スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エハラマサヒロ『みんなの動揺』

エハラマサヒロ みんなの動揺 [DVD]エハラマサヒロ みんなの動揺 [DVD]
(2012/09/19)
エハラマサヒロ

商品詳細を見る

「R-1ぐらんぷり」では二度の決勝進出を果たしている実力派ピン芸人、エハラマサヒロによる童謡クリップ集。『雪やコンコン(※正しくは『雪やこんこ』)』『金太郎』『むすんでひらいて』などの童謡が、エハラの手によってポップにアレンジされ、まったく新しい楽曲に生まれ変わっている。その完成度は非常に高く、モノマネを得意とするエハラのバリエーション豊富な【歌声】、その歌声に説得力を持たせる【演奏】、両者が合わさって完成した音楽の世界観を引き立てる【映像】、これら三つの要素が見事に融合し、一つの確固たるエンターテインメントとして見事に完成されている……と言っても過言ではない。けっこうな頻度でウザかったけど。

アレンジの元ネタもはっきりしていて分かりやすいことが多く、鑑賞しながら「あ、これアレじゃん!」とニヤニヤしながらツッコミを入れられる楽しさがある。恋人と同じ時間を過ごしている時に、ちょっとした盛り上がりのきっかけに本作を鑑賞してみるのも悪くないんじゃないかと。個人的には、ルイ・アームストロングを意識したであろう『クラリネットをこわしちゃった -Blues mix-』、ET-KINGを思わせる『桃太郎 -Osaka Rap mix-』ガガガSPっぽいような気がする『蛍の光 -Ska Core mix-』がお気に入り。『桃太郎 -Osaka Rap mix-』はプロモーションビデオもよく出来ていた。ET-KINGのイメージって、確かにああいう感じなんだよなあ。

ただ、音楽の完成度があまりにも高過ぎるためか、ちょこちょこ改変されている歌詞があんまり頭に入ってこなかったことは、ちょっとした問題点と言えるのかもしれない。まあ、モノマネが入った歌い方をしている(歌詞を伝えることよりも声の特徴を重視した歌い方をしている)ので、仕方が無いといえば仕方が無いのだが、収納されている歌詞カードを見ると、どうも歌詞に対してけっこうなこだわりを持っているようなので、それが伝わってこないのはちょっと……と。そう考えると、彼の代表曲でもある『雪やコンコン -J-Pop mix-』のシンプルな改変は優秀だったんだなあと、改めて思ったりなんかもしたりして。


ちなみに、本作の副音声解説によると、この『雪やコンコン -J-Pop mix-』のビデオクリップが撮影されたのは『R-1ぐらんぷり2009』決勝の二日前だったらしい。てっきり、いずれの映像も本作のために撮り下ろされたものだと思っていたので、この事実を知った時は「そんなに古いのか!」とけっこう驚いた。確かに映像がちょっと古いんだよなあ。エハラの顔も今と比べてちょっと変わっているし……ということは、これって詳細は明かされてないけれど、けっこうリサイクルされている映像が多いのか……?


■本編(26分)
「雪やコンコン -J-Pop mix-」「金太郎 -PARAPARA mix-」「むすんでひらいて -Girls Dance mix-」「シャボン玉 -SHOWAKAYOUKYOKU mix-」「どんぐりころころ -R&B mix-」「クラリネットをこわしちゃった -Blues mix-」「鳩ポッポ -Death Metal mix-」「大きな栗の木の下で -Techno mix-」「桃太郎 -Osaka Rap mix-」「夕焼け小焼け -Visual mix-」「蛍の光 -Ska Core mix-」

■特典映像
「雪やコンコン -J-Pop mix- カラオケ映像」

■副音声
「エハラマサヒロによる楽曲解説」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。