ばしい。どうも、実力に反して会社での扱いがあまり良くないらしいので、ここでひとつ見せつけてもらいたい。スギちゃんは準々決勝で、往年のキャラクター“おっぱい先生”を演じたと聞いている。決勝でも登場するのか、なんとも気になる。桂三度、岸学の決勝進出には驚いた。特に桂三度は、落語家に転向した筈ではなかったのか。もとい、今の彼が演るピン芸とは、どのようなものなのか。決勝戦が楽しみだ。

この五人以外の七人は、決勝初進出。但し、そのうち三浦マイルドと田上よしえは、2009年・2010年にのみ適用された“サバイバルステージ(敗者復活戦)”に進出している。今回の決勝進出は、まさに念願成就といったところだろう。もとい、田上よしえに関しては、本当に評価されるのが遅過ぎた。お笑いブーム黎明期から、女性芸人として孤軍奮闘して来た田上。だいたひかるや青木さやか、友近などの後輩芸人に追い抜かれながらも、飄々と舞台で笑いを撮り続けてきた彼女は、もっと早期にその芸が認められるべきだった。『爆笑オンエアバトル』の女王は、果たしてR-1ぐらんぷりのステージでどのような評価を受けるのか。期待と不安が入り混じる。

ちなみに、アンドーひであきはモノマネ芸人、雷ジャクソン高本は無名枠、三遊亭こうもりは三遊亭好楽の弟子で元“末高斗夢”。

なんだかんだで、楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

末高斗夢さんだったんだw
確かダジャレの人ですよね
田上よしえさんとか懐かしすぎますね
ヒューマン中村さんは初登場から面白かったので
ただ、ボケの後のコメントがイマイチなのがおしい
キンタローさんのはAKBものまねで行くと思いますが・・・
過去にモノマネで優勝した人はいますけど、あの人は
別格ですからね、やはり優勝は難しいでしょう
元々R-1のRは落語ですからね、桂三度さんは落語してくれたら嬉しい

No title

末高さんは、小道具を使ったダジャレネタの人でした。
今はどんなネタをやっているんですかね。その意味でも楽しみです。
キンタロー。は読めないんですよねえ。
勢いはあると思うけど、モノマネだけだとどうなのか。
どういう感じの見せ方をしているのかが気になるところです。
三度さんの落語、私も観れたら嬉しいです!

No title

残念ながら今年も3分らしいですね、直前で4分に変える可能性もなきにしもあらずですが…ともあれ本番は何も考えず見たいです。

「R-1のRは落語のR」
を主催者側が思い出したように三遊亭こうもりと桂三度が進出しましたね
三遊亭こうもりもどうやら高座に座ってのネタだったそうですし…
またM-1キングオブコント優勝者を従えた人力舎からついにR-1チャンピオンが出るかもしれませんね
Aブロック岸学
Bブロック田上よしえ
Cブロックキンタロー。
優勝者岸学
と予想

No title

いつも楽しく拝読してます。

準決勝を見てきましたが、決勝進出者の中では、岸さんと田上さんの時が盛り上がってました。田上さんは、新しいスタイルとかではなく、「これぞ田上よしえ」という感じのいつも通りのネタでの大ウケでした。とうとう彼女の時代でしょうか。
ヒューマンさんは、爆笑をとるまではいってませんでしたが、いちいちクオリティが高かったです。
三度さんは、準決勝では落語じゃなかったですね。会場盛り上がりとは一番差のある選出な気が。今回落語家勢は苦戦していたので、2人も入ったのが驚きです。


衰えぬブログ執筆量、凄いですね!いつか本とか出たら買います。

No title

>のめすぽさん
らしいですね。3分。やっぱ短いと思います。
このルールで、果たして誰が優勝するのやら…?

>ワライロさん
こうもりさん、高座ネタですか。これは楽しみ。
田上姐さんには、どうにか結果を残してもらいたいところです。

>takeさん
レポート有難う御座います。
岸さん・田上さんは投票した人が多かったみたいですね。
実は気になってます、岸さん。あそこから、どんな進化を遂げたのか。
三度さんは落語じゃなかったんですか。それはそれで楽しみ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。