スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有吉弘行、一発屋芸人について語る。

マツコ「これね、ウチの有吉、相当まだ抑えてますよ


『怒り新党』は、“幹事長”マツコ・デラックスと“政調会長”有吉弘行、そして“総裁秘書”夏目三久の三人が、“国民の皆さま”こと視聴者から寄せられたお怒りメールを元に、好き勝手に意見をするトークバラエティ番組である。歯に衣着せないマツコと、テーマと絶妙な距離を保つテクニシャン有吉のやりとりは、常に他のトーク番組ではあまり味わうことの出来ない独特の緊張感を生み出している。予定調和なお笑い番組が増えている現代において、なんとも希有な番組だといえるだろう。

しかし、この番組も2年目に突入したとあってか、このところは緊張感が緩んでいるように感じることも多くなった。そして気が付くと、マツコと有吉がワーキャーと騒いでいる姿を、ただ茫然と眺めているだけの時間を過ごす羽目に……。

そんな、ある日の放送回に、こんなお怒りメールが寄せられた。

「私は、毎年流行っては消え、流行っては消え、を繰り返す一発屋芸人さんたちに腹が立ちます。素人の私が言うのも失礼ですが、消えるとほぼ分かっているのに、なぜ一発屋芸人になろうと思うのでしょうか? バラエティ番組を拝見する限り、いくら芸が面白いとはいえ、トークが上手く出来なければ、全く相手にされず、芸能界から消えるハメになると思うのです」


夏目がメールを読み終えた途端、この男が口を開いた。

有吉「なんなの、コイツ……


もはや説明する必要もないと思うが、かつて有吉もまた一発屋として世間に持て囃された芸人の一人だった。テレビバラエティの企画で注目を集め、その人気に乗じてCDデビューを果たし、ミリオンセラーを記録したものの、あっという間に過去の人として扱われてしまう……このメールは、まさにそんな天国と地獄を体験した、有吉に照準を絞って送られてきたとしか思えない内容だった。

このメールが、スタッフによる創作なのか、或いは、実際に送られてきたメールだったのか、その真偽は定かではない。ただ、はっきりしているのは、スタッフがこのメールをトークテーマとして選出し、有吉に“一発屋芸人”について話してもらおうという意図があったということだ。そして有吉は、そんなスタッフの期待にはっきりと応えてみせた。
 
まず有吉は、「どうして一発屋芸人になろうとするの?」というお怒りメールを送ってきた投稿者に対して、こんな問いかけをする。

有吉「え? じゃあ逆に聞きますよってことなんですよ。その女子大学生さん……かな? おそらく。じゃあ、何故あなたは就職をしてね、重役にもなれず、安月給で働いて、数年後に会社の同僚と妥協して結婚して、ね? ガキ産んで、そのガキが反抗期を迎えて、言うこと聞かないその娘が芸人になりますっつって、どうせ一発屋芸人になるのが見えてて、なんで大学行ってんだバカヤロウってことだろ」


口調は穏やかだが、その言葉の裏から怒りがダダ漏れになっている有吉。それ故か、その言葉は部分的に不明瞭で、分かりにくくなってしまっている。結果、現場には不可解な空気が流れ始めたのだろう、即座にマツコがフォローに入る。

マツコ「……何? 今の話」


さらりとツッコミを入れて空気を浄化したところで、マツコは有吉の話を分かりやすく解説し始める。ここでその意図を理解した人も少なくないのではないだろうか。

マツコ「途中までは、この人の言う通りです」
有吉・スタッフ(笑)
マツコ「いや、でもそうでしょ? 最初から「俺の学校で、この会社行っても学閥良くないし、まあ頭だってそんなに切れるわけじゃないし……あ、ラッキー、でもこんないい会社入れた。まあ、社長は無理だろうなあ……」と思って入る人、いっぱいいるよね」
有吉「うん、いる」
マツコ「でも、「ダメだろうなあ」って思っている中から、社長って出ちゃったりするわけよ。それは、(一発屋芸人と)一緒じゃない?」


