スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪まで来ました(最終日)

2013年4月21日(日)。

午前5時半起床。悶々とした気持ちを処理することが出来ずに、無駄に早起きをしてしまう。とはいえ、こんな時間に外出しても仕方がないので、カプセルの中で寝転んだまま、だらだらと時間を過ごす。午前8時半、ホテルを出る。昨夜の疲れがまったく取れておらず、身体のあらゆる間接に圧を入れられたような心持ち。朝から開店しているラーメン屋「金龍ラーメン」で、朝食を取る。早朝とあってか、客はカップルが一組しかいない。壁には十数枚のサイン色紙が貼り付けられている。安田大サーカス、髭男爵、ダイアン、春風亭昇太、林家彦いち……昇太と彦いちはクリスマスに来たらしい。SWAの公演だろうか。呑気にラーメンをすすっていると、店員が立川談志の話を始めたので、思わず盗み聞き。「談志って死んだんスか!?」って、いつの話してんだよ。
 
食後、このまま地元に帰るわけにはいかないと、エロい店に出向く。(以下、18禁の要素を含んだ文章になりますが、超科学的技術によって真にスケベな人間でなければ読めない仕様となっております。読めない人はスケベ度数が足りないので、もっと修行するように)






     午前10時半、店を出る。高速バスの出発時刻まで、残り3時間と少し。何処かへ行くには短時間だが、だらだらと時間を潰すには長時間だ。とはいえ、バスの集合時刻に間に合わないという最悪の事態を考慮すると、後者を選択せざるを得ない。とりあえず、なんば駅近くにあるブックオフに行ってみたり、タワーレーコードに行ってみたりしたが、大した発見は無し。……なんで落語のCDが、J-POPのコーナーじゃなくてクラシックのコーナーにあるんだよ!

正午を過ぎたあたりで、高速バスの乗り場である大阪シティエアターミナルビル(OCAT)へ。近くにジュンク堂があったので、そちらで時間を潰すことに。以前から興味があったブルボン小林の『マンガホニャララ ロワイヤル』をチェックしてみたり、山田風太郎『人間臨終図巻』で落語家の名前を探してみたりしているうちに、午後1時前に。まだ昼食を取っていなかったことを思い出し、OCAT内にある「えびすカレー」でカレーを注文。店員さんが可愛い。ここで時計を確認すると、出発の20分前。想定していたよりも時間が過ぎるのが早い。慌てて料理を出してもらい、慌てて食べる。ちょっと甘みを含んでいるが、きちんと辛くて美味しいカレーだ。慌てつつ、味わいつつ、食べる。

午後1時半、バス乗り場から出発。午後5時40分ごろ、無事に帰還。お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。