スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新潮落語倶楽部9 古今亭寿輔』

新潮落語倶楽部 その9 古今亭寿輔 「英会話」「猫と金魚」「地獄巡り」新潮落語倶楽部 その9 古今亭寿輔 「英会話」「猫と金魚」「地獄巡り」
(2012/10/17)
古今亭寿輔

商品詳細を見る

■『英会話』(01年2月20日/15分14秒)
隣の家の子は母親のことをママと呼ぶらしい。これからの子どもは英語が使えるようにならないといけない、丁度我が子が家に帰って来たから英語で呼んでみよう……。テキトーな英語が次から次へと流れるように繰り出される珍妙な新作落語。「優雅な洋服をドレッシング」「ワンピース、ツーピース、ロングピース」「人間にはマンがつくというなら、酒屋さんはキッコーマン?」など、実にバカバカしいボケが飛び交っている。そのシチュエーションやネタのセンスから、戦後に作られた演目であることは想像に難くないが、それでも笑ってしまうのは寿輔師匠の手腕が故か。ただ、ネタそのものよりも、マクラのインパクトの方が衝撃的。ねっとりとした口調で語られる自虐ネタは、しかし絶妙な軽さがあって、なんともいえない面白味を帯びていた。

■『猫と金魚』(03年3月30日/16分44秒)
「のらくろ」の作者として知られる田河水泡が手掛けた新作落語。隣の家の猫に金魚を食べられてしまった。新しく金魚を買ってきたはいいが、また食べられないようにしなくては……。「殆どの人は努力なんてしてもしなくても同じなんですよぅ~!」というマクラがなんとも凄い。こういう的を射た皮肉がグサッと胸に突き刺さりながらも、なんだか妙に笑えるから不思議だ。そういう空気を作り出してしまえる力量があるということか。肝心のネタも軽いリズムで面白いが、ところどころに冷ややかな要素も含有。「(金魚が)死んでも眺めることは出来るでしょ?」なんて、なかなか凄味があっていい毒であった。

■『地獄巡り』(02年9月30日/15分01秒)
桂米朝が演じる上方落語の大ネタ『地獄八景亡者戯』を演出し直した一席。亡者たちが初めてやって来た地獄で得る様々な発見を、小ネタ時事ネタ流行ネタを散りばめて展開している。地獄のホテル、地獄の有名人ショップ、地獄の歌舞伎に落語などと、地獄ネタならなんでもござれ。先の二席の様に、寿輔師匠ならではの軽さと毒舌は楽しめないが(その両方の要素がネタの根源に植えられているネタなので、入る余地が無かったのかもしれない)、原点である『地獄八景亡者戯』の空気をしっかりと残した一品に仕上がっている。ただ、個人的には、もうちょっと欲しかった気も。せめて、あと5分。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。