そして話は、一発屋芸人という存在そのものへ。

有吉「一発屋芸人だって、いや、そりゃ分かってるんだって、大体は。「どうせああなっちゃうぞー」って分かってても、ひょっとしたら……って思って、みんなやってますよ?」
マツコ「でもそれ、一発屋芸人に限らずテレビ出てる人だったり、まあ、テレビに限らずさ、小説家目指してる人だって、なんだって、みんな先のことなんて分からずにやっているのは一緒じゃない?
有吉「一発屋芸人は目立つからそうだけど、芸能界で。だって、芸能界だと、殆どの人が辞めていく、消えていくんですからね」
マツコ「だって、私たちだってたまたま、たまたま今こうやってお仕事させていただいてるけど、明確な目標とかさ、その目標に到達するまでの術みたいなのなんて、何も計算なんかしないできたわよ?」
有吉「計算できないんだって……」


ここからの話は一発屋芸人あるあるが主。一発屋芸人として仕事は断れない、シフトチェンジに服を着たりする、実は営業でガッポガッポと稼いでいる……赤と青のジャージやらキンピカ衣装のゲッツやらを思わせる、悪くいえばありきたりなトークだ。そんなブレイクタイムの終わりを告げたのは、有吉のこの発言だった。

有吉「やっぱり、芸人が一番バカにしやすいのよ。やっぱり、“愛”だ“恋愛”だ“親”だを歌った、感動的な歌を歌った人が一発で終わって、「おい、一発屋!」って言えないもん、やっぱり。そりゃ、「おっぱっぴー!」とか言ってるヤツには、「おい、一発屋!」って言えるけど」
マツコ・スタッフ(笑)
有吉「そりゃね、みんな分かってるんですよ。そりゃ、なんかギャグとか、コント、ネタでボーンと売れて、次のステップとしてトーク番組とかが待ってるってことぐらいは。そんなもん、言われなくても重々分かってますよ。分かってるけど、やっぱそれでも上手くいかないし、じゃあ、ネタもしっかりやって、トークの練習もしっかりしてから、じゃあ挑もう……つったら、もう52(歳)です」


この話の後でスタッフの笑い声が上がっているが、まさしくこれこそ今のバラエティ番組における高齢化の原因の一つではないだろうか。ネタも面白くて、トークも面白い芸人が求められる。結果、どちらの経験値も高い芸人が注目されるので、どんどん若手の年齢が上がっていく。若手を持て囃す番組もあるにはあるが、ここ数年はあまり長く継続していない。今後、お笑い界はどうなっていくのか……って、ちょっと一発屋の話とは違う感じになってきたけれども。あんまり笑っている場合じゃない。

ここで一旦、マツコが結論を導き出す。

マツコ「理由はどうであれ、取っ掛かりとして、まず、みんなに認知してもらって、まあ勿論、スタッフにも認知してもらうことっていうのが先決だとするのなら、一発屋って、もしかしたらどんな手段よりも物凄い認知のされ方じゃない?
有吉「うん、そうそう」
マツコ「そっからどうなるかは、一発屋だった人だろうが、一発無くジワジワと来た人だろうが、そっからどういう風な道を歩むっていうのは、もう一発屋かどうかっていうのは関係無いよね
夏目「こういうのは、まあ、日常の生活にだって浮き沈みがあったりしますし……」
有吉「分かってても突き進まなくちゃならないがあるってことよ


しかし、有吉の怒りはまだ収まらない。

有吉「オレはお前(投稿者)の投影した姿だからな。お前の鏡だからな。オレはお前の鏡だぞ」
マツコ「……何かあった?」
有吉「なんでもない! これに腹立つの、すぐに一発屋芸人バカにするから」


そして、恐らく有吉が最も言いたかった言葉が、続けざまに吐き出される。

有吉「テレビ局でさえね!


