スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』六月一日放送感想文

■フリータイム485kb/2,106票】※視聴者投票3位
四戦全勝。漫才『プロポーズの仕込み』。夜景のキレイなレストランでのプロポーズを成功させるために、店員に協力を依頼したのだが……。オーソドックスなシチュエーションでの漫才コントを、言葉遊びでテンポ良く。アンタッチャブルかサンドウィッチマンか、とにかくその辺りの漫才師をイメージさせるシンプルな展開に安定感を漂わせてはいたものの、かなり高い頻度でツッコミが悪目立ちしていた。ボケの程度に対して、適切な強弱のツッコミを繰り出せていないためである。逆に言えば、ツッコミさえ立て直せれば、漫才師としてグンと伸びる可能性もある。広島吉本の代表として奮起してもらいたい。

■阿佐ヶ谷姉妹【425kb/4,077票】※視聴者投票1位
三戦一勝。『阿佐ヶ谷姉妹コンサート』。阿佐ヶ谷姉妹の二人が、そのバツグンの歌唱力を駆使して舞台狭しと歌い踊る! 中年女性が全力で面白いことをしようとしている構図が面白いという、なにやら複雑な構造によって成立しているコント(でいいのか?)。Twitterで彼女たちを「お楽しみ会の保護者コーナー」と評されている人がいたが、まさにその感覚だ。当人たちが笑わせようと意図している部分ではなく、それらをひっくるめて作られていく空気が面白いのである。そして恐らく阿佐ヶ谷姉妹はそれを意図的にやっている。だからこそ「こんな感じで行きますよ?」「ちょっとイライラしてきましたか~?」という台詞が出せるのである。恐ろしい。実に恐ろしい。それはそうとして、「ももいろババーバー」はもっとウケてもいい。

■チキチキジョニー【445kb/1,976票】
三戦二勝。漫才『女の努力・子どもをあやす』。男に「もうちょっと痩せた方がいい」と言われるという話から、結婚はしなくてもいいけど子どもは生みたいという話へ展開するしゃべくり漫才。二つのまったく違う漫才を強引にくっつける構成は、個人的にちょっと苦手。石原が歌い出すくだりはもっとウケるべきなのだろうが、それまでに男に対する不満を示した表現が少なかったため、その苛立ちはあまりにも唐突に感じられた。けっこうな客が置いてけぼりを食ったのでは。その直前の、頭だけの石原が男とデートに行くというナンセンスな状況をもっと広げていった方が面白かったのでは。『ウキウキエブリデイ』好きだけどね。後半パートは完全に時間稼ぎ。全体的に、もうちょっとやりようがあったんじゃないかと思わざるを得ない。ちゃんと面白い漫才も出来るコンビなんだけどなあ。

■ツィンテル【425kb/2,390票】※視聴者投票2位
八戦四勝。コント『熱血高校サッカー部』。サッカー全国大会のレギュラーメンバーから唯一、三年生なのに外されてしまった瀬戸。そのことについて監督に詰め寄ると、思ってもみなかった回答が……。設定もボケもかなりオーソドックス。同じ設定のコントをアーカイブから探してみれば、かなりの本数が見つけられるのではないかと。ただ、そんなオーソドックスな設定をイチから懇切丁寧に描写しているので、ちゃんとしたコントを観たという満足感は残る。サッカー選手の名前を挙げるくだりなんか、なかなか良かった。ただ、「監督が後輩」「実は嫁がいる」など、掘り下げれば面白くなりそうな設定を無視していたのはちょっと勿体無かったような。そういう細かい部分をあえて切り捨てていく潔さこそ、彼らの良さといえるのかもしれないが?

■ブランケット【401kb/1,917票】
初出場初オンエア。ケーエープロダクション所属のお笑いコンビ。横山ホットブラザーズが所属している事務所らしいが、あんまりよく分からない。漫才『ストレス発散』。ストレスが溜まっているたくちゃに、相方のしんいちがストレス発散のためにカラオケを薦めるのだが……。ピンとこないマクラ、「ストレス発散のためにカラオケ」というちょっと捻った設定、ふとした時に発動するコミカルなクセなど、どうにか個性を見出そうとしているのが伺える若手らしい漫才。察するに、フットボールアワーに憧れているのでは。ところどころは面白かったけれど、なんとなく文章に書いたネタをそのまま演じている印象を受けた。でも、これだけ漫才にマジメなら、いつか華咲く日も来るのではないかと。次回のオンエアに期待。

