スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新作落語傑作読本2』

新作落語傑作読本(2) (落語ファン倶楽部新書6)新作落語傑作読本(2) (落語ファン倶楽部新書6)
(2012/12/10)
落語ファン倶楽部

商品詳細を見る

現代を生きる落語家たちが鋭い視線で時代を切り取る“新作落語”を読み物にしたシリーズ第2弾。前回は【2011爆笑編】というテーマの元、春風亭昇太『オヤジの王国』を始めとして、三遊亭白鳥『河童の手』、春風亭百栄『マザコン調べ』、立川志らく『妾馬 ダイ・ハード』などの新作が掲載されていた。今回のテーマは【笑いと哀愁編】。とっても笑えて、だけどなんだかちょっと哀しい、そんな味わい深い新作落語11席を楽しめる一冊となっている。

携帯電話に振り回されるサラリーマンの悲哀を描いた春風亭昇太『吉田さんの携帯』、巨体の女相撲取りが過去とかっぷり四つに組み合う三遊亭白鳥『鉄砲のお熊』、名作映画『素晴らしき哉、人生!』を落語に置き換えた立川志らく『人情医者』など、かなりの傑作が並んでいるが、その中でも秀逸なのが古今亭駒次『公園のひかり号』。公園に置かれている動かない新幹線の中で、車掌の真似事を続けているおじさんと、そんなおじさんに興味を抱いた少年の物語。ベーシックなストーリーだが、かなーりグッときた。駒次さんは古今亭志ん駒師匠のお弟子さんで、まだ二つ目とのこと。鉄道マニヤで、鉄道を扱った新作落語を数多く生み出しているらしい。多分、直に聴いた方が、面白いんだろうなあ。ちなみに、駒次さんの落語は、鉄道マニヤの落語家たちが自作の鉄道落語を持ち寄った一作『鉄道落語―東西の噺家4人によるニューウェーブ宣言』にも掲載されている。これもそのうち読もう読もう。

ちなみに、本書の最後には、特別寄稿として三遊亭圓歌『中沢家の人々』が掲載されているが、他のネタはまだしも、これに関しては音源を聴いた方がいいと断言する。ストーリーそのものの面白さだけでもある程度はフォロー出来る純粋な新作ではなく、地の語りによる漫談の様な演目のため、他の新作よりも圧倒的に話術が反映されるからだ。あの独特のニュアンスは、文章ではあまり伝わらない。騙されたと思って、CDを聴くべし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シュール=独自性だと思います。「一石投じるぜ感」というか(笑)。既存のモノではないネタをやりたいという“気負い”があるのが、シュールです。内に秘めた情熱が、東京っぽいんです。
落語、興味あるんですけど、まだ手を出せていません。初心者にオススメの落語家はいますか?

うーん。それをシュールと呼べるのかはともかくとして、分からんでもないです。
東京系の芸人さんって、基本的に熱意を隠したがるところがありますよねえ。
ただ、三村さんは逆にムッキムキに出しちゃってますけれども…。

オススメの落語家といえば、なんといっても立川志の輔・春風亭昇太でしょう。
入門に最適と言われるほどの大衆性がある二人です。
TSUTAYAにほぼ確実にCDありますしね。

三村さんが素の部分を出し始めたのは、内村プロデュースからです。それまで突っ走る言動は、自重してたそうです。一方で、お笑いに真面目な一面もあります。大竹さんいわく「俺より三村のほうが審査員に向いてる」。三村さんが、コントをやる際のこだわりを語ってました。「その役が言わなそうな事は言わない」。本筋からズレた事を言って、笑いを取る手法は、やりたくないそうです。

あ、そうかそうか、確かに内Pからかも…。
なにやら僕の化けの皮がべろんべろんに剥がされまくってるような気がしてまいりました(笑)
そういう思想というか観念というか、あんま考えない人間なんです。実は。
頭良くないんで、ごっちゃごちゃしちゃうのん。

吐露っっ(笑)

一応、井山弘幸『笑いの方程式』をオススメしておきます。
既存のシュールと呼ばれるネタを例に、きちんと解析されていますので。
俺は知らん!(絵に描いた様にサジを投げるッ)

>>拓也さん
無知な癖に偉そうに語るな。
偉そうに語りたいなら自分のブログやりなさい
シュールとは独自性じゃないだろ
不条理な事だよ。
本来は超現実主義みたいな事らしい
まあ最近お笑いのシュールはあんたみたいな捉え方してるお笑い通がたくさんいるけど。そのせいでお笑いのレベルが下がったね
お笑いのレベル下げてんのはエンタとかじゃなくて変にインディー思考のお笑い通だよ

エンタをやけに批判するんだよな。エンタはエンタで素晴らしいよ。いつここの凄さを出しただけでも偉大な番組だよ。
あとお笑いって本来あんくらい幼稚で下らないもんなんだから
真のお笑い芸人とはラーメンズよりエンタ芸人だよ
ラーメンズはお笑い芸人じゃなくて芸人だよ
批判したい気持ちもわかるけど。
さまぁ〜ずに詳しい時点でそういうタイプだと確定
さまぁ〜ずなんか終わった芸人だよ
三宅ゆうじや小松まさおとかと同じ過去の喜劇人。
功績は残したし才能あるし偉大だけど今更語る事ある?って感じ
三村のお笑い論とか笑
老人ホームで妙齢の方の昔話聞いてるんじゃないんだから笑 いい加減にしてよ笑 ちょっと頼むよww

俺が思う本来のシュールはおぎやはぎ 昔のバナナマン(今は完全に落ちぶれた 修学旅行のネタやバナナマンチョップ版の骨折のネタやキャンプファイアーなんかが特にシュール) アンガールズ ウエストランド 昭和のいるこいる てんやわんや コントレオナルド
とんねるず (コントも番組での立ち振る舞いも俺が思うシュールそのもの みなさんのおかげなんかが究極のシュール)
イッセー尾形 柳原かなこ 友近
かもめんたる 東京ダイナマイト カウカウ これらの芸人に共通するのは雑談なのかネタなのか笑わそうとしてるのか曖昧で変ないらないリアリティがある

お笑い通の皆様が使ってる意味での俺からしたらうーん?のシュールはダウンタウンやラーメンズやギースやトップリードやライスやしずるや犬の心やロッチや野生爆弾辺りじゃないかな
この人らはシュールじゃないと思うよ ナンセンスやシステマチックって言うんじゃない

なに急にキレてんだよ?馬鹿じゃねえの?
不条理、超現実主義、当然そんなもん知ってるよ。エンタの神様、好きで観てたよ。キャラネタは楽しかったし、長い尺のコントも観れて好きだった。思い出の番組だよ。
どうして、さまぁ~ずを終わった芸人って言えるんだよ。仮に終わった芸人だとしても、そんな事わざわざ言う必要は無い。「好みじゃない」とは言っていい。「終わった」なんて絶対言ってはいけない。お笑いファンであるなら。さまぁ~ずは毎年単独ライブをやってる“現役”なんだから。謝罪しろ!!!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。