一発屋芸人は今日も居る。そこに、居る。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有吉弘行の良さを再確認した「アメトーーク10周年特番」

漫才やコントネタの面白さと、トーク番組での面白さは必ずしも一致しないと言われていますが、「アメトーーク10周年記念特番」を見ていたら、やはりネタが面白い芸人さんの活躍が目

コメントの投稿

非公開コメント

東京ダイナマイト

コメディアンゴッドの感想は?
所詮あんたもつまんないお笑い通の一人か?
広い器でけなさない批評に一目置いてたが逆に言えば曖昧にしか物事見れないだけか。深くお笑いを理解とか見る事ができないから怒りもせず批評してただけだったのか。
有吉とかもう古いからコメディアンゴッドの感想書けや。
あとバナナマンのターコイズマニアの劣化ぷりもな。
バナナマンのDVD もちろん人間番号やラジオダンス等のVHSも持ってるファンからしたらもうバナナマンは終わったとガッカリした今作を語れ
これは流石に褒めれない作品だぞ。
褒めたらあんたはただのお笑いオタク

シティボーイズ

あと動かない蟻は最高傑作
このバランスが良い最高傑作を語れ
近年のどんなコンビのどんな単独ライブより最高だったからな
次点は後手中の後手 東京03は最近凄い 前は面白いけどもうちょいって感じしたけど正論異論くらいからじわじわと華やバランスが出てきて今1番脂のってる
あとエレキコミックの有様の批評はズレてるよ
批評するなら以前のエレキコミックに戻ったとかやりーのアフィリエイトに触れろや
あとアリ様は駄作 いかにも漫画家の格好の今立は駄目 オチももっと皮肉ってリアリティ出さないと ニコニコでとかSNS出したり
エレキにはわこつとかのワード出して欲しい そこが詰めが甘い エレキには貪欲にもっとマイナーでサブカルな固有名詞を出して欲しい それが許されるコンビだと思うし。
でも有様は傑作だと思う。最近で一番良かった。オープニングも最近で一番センス良い。ナノニのオープニングが良すぎたから今回どうだろうと思ったけど期待を軽く超えた。次回はもっと良い予感

桂枝雀

あとスビバセンおじさんも語れ
いわゆるお笑いというジャンルじゃなくて人間の心理的な笑いっていう広くて答えがないふわふわした笑いという感情の方のお笑いというもののMAXを出そうと熱い考えで煮詰めて深く考えて作り出したこの新作落語をどう見る?
落語通のあんたなら感動したはずだ

拓也さん、たまごさんに謝って下さい。サイテーです、あなたは。

>たまごさん
他人の感想を求める割に、自分の感想を持ってらっしゃるんですね。
他人の感想と自分の感想を照らし合わせたいのですか?
それとも、他人の程度の低い感想と、自分の崇高な感想を比較して、悦に浸りたい?
まあ、いずれにせよ健全とは思えませんが。
期待していただいているという意味では有難く存じます。
ただ、既に疑念を持たれているように、僕も所詮はつまんないお笑い通の一人です。
ご期待に応えられることはないと思いますし、また応えるつもりもありません。
所詮は趣味です。やりたいときにやりますし、やめたいときにやめます。
だから放っとけ。