■今回のオフエア
369kb:勝又
341kb:ランチランチ
329kb:ウメ
313kb:吉田たち
193kb:ニューヨーク

勝又、ランチランチ、ウメ、吉田たちと、個人的に好みの芸人たちが軒並みオフエアに。うーん、長崎の人とは相性が良くないようだ。勝又はこれで3連敗。観客のセンスになかなか上手く噛み合えない模様。『バチバチエレキテる』に出演中のニューヨーク、2回中2回が最下位という厳しい状況。

■次回
ジャングルボーボー
【初】大福
デニス
天竺鼠
【初】どんぴしゃ
ニッチェ

ボルトボルズ(1)
やさしい雨
【初】ロビンソンズ

次回は福岡収録。デニス、ニッチェ、響など、全国規模の人気を集めつつある若手の名前が並んでいる。その一方、関西からの刺客として、天竺鼠とボルトボルズが出場。天竺鼠は第1回収録以来の参戦で、ボルトボルズは今期2勝目狙い。ギラギラしとります。あと、色んな意味で話題のやさしい雨は、この勢いをネタに反映できているのかも気になるところ。ちなみに現在5連敗中。初出場は三組。大福はASH&D預かりのピン芸人で、どんぴしゃは元福岡吉本のお笑いコンビ。メンバーの赤峯は、かつてパンクブーブーの佐藤と“モンスターズ”というコンビを組んでいた。現在は東京吉本に所属している。ロビンソンズは元ザ・ゴールデンゴールデンの北沢と山崎によるコンビ。……いつの間にトリオを解散していたんだろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チキチキジョニーのボーリングのスプリットの下りで、岩見さんが言った「めっちゃ尽くす女やん!」が個人的に好きでした(笑)

フリータイムと柴崎アナについて

フリータイムは、戦績がいいですね。もし、今年のTHEMANZAI 認定漫才師に成ることが出来れば、ふれあいホール収録に参戦してほしいのと、柴崎アナは、どことなく宮本隆司氏に似てるので
、何年後かしたら、紅白の司会してそうな気がします。気のせいでしょうか?。

あそこ面白いですよねえw
それは確かに尽くしてるけど、尽くしてると言えるだろうけどっていう。
そのくだりがあるから、また歌のところがピンとこないんですよねえ。
…ボーリングだけに、とは思ってませんからね。

阿佐ヶ谷姉妹はヘタウマの新たな形って感じがします。
見てるのは割と恥ずかしいんですが、それに当人達の凄すぎる勢いとキレがうまい事相乗したなあって印象です。
今期オンバトで一番笑いました。

>宇宙デコポンさん
どうでしょうねえ、個人的にはそこまで行かないと思いますが…。
もし行けたら広島吉本初の快挙なんで、ヒジョーにめでたいです。
ふれあいホール…そういえば東京収録は無いんでしたっけ。
東京だとウケなさそうだなあ…。
宮本さんは僕は存じ上げないのでナントモカントモ。

>五斂子さん
相変わらず読めない名前ですこと!(いきなり文句)
「ヘタウマ」は言い得て妙ですねえ。番組にハマるかどうか?

フリータイムは、去年(2ndシーズン)三重県松阪市収録に初登場以降、ずっと地方収録参戦で、何度か見たことのあるせいか
思い入れが強いようで、BLUE RIVER より、その先がない感じがします。何故地方に拠点をおく漫才師は(レモンティーやBLUE RIVER然り)やかましいのが、多いのでしょうか?

ブランケットさんケーエープロダクション所属だったんですか
横山ホットブラザーズさんの事務所ですが
昔はその世代の芸人さん達が所属してたんですよ。

月亭可朝さんや海原千里・万里さんや海原お浜・小浜さんや若井はんじ・けんじさん
そして研修生としてNONSTYLEさんも在籍してたようで
しかし、移籍や引退などをして現在では横山ホットブラザーズさんの事務所という
印象しかありませんが、でも来ましたね。これからどんどん来ることを心待ちしております。

>宇宙デコポンさん
そういう芸がウケる客を相手にしている、ということでしょう。

>最近どう?さん
へー!色んな人が所属してらした事務所なんですねえ。
でも、そんな由緒正しい事務所なら、確かにどんどん来る予感!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。