スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CONTINUE Vol.41』

コンティニューvol.41コンティニューvol.41
(2008/08/19)
Perfume羽海野 チカ

商品詳細を見る

 巻頭特集「『崖の上のポニョ』とスタジオジブリの2008年」に心惹かれて購入。こういう特集って、通常のアニメ雑誌ではあまり見られない印象があるんだけど、実際のところどうなんだろう。アニメージュあたりはやってるのかな。

 特集のオープニング記事は「変わっていく現実と夢の混合比 ――スタジオジブリ第2の出発点『崖の上のポニョ』」という批評コラム。筆者はアニメ評論家でお馴染みの氷川竜介氏。日頃から、分かりやすくて丁寧な批評文を書いている印象がある氷川氏だが、今回も実に巧ましい(造語)コラムを提供していた。こういう、一般の人が観ても分からない視点を書くことが評論家の仕事なんだなあ、と今更ながら感心。

 目玉記事「スタジオジブリ劇場公開全作品完全レビュー」は、なかなかの力作。様々なライターがジブリの劇場作品についてコラムを寄せている。作品が作られた背景を書いた人、強引に文章を書きつなげている人(『ゲド戦記』評はちょっと無理矢理褒めた感が)、自分の思ったことをそのまま書いたような人……と、多種多様なコラムが揃っていた。中でも秀逸だったのが、志田英邦氏による『天空の城ラピュタ』コラム。ムスカという悪役の魅力を勢い任せに書き綴っている。志田氏は今回、『紅の豚』『ハウルの動く城』のコラムも書いている。それらもまた、面白かった。……軽い文体に騙されてるのかしら。

 その他の記事で印象に残っているのは、ホラー漫画家の児嶋都(元・猫乃都)による『赤んぼ少女』(楳図かずお原作の映画作品)紹介、「巨人大鵬エレキコミック」の最終回、岩倉大介氏による『RD 潜脳調査室』評……くらいか。あ、あと押切蓮介『ピコピコ少年』も良かった。でも、購読するほどの魅力が無いんだよなあ、どうも。

 ……僕なら「本命:東京03 対抗:エレキコミック 大穴:チョップリン」にするかなあ……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。