>ケンイチさん
目的がよく分かりませんが、貴方の正体はこちらに丸見えなのでHN変えるのはやめましょうね。

一番最初に現実を見ている価値観の投稿者と、一番最初に夢を追うことを決めた有吉との意見の食い違いだと思いました。

23歳っていう年で初めてやりたいことが出来た私は、夢と安全性のどっちをとるかで迷っている時に見たので、色々考えてしまいました。


なんにしろ怒り新党はこれくらいエグるようなテーマがもっと増えて欲しいですw

H&M

ほっとかないよ
あと俺はケンイチって人は知らないからな 自作じゃないからな ケンイチって奴が勝手にかばってきただけだぞ HNなんか変えてないぞ 勝手に自作自演と疑うんじゃねよ馬鹿 そういうとこが浅いんだよ 管理人なんだからID的なもん見ればわかるだろクソ なに2段に分けて※返ししてるんだよ そういう遠まわしな物言いが賢い大人だと思ってんのか? あと敬語で大人みたいな文章書く割に最後にほっとけって台無しじゃん ほっとけっていきなり強気ないい方してもなんもフックになってないよ お前とケンイチ気持ち悪い まあ本当はケンイチを俺の自作自演とお前は最初から思ってもいない事を知っててこの文を書いてるんだけどさ 前に※欄でつっかかったりもめたやつがケンイチに変えて俺がつっかかったのをいいことに便乗していきなり気持ち悪い※書いてきたんだよね 多分拓也って奴じゃない よくわかんないけど でも拓也って奴は確かに気持ち悪い さまぁーず好きでシュールの意味履き違えてる奴だろ 俺そいつに前※欄でつっかかったよ 能なしっていうHNで。
その時は菅家さんの事をかばったよ。拓也ってやつの言ってることは気持ち悪かったからね。的外れだし。でも一番気持ち悪い奴は俺 拓也から見たら俺は的外れだし。
でもケンイチは拓也かどうかはわかんないけどね。ただ拓也さんに謝ってくださいって書いてるから本人じゃないかなと思って。ほかにもワライロってやつもクセある感じだし古坂大魔王の記事にカフェラテの指摘をわざわざしてきたyoutubeみたいな気持ち悪い奴かもしんないしさ。
俺含め気持ち悪い奴にからまれて大変ね。お笑いに興味もつやつは気持ち悪いからこういうブログにはつきもんって少しは覚悟してやってるだろうけどさ。でも大変ね。


ま大変だろうけどコメディアンゴッドとターコイズマニアの感想は早く書けよ それとこれは別だからな

悦に入りたい訳じゃなくて

あとさっきの続きだけどただ感想が聞いてみたいんじゃない?
だからコメディアンゴッド感想書けや

>マイアミさん
んー、投稿者は現実を見ているというか、自分の見えてるモノしか見てない感じがしますね。
まあ、そこまでお笑い好きではない人にしてみれば、一発屋ってああいう認識なのかもしれません。
一方の有吉さんも、夢を追っているなんていう大袈裟な認識でもない気がします。
「将来なんて、もっと漠然として見るモノでしょ?」というか。
それはそうとして、23歳でやりたいことが見つかったあなたが羨ましい。
当方、なし崩しでこんなブログしてるもんですから…(笑)

>たまごはまださん
長々と書いてる割に、ほぼ全て自己完結してんじゃん!
あーだこーだ書かなくても、リクエストされたら優先的に更新しますよ。
ただ、やっぱりこっちの気分とかがあって、調子が良くなったらやるって感じですが。
個人ブログですもの、そのくらいは許容してもらいたいです。
それで、なんで今回は別HNでコメントしてるんですか? …そういうボケですか?

URL

菅家さんありがとうね。僕はまともなんですよ。ちょっとふざけ半分で気持ち悪い文書きました。
そういう事してる時点で気持ち悪いんですけどね・・・
コメディアンゴッドのライブレポとか感想書いてる人いないしamazonもレビュー無いから菅家さんくらいしか書く人いないかなと思って・・・ 僕はこのブログをよく拝見させていただいてるので期待したまでです。お笑い評は凄く的確だといつも思います

変わりようが恐いよ!
まあ、気長にお待ちください。正直、僕自身も、自分のモチベーション次第でやってますんで。
調子が上手く乗ってこないと書けない…。

落ちぶれたって何?芸人さんはその時のベストを尽くしているでしょう。若い時の鋭敏さが1番素晴らしいんですか?ダウンタウンは落ちぶれた?。アクションを起こさない芸人は、落ちぶれたのかも知れない。それも本人が選んだ道だから仕方が無い。 俺は「お笑いは凄いんだ」なんて言いたい訳では無いです。これ以上お笑いの位置が上がる必要は無いと思う。ただ愛があればいい。あなたに“お笑い愛”はありますか?
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。